日本ペットプラスの評判は?メリットデメリットや保険料を紹介!

日本ペットプラスの評判は?メリットデメリットや保険料を紹介!-サムネイル画像

ペット保険を探している方は数の多さにどの保険会社にするか悩みますよね。そこで今回は、日本ペットプラスの評判・口コミを紹介します。またメリットデメリットや保険料、補償内容などについても詳しく解説するので、ペット保険の加入を検討している方は参考にしてみてください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「MOFFME」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

日本ペットプラス(少額短期)の評判は?口コミや補償内容も紹介!

可愛いペットの万一に備えて、ペット保険への加入を考えている方もいるかと思います。


数あるペット保険の中で、日本ペットプラス(少額短期)が気になっている方もいるのではないでしょうか。補償内容やメリット・デメリットが気になる他、日本ペットプラスの評判や口コミも気になりますよね?


日本ペットプラスの補償内容はどの様な感じでしょうか?また、評判や口コミはどうなのでしょうか?


ここでは、

  • 日本ペットプラスの補償内容や特徴
  • 日本ペットプラスの評判と実際の口コミ
  • メリット・デメリットについて
  • ペット保険の必要性について

についてご紹介したいと思います。


この記事をお読みいただければ、日本ペットプラスの補償内容やメリット・デメリット、評判について詳しくお分かりになるかと思います。実際の口コミもご紹介していますので。ぜひ最後までお読みください。


また、MOFFMEでは「ペット保険のランキング」も紹介しています。興味のある方は是非一緒にお読みください。

日本ペットプラス「いぬとねこの保険」の特徴や補償内容は?

日本ペットプラス「いぬとねこの保険」の特徴はプランが多いことです。選べるプランの数が多く、評判もいいようです。


大まかに分けると3つのプランがあり、それぞれ以下のようなプランとなります。

  • プラチナプラン:通院・入院・手術補償
  • ゴールドプラン:通院のみ
  • パールプラン:手術のみ


プラチナプランとゴールドプランにはさらにプランがあり、

  • 90%プラン
  • 70%プラン
  • 50%プラン

補償割合が選べるようになっています。


パールプランの補償割合は70%のみとなります。


プラチナ・ゴールドプランでは1日の支払い額や利用日数が制限されていません。年間の限度額のみ設定されており、以下のようになります。

保険プラン年間補償限度額
プラチナ・90%90万円
プラチナ・70%70万円
プラチナ・50%50万円
ゴールド・90%90万円
ゴールド・70%70万円
ゴールド・50%50万円
パールプランでは回数制限があり、年間二回30万円までが限度となっています。

他にもたくさんのペット保険があるので、ランキングを見て比較してみてはいかがでしょうか。

日本ペットプラスの評判は良い?口コミを紹介!

ペット保険選びでは、補償内容の他にその保険の評判口コミを参考にする方もいると思います。同じような補償内容の場合、評判の良い保険会社を選ぶ方も多いと思います。評判や口コミもペット保険を選ぶポイントになりますよね。


では、日本ペットプラスの評判はどうなのでしょうか?ここでは実際の評判・口コミをご紹介したいと思います。ぜひ参考にしてください。

30代女性

プランが選べるし、多頭飼い割引が嬉しい!

補償割合が50%、70%、90%のものと3つから選べるので、保険料と相談して選ぶことができて嬉しいです。また多頭加入割引があり、犬を3匹飼っているうちにはとても優しい保険です。おかげで他の保険会社よりも安く加入することができました!

40代男性

保険金請求の手続きが面倒...

先日病院に行って保険適用になったのは良いですが、保険金を請求するのに病名や説明を郵送しなければならず、保険金が入金されるまでにも時間がかかるのが気になりました。オンラインなどでパパッと請求できたらもっと良いと感じました。

50代女性

入院、手術、通院と補償が充実していて満足です。

色々なペット保険を比較しており、万が一のことを考えて入院、手術、通院などの補償が充実している日本ペットプラスに加入を決めました。日額や保険の利用回数の制限もないので、何回でも安心して保険を使えるのも魅力的に感じました。実際に90%補償のプランに加入したので大きな治療の際もお金のことを気にすることがなく安心でした。

日本ペットプラスのメリット・デメリット


プランが充実していることが評判の高い日本ペットプラスのペット保険ですが、評判の他にもメリットデメリットも気になりますよね。


プランが充実している以外にどのようなメリットがあるのでしょうか。また、デメリットはどの様なものがあるのでしょうか。


日本ペットプラスのメリットとしては、免責金額が無いことなどが挙げられます。また、デメリットとしては加入年齢などがあるようです。それぞれ詳しくご紹介します。

免責金額がない!日本ペットプラスのメリットとは

日本ペットプラスのメリットとしては、

  • 免責金額が無い
  • 制限が少ない

などが挙げられます。


免責金額は飼い主さんが自己負担する分の金額で、設定されていると免責金額以上になった場合にしか保険が使えず、さらに免責金額分が引かれてしまうため通院時などは利用しにくくなってしまいます。


