アヴェンタドールの年間維持費はいくら?フェラーリとどっちが高い?

アヴェンタドールの年間維持費はいくら?フェラーリとどっちが高い?-サムネイル画像

V12エンジンを搭載したランボルギーニのフラッグシップモデル、アヴェンタドール その年間維持費は一体いくらかかるのでしょう?この記事ではアヴェンタドールの維持費の詳しい解説やフェラーリとの年間維持費の比較!さらに所有するために必要な金額と年収を独自算出!

アヴェンタドールの年間維持費はいくら?フェラーリとの比較も!

アヴェンタドールといえば、イタリアの自動車メーカー、ランボルギーニの代表モデルで、著名人やスポーツ選手など有名人にも数多く所有されているスーパーカーとして有名です。


実際にこのスーパーカーを所有すると年間でいくらくらいの維持費がかかるのでしょうか。


また、一般的な自動車と維持費にどのような相違点があるのか、フェラーリなどの別のスーパーカーとの相違点はどうか分からないことも多いと思います。


そこで今回の記事では、

  • アヴェンタドールの年間維持費
  • アヴェンタドールの年間維持費の内訳
  • アヴェンタドールに必要な経費と年収
について詳しく解説していきます。

この記事を読んでいただければ、アヴェンタドールを購入する際にどれ程の経費がかかるのか参考になると思います。

ぜひ、最後までご覧ください。

アヴェンタドールの年間維持費は93万円?!車が買えるレベル…

まずは、アヴェンタドールの年間維持費はどれくらいかかるのか見ていきましょう。 

 アヴェンタドールの維持費の内訳は以下のようになります。
内訳/期間月間年間
ガソリン代
11,200円134,400円
自動車税9,250円111,000円
重量税1,350円16,400円
車検
20,900円250.000円
自賠責保険1,800円21,545円
点検費用16,700円200,000円
任意保険17,000円204,000円
合計78,200円937,345円
次に、フェラーリ488GTBの維持費を紹介します。
内訳/期間月間年間
ガソリン代21,000円252,000円
自動車税5,542円66,500円
重量税1,025円12,300円
車検41,700円500,000円
自賠責保険1,016円12,915円
任意保険25,000円300,000円
合計95,283円1,143,715円
上記の様に、アヴェンタドールの年間維持費は約93万円もかかることが分かりました。

また、比較対象のフェラーリ488GTBも年間維持費が約114万円となりました。

スーパーカーは維持費だけで年間100万円近くかかってしまいます。

さらに、修理費オイル交換代タイヤ交換代がかかってくるとなると、やはり一般の家庭では賄えませんね。

アヴェンタドールの6つの維持費の内訳を徹底解説!

ここからは、アヴェンタドールの6つの維持費の内訳について、それぞれを詳しく解説していきます。


自動車は高い買い物ですし、消耗品でもあります。


しかし、自動車を購入してそれで終わりではなく、使用していく上で常にお金がかかってしまいます。


それぞれの維持費がいくら必要なのかを知ることで、コストを抑えるために参考にあると思います。

アヴェンタドールの維持費①:ガソリン代

アヴェンタドールの実燃費は、4~5km/Lと言われています。


ここでは、年間走行距離ごとにガソリン代を算出して表にまとめてみました。


使用ガソリンは、ハイオクとなっています。

距離/ガソリン代ガソリン代(4.5㎞/L)
~3000㎞/以下50,000円
3000㎞~5000㎞以下133,333円
5000㎞~100000㎞以下250,000円

※ハイオク150円で計算、ガソリン代は中央値を掲載


アヴェンタドールの年間走行距離別ガソリン代は以上のようになりました。


普通車と比べてスポーツタイプの自動車は、燃費が非常に悪いです。


また、ガソリンもハイオクを使用するため、その分ガソリン代も高いです。


高速道路やロングドライブをする人、街中を運転する人で自動車の燃費は変わってきます。


また、ガソリンの値段は固定ではなく変動するので、この算出した維持費は、目安として参考にしてください。

アヴェンタドールの維持費②:自動車税

自動車税は、自動車の所有者に対してかかる税金のことです。


軽自動車税は一律であるのに対して、自動車税は総排気量によって納める金額が変わります。


総排気量1L以下の29,500円からスタートし、1Lを超えると0.5L毎に金額が上昇していきます。


6L以上が最大支払い金額で、111,000円となっています。


アヴェンタドールの排気量は、6,498ccで6Lを超えているため、自動車税としては最大金額の110,000円が自動車税としてかかることになります。


(参照:東京都主税局)

アヴェンタドールの維持費③:重量税

重量税は、自動車の新規登録時や車検時に自動車の重量に対して納める税金を言います。


自動車税と同様に、軽自動車は車両の重量に関係なく一律の値段です。


一方で普通車は、車両の重量ごとに増額されていきます。


新車からの経過年数で増額幅が変わりますが、0.5トン増量するごとに4,100円ずつ増額していきます。


アヴェンタドールの車両重量は1,575㎏ですから、4,100×4=16,400円です。


2年の車検ごとの支払いとなるので、16,400×2=32,800円が重量税となります。


アヴェンタドールにかかる自動車税と重量税を表にまとめました。

年度/税金自動車税重量税
初年度~12年
110,000円32,800円
13~17年110,000円45,600円
18年~110,000円50,400円

(参照:自動車重量税・早見表)


