フェレットは人間になつくの?性格や種類、なつく飼い方を紹介

「フェレットって人になつくの?フェレットの種類や行動の特徴って何がある?」と思う人は多いはず。確かにフェレットは可愛いけどなつくか心配ですよね。今回は、フェレットの種類や行動の特徴、寿命を紹介するとともに、なつくと可愛いフェレットの飼い方について解説します!

フェレットは人間になつく?可愛いフェレットのなつく飼い方を紹介


かわいいしぐさや愛嬌たっぷりの行動でペットとしての人気が高く、最近では専門のペットショップまでフェレット。一緒に寝ることもできるのでフェレットを飼ってみたいと思う人もたくさんいると思います。


しかし、フェレットは好奇心旺盛ですが臆病な生き物のため、なつかせるには注意すべきこともあります。また、ペットとして、飼われているフェレットには豊富な種類が存在します。


比較的有名な種類としては

  • マーシャルフェレット
  • マウンテンビューフェレット
  • バスバレーフェレット
  • ルビーフェレット
  • ニュージーランドフェレット
  • アンゴラフェレット
などです。

この記事では全てのフェレットに共通した、飼い方の注意点やなつく方法をご案内します。ぜひ最後までご覧ください。

フェレットは人間になつくの?

ペットとして定番の犬や猫と違い、フェレットを飼った経験のある人は多くないです。フェレットの性格や特徴は?本当になつくの?って考えてしまいますよね。


フェレットには野生種というのはいませんが、野生のイタチを家畜化し改良を重ねた品種になります。家畜としての歴史は長いですが、愛玩用ではなく主に狩猟用や毛皮用として3,000年も昔から人と共に生活をしてきたといわれています。そのため、警戒心は強く、なつきづらいとも言われています。


しかし、最初の接し方を間違えずになければ愛嬌たっぷりの仕草を見せてくれるようになります。今でこそ、ペットとしての地位を確立しているフェレットですがせっかく飼育するのですから、なつく飼育方法を理解して目一杯の愛情を注ぎましょう。

フェレットのなつく程度は個体差が大きい

フェレットを飼ううえで最も気になることが、どのくらいなつくのか?ってことだと思います。


ペットショップで直接聞いてみると、「基本的になつきやすい。」という意見が多いのではないでしょうか。しかし「フェレットがなつかない」「フェレットに噛みつかれた。むかつく。かわいくない。」という意見も多数あります。実際はどうなのでしょう?


実は、フェレットのなつく程度は個体差がかなりあります。個体差とは「性別・ファームの種類・性格」のことです。これらの違いがなつきやすさに影響します。また、飼い始めた時の接し方でもなつく程度は大きく変わります。


そして、フェレットは犬のように寄って来て飼い主について回ることもありませんし、追い掛けると逃げる習性があります。犬と同様に考えているとフェレットがなつかないと思ってしまうかもしれませんね。なつかない訳ではなく、自由を謳歌する生き物だと思ってください。

ペットとしてはなつきにくい

フェレットは自由奔放に遊ぶことが大好きな生き物です。犬のような従順さを求めるのではなく、マイペースに遊ぶ生き物と認識しておきましょう。

例えば、部屋の中放しても飼い主について回ることもありませんし、投げたボールをとってくることもありません。もっと言えば、遊ぼうとして手を伸ばすと逃げ出してしまいます。その意味では、基本的になつきにくいと思ったほうがいいです。

ちなみに、遊ぼうと思ってフェレットを追いかけると逃げてしまいますが、こちらが諦めて放っておくと向こうからじゃれついてきたりもします。猫に近いイメージですね。


フェレットは、自由奔放で遊びが大好きです。餌やりや声掛けなどの毎日のお世話をきちんとして、そのうえで遊び好きな性格を利用して人馴れさせましょう。


なつかせるには、お互いの信頼関係が第一ですが、飼い始める時期により数ヶ月、または何年もかかることがあります。どの動物にも共通しますが、なつかせるには根気が一番必要です。フェレットの様子を見ながら諦めずにお世話をすれば必ずなつきますよ。

