【獣医師監修】犬の膝蓋骨脱臼とは?原因から症状、治療費まで解説!

犬の膝蓋骨脱臼をご存知ですか?先天性、後天性の原因で膝蓋骨が脱臼し、歩き方がおかしい、歩けない等の症状を引き起こします。治療としては安静療法、レーザー治療、手術等が行われます。この記事では犬の膝蓋骨脱臼について、原因から症状、治療法、予防まで解説します。

犬の膝蓋骨脱臼(パテラ)とは?痛がらないこともあるので注意!

犬の膝蓋骨脱臼(パテラ)という病気はご存じですか?


獣医さんがワンちゃんを診察していると、毎日のように膝蓋骨脱臼の症状を持つ犬に遭遇する、一般的な病気です。


飼い主は愛犬の膝蓋骨脱臼の症状に気づかない事が多いそうなのです。何故かと言うと、無症状の場合がほとんどで、痛がらない犬が多いので、気づかないからです。


しかし、無症状のまま知らずにほおっておくと、痛みが出て状態が悪化してしまい、歩き方がおかしかったり、ひどくなると歩けないという事が起きてしまい、手術が必要になる事も


そうなると、愛犬に可愛そうな思いをさせてしまいますし、費用もかかります。


そこで、今回「ほけんROOM」では、犬の膝蓋骨脱臼について次の事をお伝えします。

  • 犬の膝蓋骨脱臼の原因と症状、グレードを紹介!
  • 犬の膝蓋骨脱臼の治療法や治療費、予防方法を解説
  • 膝蓋骨脱臼になりやすい犬種や年齢、性別を紹介

最後までお読みいただければ、犬の膝蓋骨脱臼について正しい知識がつき、早期発見や予防法などが分ります。

是非、ご覧下さい!

犬の膝蓋骨脱臼とは?原因や症状、グレードを解説!

毎日元気に動き回っている愛犬。元気なのは良い事なのですが、ケガもつきものですよね。


犬のケガで多いのが「脱臼」です。脱臼はいろいろな部分で起きますが、骨の関節が本来あるべき位置からズレる状態の事を言います。


犬の場合、膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)が多いのが特徴です。

特に小型犬に多いとされています。


そこで、次の事について説明していきます。

  • 犬の膝蓋骨脱臼とはどんな病気?
  • 犬の膝蓋骨脱臼の原因は?
  • 犬の膝蓋骨脱臼の時の症状とグレードを解説

そもそも犬の膝蓋骨脱臼とは?どんな病気なのか

犬の膝蓋骨脱臼についてですが、膝蓋骨脱臼は別名「パテラ」とも呼ばれています。

パテラは英語の読み方から来ているとの事です。


脱臼は、一般的に肩や肘、顎、股、膝など、関節を曲げる部分で起きます。


この脱臼の中でも、膝蓋骨と呼ばれている膝のお皿の部分、つまり膝小僧の部分が脱臼する事を膝蓋骨脱臼と呼んでいます。


膝蓋骨は、大腿骨の膝側の前面の関節部分の「滑車溝」(かっしゃこう)と呼ばれるくぼみに収まっているのが正常な状態なのですが、外れた状態を膝蓋骨脱臼と言います。


内側に外れると内方脱臼、外側に外れると外報脱臼と呼びます。内側に外れる方が多いです。


犬の場合、良く動き回りますので、足の関節部分である膝蓋骨の脱臼が起きやすいと言えます。

犬の膝蓋骨脱臼の原因は?先天性と後天性の場合がある!

犬の膝蓋骨脱臼の原因は2つあります。先天性の場合と後天性の場合です。


2つのうち、先天性の場合が圧倒的に多いです。

生まれた時から、膝関節の側の筋肉や靱帯が正常ではない、滑車溝が浅い事などが原因です。


先天性の場合、生まれた時に既に発症しているケースもあれば、大きくなるにつれて発症してくるケースと両方あります。


生まれた時は気をつけて見ている事が多いですから気づきやすいかもしれませんが、大きくなってから発症した場合は、うっかりすると見逃してしまいそうですので、注意が必要です。


一方、後天性の場合は、外傷性、いわゆる「ケガ」によるものです。


犬はとにかく元気に飛び回りますから、外での交通事故や高所からの飛び降りの着地失敗、転倒などで足をケガして生じるものです。

犬の膝蓋骨脱臼の痛みや歩けない等の症状は?グレードも解説!

犬の膝蓋骨脱臼の症状はどのような症状が出るのでしょうか?


最初は無症状の事が多いので気づきにくいです。しかし、徐々に歩き方がおかしくなり、足を引きずるようになったり、足が付けなくなったり。ひどくなると、痛みが出て全く歩けなくなる事もあり、実に様々な症状が起きます。


そこで、膝蓋骨脱臼の程度を表す「グレード」を一覧表にしました。

グレードは、病気の重症度を表すもので、ⅠからⅣまでの4段階あります。

症状
グレードⅠ基本的に無症状。
時々症状が出ることも。
日常生活に問題なし。
グレードⅡ時々足を浮かせて歩く。
足の曲げ伸ばしをすると簡単に戻る。
日常生活に大きな問題はなし。
グレードⅢ足を引きずって歩く。
常に脱臼している状態。整復は可能。
グレードⅣ骨の変形がおき、
膝を曲げたままの状態で歩いたり、
全く歩けなくなることも。
常に脱臼している状態。
整復も不可能の重症。

グレードⅠとⅡは症状が軽いので、余り気にならず、飼い主の方で気づかないケースもあるでしょう。


しかし、小さな脱臼も繰り返しているうちに関節が炎症をおこすこともあり、痛みが出てきます。


グレードⅢからⅣになると症状も重くなっていきます。骨の変形がはじまり、最悪、手術でも治らないくらいの状況に陥ることもあります。


なお、グレードⅢまでは予後は良好成功率90%以上との報告があります。無事に治る病気と言え、再手術の必要がないケースが殆どです。


ですから、日頃から犬の歩き方を観察して、歩き方がおかしかったり、急に鳴いて痛そうなしぐさをした時にはすぐに獣医さんに診てもらい、早期発見、早期治療をするようにしましょう。

犬の膝蓋骨脱臼の治療法、治療費、予防を詳しく紹介!

犬が膝蓋骨脱臼になった場合の治療や予防方法は、どのようなものになるのでしょうか?


出来れば膝蓋骨脱臼になって欲しくはないので、予防出来るものなら予防したいですよね。


ただし、先天性の場合は予防が出来ませんので、治療法や費用はしっかりと把握しておきたいものです。


そこで次に、以下の事を解説していきます。

  • 犬が膝蓋骨脱臼をした場合の、投薬・レーザー治療・手術等の治療方法と治療費について
  • 犬の膝蓋骨脱臼の予防方法について

膝蓋骨脱臼のレーザー治療や手術等の治療法、治療費用を紹介!

犬の膝蓋骨脱臼の治療法には主に次の3つの方法があります。

方法治療内容
投薬脱臼はしているが、無症状や数ヶ月に1回程度の軽い症状の脱臼の場合は、
薬、サプリメント、注射で様子を見ます。
レーザー治療炎症や痛みなどの症状を一時的に和らげるためにレーザー治療をします。
外科手術元の位置に膝蓋骨を戻してあげる整復手術をします。
重症化すると、後ろ足の骨が変形したり靱帯が損傷して、
手術自体が出来なくなります。
早めに手術をする事が大切です。
早めに手術をする事で予後も良くなり
膝蓋骨脱臼が根本から治る事に繋がります。

では、実際に膝蓋骨脱臼をした犬の治療費がどのくらいかかったかの一例をお知らせしましょう。


例)トイプードル・1歳

散歩中に、後ろ足をスキップするようにして歩くようになったので、動物病院へ。診断の結果、膝蓋骨脱臼が判明。

手術(膝蓋骨を正常位置に戻す)をした場合の費用です。


<診療明細書>

診療項目金額
診察800円
入院(5泊6日)15,000円
検査25,000円
全身麻酔15,000円
手術165,000円
点滴14,400円
処置10,500円
注射6,000円
2,300円
254,000円

出典:アイペット損害保険株式会社「膝蓋骨脱臼(パテラ)」の場合の保険金請求事例


※あくまでも一例です。動物病院によって、診療項目の金額は異なります。


入院は6日間かかり、費用は254,000円と高額の医療費が掛かった事が分ります。

手術をすると、医療費はグンと跳ね上がりますね。

犬の膝蓋骨脱臼の予防は?運動や食べ物、室内環境の管理が大切!

犬が膝蓋骨脱臼にならないようにするための予防策として、どんな事に気をつければ良いでしょうか?


原因が先天性の場合は、生まれつきの事ですので防ぎようがありませんが、後天性の場合は、外傷によるものですから、注意すれば予防出来ます。


予防策としては次の4つがありますので参考にしてくださいね!


床を滑りにくくする

ツルツルした床(フローリングやタイルなど)は滑りやすく、転ばないように足で踏ん張りますよね。そうすると膝に大きな負担が掛かります。


ですから、床を滑りにくくする事が大切です。具体的には滑り止めのマットを敷いたりカーペットを敷いて対策をすると良いでしょう。


食べ物と体重の管理をする

太ると膝への負担が増します。特に小型犬の場合は、1kg増えただけでも膝への負担は倍増します。


肥満にならないように、体重の管理が大切です。そのためには、1日に食べさせる量を守り、低カロリー食にし、おやつは控えるようにしましょう。


ただし、筋肉はしっかり作らないといけませんので、たんぱく質をしっかり含んだものを摂るようにしましょう。


適度な運動をさせる

膝蓋骨脱臼の原因は、後ろ足の筋肉量が発症の原因と言われています。


ですから、普段から後ろ足の関節を良く動かして軟らかくし、筋肉量をアップさせておく事が大切です。


具体的には、後ろ足の関節をよく動かすような運動をさせましょう。

おすわりや二足歩行、小さなジャンプやほふく前進、お散歩など、動く事が大切。


ただし、既に膝蓋骨脱臼の症状が現れている場合は逆効果です。その場合は、出来るだけ安静にして、ジャンプなどはさせないように心掛けてください。


また、術後1~2か月は、やはり安静にしてジャンプや急回転する動作を避けて、しっかりと治すようにしましょう。


太ももの内側のコリをほぐす

太もも内側をくるくるとやさしくマッサージしてあげましょう。マッサージする事で血行が良くなり、コリがほぐれて関節が柔らかくなります。

膝蓋骨脱臼になりやすい犬種や年齢、性別はある?

