パピヨンのオス・メス別平均・最長寿命は?病気や長生きのコツも解説

パピヨンは活発で友好的であるため初心者の方でも飼いやすい犬種です。パピヨンの平均寿命は13〜15歳、最長寿命は23歳とも言われています。健康的に寿命を全うするために、パピヨンがかかりやすい病気や長生きするためのコツについて詳しく解説します。

パピヨンの平均・最長寿命は?長生きのコツも解説!


パピヨン
という犬種をご存じでしょうか。


パピヨンはフランス語で「蝶」を意味しており、その名の通り蝶が羽を開いたような形をした耳が特徴の小型犬です。


また、このパピヨンは日本でも人気の犬種のため、飼ってみたいと思っている方もいるのではないでしょうか。


もし飼うとなったら一番気になるのは、どのくらい生きられるのかではないでしょうか。


そこで本記事では、

  • パピヨンの平均寿命は?
  • パピヨンの注意したい病気は?
  • パピヨンと一緒に長く暮らすコツ
について、詳しく解説していきます。

ぜひ、最後までご覧ください。

パピヨンの平均寿命は13〜15歳、最長寿命は23歳!?

近年、獣医療の高度化などによって犬の寿命も延びており、一昔前までは10年も生きれば長生きでしたが、現在はどうでしょう。


パピヨンの平均寿命の最新を知っておくことで、どのくらいの年齢でシニアと呼ばれ、どんな病気に注意しなければいけないのかが分かります。


ここでは、パピヨンの寿命について解説します。

パピヨンの平均寿命は13〜15歳?オス・メス別に違う?

昔のパピヨンの平均寿命は10~15歳と言われていましたが、パピヨンはここ数年で10年以上生きる傾向にあり、平均寿命が13~15歳まで延びてきています。


小型犬一般の平均寿命がだいたい12~15歳と言われているので、パピヨンは平均ぐらいだと言えます。


持病の有無などの個体差はありますが、今後の獣医療の発達によってはこれ以上に伸びることも考えられます。


また、オス・メスによる平均寿命の差はないとされています。


人間では女性の方が長生きとされていますが、パピヨンの場合は適切な管理をすれば性別に関係なく長生きします。

パピヨンの最長寿命はなんと23歳!

最近、寿命が延びているパピヨンですが、最長寿命は23歳という記録が残っています。


昔の平均寿命が10~15歳のため、約2倍近く長生きしています。


また、これは人間に換算すると何歳くらいになるのでしょうか。


次にパピオンの年齢を人間に換算すると何歳なのかについて解説します。

パピヨンの年齢を人間に換算すると?

パピヨンの平均寿命は13~15歳ですが、人間の何歳で換算すると何歳くらいなのでしょうか。


ここでは、おおよそのパピヨンの年齢換算表を紹介します。

パピヨンの年齢人間の年齢
1か月
1歳
2か月3歳
3か月5歳
6か月9歳
9か月13歳
1歳17歳
1歳半20歳
2歳23歳
3歳28歳
4歳32歳
5歳35歳
6歳40歳
7歳44歳
8歳48歳
9歳52歳
10歳56歳
11歳60歳
12歳64歳
13歳68歳
14歳72歳
15歳75歳
16歳
80歳
17歳84歳
18歳88歳
19歳92歳
20歳96歳

パピヨンの年齢はおおよそ

パピヨンの年齢×4+17

で計算できます。


そのため、最長寿命の23歳のパピヨンは人間でいうとおよそ109歳になります。

パピヨンのシニア期・高齢期はいつから?

上の表を見ると、およそ7歳(人間で言うところの40歳前後)からがシニア期、11歳(人間で言うところの60歳前後)からが高齢期になります。


また、平均寿命と同じように、年の取り方にも個体差はあります。


しかし、家の子がだいたいこのくらいの年齢に差し掛かったら、健康診断を受けたり、老化のサインがないか注意深く見たりしてあげましょう。

パピヨンがかかりやすい病気やその予防法・治療費は?


