火災保険の重複加入はお得?火災共済を組み合わせる必要性も紹介!

火災保険は生命保険などとは違い、たとえ新たな火災保険に追加加入しても、どちらの保険会社からも保険金をもらえるわけではありません。火災保険の重複契約や共済との重複加入にメリットはあるのでしょうか。重複契約の必要性や、メリットがあるケースについて紹介します。

火災保険は重複契約で保険金は増える?

ご自分の建物や家財にかける火災保険、加入するからには万が一の時しっかりと保険金を受け取りたいものです。


火災保険を重複契約してその分多く保険金が下りるなら、確かにお得ですよね。


しかし、火災保険では、重複契約しても下りる保険金が多くならないことをご存知でしたでしょうか。


重複契約をすると基本的に保険料が過分にとられてしまい、得られるメリットはそう大きくはありません。


そこで今回は、「火災保険は重複契約の有効性と注意点」について

  • 重複契約で受け取れる保険金は増えない
  • 火災保険と火災共済の両方に加入するメリット
  • 自動車保険の個人賠償責任特約との重複を確認
以上のことを中心に解説していきます。 
                                                                      
この記事を読んでいただければ、火災保険の重複契約のリスクと、例外的に得するケースを知ることに役立つと思います。                                     

ぜひ、最後までご覧ください。

重複契約でも保険金は多くならない

生命保険であれば、不正な目的などによるケースを除いて、重複契約の場合は加入した分だけ保険金(給付金)が下ります。


では、火災保険のような損害保険でも生命保険と同じように、重複契約した分保険金が多く下りるのでしょうか?


残念ながら火災保険をはじめとした損害保険では、重複契約しても必ず多額の保険金が受け取れるわけではありません。


こちらでは、重複契約をしても損する理由と、例外的に得するケースを解説します。

火災保険の場合は重複契約で損をする

火災保険に限らず、損害保険の目的は保険加入者の実損害を補償することにあります。


つまり、火災等の被害で建物が3,000万円の損害額を算定された場合は、その3,000万円の範囲内で保障されるに過ぎません。


重複契約をしていても、各保険から3,000万円を超える保険金を受け取ることは無いのです。

重複する場合の告知と「焼け太り」について

焼け太りとは、火災で建物や家財の被害があったものの、保険金が被害額以上に下りて儲かったという状態を指します。


例えば医療保険やがん保険では、実損害を対象としているわけではないので、下りた給付金で「儲かる」場合もあります。


しかし、火災保険は実損害の補償が目的なので、焼け太りになるということはありません。


また、複数の保険への加入を各保険会社へ報告せずに、それぞれの保険会社から保険金を受け取ろうとする場合。


これが単なる報告忘れの場合であれ、意図的に報告しなかった場合であれ、保険会社から不当請求を疑われることになります。


不当請求とみなされると、保険金が下りなくなるので気を付けましょう。

重複契約でメリットがあるケース

重複契約したケースが全て損かと言えば、そうとも限りません。


次のようなケースでは重複契約で補償を手厚くできます。

  • 建物を増改築して、その部分の補償を受けるため他社の火災保険へ新たに入った
  • 加入中の火災保険で不足している補償額を、別の火災保険でカバーした
  • 建物の火災保険、家財の火災保険を別々の会社に分けて加入した
この場合でも、焼け太りで得をするわけではありません。

しかし、ご自分の建物・家財で不足していた補償を重複契約して補填する、という意味で有効な方法と言えます。

簡易保険加入者協会の災害見舞制度は重複加入できる?

災害見舞制度とは、簡易保険加入者協会の構成員が、火災等で家屋・家財に損害を受けた場合、お見舞金が下りる相互救済制度です。


こちらの場合も、簡易保険加入者協会および他の保険会社から、重複して保険金・お見舞金は受け取れません。


災害見舞制度では次の場合にお見舞金が下りることとなります。

  • 他社の保険契約等より、いまだ保険金(共済金)が支払われていない場合
  • 他社の保険契約等から保険金(共済金)が支払われたとき、損害額より当該保険金(共済金)の合計額を差し引いた額が支払われる

火災保険と火災共済に加入するメリットはある?

火災保険と火災共済の違いは皆さんご存知でしょうか?


