自動車保険はどこで加入するのがオススメ?代理店加入のメリットは?

自動車保険に加入する方法は様々ですよね。代理店、インターネット、ディーラーでの加入が可能です。代理店の自動車保険はダイレクト型と比べると保険料が少々高いですがメリットも存在しています。この記事では代理店で自動車保険に加入するメリットを中心に解説します。

代理店で自動車保険に入るメリットはある?

あなたは自動車保険へ加入するにあたって方法は様々あり、どの手段で入ればいいのか迷っていることでしょう。


さらにはコスパを重視するのか、対応の良さを優先するべきなのかもお悩みかもしれません。


近年インターネットでの加入が人気となってきていますが、保険代理店での加入もまだまだ根強い人気があります。


そこで、この記事では「代理店で自動車保険に加入するメリット」について

  • 代理店ならではの良さ
  • インターネットで自動車保険に加入すると
  • カーディーラーで加入することもできる
の3点を解説させていただきます。

記事を読んでいただくと、代理店から自動車保険に加入するメリットがわかると思うので、ぜひ最後までご覧ください。

代理店だからこその良さがある!

自動車保険の代理店とインターネットとの一番の違いは、担当者が対面で保険を販売することです。


そのため、初めて自動車保険に加入する人や、自動車保険に関する知識が少ない人にとっては安心ですよね。


以下では、

  • 代理店型自動車保険の特徴
  • 代理店型のメリット・デメリット
の2点をご紹介させていただきます。

代理店型自動車保険の特徴

損害保険代理店を通して自動車保険に加入する方法を「代理店型自動車保険」と定義しています。


大きな特徴は、

  • 担当者と契約者が対面で手続きをする
  • 保険料がインターネットから申し込むよりも割高になる
の2点です。


店舗にて知識が豊富な担当者に直接自分の希望や状況を相談することが可能です。


万が一の事故発生時など、契約者が自分で手続きを行うことが難しい際には、代理店の担当者に手続きをお任せすることが可能です。


しかし便利な反面、保険料には手数料や人件費などの経費が含まれているため、インターネットから加入するよりも割高になってしまいます。

代理店型のメリット・デメリット

代理店で保険に加入をすることには、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。


代理店型のメリット


代理店型のメリットは、
  • 契約手続きなどの一連の流れを対面で行う
  • 土日や深夜の事故でも担当者が対応してくれる
  • 自動車保険に関する不明点を担当者に直接質問できる
  • 事故時に代理店へ連絡すると保険会社への情報伝達を行ってくれる
の5点です。

以上から分かるように面倒な手続きを代行してくれることがメリットです。

事故のときに頼れるとても心強い存在です。

代理店型のデメリット


代理店型のデメリットは、
  • 保険料に代理店手数料が含まれるため、保険料が高い
  • 保険専業ではない担当者の場合、知識が乏しいことがある
  • 自動車保険の乗り換え時の手続きが面倒
の3点です。

手続きを代行してもらえる点ではメリットが大きいものの、手数料が発生するので保険料は割高になってしまいます。

また、保険代理業務以外の仕事と兼業で行っている代理店に関しては、保険の専門性が乏しい担当者に当たる可能性があるため、十分な対応をしてくれるとは限りません。

代理店で申し込むということは乗り換えの手続きも店舗まで足を運ぶことになり、煩わしくなるかもしれません。

インターネットでの加入

ここまでは、代理店から自動車保険に加入をすることについて解説させていただきました。


代理店に行くことで直接話が聞けるメリットがありますが、ネットによる加入に比べると保険料が割高になるデメリットもあります。


ここからは、インターネットから自動車保険に加入する方法について

  • ネットによる加入の自動車保険の特徴
  • ネットによる加入の自動車保険のメリット・デメリット
の2点をご紹介させていただきます。

ダイレクト型自動車保険の特徴

インターネットから契約する方法を、ダイレクト型自動車保険といいます。


主な特徴は、

  • 契約を通信販売で済ませ、加入後は事故がない限り保険会社の担当者と会うことはない
  • 加入時にはホームページやフリーダイヤルから無料で見積もりを取れる
  • 見積もりサイトから複数の保険会社の見積もりを同時取得できる
の3点です。

ダイレクト型自動車保険は、保険会社とのやりとりの手間を省ける特徴があります。


担当者と会う機会も少ないので、煩わしい営業を受けない利点もあるでしょう

その反面、情報収集はすべて自分で行わなければならないので、人によっては保険の契約までに莫大な時間を費やす可能性があります。

ダイレクト型自動車保険のメリット・デメリット

ダイレクト型自動車保険の特徴をご理解いただいたところで、以下ではメリットとデメリットをご紹介させていただきます。



メリット


ダイレクト型自動車保険のメリットは、
  • 保険料が安い
  • ロードサービスの充実
  • 事故の際は保険会社と直接やりとりができる
  • 加入の手続きが簡単
の4点です。