パピヨンの平均寿命について触れてきましたが、できることならこれ以上元気で一緒に過ごしたいですよね。


高齢になるにつれて避けては通れないのが病気です。


今回は、パピヨンで特に気を付けたい病気についていくつかご紹介します。


頭の隅に置いておくことで早期発見に繋がるかもしれません。

膝蓋骨脱臼

膝のお皿である膝蓋骨が、大腿骨の滑車溝と呼ばれる溝から外れてしまった状態を膝蓋骨脱臼と言います。


パピヨンに限らず小型犬に多い疾病ですが、生まれつき滑車溝が浅かったり、外傷などにより外から大きな力がかかった時に起こります。


軽度であれば症状が出ないこともありますが、重症になると後肢の痛みを伴います。


また、膝蓋骨の脱臼が長期にわたって続くと膝関節で関節炎が起こり、靭帯を損傷したりします。


これを完治させるには、外科的な手術が必要となります。


病院にもよりますが、治療費は総額で30~50万円ほどになります。


実際に治療するとなると高額になってしまう膝蓋骨脱臼ですが、予防することもできます。


予防法は、

  • 床で滑らないようにする:フローリングにマットを敷いてあげましょう。
  • 段差に気を付ける:階段やイスなどに飛び乗ったり、着地する時は膝に大きな負担がかかります。
  • 肥満に注意:膝だけでなく、腰などあらゆる関節に負担をかける原因となります。
などがあります。

散歩の後などに後ろ足を引きずる仕草があったり、足を地面から上げている様子が見られたら、すぐに動物病院に相談してください。

進行性網膜萎縮

進行性網膜萎縮は、徐々に網膜が縮んでいき、痛みを伴わずに視力を失っていく病気です。


網膜に存在する、光を受容する細胞が変性するため、まずは暗いところで見えにくくなります。


そのため、夕方の少し薄暗くなった時に散歩に行くと物にぶつかったり、側溝にはまりやすくなったとしたら、この病気のサインかもしれません。


この視力の低下は徐々に進行するため、気付くのに時間がかかることが多いです。


また、家の中では犬が家具の位置を覚えている可能性があるため、症状に気付くのが遅れることがあります。


また、進行性網膜萎縮は遺伝性の病気と言われており、有効な治療法および予防法はありません。


病院で進行性網膜萎縮と診断されたら、ぶつかりやすいところに障害物を置かないなど、愛犬の生活に不便がないような配慮が必要となります。

眼瞼内反症

眼瞼とは、まぶたのことで、眼瞼内反症はまぶたの縁が内側に入り込むことによって、まつ毛やまぶた自身が目に当たってしまう状態を言います。


犬は通常、目の表面に毛が付いていても痛みを感じず、角膜表面に毛が付いていることがあります。


しかし、この角膜表面への刺激が長期にわたって続くと、次第に角膜に傷がつき、結膜の充血、流涙、さらには角膜潰瘍を続発することがあります。


内反の程度が軽い時は、抗炎症薬や抗菌薬の点眼によって痛みを軽減することが可能です。


重度の場合は外科的手術によって、内反している眼瞼を切除することもあります。


点眼による治療の場合は、1日2~3回の点眼が必要となり、定期的な検診も含めると医療費は1回当たり5,000円ほどになります。


手術に関しては入院期間にもよりますが、およそ20万円前後となります。


また、眼瞼内反症は、遺伝的に起こることが多い病気ですので、予防法はありません。


そのため、目が痛そうな様子がないかどうか日常的に観察してあげることが大切です。

パピヨンが長生きする3つのコツ・飼育法を解説!


