トイプードルに保険は必要?口コミなどのランキングも紹介!

トイプードルをペット保険に加入する際には外耳炎や骨折の手術費用など、トイプードルに合わせた動物保険を選ぶことが重要です。また、子犬の年齢制限や、先天性の病気が補償されないことなどを確認することが重要です。ブログや口コミのランキングも紹介します。

トイプードルの保険加入は必要?ペット保険の保険料はどのくらい?


トイプードルは人懐っこくとても愛らしいことから、ペットとして人気のある犬種です。トイプードルを飼っている、または飼ってみたいと思っている方は多いのではないでしょうか?


人懐っこく元気いっぱいなイメージのあるトイプードル。病気になることはあまり想像できないのではないでしょうか?


そんなトイプードルに、万一の病気に備えるペット保険は必要なのでしょうか?また、保険料はどれくらいかかるものなのでしょうか?


ここでは、

  • トイプードルにペット保険は必要なのか?
  • ペット保険に加入する際に注意することとは?
  • トイプードルに選ぶペット保険のポイントは?

についてご紹介します。


この記事をお読みいただければ、トイプードルのペット保険について詳しくお分かりになるかと思います。ぜひ最後までお読みください。

トイプードルの保険加入は必要!ペット保険の保険料について解説


トイプードルと言うと人懐っこくていつも元気なイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。あまり病気にかかるというイメージは無い方が多いと思います。


病気にならないなら、ペット保険は必要ないのではと感じる方もいるかもしれませんが、トイプードルにもペット保険は必要です。


なぜ、元気なイメージの強いトイプードルにもペット保険は必要なのでしょうか?それはトイプードルにもかかりやすいと言われている病気があるからなのです。


トイプードルがかかりやすいのはどの様な病気で、治療する際にどれくらいの費用がかかるのでしょうか?それぞれご紹介します。

トイプードルの病気・手術にかかる費用①外耳炎の料金

トイプードルの様に垂れ耳の犬種では、外耳炎にかかることが多くあります。特にトイプードルの場合、垂れ耳な上に外耳道に毛が沢山生えているため、他の犬種よりもかかりやすい病気と言われています。


外耳炎は細菌や耳ダニが感染することで耳にかゆみなどを生じる病気です。一般的には投薬で治療を行うことが出来る病気ですが、異物混入や腫瘍が原因であった場合は手術が必要になることもあります。


トイプードルの外耳炎の治療でかかる一般的な費用としては、1度の通院で3,000円程度になります。ただ、再発したり治療が長引いてしまうような場合、何度も通院が必要になり、治療費がかさむこととなります。

トイプードルの病気・手術にかかる費用②骨折の料金

骨折もトイプードルに多い病気となります。元気いっぱいのトイプードルだからこそ、ソファなどから飛び降りてしまったときに骨折してしまう事が多くあります。特に子犬のうちは骨が細いため、骨折しやすいと言われています。


トイプードルの骨折の治療では、手術が必要になるケースが多いようです。骨折の手術にかかる費用例は以下のようになります。

内容料金
診察1,100円
入院(7日)17,500円
検査14,000円
麻酔10,000円
手術68,300円
点滴4,200円
注射6,300円
合計121,400円
骨折の手術では12万円以上の治療費がかかるということが分かりました。病院や症状によっては更に治療費が高額になる場合もあります。


これほどの金額を一度に払うとなると、飼い主さんの負担は大きなものとなってしまうのではないでしょうか。

トイプードルがかかりやすい病気とケガ

外耳炎や骨折など、トイプードルにもかかりやすい病気があります。


その他にもトイプードルがかかりやすい病気としては、

  • 皮膚炎
  • 膝蓋骨脱臼
  • 白内障

などが挙げられます。


一見、元気いっぱいに見えるトイプードルも、病気にかかる可能性が高いため、万一に備えてペット保険への加入をおすすめします。


では、トイプードルのペット保険の保険料はどれくらいかかるものなのでしょうか?


いくつか例を挙げると以下のようになります。3歳、補償割合70%の年間保険料をご紹介します。

ペット保険保険料
FPC21,250円
PS保険27,560円
アイペット37,620円
楽天24,550円
アクサダイレクト26,660円
保険会社によって保険料に大きな差があることが分かります。何がどう違うのか、加入する前にしっかりと調べるようにしましょう。

トイプードルのペット保険加入時に注意が必要なこと

ペット保険加入時には、トイプードルがかかりやすい病気やケガが補償対象になっているか、に注目するようにしましょう。


先ほど詳しくご紹介した外耳炎や骨折の場合、補償対象となる場合がほとんどです。しかし、トイプードルのかかりやすい病気は他にもあり、膝蓋骨脱臼もその一つになります。


膝蓋骨脱臼は補償対象外となることの多い病気で、補償対象となるペット保険を選ぶのがおすすめです。ペット保険に加入していても、病気になった時に利用できなかったらあまり意味がありません。


トイプードルをペット保険に加入させるときは、膝蓋骨脱臼などのかかりやすい病気が補償されるかをしっかりと確認してから加入することをおすすめします。

子犬など犬の年齢によっては保険に入れないことがある

ペット保険には年齢制限があるのをご存じですか?


