ペット保険アイペットのデメリットは?口コミや評判についても徹底解説!

ペット保険アイペットのデメリットは?口コミや評判についても徹底解説!-サムネイル画像

ペット保険を主に取り扱っているアイペット損害保険。しかしペット保険はたくさんありすぎてどこに加入するか迷ってしまいますよね。今回は、アイペットのデメリットや口コミ・評判を紹介します。特徴や保険料も紹介しますのでデメリットや口コミ・評判と合わせてご覧ください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「MOFFME」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

アイペットのペット保険のデメリットは?口コミ・評判も紹介

アイペットのペット保険を検討中の方で、補償内容などは調べて知っているけれど、デメリットはよく分からない、という方もいるのではないでしょうか。


ペット保険を選ぶときに、補償内容の他にメリットやデメリット、口コミや評判を参考にする方もいると思います。


では、アイペットにはどの様なメリットがあるのでしょうか?また、デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?


今回「MOFFME」では、

  • アイペットのペット保険の特徴
  • アイペットのメリットとデメリット
  • ペット保険の必要性
  • アイペットの口コミと評判

についてご紹介します。


この記事をお読みいただければ、アイペットのデメリットや口コミ・評判などについて詳しくお分かりになるかと思います。ぜひ最後までお読みください。


また、MOFFMEではペット保険のランキングについて紹介しています。気になる方は是非一緒にお読みください。

アイペットのペット保険の特徴は?補償プランが選べる!

アイペットのペット保険では、

  • うちの子
  • うちの子ライト

のプランから選ぶことができます。

アイペット 商品うちの子(70%補償)うちの子(50%補償)うちの子ライト
補償範囲入院・手術・通院入院・手術・通院手術・手術にかかる入院
補償割合70%50%90%
補償限度額122.4万円72.8万円100万円
補償限度額(通院)12,000円/日 
(年間22日まで)
12,000円/日
(年間22日まで)
補償なし
補償限度額(入院)30,000円/日
 (年間22日まで)
12,000円/日
(年間22日まで)
手術を含む連続した入院10日まで
補償限度額(手術)150,000円/回 
(年間2回まで)
100,000円/回
(年間2回まで)
500,000円/回
(年間2回まで)

「うちの子」の補償範囲は通院入院手術です。補償割合が70%50%の2つのプランがあります。


「うちの子ライト」は手術に重点を置いたプランです。手術と手術を含む連続した入院に対して補償してくれるペット保険になります。手術1回で10日間まで補償され、補償割合は90%と高く設定されています。


うちの子ライトは補償範囲が絞られて設定されているため、保険料が安いのが特徴です。


通院も補償される補償範囲の広いタイプと、手術を重点に置いた補償範囲を絞ったタイプの2つのタイプから選べるのが特徴です。

アイペットのデメリットとは?支払限度額や回数に制限がある?


アイペットのデメリットとしては、

  • 保険金の支払いの回数・日数に制限がある
  • 支払い額に制限がある

などが挙げられます。


アイペットのペット保険には、保険金を支払う日数または回数に制限が設けられています。そのため慢性的な病気にかかり、支払い限度日数または回数が上限を超えてしまうと保険金が支払われなくなってしまうというデメリットがあります。


また、1日あるいは一回あたりで支払われる保険金額にも限度があり、治療費が高額な場合、限度額を超えてしまう可能性も高くなってしまいます。この限度額を超えてしまった分の治療費は飼い主さんの自己負担となるため、デメリットとなります。

アイペットのメリットとは?


アイペットのメリットとしては、

  • 窓口精算ができる
  • クラブアイペットが利用できる
  • 待機期間がないからすぐに補償される

などが挙げられます。


アイペットの「うちの子」プランでは、対応病院で窓口精算が可能となります。また、可愛いペットの写真入り保険証がもらえる事もメリットの一つでしょう。他社の保険の口コミなどを見ても請求が手間で窓口精算に対応してほしいという声が多いので、アイペットが窓口精算に対応しているのは大きなメリットになります。


また、アイペット損害保険には待機期間がありません。ペット保険によっては補償開始後に1ヶ月ほどの待機期間があり、その期間に病気にかかった場合補償されません。その点アイペットには待機期間がないので補償開始してすぐに補償を受けることができます。


アイペットのサービスとしてペット保険に加入することで、クラブアイペットという優待サービスを利用することができるのもメリットとなります。トリミングサロンや旅館が優待価格で利用できます。

アイペットのペット保険の口コミ・評判は?