名前を呼んでも来ない

フェレットは、名前を呼んでも寄ってきません。ボールを投げても取ってきてくれません。追い掛けると逃げます。


基本的に自由奔放な性格で人間の言うことは聞いてくれませんが、おやつのときだけは別です。おやつをあげる素振りをするだけで必ず寄って来ます。そして、遊んでいるおもちゃで一緒に遊ぼうとすると逃げますが、放っておくと寄って来て戯れます。


自由奔放な性格のフェレットですが、好奇心も旺盛です。遊びとおやつが大好きです。なつかせるにはフェレットの性格を理解して、自由に遊ばせつつおやつを上手に使うことがポイントです。


犬のように従順になつくことはありませんが、それは自由で好奇心旺盛がフェレットの特徴だからです。決してなつかないという訳ではありません。あらかじめ、そういった性格を理解したうえで飼い始めれば後悔する事もなくなりますよね。

フェレットの種類を紹介!寿命や行動の特徴も

フェレットはイタチ科イタチ属の肉食性の哺乳小動物です。野生のフェレットは存在せず、ヨーロッパケナガイタチ、ステップケナガイタチを家畜用に品種改良したものとされています。


家畜用としての歴史は長く紀元前3000年前のエジプトからとされています。主にはねずみ駆除や狩猟、毛皮採取用として飼われていました。1993年に臭腺除去と避妊手術を施したマーシャルフェレットが愛玩用として人気を得たことでペットとしての人気を確立しました。


フェレットの特徴として、

  • 種類とカラーバリエーションが豊富
  • 臆病で好奇心が旺盛
  • 知能が高い
などが挙げられます。ペットとしての人気も高く、種類が豊富なためフェレット専門のペットショップも存在します。

カラーバリエーションも多く、種類ごとに特徴も違うので下調べしたうえでペットショップに行っても結局迷うことになるかもしれませんね。

フェレットの種類は意外とある!種類と性格を紹介

フェレットはファームと呼ばれる繁殖場で、さまざまな改良がなされて、現在のようにペットとしてのフェレットが誕生しています。ファームによっては同じ種類でも性格や特徴に違いがあり、フェレットたちの個性になります。
ここでは、日本でも有名な種類と性格を紹介します。

マーシャルフェレット・マウンテンビューフェレット

フェレットを始めて飼育する人におすすめの種類です。噛み癖が少なく大人しい子が多いのが特徴です。


バスバレーフェレット

まん丸とした体系がとっても可愛い種類です。カラーバリエーションが豊富で、がっちりした体つきをしています。


ルビーフェレット

日本では数少ない品種です。赤ちゃんのときからまん丸体型です。


カナディアンフェレット

カラーバリエーションが豊富です。骨格がしっかりした品種で大きく成長します。


ニュージーランドフェレット

丸い顔とパンダのような模様が特徴で、体も大きく成長します。


アンゴラフェレット

他の品種よりも毛が長く、カラーバリエーションも豊富です。性格はわんぱくで噛み癖のある子も多いので上級者向きです。


種類ごとの特徴を紹介しましたが、個体差も大きくカラーバリエーションも豊富なのがフェレットの共通した特徴です。実際にペットショップで見て触れて、ピンと来た子に決めるのが一番かもしれません。

フェレットの寿命ってどれくらい?

