更新間近!自動車保険のお得な乗り換え方法や注意点について解説!

自動車保険のお得な乗り換え方法について見て行きます!乗り換えるのに必要な書類や注意点、等級を引き継ぐポイントは?自動車保険の乗り換え時のタイミングや保険の途中解約と言った、自動車保険の乗り換える際のちょっとした方法を解説して行きます。

自動車保険の乗り換え方法について解説!

自動車保険の乗り換えを検討しているけど、お得な方法がわからないから今の自動車保険を更新しようと思っていませんか?

でもちょっと待ってください。  

各保険会社ではキャンペーンなどを用意して、自動車保険を乗り換えることで割引やプレゼントと言ったお得な方法あります。


また、ライフスタイルが変わったタイミングで保険内容を見直し、各保険会社を比較すると保険料がお得になる方法もあります。 


そんなお得な自動車保険の乗り換え方法について詳しく見て行きます。




自動車保険は自動更新ではないため、今契約している保険は期限が過ぎれば契約は終了する

自動車保険は基本的には自動更新ではないので、1年の満期ごとに更新する必要があります。

うっかり、更新を忘れてしまったときなど、満期日が過ぎると自動車保険が切れた状態になってしまいます。 


更新を忘れてしまった場合、期間の満了日からで7日以内に更新の手続きを行えば等級が引き継がれます。


 また、自動車保険を乗り換える場合も同様に現在入っている自動車保険の満了日までに手続きする必要があります。

自動車保険の乗り換えの必要書類を準備して新しい保険会社に連絡しよう

自動車保険を乗り換えるにあたり、まずは必要な書類を準備しましょう。


乗り換えに必要な書類

  1. 現在加入している保険の保険証券
  2. 車検証
  3. 運転免許

これらの書類がないと乗り換えができませんので、あらかじめ用意してから新しい保険会社に連絡します。


自動車保険の手続きは大体、保険始期日の3ヶ月前から申し込みを受け付けていますので、そのタイミングで変更の手続きを進めることをおすすめします。

乗り換え先の保険会社に、他社からの乗り換えであることを伝えて等級を引き継ぐのを忘れないようにする

自動車保険を乗り換える際に大切なのが、等級を引き継ぐことがあります。


等級は1年間無事故であれば1等級アップし、契約期間中に事故があれば等級は事故の内容によって下がります。


等級が高いほど保険料の割引が高くなるので必ず等級は引き継ぐようにしましょう。


電話での乗り換え手続きの場合、各社の専用の窓口に電話をして乗り換えの手続きを進めますが、その際、まず乗り換えであることを伝えると、等級の引き継ぎがスムーズになります。


自動車保険の乗り換えは満期日を持って乗り換えする方法が一般的である

大抵の方が自動車保険は満期日をもって乗り換える方法を利用しているかと思います。

これは乗り換えがスムーズで、満期日までに新しい保険会社と契約を結んで置くことで無駄なく切り替えることができます。


保険期間の途中で自動車保険を乗り換える方法もありますが、余計な手間などがかかったり、保険料が無駄になってしまうこともあります。


満期日までに新しい保険会社と契約を結んでおくことで、自動的に契約が新しく切り替わる

自動車保険のスムーズに乗り換える方法として、新しい保険会社との契約は現在の自動車保険の満期日までに結んおくこおすすめします。

現在加入している自動車保険は満期日が来れば保険期間が終了しますので、乗り換えた自動車保険に切り替わります。


乗り換え前の自動車保険については、特に連絡などは基本的には不要なのですが、自動更新特約といった自動車保険を自動で更新する特約を付けている場合は保険会社に解約の手続きをする必要があります。


前の保険の満期日が新しい保険の開始日とすれば、保険の空白期間もできない

自動車保険を乗り換える方法として、乗り換える自動車保険の保険始期日と現在の自動車保険の満期日を同じにすることをおすすめします。

この方法だと補償が途切れるといった空白期間がなく安心して自動車に乗れることができます。


満期日と保険始期の間が空いてしまった場合、その間の自動車保険は無保険状態となってしまい、万が一、空白の期間に事故が起こった場合は自動車保険の補償が受けられないことになります。


そうならないためにも、大抵の保険会社は保険始期日の3ヶ月前から申し込みができますので、余裕を持って乗り換えの手続きをすることをオススメします

途中解約の場合は短期率と言って解約返戻金が少なくなる制度が発生してしまうことも

満期をもって自動車保険を乗り換える方法が無駄がないのですが、なんらかの理由で途中で解約して期間の途中で解約して乗り換えたい場合、自動車保険の保険料は一般的に1年分を一括で払っていますので、残りの期間に応じて保険料が返金されます。

保険料の返金ですが、月割り計算で返金される保険会社もありますが、多くの保険会社では「短期率」という数字を使って計算していることが多いようです。


短期率ですが、期間に応じた利率が設定されていて、その利率に応じた金額を保険会社に支払うことにまります。


短期率表の例

7日まで15日まで1か月まで2か月まで3か月まで
10%15% 25% 35%45%
4か月まで5か月まで6か月まで7か月まで8か月まで
55%65% 70%75%80%
9か月まで10か月まで11か月まで12か月まで
85%90%95%100%
※実際の短期率表につきましてはご加入の保険会社のホームページなどでご確認ください

例として上記のような短期率があったとして、年間の保険料が10万円の自動車保険に加入していた場合、ちょうど6ヶ月で解約した場合の返金は3万円となります。


10万円 × (1- 70%) = 3万円


このように短期率の場合、解約時の返金が少なくなってしまいます、

自動車保険を乗り換え方法によって起こるメリットとは

自動車保険を乗り換える際、乗り換え方法やタイミングによって生じるメリットがあります。

例えば、各保険会社が行なっているキャンペーンの割引と言ったことやライフスタイルの変化のタイミングで自動車保険の内容を見直すことで保険料が安くなることがあります。


これら様々なメリットがどのようなものかを下記より説明していきます。

新規契約者キャンペーン・乗り換えキャンペーンなどあり保険料が安くなる

多くの保険会社では、お得なキャンペーンを用意して新規の契約者を増やす方法をとっています。

内容としては保険料の割引や商品券などのプレゼントがあります。


他にはインターネットから申し込みで割引きと言うものも見かけます。


自動車保険の更新際には各社のキャンペーンをチェックして積極的に活用して行きたいですね。


ライフスタイルの変化とともに自分に合ったプランへの変更を行った方がメリットに

自動車保険の乗り換え方法ですがライフスタイルの変化ともに自分にあったプランに変更して行くことで得られるメリットもあります。

例えば、新車に買い替えた時などは新車割引がある自動車保険があります。


そのほか、年齢、家族構成、ゴールド免許といったことで保険料が変わってきます。


最近では自動ブレーキ割引といったものもあり、自動ブレーキを搭載した車に変えた時は現在のプランを見直すことで、節約のメリットが得られます。


参考:自動車保険を乗り換え時には乗り換え先の保険会社に保険期間通算特則があるか確認しておくのもポイント

自動車保険を途中で切り替える場合、等級が引き継げるかの注意が必要です。

等級は無事故で満期を迎えれば1つ上がりますが、途中で乗り方場合、乗り換えた保険の開始日から1年後の満期日まで等級は上がりません。


このため、自動車保険を半年で乗り換えた場合、そこから1年後の満期日で等級が1つ上がることになり、乗り換え前に比べ半年分遅れて等級が上がることになります。


そんな時のために保険期間通算特則があります。


保険期間通算特則を利用することで途中で自動車保険を乗り換えても等級を引き継げるようになります。


この保険期間通算特則ですが、少し確認しておくポイントがあります。


まず、保険会社が保険期間通算特則を扱っているかの確認が必要です。


そして、もう一つが保険期間通算特則を適用するには現在入っている自動車保険の解約日と乗り換える自動車保険の開始日を一致させておく必要があります。

コラム:自動車保険の乗り換えで一番安い保険料を見つける裏ワザ

自動車保険を乗り換える際、少しでも安い保険に加入したいと思いますよね。


ただ、保険会社の数は20社以上あるので、全ての会社で見積もりをするのはかなりの時間がかかりますし、大変面倒です。


そんな時に役に立つのが自動車保険の一括比較見積もりサービスです!


20社近くの保険会社のほぼ全てを一気に見積もってくれるので、一社一社見積もる必要がなくなるのです!


しかも何と、無料で利用することができます。


見積もったから加入しなければならないこともないので、気軽に試してみるといいと思います。


自動車保険の一括見積もりサービスを使い方は以下のボタンからどうぞ!

まとめ

自動車保険の乗り換え方法ですが、ちょっと手間で保険料を安くすることができます。
  • 各保険会社が行なっているキャンペーンなどを利用して見てください
  • ライフプランなどが変わった時も自動車保険の乗り換えのチャンス!
  • 自分の内容にあった条件や補償内容を検討することで保険料を安くできる可能性があります
  • 乗り換えの際は等級の引き継ぎに注意しましょう!

これらの方法で自動車保険を安く抑えて見ましょう!


以上をご参考にして頂き、是非お得に自動車保険の乗り換えを行って頂きたいと思います。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング