楽天ペット保険の口コミ・評判を紹介!保険料やデメリットも徹底解説

楽天ペット保険の口コミ・評判を紹介!保険料やデメリットも徹底解説-サムネイル画像

ペットを飼っている、飼いたいという方でペット保険を検討している方いますよね。そこで今回は、楽天ペット保険の口コミや評判を紹介します。免責金額があるプランもあり、万が一の場合に補償されないということもあります。楽天ペット保険のデメリットや口コミを確認しましょう。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「MOFFME」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

楽天ペット保険の評判・口コミは?デメリットなども紹介

ペットを飼っている、またはこれから飼う予定、という方の中で、ペット保険への加入を検討している方もいるかと思います。万一の時に備えておくと安心のペット保険。いろいろ検討して楽天ペット保険(少額短期)が気になる、という方もいるのではないでしょうか。


楽天ペット保険は保険料が安いという口コミが多いのですが、補償内容などはどうなのか気になりますよね?


また、メリット・デメリットに対する実際の口コミなども気になりますよね。メリット・デメリットはどの様なものがあるのでしょうか?評判や口コミはどうなのでしょうか?


今回「MOFFME」では、

  • 楽天ペット保険の補償内容や特徴
  • 楽天ペット保険の評判や口コミ
  • 楽天ペット保険のデメリット・メリット
  • ペット保険の必要性

についてご紹介します。


この記事をお読みいただければ、楽天ペット保険の特徴や評判・口コミ、メリット・デメリットについてお分かりになるかと思います。実際の口コミもご紹介しているので、ぜひ最後までお読みください。

楽天ペット保険の補償内容は?特徴やプランを徹底解説!

楽天ペット保険のプランは、

  • Sプラン
  • Mプラン
  • eプラン
  • Lプラン

の4つあり、それぞれ補償内容が違い、保険料も差があります。


以下は70%補償プランのeプランとLプランの保険料です。


楽天ペット保険eプランの保険料

楽天ペット保険eプランの保険料

楽天ペット保険Lプランの保険料

楽天ペット保険Lプランの保険料

以上で見ていただいたように免責金額があるかないかで年間の保険料は変わってきます。例えばeプランとLプランだと11年間で約10万円ほど負担額が変わってきます。


見方を変えれば13回ほど7000円以上の治療を受ければ免責がない方がお得になるともいえます。11年間の10万円の差を高いととるか、安いととるかは加入者様次第となります。


以下にそれぞれのプランの補償内容や特徴を紹介します。

補償内容SプランMプランeプランLプラン
入院・手術
通院×
補償割合80%70%70%70%
年間支払い限度額50万円/1回
(最大100万円)
70万円70万円70万円
免責金額14,000円/1回
14,000円/1回
7,000円/1回
なし
割引制度ありありありあり
このように、入院・手術に特化したプランや通院まで補償されるプランがあります。それぞれ免責金額などが違うため、保険料にも違いがあります。

一般的なペット保険では、補償割合に差があり、保険料が違う、というタイプが多いのですが、楽天ペット保険では免責金額を付けることで保険料に差を出しているのが特徴です。

免責金額がないと気軽に通院ができて便利という口コミもあるようです。実際に保険を選ぶ際に口コミはとても重要なので確認しましょう。

楽天ペット保険の口コミや評判を紹介!

20代女性

保険料が安くてありがたい

一人暮らしで猫を飼っておりあまりお金がないので、楽天のあんしんペット保険はとにかく保険料が安くて嬉しい。

保険料が安いから補償があまりちゃんとしていないのではと思っていたが、この前病院にかかった時に保険金を請求したらすぐに保険金が振り込まれていて安心した。

40代男性

入金も早くて助かっています

以前いたゴールデンレトリバーが加入していたもっとぎゅっと少額短期保険からの継続ですが、楽天になって補償の率も良くなり、満足しています。ちょっとした皮膚病などに罹りやすいのですが、請求の度に迅速に対応していただき、入金も早くて助かっています。

30代男性

保険料が手ごろかつ手厚い保障

ペット医療保険Mに現在加入してますが、保険料が手ごろかつ手厚い保障なので迷わず加入しました。なので飼い猫に何かあったときのための備えとしてはとても安心できるし心強いなあって感じております。支払い限度回数が無制限なのもうれしい点です。

40代女性

まだ使ったことはないが気持ち的に安心

保険に加入して少し経つが、幸い大きな病気などもなくまだ保険を使ったことはありません。しかし保険料も安く、万が一のことがあってもお金のことを気にせず病院に連れて行ける安心感があるので加入してよかったと思っています。

20代男性

補償内容がとても充実

補償内容がとても充実しているので、少ない掛け金でも安心して過ごす事が出来ます。またペットがケガしたり体調が崩れても、24時間で電話対応してくれるサービスがあるのでとても助かります。信頼性も高いので安心ですね。

楽天ペット保険のデメリット・メリットとは

保険料が安いという口コミの多い楽天ペット保険。ペットのために払い続けることを考えると、保険料が安いことは大きなメリットになりますよね。


では、その他のメリットにはどのようなものが挙げらるのでしょうか?また、楽天ペット保険のデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?


それぞれ詳しくご紹介します。

楽天ペット保険のデメリットとは?免責金額が高い?