日本でのフェレットの平均寿命は、6年~10年といわれています。種類によっても違いますが、長生きしたものでは10年以上生きた例もあるみたいです。


海外では、ペットのフェレットの平均寿命は8年~10年、狩猟用フェレットは10年~12年です。日本のフェレットの寿命が短いのは幼いうちに去勢・避妊手術を行う影響とされています。


フェレットの寿命は環境や育て方によって大きく変わります。飼い主として注意できることは食生活、生活環境、運動量です。

性格は意外と臆病?追いかけると逃げるフェレット

フェレットは自由奔放で好奇心が旺盛な反面、警戒心が高くとても臆病な性格です。そして、あまり視力も良くありません。ですから、何の前触れも無く急に触られるとびっくりしてしまいます。


例えば、おもちゃで遊んでいるときに、飼い主が一緒に遊ぼうと思いおもちゃやフェレットに触れるとびっくりして逃げてしまいます。飼い主の急なアクションにバックステップして身構えてしまいます。


野性の本能で反射的に動いてしまう感じです。とはいえ、放って置かれるとさびしいのかじゃれ付いてきたりもします。まさに、小悪魔的な性格です。


それでもフェレットと遊びたいときは「おやつ」を駆使しましょう。無理強いはいけませんが。

フェレットは知能が高い

フェレットの特徴を語るうえで、外せないのが知能の高さです。フェレットが感覚的にやりたいこと、好きだと感じることは2~3回で覚えてしまいます。自分の興味あることはとにかくすぐに覚えてしまいます。


例えば、「ここを登りたい」と感じたら、知能の高さを発揮し、いつの間にか登っています。知能の高さはいいことでもありますが、飼育するうえでは裏目に出てしまうこともあります。それがなつきにくさなどですね。


愛情をもって接すればフェレットも理解してくれるということです。

フェレットがなつくまでの期間ってどれくらい?

フェレットがなつくまでには2ヶ月前後かかります。もちろん個体差があります。早い子だと数日でなついてくれたと教えて貰ったこともありますが、それは稀なケースと考えていたほうがいいと思います。


これまで何度もお伝えしたように、自由奔放で臆病な性格と知能の高さから人馴れしてなつくまでには時間がかかります。ネットでも「なつかない」「ムカつく」などと声があげられていますが、フェレットの性格や特徴を知らずに飼育を始めたことが原因です。


特に飼育を始めたばかりのときはフェレットも警戒心が強くなっていますので、あせらずに根気強く接してあげてください。

フェレットを飼うメリットとデメリット


ここまでは、フェレットの生態についてお話してきました。


特徴や性格は、

  • 自由奔放な性格で臆病
  • 知能が高い
  • なつくまでに2ヶ月必要
  • 種類やカラーバリエーションが豊富
などです。飼育を始めて後悔しない為にはフェレットのことを良く知ることが一番大切ですよね。

愛玩用としての歴史が長いフェレットですが、飼い主に従順というわけではなく自由奔放な性格です。どちらかといえば、こちらが振り回される側かもしれません。また、なつくまでには時間もかかりますし、なつく程度もフェレットにより違います。

ただ、焦らずに関係を築いていけば、きちんと愛情にも気付いてくれる知能の高さがあります。そんなところが、一番かわいいところかもしれません。

ここからは、フェレットを飼うにあたってのメリットとデメリットにお話していきます。

フェレットの値段は高くない

ペットショップでフェレットを購入する場合は、20,000円~50,000円位が相場になります。品種はもちろん血統や毛の色でも違いますし、希少な長毛種のアンゴラフェレットは人気もあるため100,000円を超える子もいます。


それ以外でも、カラーバリエーションなどが影響するため値段は幅が広いといえます。


ペットとして人気の猫ですと100,000円~200,000円、犬ですと150,000円~300,000円が相場になります。こちらも品種によって変わるので一概には言えませんが、購入費用の面だけで言えばフェレットの方が購入しやすいですね。

鳴き声はそこまでうるさくない

フェレットは無駄吠えをしません。また鳴いたとしても、そこまで気になる鳴き声ではないためマンションで飼育していても、鳴き声でトラブルにはあまりなりません。


やはりペットを飼っていないご家庭では隣の部屋のペットの鳴き声が気になるみたいですが安心できす。


もちろん、まったく鳴かないと言う訳では無いですし、鳴き声は感情を表すサインです。鳴き声が続くときはストレスがたまっている証拠です。ゲージから出してかまってあげると無駄鳴きが抑えられます。

