プジョーの「プジョー自動車保険」と通販型保険はどちらにすべき?

プジョーの「プジョー自動車保険」と通販型保険はどちらにすべき?-サムネイル画像

プジョー(PEUGEOT)の自動車に乗っている方は損害保険ジャパン日本興亜か三井住友海上の「プジョー・自動車保険」に加入すべきか、通販型自動車保険に加入すべきか迷いますよね。この記事ではプジョーの保険に加入するメリットやデメリット、評判や口コミを解説します!

プジョーの自動車保険「プジョー・自動車保険」のメリットは?

フランスの自動車メーカー・プジョー、そのオリジナル補償に関心のある皆さんも多いことでしょう。


プジョー・オーナーに「自動車保険+オリジナル補償」があれば、運転時にとても安心できますよね。


しかし、プジョー・オリジナル補償について熟知している方々は、どれ位おられるでしょうか。


オリジナル補償の内容を知らないと、まさかのとき補償範囲外だったと慌てる事態になるかもしれませんよ。


どこで今回は「プジョー自動車保険(オリジナル補償)の特徴・注意点」について

  • プジョー自動車保険(オリジナル補償)の特徴とは?
  • プジョー自動車保険(オリジナル補償)と通販型保険との比較
  • プジョー自動車保険(オリジナル補償口コミ・評判

以上のことを中心に解説していきます。


この記事を読むと、プジョー自動車保険(オリジナル補償)の特色がよくわかるはずです。


ぜひ最後までご覧ください。


「プジョー・自動車保険」の特徴は?メリット・デメリットも解説

プジョーのお店で、自動車の購入と合わせて自動車保険の加入も行えたら便利ですよね。プジョーでは、お店で加入できる自動車保険プランがあります。


それが、「プジョー・オリジナル補償」です。


一見プジョーがオリジナルの保険を販売してるのか、と驚く皆さんもいることでしょう。

 

そうではなく、プジョーのお店で自動車保険に加入すれば、プジョーのオリジナルサービスが付加されるのです。プジョーのお店で自動車保険へ加入した方々には、うれしいサービスですよね。


このサービスは、対人賠償・対物賠償のような深刻な損害の補償ではありません。


契約車両の軽微な車体トラブルに関する修理費を、補償する内容となっています。


こちらでは、プジョー自動車保険(オリジナル補償)の利点や・注意点を解説しましょう。

プジョーの保険の特徴:自動車保険にプジョー・オリジナル補償が付く

プジョー・オリジナル補償は、どんな自動車保険でも付くわけではありません。


プジョーのお店で契約した自動車保険の中で

  • 損保ジャパン日本興亜 
  • 三井住友海上火災
のいずれかに限定されます。

当然のことながらこれらの自動車保険では、
  • 対人賠償保険:交通事故で人を死傷させた場合の補償
  • 対物賠償保険:自動車を運転中、他人の財物を損壊した場合の補償
  • 人身傷害保険:搭乗者の治療補償
  • 車両保険:契約車両の損害を補償
があります。

特に対人賠償保険、対物賠償保険は補償上限・無制限と設定されている場合が多いです。自動車保険は深刻な交通事故でも、充実した救済が得られるように補償が設定されています。

これらの保険へ更に、プジョー・オリジナル補償が付帯されることになります。

プジョーの保険のメリット①:車両保険を使わずに修理ができる

プジョー・オリジナル補償は、大事故では無くちょっとしたトラブルに十分対応できる内容になっています。

プジョー・オリジナル補償について

プジョー・オリジナル補償の内容は次の通りです。
  • ボディ補償:落書きやいたずらでボディが損傷した際、その修理費を補償
  • ガラス補償:飛び石等でフロントガラスまたはリアガラスが損傷したとき修理費を補償
  • タイヤ補償:パンク等のトラブルが起きた場合、その修理費を補償
サービス限度額:45,000円(補償限度額50,000円ー自己負担額5,000円)

全国のプジョー・ディーラーネットワークで修理・交換ができます。

ただし、利用回数は保険期間中、保険年度ごとで上記補償のいずれか1回のみとなります。

プジョー・オリジナル補償の強み

契約車両を修理する場合、その費用に車両保険を使うと、等級は1下がってしまいます。すると、翌年は保険料がその分高くなり、ちょっとした傷は補修するのをためらう人もいるはずです。

そんなときにプジョー・オリジナル補償を利用すれば、等級も下がることなく修理することが可能です。

プジョーの保険のメリット②:オリジナルローンプラン

プジョーには「オリジナルローンプラン」があります。オートローンで車両を購入した方々に有利なプランです。車両本体・諸費用と合わせ自動車保険料に組み込む事が可能です。


そうすれば、その保険料を月々に分散することができますよね。


また、不運にも事故を起こした場合でも、保険料が変わることはありません。最長で5年間も安心が継続するのはうれしいですよね。


長期契約なので、煩わしい毎年の継続手続きは不要となります。

プジョーの保険のデメリット:保険料が高い

プジョー・オリジナル補償という独自のサービスは付帯されますが、自動車保険自体の保険料は割高です。お店で加入する自動車保険の保険内容は、特別な部分であるのでしょうか?


実はお店で加入する保険も、ご自分がネット等を介して加入する保険も補償内容はほぼ同じです。


プジョーのお店等で加入する自動車保険は、「代理店型保険」と呼ばれています。


保険料の見積もり・申込手続きは、お店の担当者が全て行ってくれるので大助かりですよね。自動車保険は、結構記載する書類が多いので、プロに任せた方が安心です。


しかし、代理店型保険の保険料にはお店の紹介手数料も含まれています。その分、保険料は割高となってしまうのです。


補償は大切ですが、保険料に負担を感じたら可能な限り軽くできないか考えてみましょう。

プジョーの自動車保険と通販型自動車保険のどちらに加入すべき?