楽天ペット保険のデメリットとしては、

  • 免責金額がある
  • もともと補償されない病気が多い
  • 待機期間について

などが挙げられます。


SプランやMプランには14,000円という免責金額が設定されています。これは飼い主さんの自己負担金額で、この金額を超えた分が補償対象となります。Sプランの場合は手術・入院が補償対象となるため、治療費も高額になる場合も多く、14,000円の免責金額を払ってもしっかりと補償を受けることが出来ると思います。


しかし、Mプランは通院も対象となっています。楽天ペット保険の免責金額は同じ病気でも通院するごとに免責金額が発生するため、通院の場合は補償が受けにくいことがデメリットとなってしまいます。


ただし、この免責金額が設定されていることで保険料が抑えられているため、一概にデメリットとも言えないのかもしれません。


また、楽天ペット保険ではもともと補償されない病気が他の保険会社よりも多くなっていると言われています。膝蓋骨脱臼や気管虚脱・股関節形成不全などが補償対象外となっています。


以下は補償されない病気や治療となります。

  • 予防に関する費用(予防のためのワクチン接種)
  • 傷病にあたらないもの(去勢、歯石取り、チェリーアイ、不正咬合等)
  • 検査・代替え医療 
  • 健康食品・医薬部外品等 
  • 治療費以外の費用(トリミングやホテル等)
  • 先天性異常等 
  • ワクチン接種で予防できる病気 
  • 自然災害によるもの
また、楽天ペット保険には待機期間があります。

待機期間日数
ケガ0日(契約日から)
病気30日間
ガン60日間
病気やガンの場合は加入してすぐに補償が受けられるわけではないのでお気をつけください。

楽天ペット保険のメリットとは?何回使っても保険料が上がらない

楽天ペット保険のメリットとしては、

  • 保険を何回使っても翌年の保険料に影響がない
  • 高齢になると保険料があまり上がらない
  • 更新するときに条件が追加されない
  • 日額や回数制限などがない
  • 猫と小型犬の保険料が比較的安い

などが挙げられます。


楽天ペット保険は保険を利用しても翌年の保険料が割り増しされる、ということはありませんが、他の保険会社だと、何回以上利用すると翌年の保険料が割り増しされる場合などもあります。何回使っても保険料が割り増しされないと口コミが良いみたいですね。


高齢になってくると保険料が高くなることが多いのですが、楽天ペット保険では12~13歳くらいから保険料がほぼ上がらなくなっていることもメリットになります。


ペットが契約中に病気などになってしまい、保険を利用すると、更新時にその病気が補償されなくなってしまう場合があります。特定傷病除外特約などと呼ばれるものです。


多くのペット保険では一度かかってしまうとその病気を今後補償しません、となってしまう病気がいくつかあるのですが、楽天ペット保険では条件が追加されることが無く、安心して契約を更新することができるのもメリットになります。


他会社の保険では1回の通院や手術に対する限度額や、回数制限がある場合もあります。楽天ペット保険には日額や回数制限がなく、年間の支払い限度額が設定されています。通院回数などを気にせずペットに治療を受けさせてあげれるのはメリットですよね。


また、猫と小型犬の保険料が比較的安くなっています。先述した保険料の図は小型犬の保険料です。幼少期の保険の安さは他社と比べても遜色ありません。

楽天ペット保険の免責事項について

楽天ペット保険のLプラン以外には免責金額が設定されています。よく分からないからと確認しなかったために後々トラブルになることが多いです。他のペット保険を比較する際にも免責金額はありますのでここで確認しましょう。


免責金額とは

免責とは、一定の条件下で保険会社が補償の責任を免れることを指します。免責金額とは、保険会社が補償をしなくて済む金額のことになります。

多くのペット保険会社が免責事項を設定していますが、免責に該当するケースは各保険会社によって異なります。

以下は楽天ペット保険の免責例(免責金額14,000円、補償割合70%の場合)です。

治療費金額
治療費5,000円の場合
(免責金額を超えない場合)
免責金額14,000円を下回っている
「全額自己負担」
治療費50,000円の場合免責金額14,000円の自己負担分を引いた36,000円の70%
「25,200円が保険から支払われる」
(免責金額を超えたら治療費全額が補償される場合)
治療費50,000円の70%
「35,000円が保険から支払われる」

以上のように免責金額以下の治療費は原則的に全額加入者の負担となります。

本当に必要?万が一のためのペット保険の必要性を紹介


そもそもペットにペット保険は必要なのか、疑問に感じている方もいるかもしれません。以前はペット保険に加入する方もほとんどいませんでした。


しかし最近ではペットも高齢化が進み、さらにペットの医療技術の進んできたため、治療費が高額になることが多くなってきています。


高齢化で病院に通うことも増え、さらに病気や怪我をしたときの手術費用なども高額になると経済的に負担ですよね。そのため、高額な治療費を保険で補うために、ペット保険の加入を検討している方が増えています。


病気や怪我で手術をする場合、30万円以上かかるケースもあるため、金銭的な不安がある場合、ペット保険を検討することをおすすめします。


ペット保険を検討する際は、補償内容はもちろん、保険料やその保険の口コミなども参考にすることをおすすめします。

まとめ:楽天ペット保険の評判・口コミやデメリットについて

いかがでしたか?ここでは楽天ペット保険の特徴や口コミ、メリット・デメリットについてご紹介しました。


ここでご紹介したことは、

  • 楽天ペット保険には4つのプランがあり、免責金額が設定されているのが特徴
  • 保険料が安いという口コミが多い
  • メリットとしては何回使っても保険料が割り増しされない
  • デメリットは免責金額があること
  • ペットの治療費は高額になることも多いため、保険は必要

になります。


実際の口コミもご紹介しましたが、楽天ペット保険の口コミは保険料が安いという口コミが多いようです。その代わり、免責金額が設定されているのがデメリットになります。


ただ、少額な治療費は自費でカバーし、自費ではきつい部分を保険にカバーしてもらうということを考えると、免責金額アリで保険料が安いのもいいのかな、という気がします。


ご紹介した口コミなどを参考に、自分のペットに合ったペット保険を探すようにしてください。


MOFFMEでは他にも保険に関する記事を多数掲載しています。興味のある方はぜひ参考にしてください。

ランキング