【レビュー・感想】日本経済新聞電子版を実際に使ってみた!

この記事では、日本で高いシェアを誇る日本経済新聞の電子版アプリについてレビューしています。「日経電子版」と「日経紙面ビュアー」などアプリにも種類があり、それらの違いや使ってみた感想、評価や口コミについて詳しく解説していきます。

【レビュー・感想】日本経済新聞電子版を実際に使ってみた!


目まぐるしく情報が錯綜している今日。


政治や経済事情も当然例外ではありません。


最新のニュースや情報をしっかりチェックしたいけれど、新聞を読んだり情報番組を見流ような時間の余裕はない、そう思っている方はおられませんか?


そんな方々には、国内で高いシェア率と良い評判を誇る日本経済新聞電子版をおすすめします。


この日本経済新聞電子版は、持ち歩くにはなかなか嵩張ってしまっていた新聞をスマホで読むことができるという優れものです。


社会人のみならず、就職活動でも購読はもはや必須とまで言われている日本経済新聞。


通学・通勤中などのほんの少しのスキマ時間を活用して情報収集をしたいという忙しい方には、特にぴったりのアプリだと思います。


そこで今回は、日本経済新聞電子版について

  • 実際にアプリを使用して感じたメリット・デメリット
  • 日本経済新聞の別アプリ”日経紙面ビュアー”との違いや評判
以上の項目についてご紹介します。

この記事を読んでいただければ、最新のニュースや経済情報をチェックするのに最適な日本経済新聞電子版の使用感や評判について知ることができるはずです。

ぜひ最後までご覧ください。

また、日本の経済状況について基礎的なことから学びたい方や、お金に関するさまざまな知識を勉強したいけど何から始めれば良いかわからない方は無料のマネーセミナーに参加することをおすすめします。


ほけんROOMではマネーセミナーのおすすめ比較ランキングを紹介しているため、そちらも併せて読んでみてください。

日本経済新聞電子版を使ってみて良かった点

今回は実際に日経新聞電子版をインストールして使用してみました。


アプリストアでの評判はかなり良く、期待値も高まります。


恥ずかしながら今まで経済新聞やニュースアプリというものにあまり触れることのなかった身なので、正直アプリに関してもニュースに関しても元の理解度は並以下でした。


まずはそんな人間でも利用しやすいと感じた点をまとめていきます。

日本経済新聞電子版の良かった点①オリジナルコラムが面白い

まず良かった点の一つに、オリジナルコラムの面白さが挙げられます。


オリジナルコラムは有料会員向けに公開されている独自コンテンツです。


アプリ内の「ストーリー」メニューから読むことができ、その時期の旬なテーマについてそれに関係する人による対談やビジネス論などが連載されています。


コラムの内容も各テーマに関することを生業としているような方やプロの目線で展開されているため、かなり充実しており評判が高いものとなっています。


投資やマーケティングなど仕事や勉強に近い内容から、どちらかというと娯楽的な趣味の範囲まで幅広いテーマで展開されているので、気になるコラムがきっと見つかるでしょう。


また一部は途中までではありますが無料で読めるものもあるので、そちらで試し読みをして決めてみるのもいいかも知れませんね。

日本経済新聞電子版の良かった点②アプリとしても使いやすい

二つ目の良かった点は、アプリそのものの使いやすさです。


こちらは特に評判が高かった点で、デザインはシンプルで見やすく、しかしビジュアルデータや要点のまとめは程よくカラフルであり大変わかりやすくなっていました。


具体的には、

  • 見出しが一覧になっている
  • 新型コロナ、金融・経済、政治などニュースや情報をテーマごとに表示できる
  • 記事内に関連記事のリンクボタンがついていて、一つの出来事に対し追求しやすい

というように、読みたい記事にすぐたどり着けるようになっているのも利用しやすかったです。


また有料会員になると、自分のお気に入り記事を保存して読み返すこともできます。


スマホを使うのは少し苦手かも……と感じている方でも簡単に使いこなせるアプリデザインだと感じました。

日本経済新聞電子版を使ってみて悪かった点

続いては、使用してみて悪いと感じた点についてお話しします。


個人的にはアプリそのものの使用感に不満は一切ありませんでしたが、強いて言うなら全ての機能を利用するには有料会員にならなければならないという点が人を少し選んでしまうのではないかと感じました。


そもそもアプリに課金をするということ自体に抵抗を感じる方も一定数おられると思います。


この部分は実際少し躊躇してしまうという評判も目にしました。


ただすでに日本経済新聞を購読しているという方にとっては、月額が紙面より安くなる上で朝夕刊が即読める、オリジナルコラムなどの限定コンテンツがあるなど金銭的にも情報量にもメリットがあります。


実際、有料会員が使える機能として

  • 無料記事の閲覧
  • 有料記事の閲覧
  • 朝・夕刊の閲覧
  • 記事の保存
  • 記事の自動収集
  • 紙面ビュアー
  • メニューカスタマイズ
があり、もちろん有料で使える機能の全体的な評判も高いです。


今からの購読を考えている方もこちらの方がお得であることは間違いなしなので、これを機にアプリに課金するのも良いのではないでしょうか。


詳しい料金体系については次の項目内で解説していきます。

日本経済新聞紙面ビュアーとは何が違う?