代理店型と比較した際の最大の強みは、保険料が安いことです。

以下の表を参照してください。

加入方法保険料
ダイレクト型25,000円~30,000円
代理店50,000円~

このように、代理店型に比べると手数料がかからない分大幅に保険料を削減できます

また、宿泊・移動費が負担されるなどのロードサービスが充実しています。

事故の際には保険会社と直接やりとりが可能なので、コスパを減らして代理店同様のサービスを受けることが可能です。


デメリット


ダイレクト型自動車保険のデメリットは
  • 事故現場に駆けつけてもらえないことが多い
  • 補償内容は対面での相談ができないので、契約者自身で選択する
の2点です。

万が一事故が起きた場合は、コールセンターなどの専用窓口に相談をすることはできますが、担当者が現場に駆けつけてくれることはほぼないと思ってください。

また、保険選択から契約手続きまですべてインターネットで行うことになるので、保険に対する知識が必要不可欠です。

もしも手続きを誤ってしまった場合は、契約締結までに時間がかかるので、ミスをしないよう慎重に行いましょう。

カーディーラーで加入することもできる

ここまでは、ダイレクト型自動車保険のメリット・デメリットをご紹介させていただきました。


保険料が安くて簡単に加入できるメリットがありますが、契約手続きをすべてご自身で行わなければならないので手間がかかるデメリットがあります。


自動車保険に入る方法として、この他にカーディーラー(車の販売店)で加入をすることもできます。


普段お世話になっているカーディーラーが担当者の場合は、あなたの様子を把握しているので契約がスムーズに行えますよね。


以下では、カーディーラーで自動車保険に加入をするメリットとデメリットを解説させていただきます。

カーディーラーで加入するメリット・デメリット

メリット


カーディーラーで自動車保険に加入をするメリットは

  • 担当者が懇切丁寧な対応をしてくれる
  • 修理の際にメーカーオリジナルのサポートを受けられる
の2点です。

カーディーラーは車を売ることが本職であるため、保険契約から車の契約につなげようと奮闘されています。

そのため、他の代理店よりもより一層丁寧な対応をしてくれることがほとんどです。

また、車を修理して車両保険を使った場合は、保険の等級が下がり翌年の保険料が上がってしまいます

その際にカーディーラーのサポートプランを付帯すれば等級が下がらないので、保険料の負担を軽減できるのです。


デメリット


また、
  • 自動車保険に対する知識が乏しい
  • 自動車保険の乗り換え時に担当者と気まずくなる
のデメリットが挙げられます。

カーディーラーは基本的に車の専門家であることから、自動車保険に対する知識は乏しい可能性があります

また、担当者との関係が深くなってしまうほど、安い自動車保険への乗換えがしにくくなるデメリットもあります。

1万円以上保険料を節約する方法をご存知ですか?

皆さんは自動車保険をどの頻度で見直していますか?


もしかしたら、加入してから一度も見直していない人も多いのではないでしょうか。


  • 加入してから一度も自動車保険を見直していない
  • 車を購入する代理店で加入した
  • 会社の団体割引で自動車保険に加入している

が1つでも当てはまる方は要注意!
高すぎる保険料を払っている可能性が高いです。

心当たりのある方は、一度保険料をシミュレーションしてみてはいかがでしょうか。


以下のボタンから簡単にシミュレーションできるので、ぜひどうぞ!

まとめ:代理店での加入は安心感がある!

この記事では、「代理店で自動車保険に加入するメリット」をご紹介させていただきましたが、いかがでしたか。


記事の要点は

  • 代理店で自動車保険に加入するメリットは、担当者がいることである。デメリットは、保険料が割高になることである。
  • ダイレクト型自動車保険のメリットは、保険料が安くて加入手続きが簡単なことである。デメリットは、事故を起こした場合や保険選択はすべて自分で行わなければならないことである。
  • カーディーラーで自動車保険に加入するメリットは、担当者の対応が丁寧なことである。デメリットは、担当者と親密になりやすいため乗り換えのタイミングを逃してしまいがちなことである。
の3点です。

代理店で自動車保険に加入することは、契約者にとって最も安心な方法でしょう。

なぜなら、自分の保険の知識が乏しくても丁寧なサポートを受けられるので、より最適な保険を選べるからです。

そのため、初めて自動車保険に加入する際は、代理店で加入をすることをおすすめします。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

ランキング

  • 【2019決定版】自動車保険見積もりプレゼントキャンペーンを全て集めてみた
  • 自動車保険の保険料の相場ってどれくらい?パターン別に徹底解説!
  • 自動車保険は月払いと年払いどちらが良い?2つの違いを詳しく解説!
  • 車両保険を使うと必ず自動車保険の等級は下がる?保険料はどうなる?
  • 自動車保険の個人賠償特約とはいったい何?詳しく解説します!
  • 自動車保険に入らないとどうなる?絶対加入すべき理由を解説!
  • 自動車保険に新規で入る際の注意点は?等級や保険料の相場は?