ペット保険に加入できない可能性があるのは、

  • 子犬
  • 高齢犬

の場合です。


保険の種類にもよりますが、生まれてすぐにはペット保険に加入できない場合もあります。生後30日からや生後50日からなど、加入できる年齢は保険会社によって差があるので、確認するようにしましょう。


また、高齢犬もペット保険に加入できない可能性が高くなります。年齢の上限は保険会社により違いがありますが、8歳までや10歳までなど様々です。高齢になるにつれ加入できるペット保険が少なくなってしまうので、検討している場合はなるべく早めにペット保険を決めることをおすすめします。

犬の先天性の病気などは補償対象外になってしまう

犬の病気の中には先天性疾患先天性異常といった、先天性のものもあります。


犬の先天性の病気としては、

  • 股関節形成不全
  • 先天性網膜委縮症
  • 水頭症
  • 突発性てんかん
  • 先天性白内障

などが挙げられます。


これら先天性の病気は、多くのペット保険では補償対象外となってしまうため、注意が必要です。


しかし、ペット保険の中にはペット保険加入後の発症であれば補償対象となる場合もあるため、保険加入前にしっかりと確認するようにしましょう。

トイプードルの保険加入はしっかりと選ぶことが大事

確認してから加入したいポイントとして、

  • 免責金額
  • 補償割合
  • 1日の支払い限度額
  • 支払い限度日数
  • 加入可能年齢
  • 継続可能年齢

などが挙げられます。


ペット保険には免責金額が設定されているものもあります。免責金額が設定されていた場合、免責金額を超えた金額が保険で補償される金額となります。免責金額以内の場合は全額自己負担となるため、よく考えてから加入するようにしましょう。


プランごとに補償割合が違います。補償割合が低いとその分保険料は安いのですが、治療費の自己負担分が増えるため、よく考えるようにしましょう。


保険の種類によっては1日の支払い限度額が設定されている場合があります。支払い限度額以上の治療費は自己負担となるので、注意するポイントとなります。


ペット保険では、支払い限度日数が設定されている場合もあります。限度日数を使い切ってしまうと、もう保険金の請求ができなくなってしまうので注意が必要です。


先ほどもご紹介しましたが、ペット保険には加入可能年齢が設定されています。子犬や高齢犬の場合、加入できなかったり、加入できるペット保険が少なくなってしまうため気をつけましょう。


基本的には1度加入すると終身継続が可能なペット保険ですが、中には継続可能年齢が設定されている場合もあります。高齢の犬は新しく保険に加入するのが難しくなってしまうため、終身継続可能かどうを確認しておくことをおすすめします。

犬のペット保険の口コミ・ランキングを比較する

ペット保険を選ぶときに、どのような保険なのか、口コミが気になる方もいるかと思います。また、どの保険が人気があるのか、ランキングが知りたい、という方も多いのではないでしょうか?


ペット保険の口コミおすすめランキングは以下のようになります。

  1. PS保険
  2. アイペット損保
  3. アニコム損保

また、トイプードル(0歳)の保険料ランキングは以下のようになります。

  1. FPC
  2. PS保険
  3. 安心ペット保険(楽天)

詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。


口コミなどもあるので、ペット保険選びの参考にしてください。

ペット保険の詳細については資料請求もおすすめ

ペット保険をインターネットだけで比較するのは疲れてしまいますよね。重要なことがとても小さく書かれていることもあり、うっかり確認し忘れてた、なんてことになってしまう場合もあります。


ペット保険の詳細を知りたい場合、資料請求することもおすすめです。


インターネットでいくつか気になるペット保険を探し、さらに詳しく知るために、資料請求をして、どれがご自身のペットに一番合っているのか、じっくりと比べてみるのもいいのではないでしょうか。


スマートフォンやパソコンで見比べるよりも、じっくりとえらぶことが出来るのでおすすめです。


以下のボタンから、複数社のペット保険を一気に請求することができます。興味のある方はぜひ利用してください。

まとめ:トイプードルの保険加入には選び方が大事

いかがでしたか?ここではトイプードルのペット保険についてご紹介しました。


ここでご紹介したことは、

  • トイプードルにもペット保険は必要
  • トイプードルは外耳炎や骨折といった病気にかかりやすい
  • トイプードルのペット保険を選ぶときは、かかりやすい病気が補償されるかチェック
  • ペット保険を選ぶときは、免責金額・補償割合・支払い限度額・加入可能年齢などに注意
  • ペット保険を選ぶ際に、口コミやランキングを見るのもおすすめ
  • じっくり比べたいときは資料請求がおすすめ

になります。


トイプードルは元気いっぱいな子が多いですが、その分動き回るため、骨折してしまう事の多い犬種です。元気だからペット保険は必要ないと考えず、元気だからこそケガをしてしまう事も考え、ペット保険に加入しておくことをおすすめします。


ほけんROOMでは他にも保険に関する記事を多数掲載しています。興味のある方はぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング