文鳥の人気4種類を紹介!特徴・性格・寿命・値段などを徹底解説!

文鳥はどの種類もとても人に懐きやすい鳥でペットとして飼いやすいです。そこで今回は文鳥の人気な4種類に焦点を当て、身体の色の特徴や性格、寿命や値段を紹介します。後半では飼育方法やかかりやすい病気も紹介するのでぜひ最後まで読んでみて下さい。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

文鳥の種類はどのくらいある?懐きやすいって本当?


皆さんは文鳥の種類はどのくらいあるかご存じでしょうか。


近年人気が急上昇している文鳥。実は文鳥の中にも数多くの種類があり、それぞれに特徴や違いがあります。そのため、今後文鳥を飼おうと考えている方は一度調べておくことが必要です。


特に文鳥は飼い主に懐きやすく明るく活発である反面、寂しがり屋で繊細な性格なので、性格をちゃんと分かってあげた上でペットとして迎えてあげることが必要です。


そこでこの記事では「文鳥の種類はどのくらいある?懐きやすいって本当?」について

  • 人気な文鳥の4種類の紹介
  • 文鳥の正しい飼育方法や飼うときに必要なものを紹介
  • ペットとして迎える前にペット保険を検討する

以上のことを中心に解説していきます。


この記事を読んでいただければ、文鳥について参考になるかと思いますので、是非最後までご覧ください。

人気な文鳥の4種類を紹介!色の特徴・性格・寿命・値段も徹底解説!

文鳥の中でも人気の高い種類を一覧にしてみました。

  • ノーマル文鳥
  • 桜文鳥
  • 白文鳥
  • シナモン文鳥
の4種類が、日本で人気の高い文鳥です。

この4種類の文鳥にはどのような特徴があり、どのような性格を持っているのかを紹介します。種類ごとの特徴を知ることは、今後ペットとして文鳥を飼おうとしている方の参考になると思いますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

文鳥の原種に近い「ノーマル文鳥」

極めて文鳥としての原種に近いのが「ノーマル文鳥」という種類の文鳥です。


体は全体的に灰色で、頭としっぽが黒く、頬が白いのが特徴です。腹部は薄くピンク色になっており、くちばしは濃いピンクです。アイリングがほぼ真っ赤なのがノーマル文鳥の大きな特徴であり、全体的な配色がはっきりしています。ペットとしての人気も高いです。


大きさは14cm~15cm程度、体重は20g~25g程度。値段は1,500円~2,000円前後です。


文鳥の寿命は8年~10年と言われていますが、ペットとして飼育されていたもので18年も生きた文鳥がいますので、飼育環境によって寿命は変わります。

初心者でも飼いやすい「桜文鳥」

初心者でも飼いやすくおすすめなのが「桜文鳥」と呼ばれる種類の文鳥です。


桜文鳥は「ノーマル文鳥」とこれから紹介する「白文鳥」を掛け合わせて誕生た種類であり、二つの特徴を引き継いるため、ノーマル文鳥の黒い体に白い羽が混ざっているのが特徴です。白い毛によるまだら模様が桜の花びらのように見えるため、桜文鳥という名前になったと言われています。


桜文鳥は1羽ずつ若干模様が違いますので、個性的な文鳥です。身長、体重共にノーマル文鳥と変わりませんので、模様で決めても良いでしょう。寿命も8年~10年程度生きます。


