【獣医師監修】猫の膀胱結石とは?原因から症状、治療法まで解説!

猫の膀胱結石をご存知ですか?シュウ酸カルシウムやストルバイトの結石ができることが原因で血尿や悪化すると腎不全等の症状が出る病気です。治療法は内服薬か手術で結石を取り除きます。この記事では猫の膀胱結石について、原因から症状、治療法、治療費、予防法まで解説します。

猫の膀胱結石とは?術後は再発しない病気なのか

皆さん猫の膀胱結石をご存知でしょうか。


言葉のとおり膀胱の中に結石ができる病気なのですが、結石が詰まり尿が出なくなると体に悪く死んでしまうこともあるのです。


そこで今回「ほけんROOM」では「【獣医師監修】猫の膀胱結石とは?原因や特徴、治療法も解説!」について、

  • 猫の膀胱結石ってどんな病気?
  • 予防法はあるの?治療法や費用はどれくらい?
  • 膀胱結石になりやすい猫種、年齢はあるの?
  • ペット保険に加入するメリットは?
上記の内容を詳しく解説していきます。

ぜひ、最後までお読みください。

猫の膀胱結石とは?原因や症状を詳しく解説!

まずは猫の膀胱結石について、詳しく深堀りしていきましょう。

  • そもそも猫の膀胱結石とはどんな病気?
  • 膀胱結石になる原因は何?
  • どんな症状があるの?
これらの内容を解説していきます。

そもそも猫の膀胱結石とはどんな病気なの?

猫の膀胱結石は尿管・尿道・膀胱のいずれかに、結石・結晶ができる病気です。


結晶や結石にはそれぞれ種類がありますが、猫にできる結石は主に2つで、ストルバイトシュウ酸カルシウムです。それぞれの結石は尿の成分によって変わり、尿の成分がアルカリ性に傾いている場合はストルバイト、尿の成分が酸性に傾いているとシュウ酸カルシウムになりやすい特徴があります。


性別や年齢は膀胱結石のなりやすさと関係はあまりありませんが、オスはメスよりも尿道が細長いので、万が一結石ができた場合は、オスのほうが詰まりやすいです。


猫が頻繁にトイレに行ったり、トイレに行くのに尿が出てない場合は膀胱結石になっている可能性が高いので、異変に気がついたら飼い主さんはすぐに動物病院に連れていきましょう。

膀胱結石の原因とは?ストルバイトやシュウ酸カルシウムに注意!

上記でも解説したとおり、猫にできやすい結石の種類はストルバイトとシュウ酸カルシウムです。


膀胱結石になる原因は、食事が偏るとなりやすく、肥満な猫もなりやすいと言われています。他にも水分不足が原因で、濃度の濃い尿をするのも膀胱結石になる原因でしょう。


それぞれの結石の特徴

  • ストルバイト:尿がアルカリ性に傾くとなりやすく、大きさは約10㎜ほどで角ばっており、比較的若い猫がなりやすいのが特徴です。
  • シュウ酸カルシウム:尿が酸性に傾くとなりやすく、大きさは約1㎜ほどで表面がギザギザで茶色になっており、高齢な猫になりやすいのが特徴です。
これら2つの種類だけではなく、あまり多くはありませんが尿酸塩・リン酸カルシウム・シスチン・シリカなどの結石もあります。

猫の膀胱結石の症状は?血尿や腎不全等の症状を解説!

膀胱結石の症状は以下のようなものです。

  • トイレに行く回数が増える
  • トイレに頻繁に行っているが、尿が少ししか出ない
  • トイレでうずくまっている
  • 尿をするときに痛みが出て泣く
  • 血尿が出る
  • 落ち着きがなくなる
上記の症状が出始めたら、膀胱結石になっている可能性が高く、尿道に結石が詰まり尿が全く出ない状態になると、賢不全になることがあります。

賢不全になると体の中の老廃物を尿として排出するのですが、結石で尿道が詰まり尿が出ないと非常に危険で、24時間以上尿が排出されないと尿毒症になり命の危険性もあるので注意しましょう。

尿と一緒に結石がシートや猫砂に出てくる可能性もあるので、キラキラ光るものがあったら一度チェックしましょう。

猫の膀胱結石の治療法や治療費、予防法を詳しく解説!

ここからは猫の膀胱結石の「治療法」「治療費」「予防法」について

  • 治療法や手術などにかかる治療費はどのくらい?
  • 膀胱結石の予防法は?餌や水の与え方に注意!
上記の内容を詳しく解説していきます。

特に治療費は結構高額なので、参考にしてみてください。

猫の膀胱結石の治療法や手術費用等の治療費を紹介!