ペット保険を検討している方は、メリット・デメリット以外にも、そのペット保険の口コミや評判が気になる方もいるかと思います。口コミもデメリットなどと同じように、ペット保険を選ぶ際の参考になりますよね。


アイペットの口コミや評判を調べたところ、「窓口精算が便利」というメリットとなる口コミがありました。一方、「解約するのに時間がかかる」などのデメリットとなる口コミもありました。


では、実際の口コミ・評判にはどのようなものがあるのでしょうか?いくつかご紹介するので、参考にしてください。

30代女性

保険証を出すだけで良いのが便利

満足度
★★★★★
★★★★★

4

保険料
★★★★★
★★★★★

2

保険証を出すだけで窓口精算できる病院が多くてとても便利。今まで行ったことのある病院(3か所)すべてで窓口精算してもらえたので、余計な手間などが一切なくてとてもありがたかった。保険料はちょっと高いと感じるが、ペットも年を重ねると新規で加入するのが難しかったり、保険料がもっと高くなったりする場合もあるだろうし、安心料と思えばこんなものかなと思う。今までもお世話になったし今後もこのまま継続して加入すると思う。

50代女性

保険料は高いが補償がしっかりしている

満足度
★★★★★
★★★★★

4

保険料
★★★★★
★★★★★

2

犬の保険でアイペット損害保険さんにお世話になっております。保険代は他の保険会社よりも金額が高く、一生涯同じ金額ではなく年々金額が上がっていっています。保険料は高く感じますが補償内容はしっかりしており、手術や入院のときもきちんと対応していただけます。大手保険会社ということもあって、動物病院によってはその場で保険が効く病院が多いのでとても助かります。コールセンターなどの対応も非常にいいので今後も継続するつもりです。

40代男性

アニコムから乗り換えた

満足度
★★★★★
★★★★★

4

保険料
★★★★★
★★★★★

3

アニコムからアイペットのうちの子ライトに乗り換えて、保険料がだいぶ安くなりました。
アニコムはその場で保険が適用されて支払い負担がない所が魅力ですが、保険料がお高めな感じがします。その点、アイペットのうちの子ライトは後で保険金を申請しないとお金が戻って来ない手間はありますが、金額がやすいので満足しています。
幸い健康な猫で、まだ利用した事はないですが、いざと言う時に使えればと思っているので、このまま継続したいと思っています。

30代女性

窓口精算が対応の病院がとても便利

以前から通っていた動物病院がアイペット対応で窓口の方に勧められ加入しました。やはり最大のメリットは窓口精算ができるので大変ありがたいです。ただ、不満とまではいきませんが精算項目がいまいちわかりにくいのが欠点かと思います。
電話対応は口コミではあまりよくない印象でしたがそんな事もなく親切に対応して頂きました。
あとは保険料がもう少しリーズナブルだともっと良いですね

30代男性

対応がとても良くサービスに満足

うちの猫が2階の吹き抜けから1階へ飛び降りた際に、足を骨折してしまい、アイペットさんへ連絡したところ迅速に対応してくださりました。
ペットのケガのことをとても心配してくださって治療に掛かる費用などで保険を満足して適用することができました。
また、無知な私に対して1から細かく説明していただき、従業員さんの対応もとても良かったです。
以上により、サービスに満足してるので今後も継続していきたいです。
※上記はあくまで個人の意見となります。詳細はwebページにて必ずご確認ください。

まとめ:アイペットのペット保険のデメリット、口コミ評判について

いかがでしたか?ここではアイペットのペット保険のメリットやデメリットについてご紹介しました。


ここでご紹介したことは、

  • アイペットは3つのプランから選ぶことが出来る
  • アイペットのデメリットは日額制限や回数制限があること
  • メリットは年間限度額が高い割には保険料が安い・窓口精算ができる
  • ペットの治療費は高額になることも多く、ペット保険は必要
  • アイペットの口コミ

になります。


アイペットのデメリットは日額制限や回数制限、メリットは保険料が安いことや窓口精算ができる、ということでした。補償内容やデメリットについてしっかりと比較し、ご自身に合ったペット保険を探すようにしましょう。


MOFFMEでは他にも保険に関する記事を多数掲載しています。興味のある方はぜひ参考にしてください。

募2103-037(23.03) 

ランキング