自動車保険ALL

自動車保険の基礎知識

自動車保険の選び方

自動車保険の請求方法

自賠責保険証が見つからない!再発行に必要な書類と手続きとは?

自賠責保険証をなくして再発行したいけど、どうしたらいいか分からなくて悩んでいませんか。自賠責保険の再発行方法を知っておけば、いざという時に落ち着いて対処できます。この記事では、自賠責保険証をなくした時の再発行の方法についてご紹介したいと思います。

自賠責保険証をなくした!再発行はどうしたらいい?

自賠責保険証が見つからなくて困ったという経験をしたことはありませんか? 


普段はダッシュボードに入れて気が付かない自賠責保険証ですが、急に見つからなくなると困ってしまいますよね。 


自賠責保険証を再発行する方法を知っておけば、紛失して見つからない時にも慌てなくて済みます。
 


この記事では、自賠責保険証の再発行について、 


  • 自賠責保険証の再発行はどこで手続きすればいいのか 
  • 自賠責保険証の再発行はどんな手続きが必要なのか 
  • 自賠責保険証をなくしたら運転はできるのか 


以上の3つのポイントについてご紹介していきます。 


この記事を読んでいただければ、自賠責保険証を再発行する方法について分かるようになります。 


再発行に必要な手続きを正しく理解して、自賠責保険証を紛失して見つからない時に役立ててくださいね。 




自賠責保険証の再発行は保険会社窓口や代理店でできる

そもそも自賠責保険証とは何のことでしょうか? 


自賠責保険証とは自動車損害賠償責任保険のことで、自動車やバイクの運転に加入が義務付けられています。 


事故が起きた時に被害者を救済することを目的に法律で加入が定められているのです。 


自動車やバイクのダッシュボードに入れている方が多いと思いますが、必要な時に見つからなくて慌てたという経験をしたことがあるかもしれません。 


では、自賠責保険証を紛失してしまった場合、どこに行けば再発行ができるのでしょうか? 


自賠責保険証の再発行は、加入している保険会社窓口や代理店で手続きをすることができます。 


最寄りの保険会社窓口や代理店まで行くか、電話をすることで再発行の処理をしてもらえます。 


中には郵送で対応してくれる保険会社もありますから、電話で確認するようにしましょう。 


保険会社窓口や代理店によって、土日祝日がお休みになっていることもあります。 


保険会社が分からなくなったら、自動車やバイクを購入したお店や整備工場などに電話をして聞いてみましょう。 


購入したお店も分からないなら、有名な保険会社に手当たり次第に電話をすることができます。 


東京海上・損保ジャパン・富士火災・三井住友海上・日新火災などの大手保険会社で加入していることが多いようです。 


普段からどの保険会社で加入しているか覚えておくと、紛失した時にも慌てなくて済みますね。 

自賠責保険証の再発行に必要なもの

自賠責保険証を紛失した時、再発行の手続きにはどんな書類が必要になるのでしょうか? 


再発行の手続きに必要な書類は、以下の3点になります。 


  • 自動車損害賠償責任保険証明書再交付申請書 
  • 印鑑 
  • 身分証明書のコピー 


自動車損害賠償責任保険証明書再交付申請書は、保険会社窓口や代理店でもらうことができます。 


保険会社が分かっていれば直接窓口まで行って受け取ることができますし、電話で郵送してもらうこともできます。 


身分証明書には、運転免許証・パスポート・健康保険証・住民基本台帳カード・社員証・印鑑証明書などを使うことができます。 


再発行の手続きには身分証明書のコピーが必要ですから前もって準備しておきましょう。


ほとんどの保険会社は無料で再発行してくれますから、お金を準備する必要はありません。 


自賠責保険の再発行に必要な書類が分からない時は、保険会社に電話で聞いて教えてもらいましょう。 

自賠責保険証の再発行方法は?

自賠責保険証の再発行に必要な書類を用意できたら、どのような方法で手続きができるのでしょうか? 