日本ペットプラスの場合、免責金額が設定されていないため手術や入院の際はもちろん、通院時の少額の治療費でも利用しやすくなっているのがメリットです。


また、一般的なペット保険では補償内容に様々な制限が設けられていることが多くなります。回数や日数、1日の限度額などです。日本ペットプラスでは年間限度額が設定されているだけで回数などの制限が無いため、通院や治療が長引いてしまっても気にせず利用できることがメリットとなります。

加入できるのは10才まで?日本ペットプラスのデメリットとは

日本ペットプラスのデメリットとしては、

  • 窓口清算できない
  • 補償されない病気が多い
  • 加入年齢は10歳まで

などが挙げられます。


日本ペットプラスの清算方法はどのプランでも後日請求方式となります。他社では窓口清算が可能な場合もあるため、いちいち郵送して請求するのは手間に感じるのがデメリットと言えます。


また、膝蓋骨脱臼気管虚脱などの病気が補償対象外とされていることもデメリットとなります。保険会社によってはこれらの病気は補償対象となっている場合もあるからです。膝蓋骨脱臼や気管虚脱などはなりやすい犬種が分かっていますので、これらの病気にかかりやすい犬種の場合は違う保険会社も検討してみた方がいいかもしれません。


加入年齢ですが、日本ペットプラスへの加入は11歳になる前までとされています。11歳以上では加入できないのがデメリットとなります。しかし、他のペット保険では8歳までなどもっと若い年齢の場合もあるため、デメリットとまではいかないのかもしれません。

日本ペットプラスに加入する際の注意すべきポイントは?


日本ペットプラスに加入する前に気を付けておきたいのが更新可能年齢です。


先ほど加入年齢は10歳までとご紹介しましたが、日本ペットプラスのペット保険は終身タイプではないのです。一般的なペット保険は一度加入すれば年齢に関係なく更新することができる場合がほとんどなので、終身タイプではないのに驚いてしまうかもしれませんね。


日本ペットプラスの更新可能年齢は20歳までとなります。一般的な犬や猫の場合は20歳で十分なのかもしれませんが、契約更新が20歳までしかできないということは覚えておくようにしましょう。


また、怪我以外の場合、待機期間があることも注意が必要です。

  • 病気:30日
  • ガン:60日

と、それぞれ違う待機期間が設けられています。


この期間中にそれぞれの病気になってしまった場合、補償が受けられないので注意するようにしましょう。

本当に必要?ペット保険の必要性を徹底解説!


ペット保険は本当に必要なのか、疑問を持つ方もいるかと思います。少し前までペット保険という言葉自体一般的ではありませんでしたよね。


しかし、最近ではペットの高齢化が進み、以前はかからなかった病気にかかってしまう事も多くなりました。また、ペットの治療費も以前と比べると高額になる傾向にあります。ペットの医療が進歩してきたため、治療費も高額になってしまうのです。


怪我や病気で手術を行う際、30万円以上の治療費となってしまう場合も多くなってきました。前後の治療費も併せるとかなり高額になってしまいます。


治療費が家計の負担となることを防ぐためにも、ペット保険に加入しておく必要性は高いと言えます。


ペット保険は補償内容など様々です。ご自身のペットに合ったペット保険を補償内容や口コミ・評判を比較して探してあげるようにしてください。

まとめ

いかがでしたか?ここでは日本ペットプラスの補償内容や評判・口コミ、メリット・デメリットについてご紹介しました。


ここでご紹介したことは、

  • 日本ペットプラスには、プラチナ・ゴールド・パールプランがある
  • プランや補償割合が豊富で評判が良い
  • 請求するのが手間という評判もある
  • メリットは免責金額が無いことで、デメリットは窓口清算ができないこと
  • 更新可能年齢が20歳までと制限があるので注意が必要
  • 高額な治療費の備えるために、ペット保険は必要

になります。


ペット保険を決めるときに、評判や口コミは大きなポイントとなります。しかし、評判だけを気にするのではなく、補償内容もしっかりと確認するようにしましょう。


特に、補償対象外となる病気は、犬種によってはかかりやすいとされる場合もあります。しっかりと検討したうえで、ペット保険を選ぶようにして下さい。


MOFFMEでは他にも保険に関する記事を多数掲載しています。興味のある方はぜひ参考にしてください。

ランキング