自動車保険料を軽減したいなら「通販型保険」へ加入を見直しましょう。保険会社とネットや郵送等で直接契約するため、紹介手数料は保険料に組み込まれていません。


その分、代理店型保険よりも保険料は安くなります。


一方、代理店型保険は、保険加入が初めての人、自動車の購入が初めての人、いわゆる初心者に向いています。当然、保険内容は通販型保険も代理店型保険もそう変わりません。


ただし、初心者ドライバーは、自動車保険や自動車の知識もそんなにないことでしょう。


そこで、慣れないうちはお店で代理店型保険へ加入した方が無難です。自動車購入後や保険契約後も、自動車や保険のことで分からないことがあれば、相談することができます。


その後、徐々に自動車保険・自動車の知識が付いてきたら、通販型保険へ見直しするのも良い方法です。


一方、通販型保険では申し込みも、保険料見積もりも全て行います。


ネットで加入手続きを行う場合は、質問する相手もいないので自分の判断で進める必要があります。

「プジョー・自動車保険」の料金は本当にお得なのか

プジョー・オリジナル補償を利用しても等級は下がらず、45,000円以下のちょっとした修理費に対応できます。


お手軽なサービスですが、ボディ・ガラス・タイヤの補償を受けられる場合、自己負担額5,000円となっています。


つまり、補償が下りる際は、ご自分の方でも5,000円を払わなくてはいけないこととなります。


この自己負担額を差し引いて補償が受け取れるので、満額5万円はさすがに貰えませんよね。


ただし、等級は減らないので、保険料が増加せずドライバーは結果的に得をするかもしれません。


車体のキズ等をしっかり直したい人は、このオリジナル補償を利用して修理費を賄っても良いでしょう。

プジョーの保険の口コミ・評判は?評価をチェック!

こちらでは、プジョー・オリジナル補償の良い評判・批判的な意見を取り上げましょう。 


評判や批判について  


プジョー・オリジナル補償なら、車両保険のかわりに少額な修理へ使えて安心という意見がありました。


 一方で、補償金額が4.5万円と低い点、利用回数が非常に限られている点へ不満の声もあります。
  


ご自分がプジョー・オリジナル補償へ加入すべきか迷っているなら、次のような点を考慮ましょう。
 


修理費が4.5万円以内で済むような時でも、補償を利用したいことはあるでしょう。 そんな時には、プジョー自動車保険(オリジナル補償)へ加入しましょう。  


逆に高い保険料の軽減を希望し、車体のキズは自費で何とかしたいなら、通販型保険へ加入することが賢明です。

40代男性

少額の修理費なら

満足度
★★★★★
★★★★★

4

プジョー・オリジナル補償は少額の修理費なら十分賄える、車両保険を利用せずに済むので安心して運転ができる。

20代男性

ちょっとしたアクシデントの際に便利

満足度
★★★★★
★★★★★

4

プジョーのお店で新車を購入しました。お店の担当の人から自動車保険の重要性を聞いたので保険へ加入しました。プジョー・オリジナル補償も当然付帯しています。ちょっとしたアクシデントの修理費に活用できるので安心です。

60代男性

もう少し補償金額が高ければ…。

満足度
★★★★★
★★★★★

3

補償金額は4.5万円以下、やはり対象となる修理はチョットしたトラブル程度の損害を補償する程度だな。もう少し金額が多めにしてもらえれば、手厚い補償と言えるのだが・・・。

50代男性

年一回なのが残念

満足度
★★★★★
★★★★★

3

 プジョー・オリジナル補償を利用すれば、確かに等級は下がらないので安心だ。でも、年1回しか利用できないのは厳しい。せめて数回程度に増やしてくれれば使い勝手も良いはずだ。

30代男性

結局使わない

満足度
★★★★★
★★★★★

3

最初はお店の人たちが、申込手続きを何でもやってくれたので助かりました。でも、10年も経てばさすがに自動車の知識は深くなったし、保険だってネットで申込めるでしょう。申込手続きは簡単そうですもの。プジョー・オリジナル補償は結局使わず仕舞いでしたが、保険の見直しをそろそろはじめたいです。

まとめ:毎日快適に安心して運転したい方におすすめ


プジョー自動車保険(オリジナル補償)の特徴・注意点について解説してきました。

今回の記事のポイントは
  • プジョー・オリジナル補償は、プジョーのお店で自動車保険に加入すれば付加されるサービス
  • プジョー・オリジナル補償の利用は、損保ジャパン日本興亜等の自動車保険へ加入するのが条件
  • プジョー・オリジナル補償は、修理補償に最大45,000円が補償される
  • プジョー・オリジナル補償を利用すれば、等級も下がることなく修理が可能
  • 保険料を軽減し、車体の傷は自費で修理して構わないなら通販型保険への加入が良い
でした。

プジョーの自動車を買ったら、ついでにお店で保険へ加入する方が面倒も無く、便利かもしれません。プジョー自動車保険(オリジナル補償)に入ると決めた方もいることでしょう。

しかし、ネットから保険に申し込む場合は、好きな時間にご自分のペースで手続きを進めることができます。かかる費用も大分変わってきます。

よろしければ一度無料でできる「自動車保険一括見積もり」サービスを試してみましょう。納得するまで何度でも無料で申込可能です。
この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング