ドーベルマンの平均・最高寿命は?長生きのためのコツや保険も紹介!

ドーベルマンの平均・最高寿命は何年なのでしょうか。この記事ではドーベルマンの平均・最高寿命や、かかりやすい病気やその治療法・治療費、人間の年齢への換算表、ペット保険などを紹介しています。長生きさせるコツは十分な運動、食事、ストレス等に気を配ることです。

ドーベルマンの平均・最高寿命は?長生きさせるコツも解説!

警察犬として勇敢に働く姿が印象的なドーベルマンですが、ドーベルマンがどのくらい生きられる犬種か寿命をご存知ですか。


また、すでに飼われている人やこれから飼おうとしている人は、愛犬の寿命を伸ばすために寿命やかかりやすい病気、飼育のコツなどをしっかりと把握していることが重要になりますよね?


そこで今回の記事では、

  • ドーベルマンの寿命
  • かかりやすい病気
  • 寿命を伸ばすための飼育方法
  • ドーベルマンの保険
について解説します。

この記事を読めば、ドーベルマンの寿命を伸ばすコツを知ることが出来ます。

ぜひ、最後までご覧ください。

ドーベルマンの平均寿命は10~13歳!最高齢は?

一般家庭ではあまり見かけないドーベルマンですが、どのくらいの間一緒にいられるかご存知ですか?


ここでは、

  • ドーベルマンの平均寿命
  • ギネス記録はあるのか
  • 人間でいうと何歳になるのか

について解説します。

ドーベルマンの平均寿命は10~13歳

ドーベルマンの平均的な寿命は、10歳~13歳程です。


大型犬全般でみた平均寿命は10歳程なので、大型犬の中では平均的です。


日々の生活がドーベルマンにとってストレスがなく、楽しいものであればさらに長生きする可能性もあります。


そのため、飼い主は適切な管理をしてサポートしてあげてください。


大型犬が短命な理由

  • 体の大きさに対して臓器がちいさい
  • 急激な成長で関節を痛めやすい
  • 胃捻転になりやすい
体の大きさに対して臓器が小さいためにかなりの負担がかかります。

そのため、老犬になり臓器が弱り疾患が出てしまうことが多いです。

また、大型犬はちょっとした運動でも胃捻転になりやすいので、胃捻転になり手術などが間に合わなくて亡くなってしまう犬も多いです。

また、飼育する上で、注意点の多い大型犬ですが、大型犬特有の穏やかな性格や、大きな体からたくさんのファンがいます。

そのため、大型犬を飼育する場合は、小型犬よりも短命であることを把握してから迎えいれましょう。

ドーベルマンの最高齢ギネス記録は18歳?

ドーベルマンは正式なギネス記録はありませんが、国内で18歳まで生きた犬がいるとされています。


大型犬で18歳となるとかなりの長寿です。


ドーベルマンの寿命が分かりやすいようにランキングを作りました。


大型犬だけでみたドーベルマンの寿命を12歳とした場合の5位までの長寿ランキングです。

ランキング犬種平均寿命
1位ラブラドール・レトリバー14歳
2位ジャーマン・シェパード・ドッグ13歳
3位ゴールデン・レトリバー12歳
4位ドーベルマン12歳
5位サモエド12歳

ドーベルマンは、4位という結果になりました。

【ドーベルマンの年齢換算表】人間でいうと何歳?

犬は、人間に比べて速いスピードで年をとり、生涯を終えます。


ここでは、ドーベルマンは人間でいうと何歳になるのかを紹介しますので、確認してみてください。


以下が1ヶ月~10歳までの年齢換算表です。

犬の年齢人間の年齢
1ヶ月
赤ちゃん
3ヶ月幼稚園児
6ヶ月小学生
1歳15歳
2歳24歳
3歳30歳
4歳36歳
5歳42歳
6歳47歳
7歳52歳
8歳56歳
9歳60歳
10歳64歳

2歳までは小型犬と年のとり方が同じですが、それ以降、小型犬は4歳ずつのところ、大型犬であるドーベルマンは5歳~6歳ずつ年をとっていきます。


また、ドーベルマンは5歳以降はシニア期になります。


シニア期に気をつけること

  • 肥満や運動管理
  • 床をフラットにする
  • 気温管理
運動管理

シニア犬になり、体の不調が増えてなかなか動きたがらないペットも多いです。
 

お散歩日和で体調の良い日は少し庭に出してあげるか窓側に連れて行って日光浴をさせてあげてください。 

しかし、嫌がるときには無理に連れて行く必要はありません。

また、日光浴をするだけでも気分転換になり、健康のためにも必要なことです。

運動 

動けないときは食事で管理してあげましょう。
 

太ってしまった場合は、トッピングをヘルシーな鶏肉やキャベツなどに変更して、おやつはなるべくあげないようにしましょう。
 

また、肥満は短命につながるため、気をつけて管理してあげてください。

床をフラットにする  

シニアになると足腰が弱くなりちょっとした段差でもつまずくようになります。
 

そのため、怪我をしないよう、環境を整えてあげてください。

また、床に滑り止めをしてない場合は、滑って怪我をしないように工夫してあげてください。

気温管理 

年を取ると抵抗力が弱くなり、気温の変化に弱くなります。
 

特に季節の変わり目など体調を崩しやすいので、室内温度の管理をしてあげてください。

ドーベルマンがかかりやすい病気やその治療法・治療費は?

