株シュミレーションアプリ「トレダビ」を実際に使ってみたレビュー

この記事では1999年からサービスが開始された「トレダビ」のアプリを使ってみた感想を紹介しています。トレダビは株シュミレーションアプリで、アプリ内の資産額を決めて株取引の練習を行うことができます。良かった点・悪かった点を詳しくまとめました。

【レビュー・感想】トレダビを実際に使ってみた


将来に向けて、多くの資産を持っておきたい。そう思うことはありませんか?


株の取引を行ってみたくても、いきなり自身のお金をかけて行うのは不安なもの。

特に投資は難しい専門用語も多く、ある程度の知識がないと「はじめに何をしたらいいのか」といったことすらわかりません。


元手を必要とするものであるため、失敗した時のことを考えると、リスクが大きく不安です。


そういったお悩みをお持ちの方には、トレダビをおすすめします。


トレダビは、110万人から選ばれている評判の良い株のデモトレードアプリです。

こちらのアプリを利用すれば、実際のリスクを伴うことなく安全に投資の練習・勉強が可能です。


実際の投資とは違い、アプリ側で投資に関する丁寧な説明もなされるため、本番の投資のチュートリアルとしては最適なものであると言えます。


そこで今回は、トレダビについて以下の点を中心に紹介していきます。 

  • トレダビを実際に利用し、感じられた長所・短所
  • トレダビの基本情報
  • 有料会員になるとどのようなメリットがあるか

この記事を読めば、投資シミュレーションに最適と評判のアプリ「トレダビ」の長所や欠点、基本情報について知ることができます。


是非、最後までご覧ください。

トレダビを使ってみて良かった点


今回、実際にトレダビを利用してみました。


トレダビを使う中で良かったと感じられた部分は、以下のような点です。 

  1. 資産額を自由に設定することができる
  2. 自分以外のユーザーの、株に対する口コミや評判が閲覧できる機能が搭載されている
  3. 信用取引に対応している

 1つ1つ、詳細に見ていきます。  

トレダビの良かった点①資産額を自分で設定できる

一般的な投資シミュレーションアプリでは、資産額が決められているものが多いです。

しかしトレダビでは、アプリを始める前に資産額を自分で決定することができます。


会員登録してまず初めに、初期資金が設定できます。100万円〜1億円と言う幅の中から選択可能です。


「自分が実際に所持している資金に近い額で始め、よりリアリティのある株取引がしたい」という方は資産額を、「大きなお金でチャレンジしてみたい」という方は1,000万円以上の金額から始めてみるのも良いでしょう。