先ほど少し触れた、日本経済新聞に関する月々の料金体系は

サービス料金
日本経済新聞朝・夕刊セット地域 4900円
全日版地域 4000円
日本経済新聞電子版4277円
日経Wプラン
(日本経済新聞+日経電子版)
朝・夕刊セット地域 5900円
全日版地域 5000円

となっています。


アプリも気になるけれど紙でも読みたいという方には、紙面料金にプラス1000円で電子版も使えるWプランがお得です。


また電子版は1ヶ月間の無料トライアル期間が設けられているので、有料会員になることに躊躇いがある場合は、評判と照らし合わせつつまずはお試しとして登録・利用してみるのも良いかも知れません。


それから日本経済新聞は、電子版の他に日本経済新聞紙面ビュアーというアプリもリリースしています。 


この紙面ビュアーは電子版と違って、紙面をテキスト表示ではなくそのまま読めるというアプリです。


”新聞紙面をスキャンした状態で表示されるアプリ”と説明すればより想像しやすいでしょうか。


こちらはアプリ内課金なしで利用できるという点においても電子版と違いがありますが、評判としては電子版より劣ってしまうという印象がありました。  


具体的に見られた評判として

  • iPadユーザーにはおすすめ
  • アプリが開けなくなった、または起動が遅い
  • 記事の拡大に難あり
  • アップデート後、画質が荒くなり文字が不鮮明で読みづらくなった
といった内容が挙げられていました。

これに対して今回おすすめしている日本経済新聞電子版の評判は
App StoreGoogle Play
評判
(5点満点)
4.54.2
評価数30,9625,964
アプリ価格無料無料
となっており、ここからも評判の高さが伺えます。

そこでここからは、具体的な評判・口コミの一部をご紹介します。

代男性

使いやすく便利

特定テーマを遡って探したり、自分の興味関心のある記事をまとめ読みできるのが良い。
紙面版より情報が新しいので重宝している。
通勤の途中で紙面をチェックできるし、多岐にわたって充実した内容なので即時性も高い。
日経の強みが活きているアプリ。
また、紙面購読ではすぐにたまってしまう新聞やチラシ広告の処分の手間も省けるので助かっている。
操作性も記事を読むのに不自由がない。

代男性

有料でも元が取れる

有料プランは高額な印象だが、情報の量と質ともに元が取れると感じている。
月額5000円以下で毎日更新される記事のみならず、過去の記事も読めて保存できるので便利。
広告への不満の声もあるが、新聞紙面にも広告は掲載されているし、アプリでは使用する上で邪魔にならないように工夫されていると思う。
就活や大学の授業でも大活躍している。

代男性

良いところもあるけれど

voice over(文字の読み上げ機能)が使えなくなってしまい、アプリであるという利点が生かしきれていない。
そもそも突然アプリが落ちてしまったり、開くことができなくなってしまうこともある。
また、読みかけの状態からしばらく経って読むのを再開しようとすると、トップに戻されてしまうのがもどかしく感じる。
画面がダークモードに対応するのも待ち遠しい。
総じてまだまだ改善点があるように見受けられる。

まとめ:日本経済新聞電子版はとても使いやすいニュースアプリ


日本経済新聞電子版を使用した感想と評判についてご説明してきましたが、いかがだったでしょうか。


今回の記事のポイントは、

  • 日経新聞電子版の有料会員向けコラムは内容が充実していて面白く評判も良い
  • アプリ自体のデザインはシンプルで、スマホに不慣れでも使いやすい仕様
  • 全機能を使うには課金が必須ではあるが紙面版の購読より価格は抑えられる上に、1ヶ月の無料お試し期間も設けられている
  • アプリストアでの評判もかなり高いものとなっている
  • 日本経済新聞紙面ビュアーとの大きな違いは紙面をそのまま読めるか、テキストで読めるかという点である
  • 日経新聞電子版は、特にアプリデザインの利用しやすさの面で評判が良い
でした。

2020年は政治・経済に加え、新型コロナウイルスの感染拡大と国を越えて気になるニュースが山積みの一年でした。

歳末でより忙しくなる毎日に対し、情報は日ごとどころか数時間もっと言えば数分おきに更新されていき、追いつくだけの時間の余裕すらないという方も多くいらっしゃるでしょう。

しかし、最新のニュースやそれに関連する情報を頭に入れておくに越したことはありません。

自分の知識の蓄えや生活していく上での知恵としてはもちろんのこと、日常のコミュニケーションにおける話題作りとしても有効になるものだからです。

そこでこの日本経済新聞電子版を使って、ほんの少しのスキマ時間を利用してスマホやタブレットで最新情報をチェックしてみてはいかがでしょうか。

自分が今欲しい情報にすぐ辿り着けて、なおかつ人を選ばないシンプルな使いやすさがある日本経済新聞電子版。

利用者からの評判も良く、個人的にもとてもおすすめのニュースアプリでしたので、iPhoneの方はapp storeから、Andoroidの方はGoogle Playからぜひインストールしてみてくださいね。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧になってください。

ランキング