ドーベルマンに長生きしてもらうためには飼い主による毎日の健康チェックや獣医師による定期的な健康診断が大事になってきます。


ここでは、ドーベルマンの

  • かかりやすい病気
  • 原因
  • 症状
  • 治療方法
  • 治療費

について解説します。

病気と治療法①:拡張型心筋症

これは、心筋が薄く伸びてしまい、収縮力が弱まるために血液の循環不全を起こし発症する病気です。


原因

  • 遺伝性のもの
原因は不明ですが、発症確率はメスよりに比べオスのほうが発症しやすい病気とされています。

症状

  • 元気がない
  • 食欲が落ちる
  • 体重が減る
  • 運動を嫌がる
  • 呼吸困難
重度な場合は、肺に水が溜まることにより呼吸困難を起こし死亡します。

治療方法

  • 肺に水が溜まってしまったら抜く
  • 循環不全を解消するために血管拡張薬
心筋症自体の治療法はなく、そのときに出た症状に対して処置が必要なります。

また、普段の生活では安静に過ごすよう指導されます。

治療費

  • 1回の処置で1万~2万程

病気と治療法②:胃拡張胃捻転症候群

これは、胃にガスが溜まり膨れて(胃拡張)、ねじれてしまう病気です。


原因

  • 食後の運動
  • 水のがぶ飲み
  • 早食い
  • 1回の食事量が多い

症状

  • 吐くものが無いのに吐きそうにする
  • 苦しそうな呼吸
  • ぐったりしている
  • お腹が膨れている
  • 触ると嫌がる

食後に苦しそうにしていて、お腹が不自然に膨れていたら胃拡張胃捻転症候群を疑いましょう。


治療法

  • 緊急手術

発症してしまったら出来る限り早く病院に連れて行き処置をしなければ亡くなってしまう病気です。


また、食後に様子がおかしい場合はすぐに獣医師に連絡をしてください。


手術費

  • 30万~40万程

病気と治療法③:股関節形成不全

これは、関節部分の骨が変形することでかみ合わなくなる病気です。


原因

  • 遺伝的な問題
  • 成長過程で急激に体重が増える
  • 運動不足
  • 栄養不足

症状

  • 横座りをする
  • 腰が左右に揺れる歩き方
  • 歩き方が不自然
  • 動きたがらない
  • 立ち上がるのに時間がかかる

治療方法

  • 内科的治療:投薬治療
  • 外科的治療:手術

その他にも、肥満栄養不足の場合は合った指導をされます。


そのため、指導された場合は、ペットのためにも指示に従いましょう。


治療費

  • 投薬治療:月1万~2万程
  • 手術:40万程

ドーベルマンが長生きする4つのコツ・飼い方を解説!

ドーベルマンが長生きするためには、日々のしっかりとした管理が必要となります。


ここでは、ドーベルマンの

  • 毎日の運動
  • 食事
  • ストレス解消法
  • 健康診断の重要性

などについて解説します。

長生きのコツ①:十分な運動

ドーベルマンは、 
  • 1日2回の散歩
  • 夏は涼しい室内施設の利用 
などの運動をする必要があります。

そのため、自宅内での移動だけでは運動量が足りません。

また、毎日散歩で運動をさせ、雨天時や夏など散歩へいけない時期は涼しい室内施設を検討してみてください。

そして、室内施設などでは、他の犬と仲良く遊ぶためにもマナーを身に付けさせましょう。

長生きのコツ②:食事に気をつける

ドーベルマンの食事は、
  • 毎日適切な量を与える 
  • 肥満に注意する 
  • 人間のものを与えない 
  • 食事回数をおおめにする 
に注意してください。

