マツダの自動車保険「スカイプラス」と通販型保険はどちらにすべき?

マツダ(MAZDA)の自動車に乗っている方はマツダのショップで加入できる特約「スカイプラス」に加入すべきか、通販型自動車保険に加入すべきか迷いますよね。この記事ではマツダで保険に加入するメリットやデメリット、評判や口コミを解説します!

マツダの自動車保険特約「スカイプラス」のメリットは?

マツダの販売店で加入できる自動車保険プラン「スカイプラス」に、興味のある皆さんも多いことでしょう。


マツダならではのサービスプランを利用することができると、万が一の時も安心ですよね。


しかし、スカイプラスには利点の他、注意点もあることはご存知でしょうか。


そこで今回は「マツダ自動車保険スカイプラスの利点・注意点」について

  • マツダ自動車保険スカイプラスの特徴とは?
  • 代理店型保険および通販型保険の比較
  • マツダ自動車保険スカイプラスの評判

以上のことを中心に解説していきます。


この記事を読めば、マツダ自動車保険スカイプラスの基本的知識がよくわかるはずです。ぜひ、最後までご覧ください。

マツダの「スカイプラス」の特徴は?メリット・デメリットも解説


「マツダ自動車保険スカイプラス」
は販売店で自動車保険に加入すれば、マツダのオリジナルサービスが付加されるプランです。


代理店で自動車保険へ加入したいドライバーには、うれしい「おまけ」となっております。


こちらでは、スカイプラスのメリット・デメリットを解説します。

スカイプラスの特徴:特約なので基本は普通の自動車保険

「マツダ独自の自動車保険を販売しているの?」と、思われた方々がいるかもしれませんが、この保険プランは、マツダ独自で販売する自動車保険というわけではありません。

 

マツダの販売店で扱う自動車保険に加入したら、サービスとして付帯されるのがこの保険プランです。


マツダの販売店で扱う自動車保険は次の3社です。

  • 三井住友海上火災保険
  • 東京海上日動火災保険
  • 損害保険ジャパン日本興亜

上記いずれかの保険会社の自動車保険へ加入する必要があります。

また、マツダ自動車保険スカイプラスが利用できる条件は次の通りです。
  • 2016年11月1日以降に自家用車をご購入した人
  • マツダ販売店で自動車保険へ加入した人
  • 初年登録日から3年以内の自家用車
そのため、誰でもマツダ自動車保険スカイプラスを付帯できるわけではありません。

スカイプラスのメリット①:車両保険を使わない修理

契約車両の車体やガラスが、イタズラやとび石等で破損した場合には修理を検討すると思います。


しかし、契約車両の修理費へ車両保険を利用する場合には、翌年の等級が下がり保険料負担は増えます。


たとえ、ご自分の過失ではなくイタズラや不可抗力による破損でも、保険を利用すれば等級がダウンします。


マツダの自動車保険プランを利用するなら、車両保険を利用せずに修理費が補償されます。つまり、等級が下がることはありません。


この自動車保険プランは次のような補償内容となります(利用回数:1年間で1回)。

  • 普通乗用車:最大50,000円補償(自己負担額5,000円)
  • 軽自動車:最大30,000円補償(自己負担額5,000円)

ただし、イタズラや盗難(未遂含む)で破損した車体修理費は、10万円を大きく超えることもあります。


そのようケースでは修理費全額を、補償できない点には注意が必要です。

スカイプラスのメリット②:ディーラーさんに相談できる

マツダの販売店で自動車保険・保険プランに加入すれば、担当者へ相談し易いという利点があります。


契約車両のトラブル等の事態に遭った時、通販型自動車保険でも相談はできます。


しかし、電話対応のみでかつ電話が混み合っていて、つながらないというケースもあります。


一方、マツダの販売店で加入しているなら、契約車両のトラブルはその販売店に問い合わせてもOKです。


担当者が適切な対応を行ってくれて、ドライバーの不安を和らげることが期待できます。

スカイプラスのデメリット:保険料が高い

マツダの保険プランは、マツダの販売店で自動車保険の契約をした際に付帯されるため、代理店型の自動車保険となります。


この加入方法ならば、ドライバーは煩雑な手続き・見積りを販売店担当者に一任できますが、自動車保険の保険料自体は割高になってしまう難点もあります。


保険に加入する場合、マツダの販売店が代理店となるため、保険会社からマツダの販売店への紹介料・手数料等が発生します。


そのため、この場合、手数料等の分だけ保険料に上乗せされてしまい、上乗せされた分支払う保険料が高くなってしまいます。


保険に加入する際には、ご自身でよく考えて加入しましょう。

マツダの自動車保険と通販型自動車保険のどちらに加入すべき?


自動車保険の種類は、マツダの自動車保険プランが付帯された代理店型保険だけではありません。ネット等で申込める通販型保険もありますよね。


代理店型の自動車保険なら、面倒な手続き・見積りはディーラーにしてもらえますが、保険料が高めになる等のデメリットも存在します。


こちらでは代理店型または通販型保険、どちらがお得なのかを解説します。

小さい修理を直してくれるのは本当にお得なのか

マツダの自動車保険プランを利用すれば、確かに車両保険を使わないので等級は下がりませんが、このプランには5,000円の自己負担額があります。


自己負担額を考える

自己負担額とは、下りる補償金額から差し引かれる金額を意味します。


マツダの自動車保険プランを、普通乗用車に利用した場合の事例で考えてみましょう。


5万円の修理費用がかかる場合は、

補償金額50,000円-自己負担額5,000円=実質補償金額45,000円 

となります。


等級は下がりませんが、補償金額50,000円がそのまま下りるわけではなく、下りる額は5,000円減額されます。


通販型自動保険の場合

一方、通販型自動保険の場合、保険を利用して修理費用が補償されると、等級はダウンしてしまいます。


しかし、申込時自己負担額0円で契約することもできます。

 

また、通販型なら直接保険会社と保険契約になるため、代理店の紹介料や手数料等も発生せず、保険料は割安になります。


最終的な判断

マツダの自動車保険プランを利用すれば、等級は下がらないものの、自己負担額が設定されており、車両の修理費用が補償限度額の枠内に必ず収まるとは限りません。


一方、通販型自動保険に加入するならば、自動車保険プランは利用できません。


また、保険利用時は等級がダウンしますが、年間保険料は割安です。どちらにも一長一短はありますよね。


そのため、等級がダウンすることで、ご自分の保険料がどれ位高くなるかを試算してみるといいかもしれません。


保険を利用しても、高くなった年間保険料がご自分の許容できる範囲なら、通販型を選んだ方が賢明です。


以下のボタンから、一括で見積もることができるのでぜひご利用ください。

マツダの保険の口コミ・評判は?評価をチェック!

こちらでは、マツダの自動車保険プランの良い評判や批判的な意見を取り上げます。


加入を検討する際の参考にしてください。

20代女性

気軽に利用できる

満足度
★★★★★
★★★★★

4

マツダの販売店で新車を購入したついでに保険へ加入しました。こちらの自動車保険プランなら、ちょっとした修理へ気軽に利用できますね。

30代男性

車両保険を使わずに済む

満足度
★★★★★
★★★★★

4.5

スカイプラスは販売店で加入した自動車保険へ付帯されるので、少額の修理で車両保険を使わずに済むので助かる。

50代男性

1年に1回しか利用できない

満足度
★★★★★
★★★★★

3

この自動車保険プランを利用すれば確かに等級は下がらないが、1年に1回しか利用できないのは不満だ。

40代男性

対象になる修理が限られる

満足度
★★★★★
★★★★★

4

補償金額は低いので、やはり対象になる修理は限られてくるな。できれば10万円くらい補償されるなら安心なのだが。

30代女性

安い通販型にしたい

満足度
★★★★★
★★★★★

3.5

私はだいぶ保険の知識がついてきました。当初はディーラーさんに手続きをみんなやってもらってましたが、今度は自分で安い通販型保険へ加入したいです。

まとめ:スカイプラスは細かい傷をたくさん修理したい方におすすめ

ここまでマツダ自動車保険スカイプラスの利点・注意点について解説してきましたが、いかがでしたか。

今回の記事のポイントは、
  •  マツダ自動車保険スカイプラスは、マツダ販売店で自動車保険に加入すると付加されるプラン
  • スカイプラスの利用は、三井住友海上等の自動車保険へ加入することが条件
  • スカイプラスは、修理補償に最大50,000円が補償される
  • 代理店型ならば、煩雑な手続き・見積りを販売店担当者に一任できるのが利点
  • マツダの自動車保険プランが付帯された代理店型保険は、保険料が割高になる
  • 保険料を安く抑え、車体の少額の傷は自費で対応するなら、通販型保険へ加入した方が無難

でした。


スカイプラスで想定されている少額の損害の補償が必要ないなら、通販型保険の加入を検討しましょう。


また、マツダの自動車保険プラン「スカイプラス」に入ると決めた方も、無料でできる一度自動車保険の一括見積もりをしてはいかがでしょうか。


ほけんROOMでは自動車に関する記事を他にも多数公開していますので、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング

  • 自動車保険が年間3万円も安くなる?無料で見積もりってチキンをもらおう!
  • 【2020年】自動車保険の見積もりプレゼントキャンペーン・特典を比較
  • 「フォルクスワーゲン自動車保険プラス」と通販型保険はどちらにすべき?
  • ポルシェの「ポルシェ自動車保険」とネットの通販型保険はどちらにすべき?
  • ホンダディーラーの「あんしんプラン」と通販型の自動車保険はどちらが良い?
  • ボルボの「ボルボ自動車保険プラン」と通販型保険はどちらにすべき?
  • BMWの自動車保険「BMW自動車保険」と通販型保険はどちらにすべき?
  • プジョーの「プジョー自動車保険」と通販型保険はどちらにすべき?
  • 日産の保険「日産カーライフプラン」と通販型保険はどちらにすべき?
  • 三菱の「三菱あんしん自動車保険」と通販型保険はどちらにすべき?
  • 「レクサスオーナーズ自動車保険」と通販型保険はどちらにすべき?