火災保険保険会社が取り扱う商品であり、火災共済共済事業を行う非営利団体(生活協同組合等)が取り扱う商品です。


双方とも保険加入者が被った実損害を補償する商品である点は同じです。


こちらでは、火災保険と火災共済の重複契約が有効か否かを解説します。

全労済を例にした補償内容と保険料の比較

共済の一つである全労済の火災共済「住まいる共済」を例にあげて説明します。


住まいる共済の補償内容として、火災共済金等が最高6,000万円下りることになります。


一般的な火災保険の・保険料(掛金)を比較してみれば次のようになります。


(例)

  • 建物:一戸建て木造構造
  • 保険金額:1,150万円
①全労済の「住まいる共済」→年払保険料(掛金):7,000円

②一般的な火災保険→年払保険料(平均):8,000~10,000円

双方を比較すれば、住まいる共済は一般的な火災保険よりも安く掛金が設定されていることがわかります。

組み合わせた場合は保険金が按分される

こちらでは全労済の火災共済と、その他の火災保険を重複契約した場合を取り上げます。


そして、どのように保険金が按分されるのか例をあげて解説します。


(例)

  • 建物評価額:6,000万円
  • 全労済「住まいる共済」補償:4,000万円
  • その他の火災保険の補償:2,000万円
このように火災保険を重複契約していた場合で、建物の一部が焼け3,000万円の損害額と判定されたときは次のようになります。

それぞれの火災共済・火災保険の補償限度額から各1/2が支払われることになります。

①住まいる共済

4,000万円×1/2=2,000万円


②火災保険

2,000万円×1/2=1,000万円


①+②で損害額と同額の3,000万円が支払われます。

組み合わせをするメリットとデメリット

火災保険と火災共済を組み合わせて加入することには、次のようなメリットとデメリットが存在します。


組み合わせのメリット


前述した事例が一部焼損ではなく「全焼損」だった場合は、重複契約をしたことで損害を十分補填することが期待できます。


建物評価額6,000万円の建物が全焼損と判定されたら、損害額はやはり6,000万円です。


そうすれば、火災保険と火災共済双方の補償金額全額が下りることになります。


組み合わせのデメリット


当然、建物の一部焼損の場合は按分制度によって、損害額を超える保険金は下りません。


しかし、保険加入したことで、保険会社(共済)それぞれに保険料(掛金)を支払う必要があります。


その分、家計への負担は重くなってしまいます。

共済との重複契約の必要性はある?

火災共済や火災保険を申し込む場合は、インターネットで申し込みが完了できて便利です。


しかし、損害が発生し保険金を請求する場合には、次のような多くの書類が必要になります。

  • 保険金請求書
  • 損害見積書:火災等による建物・家財への損害の程度を立証する書類
  • 損傷箇所の写真:損傷箇所を証明する写真
  • 修理見積書:実際に修理を行った業者から取得した書類
このような書類をそれぞれの保険会社へ送付する必要があります。

時間と手間がかかる割に、結局判定された損害額を超える保険金は下りません。

そのため、火災保険と共済との重複契約はあまり意味がない方法といえます。

補足:自動車保険の個人賠償責任特約との重複に注意!

火災保険の重複契約と共に気を付けなければいけないのは、「個人賠償責任特約」の重複です。


この特約は、ご自分・同居家族が他人や他人の物に被害を及ぼし、法律上の賠償責任を負ったとき補償される特約です。


日常のトラブルに関する補償が下りるので頼りになります。


しかし、この特約は火災保険をはじめ自動車保険、自転車保険のような損害保険に幅広く付帯されています。


そのため、既に加入している損害保険で同じ内容の特約を付加している場合もあります。


個人賠償責任特約においても、実損害の範囲内でしか補償されないので、重複加入はあまり意味がありません。


この特約を付加する時は、既に他の損害保険で追加していないかよく確認する必要があります。

まとめ:火災保険の重複加入の必要性を知ろう

火災保険は重複契約の有効性と注意点について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。                               


今回の記事のポイントは

  • 火災保険を重複契約したからといって下りる保険金は多くならない
  • 複数の保険に加入したことを各保険会社へ報告せず、各保険会社から保険金を受け取ろうとすると、不当請求を疑わることもある
  • 火災保険を重複契約した場合は下りる保険金が按分される
でした。

火災保険へ加入する際は、一つの保険商品に定め手厚く補償が下りるように、補償内容を設定するのがベストです。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

ランキング