一緒に寝ると癒される!フェレットの可愛い一面

フェレットを飼うなら、絶対に一緒に寝たいと思う人は多いはずです。私もその一人です。もちろん、一緒に寝ることは可能です。しかし、個体差もありますし簡単というわけではありません。

フェレットと寝る為の方法は、

  1. 信頼関係を築く
  2. 思いっきり遊ばせて疲れさせる
  3. 耳の周辺を撫でる
です。仲良くなってから、いっぱい遊んで、寝る時には気持ちがいいと感じるところを撫でて眠気を誘いリラックスさせる。といった具合です。

フェレットと寝る為には仲良くなることが第一です。なかなか寝てくれない場合でも、諦めずに可愛がってあげてください。

フェレットはとても臭い!臭いのには原因がある

フェレットはイタチ科の動物です。同じイタチ科の動物には身を守るために臭いおならを発することで知られるスカンクがいます。フェレットもスカンクと同様に臭いにおいを発することで身を守ったり、縄張りを示したりします。


臭いの原因としては、

  • 臭腺
  • 発情期
  • 耳の分泌物
の3つがあります。臭腺は、肛門付近にあり独特の獣臭を発します。発情期は春先から夏にかけてで、普段以上の体臭を発します。耳の分泌物は、他の動物より分泌物が多いことが原因であり、耳のケアが必要になります。

以上が臭いの原因ですが、日本の国内で販売されているフェレットは、臭腺除去と去勢・避妊手術をほとんどが受けています。そのため、臭い対策は耳のケアと日ごろの掃除、お風呂がメインになります。

フェレットの病気やその症状についても知っておくと良いですね。くらた動物病院などフェレット専門の動物病院もあるので、お近くの病院を探してみるといざという時でも安心です。

フェレットのなつく飼い方とやりがちなNG行動

なつくと一緒に寝てくれるフェレットですが、そのためにはポイントを抑えた飼い方と根気強さが必要になります。警戒心が強く自由奔放が売りのフェレットですので、間違ったコミュニケーションで関係を壊してしまわないように気を付けて下さい。


具体的には、

  • 名前を呼んでスキンシップを測る
  • たくさん遊ぶ
  • おどおどしない
です。フェレットの飼い主さんの中には「なつかない」「かわいくない」「ムカつく」という意見もあるみたいです。接し方を間違えたりNG行動のせいで、フェレットとの信頼関係が壊れてしまったからだと思います。

せっかく一緒に住み始めるのですから、フェレットがなつく接し方も覚えましょう。

触る前に名前を呼ぶ!スキンシップを測ろう

意外に思われるかもしれませんが、フェレットと仲良くなる第一歩は放っておくことです。ペットとして迎え入れたフェレットも最初は不安や緊張で警戒してします。数日間はあまりかまわずに、そっと見守るようにしてください。


さて、ようやく慣れてきたと感じたらおやつやご飯の時、そして一緒に遊ぶ時に名前を呼びかけて覚えさせましょう。

名前を覚えさせるときのポイントは

  • 名前を呼んでから触れる
  • 声のトーンは変えずにやさしく呼ぶ
  • 根気強く続ける
です。

フェレットは視力があまりよくありません。急に触られたらびっくりして警戒してしまいます。

まずは、やさしく名前を呼びかけてから触れてあげてください。呼びかける時も毎回同じトーンで呼びかけてあげることで、自分が呼ばれてると理解してくれます。あとは、焦らずに根気強くスキンシップを測ってください。

コミュニケーションをとるためたくさん遊ぶ!

