第1号被保険者が介護保険を受けるための条件である、16疾病とは?

第1号被保険者が介護保険サービスを受けるためには、16疾病の診断を受けていることが条件となります。16疾病とは、どのような病気がこれに該当するのでしょうか。16疾病の知識も合わせて、介護保険申請までの手続きの理解を深めていきましょう。

介護保険サービスを受ける条件としての16疾患

介護保険制度とは、要支援・要介護状態と認定された場合に、さまざまな福祉サービスを受けることのできる制度のことです。

介護保険制度では、年齢によって第1号被保険者と第2号被保険者に分けられています。


しかし、誰でも介護保険サービスを受けることができるわけではなく、「16疾病」と診断されていることが条件となる場合があります。


16疾病という言葉を聞いて、疑問に感じる方がほとんどだと思います。


今回は、「16疾病が介護保険サービスを受ける条件となる場合について」「16疾病とはどのような病気が含まれるのか」「16疾病の特徴」について解説していきます。



介護保険のサービスを受ける条件

介護保険サービスを受ける条件は、第1号被保険者と第2号被保険者によって異なります。


どのような条件によって、介護保険サービスを受けることができるのかを詳しく見ていきましょう。

65歳以上の第1号被保険者の場合

65歳以上を第1号被保険者とし、介護が必要な状態であれば原因がにかかわらず、要介護認定を受けることで介護保険のサービスを利用することができます。

40歳〜64歳までの第2号被保険者の場合

40歳から64歳の第2号被保険者は、医療保険の加入者であり、介護保険制度で定められている「16疾病」が原因で介護が必要になった場合にのみ、要介護認定を受けて介護保険のサービスを利用することができます。

第2号被保険者が介護サービスを受けられる16疾病とは

第2号被保険者が介護保険サービスを受けるための条件となる16疾病とは、特定疾患とも呼ばれており、厚生労働省で定められたものです。

16疾病の2つの特徴

16疾病は、次のような特徴があります。

  1. 65歳以上の高齢者に多く発生するが、40歳以上65歳未満の年齢層においても発生する病気で、罹患率や有病率等から加齢との関係が認められる病気であって、医学的概念を明確に定義できるもの。 
  2. 3〜6ヶ月以上、継続して要介護状態又は要支援状態となる割合が高いと考えられる病気。


以上のような状態と定められた病気が、16疾病に認定されています。


介護保険の16疾病の概要

介護保険の16疾病としては、次のような疾患となります。

  1. がん末期(医師が一般に認められている医学的知見に基づき回復の見込みがない状態に至ったと判断したものに限る。)  
  2. 関節リウマチ
  3. 筋萎縮性側索硬化症 
  4. 後縦靱帯骨化症 
  5. 骨折を伴う骨粗鬆症 
  6. 初老期における認知症 
  7. 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病 【パーキンソン病関連疾患】
  8. 脊髄小脳変性症 
  9. 脊柱管狭窄症 
  10. 早老症 
  11. 多系統萎縮症
  12. 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症 
  13. 脳血管疾患
  14. 閉塞性動脈硬化症 
  15. 慢性閉塞性肺疾患 
  16. 両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症  


要介護状態となる可能性の高い16疾病ですが、それぞれどのような病気なのかを詳しく見ていきましょう。

1.がん【がん末期】

特定疾病に認定されるがんは、進行性で治癒困難ながんに限ります。

治療困難な状態とは、おおむね余命が6月間程度と判断される場合のことを指します。


そのため、医師からの診断書に余命の記載をされていなければ、介護保険サービスを受けるとこができません。


がんの末期では、体力・筋力の低下が著しく、日常生活や家事動作に困難が生じます。

2.関節リウマチ

関節に炎症が起こる病気で、痛みや筋力低下が生じます。

長時間立っていたり、手先の細かい動作を繰り返す等、日常生活のちょっとした動作を行うだけで関節へ負担がかかり、症状が進行してしまいます。


悪化すると関節の変形も起こり、日常生活が思うように行えなくなってしまいます。

3.筋萎縮性側索硬化症(ALS)

筋萎縮性側索硬化症とは、体を動かす指令を脳に伝達する役割を担う運動神経が障害される進行性の病気です。

症状の進行により、手足の筋肉・表情筋・嚥下するための筋肉・呼吸筋など様々な筋肉の筋委縮と筋力低下を伴います。


末期の状態となると、人工呼吸器の装着が必要となり、寝たきりの状態に至ります。


症状の進行も早いため、重度の介護が必要となる疾患です。

4.後縦靱帯骨化症

後縦靭帯骨化症とは、頸椎を縦につないでいる後縦靱帯が、骨のように硬くなる疾患です。

骨化すると脊髄を圧迫し、しびれや痛みを生じ、悪化すると立位保持や歩行が困難となります。


5.骨折を伴う骨粗鬆症

骨粗鬆症とは、骨量の減少と骨組織の微細構造の異常が起こり、骨が脆弱となっている状態を指します。

骨粗鬆症は骨密度の程度で症状の経過を観察しますが、骨密度の現象が著しいと、しりもちをついたり転倒をしてしまうことで簡単に骨折に至ってしまいます。


骨折をすると、歩行が困難となる可能性も高いため、介護が必要となることが多くなります。

6.初老期における認知症

初老期における認知症とは、40~64歳において生じる認知症状の総称です。  

アルツハイマー病、ピック病、血管性認知症、レビー小体病がこれにあたります。


認知症となると、危険を察知する注意機能の低下、少し前の出来事を記憶しておく記憶機能の低下が起こります。


それにより、家事の部分では火の元の管理が不十分となったり、外出時に危険に対して注意が向かないことからも危険が生じてしまい、日常生活に支障を来します。

7.進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病(パーキンソン病関連疾患】)