ところで、膝蓋骨脱臼になりやすい犬はいるのでしょうか?


絶対に膝蓋骨脱臼をしない犬はいません。犬は、良く動き回り、足も良く使いますから、すべての犬が膝蓋骨脱臼を起こす可能性はあります。


ただし、小型犬は華奢ですし、滑車溝から膝蓋骨が外れやすくなっていますので、小型犬の方が膝蓋骨脱臼になりやすいです。


犬種としては、トイ種の犬に多く見られ、チワワ、トイプードル、パピヨン、ポメラニアン、ヨークシャテリアなどです。


小型犬は特に内側に外れる内方脱臼が多いのが特徴です。


年齢は、特に関係なく全ての犬に生じます。先天性の場合は赤ちゃんの時からですし、後天性の場合はケガによって起きるからです。


性別では、メスの方が発症しやすいです。オスと比べると約1.5倍というデータがあります。

もしもの時に備えてペット保険に加入しておくのがおすすめ!

犬が膝蓋骨脱臼になると、温存治療(投薬やレーザー治療など)の場合は、さほど料金はかかりません。


しかし、根本治療の手術となると、入院も必要になり、多額の治療費がかかります。


先ほど、膝蓋骨脱臼で手術で根本治療した場合の金額をご紹介しましたが、6日間で約254,000円掛かっています。

これを全額自己負担となると大変ですよね。


ですから、もしもの時のために、ペット保険に加入しておくと負担が大幅に減ります。


例えばある保険会社では9割が保険でまかなわれますので、実質の負担額は、25,400円で済みます。随分と助かりますよね。


犬はさまざまな病気やケガになる場合があり、その都度全額自己負担はキビシイ状況になります。


ほけんROOMではペット保険に関する記事がたくさんありますので、参考にしてみてくださいね!

まとめ:犬の膝蓋骨脱臼(パテラ)は治る?予後が良好な病気か

ここまで、犬の膝蓋骨脱臼(パテラ)についてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?


今回の記事でお伝えして来た事は次の通りです。

  • 犬の膝蓋骨脱臼は最初は無症状の場合が多く、気づきにくい。
  • 犬の膝蓋骨脱臼は滑車溝から膝蓋骨が外れた状態の事で、内側に外れるケースが多い。
  • 犬の膝蓋骨脱臼は、先天性の場合が多いが、外傷性の後天性のものもあるので注意が必要。
  • 犬の膝蓋骨脱臼の重症度はグレードⅠ~グレードⅣに分かれており、早期発見、早期治療をする事で予後は良好で治る。
  • 犬の膝蓋骨脱臼の治療法は、投薬、レーザー治療、外科手術がある。
  • 外科手術は費用がかさむので、万が一に備えてペット保険に加入することをオススメする。
  • 犬の膝蓋骨脱臼の予防は環境を整え、運動や食べ物にも気をつける事。
  • 膝蓋骨脱臼になりやすい犬は、トイ種の小型犬が多く、メスの方がなりやすい。

犬の膝蓋骨脱臼は、早期発見をすれば治る病気です。


可愛い愛犬の様子を注意深く観察し、少しでもおかしいなと思ったら、獣医さんへ診てもらい、早期治療をするようにしてくださいね。


ほけんROOMでは他にも様々なペットや保険に関する役立つ記事を公開しておりますので。ぜひご覧ください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング

  • 【獣医師監修】犬の股関節脱臼とは?手術や治し方、リハビリ等について徹底解説!
  • 【獣医師監修】犬の糖尿病とは?症状・原因、治療費・治療法、予防法などを紹介!
  • 【獣医師監修】犬の子宮蓄膿症はどんな病気?症状や原因、治療費・治療法なども紹介
  • 【獣医師監修】犬の歯根膿瘍とは?原因から症状、治療費まで解説!
  • 【獣医師監修】犬の胃捻転とは?原因から症状、治療費、予防まで解説
  • 【獣医師監修】犬の外耳炎はどんな病気?症状や原因、治療費・治療法なども紹介
  • 【獣医師監修】犬の膵炎はどんな病気?症状や原因、治療費・治療法なども紹介!
  • 【獣医師監修】犬の膀胱腫瘍とは?原因から症状、治療法まで解説!
  • 【獣医師監修】犬の急性胃腸炎とは?原因から症状、治療法まで解説!
  • 【獣医師監修】犬の急性肝炎とは?原因から症状、治療、予防まで解説