まずは治療法を紹介します。


内科療法

内科治療は結石がまだ小さいときに行われることが多く、薬剤や抗生物質を使用する方法です。

外科療法

結石が大きく自然に排出できない場合に行われる療法で、手術により直接結石を取り除きます。

療法食

療法食を利用すればストルバイト結石の場合、結石を溶かすことが可能です。結石の種類がその他の場合は溶かすことは不可能ですが、結石をできにくくすることが可能です。

続いてはどのくらい治療費がかかるのか解説します。

治療費例

治療内容治療費
診察1,000円
入院(9日)27,000円
検査21,000円
麻酔15,000円
手術50,000円
点滴18,000円
注射13,500円
処方2,000円
合計147,500円

猫の膀胱結石の予防法は?水を飲むことや餌に気をつけよう

膀胱結石の予防方法は、尿の中に結晶・結石を作らせないようにすることです。具体的な予防方法を紹介していきます。


水を良く飲ませる(尿をたくさんしてもらう)

膀胱結石にさせにくくするためには、排尿が大事です。猫は好きな場所・良い状態でないとあまり排尿をしません。そのため水を飲ませる工夫が必要です。


普段から猫の好みを観察し、水をしっかりと飲ませて排尿ををうながしましょう。


肥満にさせない

猫を肥満にさせないのも、膀胱結石にならないための予防です。肥満になると水を飲みに行かなかったり、トイレに行かなかったりなど面倒臭がる傾向が見られます。


家の中でも運動ができる環境を整えてあげることが大切です。


療法食(治療用の食事)を与える

結石ができやすい猫には、再発しないためにも療法食を与えましょう。

膀胱結石にかかりやすい猫種や年齢はある?

膀胱結石になりやすい猫の種類を紹介します。

  • シャム
  • スコティッシュフォールド
  • トンキニーズ
  • ヒマラヤン
  • ペルシャ
また、普段から食事バランスが偏っていたり膀胱炎を患っていると、なりやすいので注意しましょう。

続いては、膀胱結石になりやすい猫の年齢を紹介します。年齢と結石のできやすさは関係がないと言われますが、その中でもできやすい年齢はあります。
  • ストルバイト結石:成猫期(1歳〜6歳)にできやすい
  • シュウ酸カルシウム結石:シニア期(7歳〜11歳)にできやすい

もしもの時に備えてペット保険に加入しておくのがおすすめ!

万が一のときのために、ペット保険に加入しておくのもおすすめです。


上記でも解説しましたが手術の治療費には10万円以上の高額なものもあります。ペット保険に加入していれば、高額な治療費もカバーしてくれるので助けられます。


さらにペット保険は人間の医療保険とは違い、保険の種類によっては病院の窓口で治療を受けた後、そのまま窓口で精算できるタイプもあり簡単です。


ほけんROOMにはペット保険に関する記事が多くあるので、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ:猫の膀胱結石とは?食事に気をつけて予防しよう!

今回は、猫の膀胱結石の症状や原因・治療法を獣医師監修のもと記事にしました。


記事のポイント

  • 猫の膀胱結石は膀胱に結晶・結石ができる病気で、尿の成分によってストルバイト結石・シュウ酸カルシウム結石などに分かれる。猫がトイレにたくさん行き始めたり、血尿が出ていたら注意!
  • 内科療法・療法食など治療法は様々で、治療費は10万円以上のケースも!予防法としては水を良く飲ませて尿をたくさんしてもらう
  • 膀胱結石になりやすい猫種や年齢があり、食事バランスが悪いとなりやすいので注意
  • もしものときに備えてペット保険に加入しておこう
膀胱結石になり結石が詰まって尿が出ない状態になると、賢不全を患い尿毒症になって最悪の場合死んでしまうこともあります。

そうならないためにも、普段からできる予防法を実践しましょう。

ほけんROOMでは他にも、猫などペットに関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

最後までお読みくださりありがとうございました。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング

  • 【獣医師監修】猫白血病ウイルス感染症とは?原因や症状、治療法を解説!
  • 【獣医師監修】猫の耳血腫とは?原因や症状、治療法について解説!
  • 【獣医師監修】猫の膿皮症は?原因から症状、治療法、予防まで解説!
  • 【獣医師監修】猫のアトピー性皮膚炎とは?原因や症状、治療法を解説
  • 【獣医師監修】猫に瓜実条虫が寄生する?原因や症状、治療法を解説!
  • 【獣医師監修】猫の子宮蓄膿症とは?原因や症状、治療法を解説!
  • 【獣医師監修】猫のメラノーマとは?原因や症状、治療法を解説!
  • 【獣医師監修】猫の悪性リンパ腫とは?症状や原因、治療法を解説!
  • 【獣医師監修】猫の角膜炎とは?症状と原因、治療法や予防法を解説!
  • 【獣医師監修】猫のチェリーアイは?原因や症状、治療法を解説!