必要書類と同じように3つの手順で手続きができます。


  • 再交付申請書に記入する 
  • 印鑑で捺印する 
  • 身分証明書のコピーと一緒に提出する 


紛失した時はもちろん自賠責保険証が破れたり損傷した時にも同じ方法で再発行できます。 


再発行の手続きをしてから、約1週間ほどの時間がかかります。 


保険会社によって2週間ほどかかることもありますから、時間に余裕を持って再発行の手続きをしましょう。 


保険会社窓口や代理店に受け取りに行くこともできますし、郵送してもらうこともできます。 


一日でも早く受け取りたい時には、保険会社窓口や代理店まで直接行くのがおすすめです。 


ほとんどの保険会社では再発行は無料ですから、お金の心配は必要ありません。 


自動車やバイクを買い替えたい時や車検を受ける際には、1週間から2週間前には再発行の手続きをするようにしましょう。 

原付バイクなどを加入するコンビニでは再発行はできないので注意

原付バイクを購入する時には、コンビニでも自賠責保険の加入ができるってご存知でしょうか。 


原付バイクや軽二輪で車検がない乗り物の場合、自賠責保険の加入をうっかり忘れてしまうことがあります。 


そんな時には、コンビニに行けば簡単で手軽に加入や更新ができて便利です。 


原付バイクの自賠責保険加入や更新ができるのは、以下のコンビニがあります。 


  • セブンイレブン 
  • ローソン 
  • ファミリーマート 
  • サークルKサンクス 
  • ミニストップ 


基本的に有名なコンビニであれば、加入や更新ができると考えて間違いないでしょう。 


コンビニに設置されているマルチコピー機や複合端末を使って、加入や更新の手続きができます。 


24時間いつでも自賠責保険証と保険標章のステッカーを発行できるので便利ですね。 


即日発行が可能なので、自賠責保険証の期限切れに気付いてもすぐ加入することができます。 


コンビニでは自賠責保険証を再発行することができないことを注意しましょう。


紛失して見つからなくなったら、最寄りの保険会社窓口や販売店で再発行の手続きをする必要があります。


原付バイクの自賠責保険証をなくしたら、自動車と同じ再発行方法になります。

自賠責保険証をなくした場合は、運転は絶対にしないように

自賠責保険証をなくした場合には、自動車や原付バイクを運転しても大丈夫なのでしょうか。 


自動車やバイクの運転には、自賠責保険の携帯が法律で義務付けられています。 


自賠責保険証明書は、常に自動車や原付バイクに携帯しておく必要があります。 


自賠責保険証を紛失したことに気が付いたら、運転は絶対にしないようにしてください。 


自動車や原付バイクのダッシュボードに入れて忘れがちの自賠責保険証ですが、携帯していないことに気が付いたらすぐに運転をやめましょう。 


たいていの方は車を買い替える時や車検を受ける時に自賠責保険証を確認することと思います。 


自賠責保険証の期限が切れていることに気づいたら、運転は絶対にしないようにしましょう。 


ただし、自衛隊の車や道路以外の場所で運行できる乗り物などには加入が義務付けられていない例外もあります。 

自賠責保険証の不携帯は30万円以下の罰則となる

自賠責保険証の不携帯でうっかり運転してしまった場合は、どうなるのでしょうか。 


自賠責保険証を不携帯の状態で自動車や原付バイクの運転をすると、道路交通法違反になります。 


法律に基づいて、30万円以下の罰金が科せられることがありますから注意してください。 


自賠責保険が切れた状態で乗っていた場合には、6点減点で一発免停になる可能性もあります。 


自動車や原付バイクを運転する際には、きちんと携帯しているか必ず確認するようにしましょう。 


自賠責保険証のコピーを携帯していればいいと考える人もいますが、法律では原本を携帯する必要があると定められています。 


交通事故の被害者はもちろん、運転手自身を保護するためにも常に携帯して運転する必要があるのです。 


普段から自動車や原付バイクのダッシュボードに保険しておけば、携帯を忘れることはないでしょう。

車検証の交付もできない

自賠責保険証を紛失した時の問題は、法律で運転できなくなるだけではありません。 


自賠責保険証が無くなると車検証の交付もできなくなってしまいます。 


車検証は自動車を買い替える時に必要となる書類ですから、購入も車検もできなくなります。 


自賠責保険証に記入されている証明書番号が必要となるので、必ず携帯しておく必要があるのです。 


一般的には、自賠責の契約期間を車検よりも1ヵ月長めに契約していることが多くなっています。 


自賠責保険証の再発行には1週間から2週間を要することがありますから、車検や自動車の買い替えを予定している方は前もって確認しておきましょう。 


原付バイクなど、車検が不要な自動車は自賠責保険の期限に注意

自賠責保険には契約期間がありますから、期限切れには注意する必要があります。 


一般的には、車検よりも1ヶ月ほど長めに契約していることが多いので心配する必要ありません。 


とはいえ、原付バイクなど車検が不要な自動車の場合は、自賠責保険証の期限に注意する必要があります。 


普段はあまり自動車に乗らない方の場合、気付いたら期限が切れていたということもあります。 


その場合は運転するのをやめて、保険会社窓口で加入や更新の手続きをしましょう。 


原付バイクの場合はコンビニでも加入できますから、すぐに手続きをすることができます。 


自賠責保険の契約期間は1ヶ月単位で契約できますから、有効期限はしっかりと確認するようにしましょう。 


事故の被害者や運転者自身を保護する観点からも、期限切れに気づいたら絶対に運転してはいけません。

コラム:自動車保険一括比較のススメ

この記事を読んでいる皆さんは自動車を所有し、自動車保険に加入している方が多くいらっしゃると思います。 


ですが、車の購入時にディーラーや保険代理店で自動車保険に加入し、現在の保険料に対して高いと不満に思っていませんか?
 


もしかすると不必要な補償が付いているかもしれません。 

この機会に自動車保険の見直しをしてみませんか? 


見直しをすることでなんと一年間に5万円もの保険料を節約できた事例もあります!


しかし一社ずつ見積もりを行うのは時間がかかり、めんどくさいですよね。


そこでおすすめなのが一括見積りサイトで見積もりを行うことです!

一括見積りサイトなら何度も個人情報を入力する必要がなく無料で見積もりができるので、気軽に保険料の比較を行うことができます。


今自分が加入中の保険についている補償と同条件でも保険料が安い会社を見つけることができると思います! 


契約しなくても見積もりだけでも大丈夫なので、是非一度一括見積りサイトで見積りを行ってみてはいかがでしょうか。


自動車保険を見直したい方は以下のボタンからどうぞ!

(価格コムのサイトに飛びます)

まとめ

自賠責保険証をなくした時の再発行方法についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。 


今回の記事のポイントは、 


  • 保険会社窓口や代理店で再発行の手続きができる 
  • 再発行に必要な書類を準備する必要がある 
  • 自賠責保険証をなくしたら絶対に運転はしない 


でした。


自賠責保険証の再発行方法を知っておくことで、紛失したり損傷した時に慌てることなく手続きができるようになります。
 


今回ご紹介した自賠責保険証の再発行方法を参考にして、自動車の買い替えや車検の時にも役立ててくださいね。
 


ほけんROOMでは、他にも保険に関する記事が多く掲載されていますから、ぜひご覧ください。 

ランキング