また、ドーベルマンは、胸の深い大型犬なので胃捻転になりやすく、予防のためにも食事はゆっくりと少量を何回かに分けて食べさせる方が良いです。

与えた食事だけでは満足しない場合は、犬の食べられるヘルシーなもの(キャベツ、ボイルした鶏胸肉など)をトッピングしましょう。

塩分に注意

人間の食事は犬にとっては塩分が多いため、美味しく感じて欲しがります。

1度与えてしまうと欲しがりますので初めから与えないことが大事です。

塩分の摂りすぎは高血圧腎臓病にもつながります。

また、特にドーベルマンは拡張型心筋症になりやすく、この病気は塩分を摂りすぎることも原因になります。

健康に過ごせるようしっかりと食事管理をしてあげてください。

長生きのコツ③:ストレスを与えない

ドーベルマンがストレスを感じてしまう原因として

  • 運動量が足りない
  • 食事量が足りない
  • 飼い主がかまってくれない
などがあります。

食事と運動は先ほど解説したとおり、適切な管理をおこなってください。

また、ドーベルマンは寂しがりやの甘えん坊な面もあり、飼い主がかまってくれないとストレスを溜めてしまう可能性があります。

そのため、かまって欲しそうにしているときは一緒に遊んであげると運動にもなり、ストレスも発散できます。

ストレスによる問題行動

  • 怪我
  • 破壊行動
  • 問題行動
ストレスを感じることによって、自分の体を噛み続けるまたはなめ続けることがあります。

癖になると注意しても同じ場所をなめ続けるので、傷が治りづらく繰り返します。

そのため、癖になる前にサインに気づいてあげてストレス発散させてあげましょう

また、破壊行動や攻撃行動にもつながります。

いたずらが多い、または怒りやすくなったということがあれば、ストレスを疑ってみてください。

長生きのコツ④:定期的な健康診断

寿命を伸ばすためには病気の早期発見早期治療が重要なものとなってきます。


そのためには、飼い主による毎日の健康チェック、獣医師による定期的な健康診断が必要となります。


しかし、飼い主は外見的なことの健康チェックは出来ますが、内面のチェックは獣医師でなければおこなえません。


また、病気を早く見つけ、早く治療することで助かる命もあります。


そのためには、定期的な健康診断をおこなって健康維持をしましょう。


しかし、ペットの病院はすべて実費となるので、毎回高額になり、特に手術になるとまとまったお金が必要になります。


そこで、ペットの命を救うためにもペット保険に入っておくと安心です。

ドーベルマンのペット保険とは?保険料や補償内容も解説!

ペット保険について補償内容やプラン、加入条件はご存知でしょうか。


ペット保険には審査があります。


ペット保険の審査は基本的には、申し込み時に飼い主が記入した項目から審査されます。


既往症がある場合や現在通院中であっても条件付きで加入できる場合がありますので、嘘の申告はせず、正直に申告してください。


嘘の申告は飼い主に悪気がなかったとしても告知義務違反として強制的に解約となり、今まで支払ってきた保険料の返還も無いので無駄になってしまいます。


そのようなことがないよう、正しい申告をする必要があります。


ペット保険のプラン

  • 通院・入院・手術をトータルで補償
  • 入院のみを補償
  • 手術のみを補償

補償の割合も90%70%50%と選べるようになっている保険会社が多いです。


保険会社によっても変わってきますので、保険会社に確認してみてください。


家庭の負担にならないように加入することも可能なのでペット保険についてぜひ検討してみてください。


ドーベルマンのペット保険


ドーベルマンは大型犬のプランとして出している保険会社が多いです。


保険会社によっても変わりますので確認が必要です。


ドーベルマンのある大手保険会社の年間保険料を紹介します。


0歳~10歳までの年間保険料は以下になります。

年歳年間保険料
0歳54,180円
1歳53,460円
2歳52,260円
3歳60,150円
4歳69,130円
5歳78,370円
6歳87,690円
7歳99,310円
8歳116,290円
9歳133,870円
10歳152,200円

参考にしてみてください。


特約について


主となる補償内容に無料または有料で付帯することによって補償内容をより充実させることができます。


例としては、ペットが亡くなった場合にかかった葬儀費用をカバーする火葬費用特約や補償期間中に保険金の支払いが無かった場合の無事故特約などがあります。


特に入っておくと安心なのが、賠償責任特約です。


賠償責任特約とは?


管理下にあるペットが他人またペットに対して怪我を負わせてしまう、または物を破損させた場合にかかる費用を保険金でカバーすることができます。


近年、中型犬~大型犬による噛み付きの事故が増えています。


実際ドーベルマンの事故例もありますので、万が一のために加入しておくと安心です。

まとめ:ドーベルマンの平均・最高寿命や長生きさせるコツについて

ここまで、ドーベルマンの寿命を伸ばすためのコツを解説してきましたが、いかがでしょうか。


今回の記事のポイントは、

  • ドーベルマンの平均寿命は10歳~13歳
  • 十分運動させてストレスと溜めないようにする
  • 塩分の摂りすぎや肥満に注意する
  • 病気は早期発見、早期治療
  • 万が一のために保険を検討する
です。

大型犬の寿命は小型犬よりも短いですが、少しでも長く一緒に時を過ごしたい、それが飼い主の願いだと思います。

そのためには、毎日の食事や運動管理、健康チェックや定期的な健康診断がとても大事なこととなります。

そこで、適切な管理を行い寿命を伸ばし、老犬になっても元気に走れることを目指して飼育しましょう。

また、ペットショップで勧められたペット保険に安易に加入せず、ご自身でしっかりと調べた上でペット保険に加入しましょう。

ほけんROOMではペット保険に関する記事を多く公開していますので、ぜひ参考にしてください。

ランキング