介護保険ALL

公的介護制度

民間介護保険の必要性

介護保険を利用した介護ベッドは何を選ぼう?わかりやすくご説明!

ご家族が要介護認定を受ければ、介護保険を利用して色々な介護サービスを受けることができます。介護ベッドもその一つで、利用者・介護者双方に便利な福祉用具です。ただし、要介護度によっては介護ベッドをレンタルする場合、介護保険が適用されないことがあります。

介護保険を利用した介護ベッドの選び方とレンタル方法まとめ

ご家族が要介護認定を受ければ、介護保険を利用していろいろな介護サービスを受けることができます。

介護ベッドもその一つです。足腰が弱くなり寝起きが困難になった利用者・その介護者双方に便利な福祉用具です。


介護ベッドは購入・レンタルが可能です。ただし、購入する場合は介護保険が適用されず全額自己負担となります。


また、レンタルの場合は1割または2割負担で介護ベッドを使用できますが、利用者の要介護度によっては、介護保険が適用されない場合があります。


今回は介護保険を利用した介護ベッドの特徴と機能、選び方について説明します。




介護ベッドとは

介護ベッドとは「特殊寝台」と呼称される福祉用具の一つです。利用者のベッドからの起き上がり・立ち上がたりの動作を補助してくれます。

いろいろな機能が備わっており、高さの調節や、起き上がる際に背中を押し上げてくれる機能、体位の変換等を行う機能があり、利用者・介護者双方の負担を軽減する福祉用具といえます。

介護保険の介護ベッドの機能と種類、選び方

介護ベッドといってもいろいろなタイプ・機能を持つベッドがあり、利用希望者の要介護度に応じて、適切なベッドを選ぶべきでしょう。

以下では、介護ベッドの主な機能と種類を説明します。

介護ベッドの主な3つの機能

介護ベッドの機能は次の通りです。

  • 背上げ機能:利用者がベッドの上で身体を起こしたいときに使用できる機能です。ベッドの背もたれを好きな高さまで上げられ、移動がスムーズに行うことや、座った姿勢での食事を摂ることができます。
  • 高さ調節機能:ベッドの調節できる機能です。ベッドから降りるとき、立ち上がる際に無理の無い高さに調整することが可能です。これで腰を傷めるリスクを軽減できます。
  • 膝上げ機能:ベッドの膝の部分を持ち上げる機能です。利用者が長時間寝たままの状態では血流が悪くなるため、適度な膝上げを行い、足のむくみを予防します。

介護ベッドの主な5種類

介護ベッドは、ベッドに搭載されているモーターの数で次の5種類に分類できます。

種類特徴対象利用者
1モーターベッド背上げ機能、または高さ調節機能のいずれかが付いているタイプのモーターベッドです。起き上がるための補助として使用します。比較的体を起こしたり、動かしたりすることができる利用者
2モーターベッド背上げ機能と高さ調節機能が備わっているタイプのモーターベッドです。膝上げ機能が付いているベッドも多いです。体を起こしたり、動かしたりすることに不安のある利用者
3モーターベッド背上げ、高さ調節、膝上げが備わっているタイプのモーターベッドです。寝返りを打つのが難しかったり、ベッドで過ごす時間が長かったりする利用者
4モーターベッド背上げ、高さ調節、膝上げ機能が備わり、左右の肩の部分を傾けて寝返りの補助が可能なタイプのモーターベッドです。寝たきりのような要介護度が高い利用者
1+1モーターベッド背上げ機能・膝上げ機能が備わり、それぞれ単独で操作できるタイプのモーターベッドです。体を起こしたり、動かしたりすることに不安のある利用者