病気に関しては、日頃生活している中での観察が非常に大切です。


何か変わったこと、気になることがあれば気軽にかかりつけの動物病院に相談してみるといいですが、その他に家で出来る健康管理はあるのでしょうか。


実は、家での習慣が、長生きをする上で最も重要なこととなると言っても過言ではありません。


ここでは、そんな長生きのコツをご紹介します。

長生きのコツ①:食事管理

長生きのためには、ライフステージに合わせた食事管理が必要不可欠となります。


成長期には身体を作るため、高栄養な食事が望ましいです。


老年期には基礎代謝も落ち、必要なカロリー量も減少します。


フード会社では、各年代に合わせたフードも販売されているので、動物病院で相談してみるといいでしょう。


そして、食事管理において最も重要な目的の一つとして、肥満の防止が挙げられます。


膝蓋骨脱臼などの関節疾患や、糖尿病といった病気の予防にも繋がります。


小型犬の場合、大型犬や人間と比較して㎏当たりの体重に占める割合が大きくなります。


例えば、5㎏の体重の子が6㎏に増えるのと、20㎏の子が21㎏に増えるのとでは意味合いが変わってくるという事です。


1歳を迎えた時の体重がその子の適正体重とされていますので、生涯その体重をキープ出来るように心がけましょう。

長生きのコツ②:適度な運動

食事管理と同様、肥満の防止に効果的なのが運動です。


過度な運動は骨や関節に負担をかけてしまうため避けた方が良いですが、ストレスを溜めさせないためにも、短い時間での運動は必要でしょう。


もともと、パピヨンという犬種は筋肉量が多いわけではないので、トレーニングのような激しい運動は必要ありません。


種々の老化のサインを見逃さず、ライフステージに見合った適切な運動量を意識してください。

長生きのコツ③:毎日の歯磨き

犬も人間と同じように歯が命で、近年では歯周病とその他の病気の罹患リスクについての研究がなされています。


歯肉炎や口鼻瘻管などの歯牙疾患によって、食事が摂りにくくなったりするのはもちろん、特筆すべきは心臓病のリスクが跳ね上がることです。


ドッグフードの改良によって栄養管理がしやすくなった反面、歯垢も溜まりやすくなっています。


また、犬の唾液は弱アルカリ性のため、歯垢が歯石に変化するスピードが速いと言われています。


そのスピードは、人間では1週間ほどですが、犬は1~3日であると言われています。


そのため、歯磨きは毎日行うことが望ましいです。


ただし、歯磨きについては幼少期からの習慣づけが非常に大切になります。


通常、犬は顔の周り、特に口の周りを触られることを嫌います。


そのため、大人になってから歯磨きを始めようとしても、うまくいかないことが多いため、子犬の時期に、ガーゼなどを用いながら、特に奥歯を触らせてくれるように訓練しましょう。


歯磨きペーストなどの歯科ケアグッズを用いれば、なお良いですね。


また、犬用の歯ブラシもありますが、毛先が固かったりで歯茎に傷をつけてしまう恐れがあります。


スキンシップを取るためにも、自分の手を使って優しく磨いてあげるのがいいでしょう。

パピヨンのペット保険とは?保険料や補償内容、特約も解説!

ペット保険の保険料は、体重、犬種、年齢によって異なることがあります。


体重が重いほど、年齢が高いほど保険料も上がる傾向にあります。


パピヨンは、小型犬のグループに属していますが、分類の細かさによる違いが各保険会社によってあります。


また、保険会社によりますが、医療費の50%または70%を補償してくれるプランが多いようです。


これを踏まえての10歳までの年間保険料は、以下のようになります。

年齢年間保険料(50%補償)年間保険料(70%補償)
0歳20,650~29,290円26,440~32,740円
1歳19,480~27,890円24,730~37,270円
2歳18,940~28,060円23,950~37,510円
3歳19,770~29,970円25,150~39,010円
4歳21,980~36,080円28,370~48,720円
5歳25,200~38,460円33,060~52,150円
6歳29,160~41,460円38,830~56,520円
7歳34,050~45,230円45,960~61,630円
8歳40,090~50,500円54,750~66,070円
9歳46,050~57,360円63,440~75,560円
10歳52,710~64,610円73,150~85,610円

※保険会社によって差があるため、注意が必要です。


また、補償内容に関しても、通院・入院・手術の全てを補償してくれるタイプや、通院のみ補償するタイプなど、いくつか種類があり、それによって保険料も変わってきます。


さらに、ペット保険会社によっては、ペットが他の人を咬んでしまったり、人の持ち物を破損してしまったときに損害賠償金を補償するペット賠償責任特約を付帯できます。


他にもペットを飼っている時の多頭割引や、一年間の保険の利用状況によって保険料の割引が受けられることもあります。


ペット保険に加入する際は、各保険会社の情報を十分に比較検討するようにしてください。

まとめ:パピヨンの平均・最高寿命や長生きさせるコツについて

ここまでパピヨンの平均・最高寿命や長生きさせるコツについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回の記事のポイントは、

  • パピヨンは犬の中でも長寿の犬種で、平均寿命は13~15歳
  • パピヨンで発生しやすい病気もいくつか存在する
  • 長生きの秘訣は食事・運動・歯磨き

などです。


最近は、犬もまた人間と同じように長生きをする時代になりましたが、それが幸せかどうかは、健康であるかによって大きく左右されます。


また、犬は言葉を話せません。


そのため、体調の変化に気付いてあげるのは、飼い主の役目です。


今後も愛犬を大切にし、共に生活してください。


ほけんROOMでは他にもペット保険に関する記事を多数掲載していますので、ぜひ他の記事もお読みください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング