自動車保険ALL

保険料が節約できる?夫婦間での自動車保険の名義変更を徹底解説!

自動車保険の名義を夫婦間、または内縁関係で名義変更を考えている方は注目!この記事では、夫婦で自動車保険の名義変更をする時の手続き方法や注意点、さらに保険料が安くなる節約方法を一から解説します。また、離婚する場合の注意点も必見です。

自動車保険は夫婦間で名義変更できるの?

車の名義を変更したりライフスタイルが変わったりして、自動車の使用状況が変わることがありますよね?


また、夫婦間で自動車保険の名義を変えたら、保険料が安くなった!と聞いたことはありませんか?


ただし、自動車保険の名義を夫婦間で変える場合には注意点が多々あります!



この記事では、「夫婦間の名義変更」について


  • 名義変更の手続き方法
  • 等級の引継ぎについて
  • 名義変更時の注意点

などを一から詳しく解説します。



正しく手続きをして有効に補償が得られるように、是非、最後までお読みください。

 

自動車保険は夫婦間や内縁関係でも名義変更ができる

自動車保険の名義は、夫婦の間でも変更できるのでしょうか?



また、事実婚とも呼ばれる内縁関係であっても、名義変更はできるのでしょうか?



自動車保険では、ご夫婦間で名義変更が可能です。



また、法的に婚姻関係にない内縁の妻(夫)であっても、補償対象としては配偶者と同じとされるので名義変更は可能です。



さて、その場合には、等級は引き継げるのでしょうか。

続けて詳しく解説いたしましょう。


自動車保険を夫婦間で名義変更しても”等級が引き継げる”

自動車保険の名義を夫婦間で変更するなら、やっぱり等級を引き継ぎたいですよね。



等級は引き継げる範囲が決まっていますので、詳しくお話しましょう。



引き継ぎできる人は


  • 「記名被保険者の配偶者」
  • 「記名被保険者の同居親族」
  • 「配偶者の同居親族」

となります。



つまり、夫婦間でも等級は引継ぐことができます。



手続き方法は、簡単です。



まず、契約者が、ご契約中の保険会社または代理店に電話をしましょう。

保険証券をお手元に用意しておくとスムーズに手続きができます。



契約者本人が電話すれば、電話だけで変更できる保険会社もあります。

免許証や住民票などのコピーと共に保険会社が用意する名義変更書類の返送が必要な場合もあります。 



ゴールド免許を所有しているなら”記名被保険者変更”により保険料が安くなる

自動車保険の名義変更をすると、保険料が安くなると聞いたことがありますよね。



どうして名義変更をすると自動車保険の保険料は安くなるのでしょうか?



詳しく解説しましょう。



主に運転する人(記名被保険者)の運転免許証の色によって保険料が決まります。

ゴールド免許の場合には、ゴールド免許割引になり保険料が割引されます。



通常、期間の途中に免許証の色が変わっても、契約中の免許証の色は変更はできません。

変更できるのは、継続手続きのタイミングです。



しかし、期間の途中で記名被保険者を変更した場合、変更後の記名被保険者の免許証の色が変更日から適用されます。



つまり、現在の記名被保険者の免許証の色がブルーだった場合、ゴールド免許を持っている配偶者に名義変更することで割引が適用されて保険料がお安くなるのです。



ところで、変更日から満期日まで保険料が安くなった場合は、どのように返金されるのでしょうか。 


  1. 1年間分を一括でお支払い済の場合 
    返金分が、契約者の銀行口座に返金されます。
  2. 分割でお支払いされている場合 
    次回以降の振り替え金額が以前より少なくなります。

どちらの場合でも名義変更のお手続きの時に案内がありますので、以上を参考に返金日と返金先をしっかり確認しましょう。

 

さらに、自動車保険の”夫婦限定特約”なら”被保険者でなくても運転できる”

「主に乗る人」が記名被保険者だと言われますが、夫婦共に運転するのにどうしたら良いのでしょう。



記名被保険者を変更してしまったら、運転する頻度を調節しないといけなくなるのでしょうか?



疑問に思う方も多くいらっしゃるようですね。



お答えしましょう!