介護ベッドの上手な選び方

介護ベッド選びのポイントは次の通りです。

  • 安全性が考慮されている:便利な介護ベッドとはいえ、利用者でも操作が簡単で、事故を防ぐ安全な機能が備わっている必要があります。JIS規格(日本工業規格)では誤操作による事故を未然に防ぐため、製品の強度や形状は細かく規定されています。
  • ベッドの大きさ:利用者の身長・体格にあった適切なサイズのベッドを選びましょう。なお、身長別では以下のサイズが適しています。(ミニサイズ)長さ:180cm、幅:83cm→身長150cm未満の利用者、(レギュラーサイズ)長さ:191cm、幅:91cm→身長150~175cm以下の利用者、(ロングサイズ)長さ:205cm、幅:100cm→身長176cm以上の利用者となります。
  • 付属品の設置:必ず用意しなければならない物というわけではないですが、①ベッドからの転落の防止を目的としたサイドレール、②ベッドの上でそのまま食事ができる専用テーブル、③ベッドから車椅子等にスムーズに移動するときに使う移乗用ボード・マットレス等があれば、介護はより便利になります。
  • 身体状況に応じたマットレス:利用者の介護状況や、利用者自身の好みにもよりますが、適度な弾力性と硬さをあわせ持ったマットレスを用意しましょう。

介護保険を利用した介護ベッドのレンタルサービス

前述したように介護ベッドではレンタルサービスが利用できます。こちらでは、介護保険を利用した介護ベッドの費用と注意点を説明します。

福祉用具のレンタルサービスとは

介護保険を利用して、介護に必要な特定の福祉用具を安くレンタルできるサービスです。

レンタルの対象となっている福祉用具は、介護ベッドのみならずその付属品、車いす、歩行器、自動排泄処理装置等があげられます。


要介護度により介護保険の対象となる福祉用具が異なります。利用したい場合には、事前に介護保険の対象になるかどうか確認しておきましょう。

介護ベッドのレンタルと購入の比較

介護ベッドはいろいろと便利な機能が付いている分、購入する際には高額な費用となります。

購入するとなれば、介護保険が使えず、備え付けられている機能にもよりますが、自己負担として10万円以上はかかってしまいます。


一方、レンタルの場合なら介護保険が適用され、毎月だいたい800~1,400円の料金で利用することができます(1割負担の場合)。

軽度者(要支援1・2、要介護1)の方は介護ベッドがレンタルできません

介護ベッドをレンタルする場合は、要介護認定を受けさえすれば、全ての利用者に介護保険が適用されるわけではありません。

軽度者(要支援1・2、要介護1)の方の場合、介護保険が適用された介護ベッドのレンタルは利用できません。


介護ベッドおよびその付属品について、要介護度に応じた介護保険の利用の有無を表にしておきました。参考にしてください。


介護ベッド等要支援1.2要介護1要介護2要介護3要介護4要介護5機能
介護ベッド(特殊寝台)××高さ・傾斜角度が調節可能な物
介護ベッド付属品××サイドレール、マットレス、ベッド用手すり、専用テーブル
床ずれ防止用具××エアマット、ウォータースライダーマット
体位変換器××
寝たきり利用者の体位変換を楽に行う物

介護ベッドを自費でレンタルする場合にかかる費用

軽度者(要支援1・2、要介護1)の方がどうしても介護ベッドをレンタルしたい時には、全額自己負担となります。

自己負担する場合、毎月だいたい8,000~14,000円の料金で利用することができます。

介護保険を利用した介護ベッドのレンタルまでの流れ

介護ベッドのレンタルまでの流れは次の通りです。

  1. ケアマネージャーに相談:介護ベッドをはじめとした福祉用具の相談をする際、どんな介護サービスを受けるかケアプランを話し合います。
  2. 介護ベッドを選ぶ:利用者の要介護度・身長等を考慮し、専門相談員からアドバイスを受けます。
  3. 申込をする:介護ベッドの機能等に納得したら申込をします。
  4. 介護ベッドの納品:単に介護ベッドが利用者宅へ届くだけではなく、利用者に合った高さの調整・チェックを専門スタッフが行ってくれます。
  5. 説明・レンタル料納付:専門スタッフから利用者・ご家族が使用方法や契約内容の説明を受けます。その後、レンタル料金(当月分)を納付します。

まとめ

介護ベッドは操作があまり複雑ではないですが、やはり扱い方が苦手な方々もいらっしゃると思います。

購入やレンタルの後に操作に困らないように、契約前に質問があればドンドン専門スタッフに相談してください。

ランキング