フェレットはボール遊びや買い物袋などの音が出るものを使って遊ぶのが大好きです。懐いてくれば人とも遊んでくれます。1日1時間は遊ぶ時間を確保するようにして、コミュニケーションをたくさんとることが大事です。


ここでも、最初は焦らずにフェレットの様子を見ながらコミュニケーションをとってください。信頼関係を築くためにおやつを手からあげたり、抱っこなどのスキンシップも有効です。


警戒心も薄れて人馴れしてきたと感じたら、一緒に遊ぶ中で芸を覚えさせるのも良いかもしれませんね。フェレットは知能が高く好奇心が旺盛という特徴もあります。興味を持ったら、すぐに芸を覚えてしまうフェレットも多いですよ。


触れあう時間を大切にして、フェレットとの信頼関係を築いてください。

緊張感が伝わる?触っている時はおどおどしない

警戒心が強いフェレットを懐かせるうえで注意しないといけないことがあります。これまで、「焦らず根気強くコミュニケーションをとりましょう。」とお話してきました。もう一つ大切なことは飼い主がおどおどしない、ビクビクしながら触らないということです。


飼い主が不安を感じながら恐る恐る触ると、フェレットは飼い主の心情に気付いてしまいます。そして、肉食動物のフェレットは、相手が怯えている事を理解すると噛み付いてきます。


飼育を始めたばかりで、これからフェレットとの関係を築いていこうとしているときには、飼い主として不安や心配事はたくさんあると思います。その時でも、堂々と接するようにしてください。


優しく、自信を持ってコミュニケーションをとりましょう。

抱っこするときの注意点

フェレットの抱っこの仕方は、

  1. 両脇に手を入れて胴体を包み込むように持ち上げます。
  2. 片方の手でフェレットの首から背中部分を支えます。
  3. もう一方の手で後脚から尻尾を下から支えるように抱っこします。
です。フェレットと体を密着させて胸の近くで抱えることが大事です。

注意点として、抱っこをする時は前脚や後脚、しっぽを掴んで持ち上げる事を絶対にしないでください。骨折や脱臼の原因になります。

それ以外では、これまで同様に名前を呼んでから触れる。抱っこの時はおどおどしないなどが挙げられます。

骨折・脱臼はフェレット怪我の中でも非常に多いです。前脚や後脚、しっぽを誤って踏みつけたりしないようにも注意しましょう。

まとめ:フェレットはなつきづらい!根気よく愛情持って育てることが大切

この記事では、なつきにくいとも言われているフェレットの特徴・性格や懐かせ方のポイントについて解説をしてきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回の記事のポイントは、

  • なつく程度に個体差があるが、なついてくれる
  • 性格は警戒心が強く臆病で自由奔放
  • なつくまでに2ヶ月は必要
  • 目が悪いので、触れる時は名前を呼んでから
  • 一緒に寝ることも、芸を覚えることもできる
  • 無駄鳴きはしなくて、臭いも対策されている
でした。フェレットはマンションなどでも飼育しやすい生き物になります。なつくまでに期間はかかりますが、根気よく愛情を持って育てることが大切です。

ほけんROOMでは、この他のペットやペット保険に関する記事を多数掲載しています。ぜひ、ご覧ください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング

  • フェレットの平均寿命は短い?長生きさせるコツや飼育方法を紹介!
  • 【2020年版】フェレットにおすすめペット保険や必要性を比較!
  • ペット保険は何歳まで加入可能?年齢不明の場合や更新可能年齢は?
  • ペットをお持ちの方必見!便利と話題のペット用品おすすめ30選
  • 犬の股関節脱臼とは?手術や治し方、リハビリ等について徹底解説!
  • 【獣医師監修】犬の膵炎はどんな病気?症状や原因、治療費・治療法なども紹介!
  • 【必見!】ペットのお掃除を楽にしてくれるおすすめグッズ10選
  • ぺットライフジャパンの評判は?メリットデメリットも徹底解説!
  • 犬の股関節形成不全とは?原因や症状、治療法や予防法について解説!
  • 楽天ペット保険の口コミ・評判を紹介!保険料やデメリットも徹底解説