自動車保険ALL

自動車保険を重複して加入すると損をする?解約の注意点を説明

自動車保険を重複して加入していた場合、保険料は重複して支払いますが補償は重複して受けられません。自動車保険を重複していたらすぐに解約しましょう。自動車保険を乗り換える場合は、加入している自動車保険を解約してから次の自動車保険に加入しましょう。

自動車保険を重複していた場合、解約した方がいいの?

自動車を購入すると、交通事故を起こしてしまった際の被害者を救済するために、自賠責保険の加入が義務付けられています。


しかし、自賠責保険だけでは自身のケガや器物破損などの損害賠償の補償が受けられません。そのため、自賠責保険とは別に自動車保険に加入するのが一般的です。


自動車保険に加入することで、万が一の場合に補償が受けられますが、複数の自動車保険に重複して加入しているケースもあります。


自動車保険を重複することで、補償内容が厚くなると考える人もいますが、複数の自動車保険に加入しても、メリットはありません。自動車保険を重複していた場合は、すぐに解約した方が良いです。


そこで、この記事では

  • 自動車保険を重複して加入してもメリットはない?
  • 自動車保険の契約解除は自動なのか?
  • 自動車保険を乗り換える際の注意点

をお伝えします。


自動車保険を重複してしまうと、重複した分だけ保険料を多く支払わなければなりません。無駄な保険料を支払わないためにも、自動車保険の重複について理解しておきましょう。

自動車保険を重複しての加入は”保険料が無駄になる”ため、”早急に解約するべき”

自動車保険を重複して加入すると、重複した分だけ保険料を多く支払います。


保険料を多く支払うため、補償内容も充実すると考える人もいます。しかし、自動車保険を重複して加入すると、保険料が無駄になってしまいます。


重複していた場合はすぐに解約しましょう。


自動車保険が重複した場合の補償について説明します。

自動車保険に重複して加入していても保険金は”重複して支払われない”

自動車保険に重複して加入していても、保険金は重複して支払われません。つまり、重複している自動車保険については、保険料は支払っていても補償を受けられない自動車保険になってしまうのです。


また、自動車を2台以上所有している場合には、それぞれの自動車ごとに自動車保険に加入します。それぞれの自動車ごとに自動車保険に加入している場合には、一部の補償内容が重複してしまうケースがあります。


例えば、個人賠償責任補償特約は1つの自動車保険で被保険者とその家族が補償されるという内容が多いです。それぞれの自動車保険で個人賠償責任補償特約を付帯してしまうと、個人賠償責任補償特約が重複してしまい、保険料が無断になってしまいます。

保険会社によっては、自動車保険の重複確認の案内があるので、確認しておこう

自動車保険に加入すると、保険会社から自動車保険の重複がないか確認の書類が郵送されてくる場合もあります。


自分でも気付かないうちに自動車保険を重複して加入しているケースもあります。保険会社から自動車保険の重複確認の案内が届いたら、重複していないか確認するようにしましょう。

自動車保険の重複により解約しないように対策

自動車保険を重複すると、重複した分の保険料が無駄になってしまいます。保険料を無駄にしないためにも、自動車保険を重複しないよう注意し、重複していたらすぐに解約するようにしましょう。

自動車保険の契約解除は自動ではない

自動車保険を重複してしまう理由として、自動車保険を乗り換えたり満期を迎えたら解約になると勘違いしているという点が挙げられます。


自動車保険を乗り換える場合は、加入している自動車保険を解約してから乗り換える必要があります。


また、自動車保険には満期で解約するものと、満期を迎えたら自動的に契約を延長するものがあります。自動車保険の満期に合わせて別の自動車保険に乗り換える場合は、自動的に契約が延長すると知らずに別の自動車保険に加入してしまい、重複するというケースがあります。


自動車保険を乗り換える場合は、自動車保険の解約を忘れないようにしましょう。

自動車保険の乗り換えは解約日と始期日を合わせよう

自動車保険を乗り換える場合は、解約してから次の自動車保険が有効になるまでに空白期間ができないようにしましょう。


自動車保険の解約日から始期日までの空白期間中に交通事故を起こすと、補償が受けられずに多額の治療費や賠償金を支払わなければなりません。


加入している自動車保険の解約日と乗り換える自動車保険の始期日を合わせるようにしましょう。

参考:自動車保険を”譲渡される場合は”きちんと確認

自動車保険は他人に譲渡できません。しかし、家族間で自動車を譲渡する場合は、自動車保険の等級を引き継ぐという形で譲渡できます。


家族間で自動車保険を譲渡する場合には、譲渡できる条件があるので、条件を満たしているかどうか確認しておきましょう。

まとめ:新規の自動車保険に加入する際は、必ず”既存の保険を解約をしてから”

自動車保険は保険会社によって補償内容が異なります。自分に適した自動車保険があれば、加入している自動車保険を解約して乗り換えたいと考えるのが一般的です。


自動車保険を乗り換える場合は、自動車保険が重複しないように注意しましょう。自動車保険を重複してしまうと、重複した分の補償を受けられずに保険料を無駄にしてしまいます。


自動車保険を重複しないように、加入している自動車保険を解約してから新たな自動車保険に加入しましょう。

ランキング