【獣医師監修】犬の網膜剥離とは?原因や症状、治療法まで解説!

【獣医師監修】犬の網膜剥離とは?原因や症状、治療法まで解説!-サムネイル画像

犬の網膜剥離をご存知ですか?白内障や緑内障を原因として発症することもあり、放置すると完全に失明する恐れもある病気です。この記事では犬の網膜剥離について、その原因と痛みや出血、炎症等の症状、治療法、予防法、かかりやすい犬種や年齢について解説します。

犬の網膜剥離とは?放置すると失明する恐れもある!

網膜剥離という病気は聞いたことがあるが、具体的にはどういった病気なのでしょうか。


白内障や緑内障が原因でかかる目の病気というイメージがあるかと思いますが、治療方法や予防策などについて詳しく知りたいのではないでしょうか。


実は、網膜剥離は治る病気とされていますが、場合によっては失明をしてしまう恐ろしい病気なのです。


そこで今回「ほけんROOM」では

  • 犬の網膜剥離とは?原因や症状について詳しく解説!
  • 犬の網膜剥離の治療法や治療費、予防法を紹介!
  • 網膜剥離にかかりやすい犬種や年齢はある?
  • もしもの時に備えてペット保険に加入しておくのがおすすめ!
について詳しく解説していきます。

この記事を読んでいただければ、網膜剥離についての原因や症状などを理解できるので、愛犬の病気の早期発見に繋がるかと思いますので、ぜひ最後までご覧ください。

犬の網膜剥離とは?原因や症状について詳しく解説!

犬の網膜剥離とは一体どういうものなのでしょうか。


網膜剥離になった場合の原因や症状など、愛犬が万が一かかった場合のことを考えるととても気になることと思います。


そこで下記では、

  • そもそも犬の網膜剥離とは?治る病気なのか
  • 犬の網膜剥離の原因は?緑内障や白内障等の原因を解説!
  • 犬の網膜剥離の症状は?痛みや出血、炎症等の症状を解説!
について解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

そもそも犬の網膜剥離とは?治る病気なのか

犬の網膜剥離とは、網膜が脈絡膜から剥がれてその間に網膜下液が貯留してしまった状態のことを言います。


この病気は、眼の全体に広がっていても早めの治療を行うことにより、視力が回復する場合もある病気です。


つまり、治らない病にかかってしまうということではありません。


しかし、網膜剥離の他に合併症があったり、片目だけの網膜剥離だけでは中々飼い主が異変に気付き症状を見つけるということが困難で発見が遅れるということが多くなります。そうなってしまった場合には、治すことができないまま失明してしまう場合もあります。


また、網膜剥離には網膜の剥がれ方で大きく分けて2種類に分けられます。

  • 裂孔原生…網膜に穴が開いたことが原因
  • 非裂孔原生…網膜に穴が開いていない

犬の網膜剥離の原因は?緑内障や白内障等の原因を解説!

上記にも少し触れましたが、網膜剥離には大きく分けて、裂孔原生と非裂孔原生の2種類が存在すると紹介しました。また、非裂孔原生にはけん引性と滲出性に分かれます。


そこで下記では、裂孔原生と非裂孔原生(けん引性・滲出性)それぞれの原因について解説していきます。


裂孔原生

小さな穴や裂け目が網膜にでき、液体状になった硝子体が網膜の中に入ることで網膜が剥がれてしまいます


非裂孔原生

けん引性

眼に何らかの炎症が起きた後に発症します。炎症を治療している段階で、硝子体や炎症によってつくられた膜などにより引っ張られることによって網膜が剥がれてしまいます。


滲出性

動物の網膜剥離でも一番多いのがこの滲出性のものです。糖尿病や緑内障、白内障、ブドウ膜炎や高血圧によって出てきてしまった液が網膜の下に溜まってしまいます。

犬の網膜剥離の症状は?痛みや出血、炎症等の症状を解説!

では、犬が網膜剥離になった時の症状はどういったものがあるのでしょうか。

網膜剥離になった犬の症状は下記の通りです。
  • 物にぶつかりやすくなる
  • 鼻で臭いを嗅いで探りながら歩く
  • 無表情になる
このような、視覚障害になった場合の特徴と同じようなものが見られるようになります。

また、ブドウ膜炎が原因で網膜剥離になった場合の特徴は
  • 目を眩しそうにする
  • 白目が充血する
  • 目の中が赤くなる眼内出血
などの症状が確認できることもあります。

網膜剥離は、早期発見できれば治療して治すことが可能なのですが、症状が明らかにでるような頃になると、すでに手遅れになっていることもあります。

そのため、愛犬の様子を日ごろから良く観察して異常がないかを見極めましょう。

犬の網膜剥離の治療法や治療費、予防法を紹介!

犬が網膜剥離になった場合には、具体的にはどう治療すれば良いのでしょうか。


早期に発見できれば治るなので、なるべく早く見つけて治療をしてあげたいと思いますよね。また、予防することで網膜剥離になることを防ぐことが可能なのであれば、予防策も取り入れたいと思うのではないでしょうか。


そこで今回は、

  • 犬の網膜剥離の治療法は?薬や手術等の治療法を解説!
  • 犬の網膜剥離の治療費は?薬や手術の費用を実例と共に紹介!
  • 犬の網膜剥離の予防法は?日頃の観察をしっかりしよう!
について解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

犬の網膜剥離の治療法は?薬や手術等の治療法を解説!