このように、それぞれの目的や目標にあったスタートが切れるのも大きな魅力と評判です。

トレダビの良かった点②タイムラインで他の利用者と交流できる

トレダビではアプリ内で株の売買を行っている人々の、株に対する口コミや評判をリアルタイムで追っていくことができます。


同じアプリを利用している人々のリアルな声が聞けるため、一人で淡々と続けるのが難しいという人にも向いていますね。


タイムラインということでSNSのような面白みもあり、「一人で黙々とやるよりも、誰かと一緒にやっている気持ちを味わいたい」という方には楽しい機能であると言えます。


取引に慣れているユーザーの口コミ・株の評判から勉強させてもらい、自身の取引に活かしてみるのも手です。

トレダビの良かった点③信用取引にも対応している

トレダビの良かった点3つ目は、信用取引にも対応している点です。


信用取引というのは、証券会社に株券・お金を借りることで、株式を売り買いする取り引きを指します。


コツを掴めば、効率よく成果を出せると評判の信用取引。

「長い時間にわたってコツコツ」ではなく、短い時間で大きな利益を生むことも可能です。


しかしその一方、信用取引はリスクが大きいという評判もあります。 

信用取引は、現物取引以上の損失が生まれることもあるためです。 


そういったハイリスクな取引をいきなり実際に行うのは、とても不安なもの。

しかしトレダビはあくまでもシミュレーションであるため、安心して予行練習を行うことができます。


こういった取引も可能であることで、より実践的なシミュレーションを実現できていると評判です。

トレダビを使ってみて悪かった点

トレダビを使用してみたところ、特にこれといった悪い点は見当たりませんでした。 

強いて言うのであれば、「アプリを始める際に会員登録が必要な点」「広告が多めである点」が気になりました。


特にスマートフォンで利用できるアプリは会員登録なしで始められるものが多いため、登録しなければならないのはやや億劫に感じます。


アプリストアの評判を見ていると、広告が多いという点も話題になっています。

有料会員制度のあるアプリであることから、通常の広告と有料会員への勧誘の両方が表示されます。


しかしそのほかは特に気になる部分もなく、スムーズに株取引のシミュレーションを行っていくことができました。

トレダビは1999からある株シュミレーションサービス

トレダビは、65万人以上の方々から利用される「株取り引きシミュレーションゲーム」。ゲームと言うだけあり、気軽に投資の勉強・デモを行えると評判のアプリです。


サービスの始まりは1999年と古く、長い間多くの評判を得てきた歴史を持つサービスです。


現在はアプリとして発達していますが、以前はwebサービスでした。

2014年に大幅なリニューアルを行い、より手軽に親しむことのできるアプリ版へと生まれ変わったのでした。


アプリストアの評判はそれぞれ星4.3・星4.2と非常に良い数字です。

「練習に向いている」「初心者にもわかりやすい」と評判になっています。


トレダビは無料で利用可能ですが、有料会員「トレダビプレミアムサービス」もあります。こちらに入会すると、できることがより多くなり、さらに投資の勉強に役立つと評判です。


例えば、他の利用者の行った取引がリアルタイムで見られる「注文ウォッチ」はプレミアム限定の機能です。

取引に慣れているベテランたちの技を盗んで、よりグレードアップすることができると評判です。


また、自身の取引についてのデータを詳しく分析してくれる機能「取り引き分析」も追加されます。 

自身の弱みについてフィードバックしてもらえるのは、実際の取引ですら得られない大きな強みといえるでしょう。
 


料金は月額1,080円です。有料会員となることで投資をマスターし、将来大きな資産を手に入れられると考えると、そう高くないかもしれませんね。

まとめ:トレダビは優秀な株シュミレーションアプリ


ここまで、投資のシミュレーションができるアプリ「トレダビ」の評判・良い点と悪い点・基本情報を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。 


この記事におけるポイントは、

  • トレダビは、リスクなしで安全に取り引きのデモが体験できると評判のアプリ
  • 初期資産を自由に設定可能なため、自身の目標に合わせたスタートが切れる
  • ほかのユーザーの、株に対する口コミや評判が見られるタイムライン機能も搭載されており、一人では続かない人でも楽しく続けやすい
  • 信用取引にも対応しており、シミュレーションアプリでありながらもよりリアルな取引を体感することが可能と評判
  • アプリのインストール時に会員登録が必要である点や、広告がやや多めな点が少し気になる
  • 「注文ウォッチ」「取り引き分析」といった機能が搭載され、便利かつより有益な勉強ができると評判の有料会員は、月額1,080円
でした。

ぶっつけ本番ではかなり不安の多い株取引。
本などを読んで勉強するのも良いですが、ずっとインプットばかりだと飽きてしまいますよね。

しかし投資デモアプリを用いて実践練習を行えば、投資の楽しさを感じながら学んでいくことができます。

百聞は一見にしかず。文章を読んでいるだけでなく、実際に取引を行っていくことで、より体に染み付いていくはずです。

特にトレダビは、初期資産を自身で設定して自分にマッチした始め方が可能です。

そのほか、プレミアム会員になればフィードバックを受けることもできます。より身になるシミュレーションが実現されますね。

楽しくわかりやすく取引のノウハウを積んでいくことが可能なトレダビ。
トレダビを用いて、実践的な経験をゲーム感覚で積んでみてはいかがでしょうか。

ほけんROOMでは、ほかにも株や投資についての記事を公開しています。こちらも是非、お読みください。

ランキング