ただ、値段が2,000円~3,500円とノーマル文鳥より若干高くなります。

真っ白なカラダが特徴の「白文鳥」

白文鳥」と言われる種類の文鳥は、全身が白色の羽毛で覆われているのが特徴です。。


これは、色素を抑える遺伝子の影響から羽毛が白くなったと言われています。白文鳥は日本が発祥とされており、海外でも人気のある文鳥です。


身長、体重共にノーマル文鳥と変わりませんが、値段は2,500円~4,000円程度となっています。なお、寿命はノーマル文鳥と同じく8年~10年程度生きます。


真っ白な体はかわいらしく、また飼い主にも懐き飼育のしやすさからも女性に人気が高い種類です。

赤い目で少し身体が弱い「シナモン文鳥」

最後に、赤い目で少し体が弱いのが特徴の「シナモン文鳥」という種類の文鳥を紹介します。


シナモン文鳥は1970年代にヨーロッパで誕生しました。頭としっぽが濃い茶色で、翼は薄い茶色をしています。黒い色の下になるメラニン色素を持っていないため、体の色が薄く、目が赤いのが大きな特徴です。


シナモン文鳥は値段が5,000円~6,500円前後で、他の文鳥よりも割高ですが寒さに強く、特に寒い地域で飼育するにはおすすめの文鳥です。


身長、体重共にノーマル文鳥と変わりません。寿命もノーマル文鳥と同じく8年~10年程度生きます。

文鳥の正しい飼育方法は?飼うときに必要なものを紹介!


文鳥を飼う前に必要なものを一式揃えておく必要があります。


以下に飼育に最低限必要なものを一覧にしてまとめましたので、参考にしてみて下さい。


【飼育に最低限必要なもの】

  • 鳥かご(ゲージ)
  • 巣箱
  • 止まり木
  • ヒーター
  • 菜差し
  • 水浴び用の容器
次に飼育用品の詳しい説明と共に、文鳥の正しい飼育方法をご紹介します。これから文鳥を飼おうか考えている方はぜひ参考にしてみて下さい。

ケージ・止まり木やヒーターを用意する

ゲージは必ず「1羽につき1つ」用意しましょう。文鳥(特にオス)は縄張り意識が強く、同じゲージで2羽以上飼育してしまうと攻撃を繰り返すようになります。不用意な争いを避けるために必ず1羽1つのゲージを用意してあげて下さい。


なおゲージの大きさは高さが35cm~45cm程度、奥行きが30cm~40cmあれば問題ないでしょう。


文鳥は小さい種類の鳥であるため、ゲージも小さくしがちですが、あまり小さいと毛づくろいなどをするスペースがなくなりストレスをためてしまうため、ある程度余裕を持ったものを選ぶのがおすすめです。


また、動き回って遊べるように止まり木も用意してあげましょう。止まり木は12mm前後のものでっ問題ありません。


最近では自然の木に近い形のものもあり、飼われる文鳥が気に入ったものを使ってあげて下さい。


なお、一般的に文鳥は寒さに弱いため、ヒーターなどを用意してあげると良いでしょう。ゲージに入れるタイプも販売されていますのでゲージの購入時に一緒に検討してみて下さい。

餌は文鳥専用フードや野菜がおすすめ

餌は文鳥専用のフードが売っていますので、基本の食事は文鳥専用のフード与えてあげましょう。また、専用フードの他に野菜なども与えてあげるとバランスよく栄養が取れるためおすすめです。


文鳥用または小鳥用品の菜差しを購入して、そこに「小松菜」「チンゲン菜」「豆苗」などの青菜を入れてあげると喜びます。


定期的な放鳥や水浴びが必要

文鳥は定期的な放鳥や水浴びが必要な種類の鳥です。そのため、水遊び用の容器は”飲み水用器”とは別に購入しておくと良いでしょう。


水遊び用の容器は、できれば大きなものを選んであげて、遊んでいるときにストレスがかからないようにしてあげて下さい。


また、ゲージから出して遊ばせる場合は、必ず窓やドアをしっかり閉めてからゲージを開けるようにして下さい。文鳥は好奇心旺盛な種類の鳥なので、狭いところに入ったり、飛び回ったりします。不必要な怪我をさせないためにも、目を離さないようにして下さい。

飼う前に知っておきたい!文鳥がかかりやすい病気とは?