パーキンソン病関連疾患とは、大脳や脳幹の異常により正常な神経細胞が減少することで、振戦や筋肉のこわばり・無動・姿勢反射障害などの症状が起こります。

振戦とは手足の振るえのことですが、これにより家事動作が行いにくくなります。


また、体を動かそうと意識しても固まったように動かしにくくなる症状を筋肉のこわばりと言い、固まったように動かなくなる症状を無動と言います。


この症状も振戦と同様、日常生活に支障を来します。


姿勢反射障害とは、立位または座位で姿勢を保つためにバランスを取る姿勢反射能力に障害が生じることを言います。


症状の程度により、歩行困難・立位保持困難・座位保持困難・ベッドからの起き上がり動作困難などの状態に繋がってしまいます。


姿勢反射障害が生じると、様々な福祉用具のレンタルも必要となります。

8.脊髄小脳変性症

脊髄小脳変性症とは、歩行時のふらつきや手の振戦・ろれつが回らないなどの神経症状が現れる小脳の疾患です。

小脳は、姿勢反射の調整を担っている部分でもあるため、姿勢反射障害が生じます。


症状が重度となると、座位保持が困難となり寝たきりの状態となってしまいます。

9.脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは、脊柱管が組織の変形により狭くなり神経が圧迫されることで、腰痛や下肢のしびれや痛み・筋力低下などが起こります。

重度となると立ち上がる際や歩行時に激しい痛みを生じ、歩行が困難となります。


ひどい場合には、ベッドから起き上がる際にも痛みにより起き上がることができず、介護を要することもあります。

10.早老症

早老症とは、加齢促進状態のもたらす疾病です。

遺伝子の異常によって起こるとされ、成人後の早老症の代表的なものがウェルナー症候群です。


動脈硬化や白内障、糖尿病などの内分泌疾患の症状が現れます。

11.多系統萎縮症

多系統萎縮症は、パーキンソン病に似た症状が現れます。

それに合わせ、立ちくらみや排尿障害、便秘といった自律神経症状が現れます。

それにより、歩行困難・立位保持困難となり、重度の介護が必要となります。

12.糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症

糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症とは、糖尿病が悪化した場合に起こる合併症です。

糖尿病神経障害では、手足に痛みやしびれが生じ、重度となると感覚障害が生じます。


感覚障害が起こると傷を負っても痛みを感じにくくなるため、傷の管理が不良となり、壊死に至ると切断しなければならなくなる危険性があります。


糖尿病性腎症は腎臓の機能が低下した状態であり、悪化すると腎不全を来します。


浮腫や動悸・倦怠感が強くなり、動くことが困難な状態となってしまいます。


糖尿病性網膜症は、視力の低下だけでなく進行すると失明の危険性が生じます。

13.脳血管疾患

脳血管障害には、脳梗塞と脳出血があります。

どちらも後遺症が残りやすく、片麻痺や高次機能障害と付き合いながら生活をしていく可能性が高い疾患です。


後遺症により、更衣や入浴などの日常生活の動さに介護を要する場合も少なくありません。

14.閉塞性動脈硬化症

手や足の血管の動脈硬化により、血行不良となります。


冷感やしびれ、痛みを伴い、靴ずれや擦り傷などの軽い怪我でさえ治癒しにくくなり悪化すると潰瘍や壊死を起こし、切断に至る危険性のある病気です。



15.慢性閉塞性肺疾患

喫煙・大気汚染・職業上で吸入する粉塵・化学物質(蒸気、刺激性物質、煙)・受動喫煙が主な原因となり発症します。

呼吸機能が低下するため、動作時の息切れが主な症状です。


病気が進行すると、起き上がる・立ち上がる等の少しの動作で過度の息切れ・呼吸苦が生じ、更衣や入浴などの日常生活動作も行うことが困難な状態となります。

16.両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

慢性の関節炎を伴う疾患で、発症した部位に激しい痛みや腫れ、関節の変形が起こります。

股関節または膝関節の変形性関節症では、立位または歩行時に体重の負荷もかかり、歩行だけでなく長時間立って行う家事動作にも影響を及ぼします。

16疾病と診断されてからの要支援・要介護申請の流れ

16疾病と診断され、介護保険サービスを利用したい場合、まずは市区町村の担当窓口に相談をし、要介護認定の申請を行います。

後日、介護認定調査に専門職員が自宅に訪問をします。


介護認定調査の結果と、主治医からの意見書をもとに介護認定審査会が行われ、介護度が決定します。


主治医の意見書には、16疾病に該当する診断名を記載してもらう必要があります。


まとめ

介護保険サービスは、65歳以上の第1号被保険者、40~64歳までの第2号被保険者が受けられるサービスです。

しかし、第2号被保険者が介護保険サービスを受けるためには、「16疾病」が原因で介護を要す状態となった場合に限ります。


16疾病は、3〜6ヶ月以上継続して要介護状態又は要支援状態となる割合が高いと考えられる病気とされています。


介護認定までは手続きに約1ヶ月かかることからも、16疾病と診断された場合、早めに手続きを行い、介護サービスを利用しながら負担の少ない日常生活を考えましょう。



ランキング