ご夫婦でお車を1台ずつ持っていて、それぞれの専用車として使っている場合は、やはり、主に乗っている人を正しく申告する必要があります。



しかし、1台のお車を夫婦が共に運転する場合、運転者の限定を「夫婦限定」や「家族限定」または「運転者限定なし」にしていれば、記名被保険者を変更しても夫婦はどちらも運転できます。



「主に乗る人」というのは、運転する人の中で1人の代表者を申告すれば良いのです。



ということは、ゴールド免許を持っている方に名義変更した方がお得ということですね。


自動車保険を夫婦で名義変更するときの注意点

ただし、夫婦で名義変更する時には注意点があります。



  1. 注意点 

    名義変更は、「契約者」だけを変更しても保険料は変わりません。
    保険料は「記名被保険者」を中心に作られているので、記名被保険者を変更することで保険料が変更になります。
     
    契約者と記名被保険者は、同一人物でも同一でなくても問題ありません。 
    契約者は、本人からの電話が必要な手続きがあるので、ご夫婦のうち日中電話ができる人にしておくと便利です。

  2. 注意点

    運転者限定を「本人限定」にすると、記名被保険者以外は、運転時の補償がされません
    記名被保険者=本人です。 
    自動車保険の記名被保険者を変更する時には、運転者の範囲設定を気を付けましょう。


わからないことは保険会社に問い合わせて、しっかり補償が得られるようにしましょう。

 

夫婦双方のライフスタイルを検討してみよう

ご夫婦のライフスタイルが変わった時には、見直しのタイミングかもしれませんね。



リスク細分化型の自動車保険では、運転免許証の色、お車の使用目的、年間走行距離やお住まいの地域、年齢条件、用途車種・型式などによって保険料が決められます。



お住まいの地域を例にとってお話しましょう。



例えば、記名被保険者が事故率が高い都道府県に転居すると、保険料が上がることになります。



つまり、住んでいる地域料率が適用されるので、住所変更をしただけで保険料が高くなったり安くなったりすることがあるのです。



ご主人が単身赴任のケースに多いのですが、普段は奥様が買い物などに利用して、ご主人は帰省中に運転するといったスタイルなら、記名被保険者は、事故率が低い地域に住んでいる人の方が安くなります。



車の保管場所は問いませんので、ご実家に車を置いているから記名被保険者を奥様にしないといけないというわけではないのです。



単身赴任で契約者と記名被保険者が異なる人の場合には、それぞれの住所を正しく申告することが重要です。



別居になってもご夫婦間であれば、名義変更は可能です。

なぜなら、等級引継ぎは「記名被保険者の配偶者」が可能とされているからです。



ただし、親族の場合は等級を引継げるのは同居に限ります。

混同しないように注意しましょう。


”等級”が高い場合、記名被保険者名義を変えないほうが保険料の節約になる場合もある

記名被保険者の名義を変えない方が、保険料の節約になる場合があるのでしょうか。



実は、変更しても安くならない場合があるのです。



自動車保険の保険料は、等級や記名被保険者の年齢や性別によっても違ってきます。



統計では、お若い方やご年配になるほど事故率が高いですし、女性の方が事故率は高く出ることもあります。

事故率が高いと保険料も高く設定されます。



高い等級の割引率が適用されると、ゴールド免許の方に名義変更をしたからと言ってお安くなるとも限りませんね。



名義変更する場合には、まず、変更後は保険料がどう変わるのか見積りをしてもらってから、じっくり決めると良いでしょう。

  

参考:離婚する場合は事前に自動車保険の名義変更手続きを済ませておこう

離婚をするかもしれないご夫婦は、手続きをするタイミングに注意が必要です。



離婚をするということは、他人になるということですね。

つまり、等級が引き継げなくなります。



等級は、記名被保険者が持っていますので、離婚後に等級を使えるのは記名被保険者です。

お車に付いているわけではありません。



例えば、記名被保険者が妻だったと仮定します。

記名被保険者(妻)が車を置いていき、離婚後は、妻は新たに取得した車で等級が使えます。

一方、夫は、置いていった車に補償が必要であれば、新たに6等級で加入しなければなりません。



今後は、契約中のお車を誰が使うのか、持っている等級は誰が使うのかを決めておく必要があります。



また、自動車保険の名義変更の権利は、契約を管理している「契約者」にあります。

離婚をすると、契約内容を他人に開示できなくなります。



離婚届けを出す前に、契約者が使用状況に合わせて名義変更の手続きをしておきましょう!



よく話し合って、あとで揉めないようにしたいものですね。


まとめ

ご夫婦間の名義変更について、お話してきましたがいかがでしたでしょうか。



今回のこの記事のポイントは、


  • 夫婦間は等級を引き継いで名義変更が可能
  • 記名被保険者を変更することで保険料が変更になる
  • 「本人限定」にすると記名被保険者以外は補償がされない

です。



手続き方法や注意点などを正しく理解して、有効に保険を掛けたいものですね。 



自動車保険会社は、フリーダイヤルが用意されているところも多いです。 
わからないことがあれば、気軽に電話で相談してみましょう。



保険ROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、是非ご覧ください! 

  

ランキング