また、重量税に関して、環境性能に優れているエコカーについては優遇措置が定められています。


2021年4月30日までに新車登録を行うと、25%減税50%減税100%減税、の3段階で重量税が減額されるのです。


しかし、アヴェンタドールはエコカーではないため、この減税は受けられません。

アヴェンタドールの維持費④:車検

自動車は、安全性に問題がないかなどを定期的に検査を行う必要があります。


車検を行う時期は、新車登録の場合は3年目に、それ以降は2年毎に車検を受ける義務となっています。


車検にかかる費用は以下の3つに大別されます。

  • 法定費用
  • 車検基本費用
  • 部品交換費用
これらの車検にかかる費用の中で多くの割合を占めているのが法定費用です。

重量税自賠責保険印紙代の3つを合わせて法定費用となっています。

種類/金額金額
重量税32,800円
自賠責保険43,090円
印紙代1,800円
車検には、大部分を占める法定費用の他に、車検基本費用と部品交換費用がふくまれており、これら2つをまとめて点検整備費用と言われています。

2年毎の点検時に、パーツが劣化していたり、オイル漏れが見つかったりと、整備が部品の交換が必要となった場合に掛かるのが点検整備費用です。

法定費用は、法律で決められており、車種ごとに定額となっており、どこで車検を受けてもこの法定費用は同額です。

一方で、点検整備費用は定額というわけではなく、自動車ディーラーなど車検を受ける場所によって金額が変わります。

この点検整備費用が、節約することができる部分です。

アヴェンタドールの維持費⑤:自賠責保険

自賠責保険とは、正式名称を「自動車損害賠償責任保険」と言います。


自賠責保険の目的は、交通事故の被害者を救済するためです。


そのため、自動車を所有するにはこの自賠責保険に車検期間分加入することが義務付けられています。


自賠責保険は契約する期間が長ければ長い程保険料が安くなります。


また、車検を受ける24ヶ月に合わせて契約期間を設定することが一般的となっています。


以下は、契約期間ごとの普通自動車の自賠責保険料の一覧です。


(参照:自賠責保険ポータルサイト)

期間/保険料保険料
12ヶ月15,520円
13ヶ月16,380円
24ヶ月25,830円
25ヶ月26,680円
36ヶ月35,950円
37ヶ月36,780円

アヴェンタドールの維持費⑥:任意保険

任意保険は、自賠責保険と異なり、加入が義務付けられているわけではなく、任意で加入する保険です。


任意保険は自分に必要な補償と不必要な補償を選択して、組み合わせることができるので契約内容によっては大きく減額させることも可能です。


しかし、アヴェンタドールほどの高価な自動車であれば、保険も十分な内容にするのがいいでしょう。


盗難の危険性が他の自動車よりも高く、事故の際の修理費も高額になるため、車両保険を付帯すると、保険料が高額になってしまいます。 


これらの理由から、車両保険の加入に審査が必要になる場合や、そもそも加入を断わられる場合もあるので気を付けてください。 


また、維持費には駐車場代も含まれます。安いところであれば、月2,000~3,000円の駐車場もありますが、アヴェンタドールを停めるには整った駐車場に止める必要があります。 


十分な広さと、雨風を防ぐ屋根など整備された駐車場を契約すると月いくらかかるのか確認しておきましょう。 


以下は平均的な任意保険料を表にまとめたものです。

年齢/等級/免許証の色/年間走行距離
三井ダイレクト(代理店型)
ソニー損保(通販型)
21~25歳/6等級/ブルー/3,000㎞以下281,700円176,770円
26~29歳/12等級/ゴールド/3,000㎞以下157,180円58,350円
30代/15等級/ゴールド/3,000㎞以下76,120円 39,310円
40代/20等級/ゴールド/3,000㎞以下59,510円24,040円


アヴェンタドールのような車を保有するなら、補償の充実した保険に加入したいですよね。


しかし、上記のような理由で保険への加入を断られるケースもあります。保険をへの加入を検討する際は複数社で見積もりを行いご自身に合った保険に加入する事をおすすめします。


ただ、保険会社は全部で30社以上あり、その中から最も自分に適した自動車保険を選ぶのは時間的にも難しいですし、何よりも面倒ですよね。


しかし、自動車保険の一括見積サービスを利用すれば、スマホやPCで簡単5分で自動保険見積もりができ、その中から自分に最も適した自動車保険を選ぶことが可能です。        


ちなみに利用料は無料、見積もりだけでもOK!多くの方々が利用し自分の愛車に適した自動車保険を利用しています。


このサービスの利用者には最大で年間5万円も安くなったという方も居るので、将来アヴェンタドールに乗りたいと思っている方も、保険料を節約してお金を貯めるのもいいかもしれませんね。

アヴェンタドールを所有するにはいくら必要?必要な費用と年収を計算!

ここまでは、アヴェンタドールを購入してからかかる維持費について詳しく解説してきました。


ここからは、アヴェンタドールを所有するのに必要な経費について解説していきます。


アヴェンタドールといえば、スーパーカーの代表です。全世界でも限られた人のみが買うことができる自動車です。


アヴェンタドールに乗るには、どれほどの経費が必要で、そのためにはどれほどの年収がなければならないのでしょうか。

アヴェンタドールの購入費用と維持費

アヴェンタドールの購入にかかる費用について解説していきます。


購入費用には、車両価格と購入時にかかる自動車取得税の合算になります。


今回の車種は通常のクーペタイプLP700-4を取り上げていきます。

  • 車両価格:43,170,000円
  • 自動車取得税:1,165,600円

※自動車取得税は車両価格×0.9×0.03で計算しています。


以上から、アヴェンタドールの購入費用は44,338,600円となりました。


自動車取得税だけで100万円を超えており、これだけで別の車が買える値段であるのは衝撃的ですね。


また、ここまで述べてきた通り、自動車に乗るには購入費用だけでなく維持費が多くかかります。


アヴェンタドールは年間で100万円近くの維持費が必要となるので、やはり限られた人のみが乗ることができる自動車であることが改めて分かります。

アヴェンタドールを所有するにあたり必要な物とその経費は…

ここまで述べてきた購入価格、維持費の他にも多くの経費が必要となります。


これだけ高価なスーパーカーには常に盗難の危険性が付きまといます。


また、サビや湿気による故障は、一般的な国産車に比べ慎重に考えなければなりません。


これらのことを考慮すると雨ざらしの駐車場にアヴェンタドールを停めておくことは危険です。


したがって、ガレージ付きの一軒家マンションに住まなければならないでしょう。


また、アヴェンタドール1台で通勤や買い物は非常に不便ですから、それ以外の自家用車が少なくとももう1台は必要となってきます。


結果として、自動車2~3台分の税金やガソリン代、保険料などが必要となってしまい、年間にすると100万円以上の維持費が必要になります。


また、車2~3台を保管できるような家を考えると、非常に広大な敷地が必要になり、マンションであれば駐車場代だけでも大金がかかります。


アヴェンタドールを所有するには、必要経費だけでも年間で約500万円と、サラリーマンの年収ほどが必要です。 

1万円以上保険料を節約する方法をご存知ですか?

皆さんは自動車保険をどの頻度で見直していますか?


もしかしたら、加入してから一度も見直していない人も多いのではないでしょうか。


  • 加入してから一度も自動車保険を見直していない
  • 車を購入する代理店で加入した
  • 会社の団体割引で自動車保険に加入している

が1つでも当てはまる方は要注意!


高すぎる保険料を払っている可能性が高いです。

心当たりのある方は、一度保険料をシミュレーションしてみてはいかがでしょうか。


以下のボタンから簡単にシミュレーションできるので、ぜひどうぞ!

まとめ:アヴェンタドールの維持費と所有するために必要な金額について

ここまでアヴェンタドールの維持費と所有に必要な経費について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回の記事のポイントは、

  • アヴェンタドールの年間維持費は約93万円
  • ガソリン代、車検、任意保険は変動するためコストを抑えられる
  • 所有するには年間約500万円程度の維持費がかかる
でした。

アヴェンタドールの年間維持費は他の普通自動車と比較しても圧倒的に高く、維持費だけでも高級車が買えるほどの金額であることが分かりました。

しかし、アヴェンタドールは車好きの憧れですから、いつか乗ってみたいですよね。

ほけんROOMでは自動車に関する記事を他にも多数公開していますので、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング

  • 自動車保険が年間3万円も安くなる?無料で見積もりってチキンをもらおう!
  • 【2020年】自動車保険の見積もりプレゼントキャンペーン・特典を比較
  • ハリアーの月・年間維持費は高い?20歳でも保有可能?CX-5とも比較!
  • プリウスの年間維持費を徹底計算!他の車種に比べて安い?高い?
  • ホンダ・N-BOXの年間維持費を条件ごとに計算!フィット・ルーミーと比較
  • ヴェルファイアの年間維持費を徹底計算!実は高い?お得に乗る方法は
  • ホンダ・S660の年間維持費を条件ごとに計算!86・ロードスター・コペンと比較
  • トヨタ・FJクルーザーの年間維持費を条件ごとに計算!ランクル・ジープと徹底比較
  • 日産・スカイラインの年間維持費はいくら?V34・V37・R34を徹底比較!
  • ランボルギーニ・ガヤルドの年間維持費は?知恵袋からの意見も紹介!
  • マツダ・アクセラの月・年間維持費は?維持費の計算や新旧等を比較!