文鳥はかかりやすい病気がいくつか存在しますので、飼う前に確認しておく必要があります。


【文鳥がかかりやすい病気】

  • 気道炎
  • 卵つまり
  • 毛引き症
  • 栄養性脚弱証
  • コクシジウム病

気道炎
気道炎とは、空気の汚染や急激な寒さなど様々な要因から起こる病気です。喉からプチプチとした音がなっていたら気道炎の可能性もありますので注意して下さい。

卵つまり
カルシウム不足から起こる軟卵や、卵管の血行障害により起こる病気です。産卵予定日を過ぎているのに卵を産まない場合や、産卵予定日近くで苦しんでいる様子が見られたら病院にかかることをおすすめします。

毛引き症
ストレスや欲求不満により自分の毛をむしってしまう病気です。稀に寄生虫が関係している場合もあります。

栄養性脚弱症
カルシウム・ビタミンが不足した時に起こる病気です。足の指や関節が曲がったりします。症状を予防、改善するには十分な栄養を取るために餌をこまめに交換したり、青菜などの副菜を積極的に食べさせるようにして下さい。

コクシジウム病
コクシジウムという寄生虫が寄生して起こる病気で、食欲不振になり、フンも水っぽくなります。

くちばしを半開きにした姿が良く見られるようになったら、コクシジウム症を疑ってみて下さい。

小鳥のセンター病院という小鳥専門の病院が埼玉県川口市にあるので、お近くの方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

万が一のために文鳥でもはいれるペット保険を検討してみては?

万が一のために文鳥をペットとして迎え入れる際に、文鳥でも入れるペット保険を検討してみることをおすすめします。


ペットの治療には人間と違い健康保険の適用がありません。つまり、治療費の全額を負担する必要があります。治療費は決して安いものではありませんので、治療費の全額負担は思いのほか大きい出費となります。


愛するペットを治療してあげたいけれど、十分なお金がなく満足な治療を受けさせてあげられない、ということが起こらないようにペット保険の検討をしてみてはいかがでしょうか。


ペット保険は種類にもよりますが、保険料が安いものも多いので大きな家計の負担にならずにかけることができます。


もし、これから文鳥を購入しようと考えている方は、加入するか否かは別として一度目を通してみると良いでしょう。ペット保険の内容や、存在自体を知っているのと知らないのでは、今後ペットと長く付き合っていく上で大きな差になります。

文鳥の種類まとめ

「文鳥の種類はどのくらいある?懐きやすいって本当?」について解説しました


今回のポイントは


  • 人気な文鳥の4種類「ノーマル文鳥」「桜文鳥」「白文鳥」「シナモン文鳥」それぞれに特徴がある
  • 文鳥を飼う前に飼育環境を整える。特に沢山遊べる環境作りが大切
  • かかりやすい病気もあるため、ペットとして迎える時にペット保険も検討してみる


文鳥は明るく活発で、飼い主が大好きな性格ですが、その反面寂しがりやで繊細なので買う際には十分に愛情を注いであげて下さい。


また、この記事を読んで文鳥を飼ってみたいと思われた方は、環境を整えて迎え入れるためにもペット保険なども併せて検討してみて下さい。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、是非ご覧ください。

ランキング

  • 文鳥の寿命はオスとメスで違う?長生きの秘訣や飼い方を紹介!
  • 鳥におすすめのペット保険は?鳥類が入れるペット保険を徹底解説!
  • 日本ペットプラスの評判は?メリットデメリットや保険料を紹介!
  • すでに病気だとペット保険に加入できない?入れる場合についても解説
  • ペットをお持ちの方必見!便利と話題のペット用品おすすめ30選
  • 【必見!】ペットのお掃除を楽にしてくれるおすすめグッズ10選
  • アクサダイレクトのペット保険の口コミを紹介!炎上して評判悪い?
  • 犬猫の避妊と殺処分に関する意識調査の結果を発表
  • FPCペット保険の補償内容は?補償対象外の病気や治療を徹底解説!
  • ペットアンドファミリーの評判・口コミを紹介!補償内容やデメリットも解説!