網膜剥離になった場合の治療法について解説していきます。

部分的な網膜剥離の場合は、網膜剥離がこれ以上進行しないようにレーザーで治療します。その方法とは、レーザーで網膜を固定して光網膜凝固術というものを行うのです。

他にも、片目だけが網膜剥離になっていると片方の目も将来的には網膜剥離を引き起こす可能性があるので、予防という意味でも光網膜凝固術を行うこともあります。また、白内障などの手術をした犬にも予防的に行います。

全体的に網膜剥離になっている場合、基本的には治療は行いません。ただ、硝子体手術を行うことにより網膜をくっつけることが可能です。しかし、この手術ができる獣医師と設備がある病院が限られているため、近くに手術が受けられる病院があるとは限りません。

高血圧や炎症を起こしたことが原因で網膜剥離になった場合には、まずその原因となっている病気の治療から始めます。

眼の下の網膜までは点眼薬の効果が得られないので、網膜剥離の場合には目薬でなく内服薬で治療していきます。

犬の網膜剥離の治療費は?薬や手術の費用を実例と共に紹介!

犬が網膜剥離になった場合の治療費にはどのくらいかかるのか気になることと思います。

ただし、犬の治療費の場合、犬種や病状、各動物病院によって値段は様々です。そのため正確な治療費があるわけではありません。

下記では過去に実際に入院をして治療や手術を行った方の一例をご紹介します。金額などに差があるかと思いますが参考にしてください。
病名手術をした場合手術をしなかった場合
網膜剥離130,000円14,000円
※この金額は1年間の医療費になります。

手術をした場合の1年間の医療費には13万円ほどの費用がかっていることが分かります。これは一例なので、実際にはもう少し高額になる可能性も充分に考えられます。

このように高額な医療費は家計の負担になりますので、少しでも医療費を抑えるためにもペット保険への加入をおすすめします。

犬の網膜剥離の予防法は?日頃の観察をしっかりしよう!

犬の網膜剥離の予防法は、異変に気づいたらすぐに病院へ行き早期発見をすることです。


しかし、初期段階での網膜剥離は飼い主が気づくということは難しいのです。そのため、日ごろから愛犬の様子を観察して、物にぶつかりやすくなったり目が合わないなどの異変が見られたら、すぐに病院へ行きましょう。


しかし、網膜剥離にかかりやすい犬種であったり、上記で紹介した糖尿病や白内障などの病気であれば早期発見ができる可能性がありますので注意深く観察するようにしましょう。

網膜剥離にかかりやすい犬種や年齢はある?

網膜剥離にかかりやすい犬種や年齢によってかかりやすくなる場合がありますので、それらについて解説していきます。


まず、犬種によって網膜剥離にかかりやすい犬

  • シー・ズー
  • イタリアン・グレーハウンド
  • トイ・プードル
  • ウエイト・ハウンド・ホワイト・テリア
  • ラブラドール・レトリーバー
などです。

かかりやすい年齢は、具体的にはありません。個体差があるので、老犬になってから気を付けるということでもありません。

また、白内障や緑内障もかかりやすい年齢というものがありません。これも先天性の場合には、生後2ヵ月から症状が見られる場合もあります。もし、その白内障が原因で網膜剥離になった場合には1歳未満で発症する可能性もあるのです。

もしもの時に備えてペット保険に加入しておくのがおすすめ!

若い間は健康だからとペット保険に加入しないでも大丈夫だと考えている方は多いのではないでしょうか。


しかし、若い間でもケガや病気にかかるリスクは充分にあります。


犬には人間のように健康保険制度がありません。そのため病気や怪我で治療することになった場合、全額負担する必要があるのです。


一度にまとまったお金を用意できる人は良いかもしれませんが、リスクは大きいですよね。


いざという時に困らない為にもぜひペット保険に加入することをおすすめします。


また、ほけんROOMではペット保険に関する記事が他にも多くありますので、他にも気になる症状などがあれば参考にしてみてください。

まとめ:犬の網膜剥離は回復する?すぐに動物病院に診せよう

犬の網膜剥離とは?放置すると失明する恐れもある!について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回の記事のポイントは

  • 網膜剥離は治る可能性がある
  • 白内障や高血圧などが原因で引き起こす場合がある
  • レーザーや手術で回復する
  • 犬種によってはかかりやすい場合があるので注意する
です。

あからさまに周辺にぶつかるようになったり様子がおかしいと感じるころには、かなり網膜剥離が進行してしまっている恐れがあります。ただ、初期段階ではどうしても見つけにくく発見が遅れてしまうケースが多いです。

そのため、かかりやすい犬種であれば定期的に健康診断に行って診てもらうなどの予防策をとっておくと安心できるでしょう。

白内障や緑内障、高血圧などになってしまった場合には、網膜剥離になる恐れがあるので予防として光網膜凝固術のレーザー治療などを積極的に行うことをおすすめします。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきた保険に関する記事が多数掲載されておりますのでぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング

  • 【獣医師監修】犬の外耳炎はどんな病気?症状や原因、治療費・治療法なども紹介
  • 【獣医師監修】犬の子宮蓄膿症はどんな病気?症状や原因、治療費・治療法なども紹介
  • 【獣医師監修】犬が認知症になるとどんな症状が出る?原因や予兆、治療法なども紹介
  • 【獣医師監修】犬の糖尿病とは?症状・原因、治療費・治療法、予防法などを紹介!
  • 【獣医師監修】犬の膵炎はどんな病気?症状や原因、治療費・治療法なども紹介!
  • 【獣医師監修】犬の白内障とは?原因や症状、治療・手術費用、予防法を徹底解説
  • 【獣医師監修】犬が膿皮症になる原因はシャンプー?薬で治る?病気や対処方法を解説
  • 【獣医師監修】犬の歯周病の放置に要注意!重度の症状だと抜歯?予防法は歯磨き?
  • 犬の膀胱結石とは?原因や症状、治療法や予防法について解説!
  • 【獣医師監修】犬の前立腺肥大とは?原因や症状、治療法や予防法などを解説!