ジャックラッセルテリアの性格は良い?特徴は?頑固でよく吠える?

ジャックラッセルテリアはしつけが難しい犬として有名ですが、しつけ次第で性格の良い犬になります。本記事ではジャックラッセルテリアのオス・メスの性格の違い、特徴、価格、飼い方のコツ、注意点等を紹介しています。また、寿命やかかりやすい病気、保険等も紹介しています。

ジャックラッセルテリアの性格や特徴は?

ジャックラッセルテリアという犬をご存じですか?


映画やテレビなどに出てくることもあり、外見だけなら知っている、という方もいるかと思います。


見た目が可愛らしいため、飼ってみたいな、と思う方も多いのではないでしょうか?


ジャックラッセルテリアの外見は知っていても、性格や特徴を詳しく知っているという方は少ないかもしれません。


ジャックラッセルテリアはどのような性格をしているのでしょうか?


犬の飼育初心者にも飼うことができるのでしょうか?


今回「ほけんROOM」では、

  • ジャックラッセルテリアの特徴や性格
  • ジャックラッセルテリアをお迎えするには?
  • ジャックラッセルテリアの飼い方のコツやしつけ方

についてご紹介します。


この記事をご覧いただくことで、ジャックラッセルテリアについてより深く知ることができると思います。


どうぞ最後までご覧ください。

ジャックラッセルテリアはやんちゃで元気、よく吠える犬種です


ジャックラッセルテリアは見た目がとても愛らしいため、室内犬として飼う方が多いと思います。


ですが、ジャックラッセルテリアは普通の小型の犬とは違いパワフルな犬です。


性格も一般的な小型犬とは少し違ってくるようです。


一体どのような性格をしているのでしょうか?


普通の室内犬感覚で飼育を始めると、いたずらされて困ってしまう可能性もあります。


また、猟犬だけあって、よく吠える犬で、鳴き声もかなり大きめになります。


ジャックラッセルテリアが作られた理由や、その歴史が気になる方もいるのではないでしょうか?


ここではジャックラッセルテリアの歴史や特徴、性格についてご紹介します。

ジャックラッセルテリアの歴史

ジャックラッセルテリアはイギリスの「ジョン・ラッセル牧師」が優秀な狩猟犬を作ろうと交配を行ったことが始まりになります。


19世紀の中ごろの話になるようです。


交配の犬種としては、フォックステリアをベースに、ビーグルボーダーテリアなどと交配したようです。


さらに敵に対してひるまないように、ブルテリアなどの気の強い性格を持つ犬種も掛け合わされました。


愛らしい見た目に反して気が強い性格をしているのは、これらのテリア種の血統になるようです。


ラッセル牧師以降のブリーダーの手により、コーギーが交配され、少し性格が穏やかになったと言われています。


ジャックラッセルテリアが世界的に公認されたのは2000年と、かなり新しい犬種になるようです。


最近では、コーギーの血が入った胴長短足タイプがジャックラッセルテリアとよばれ、コーギーの血が混じる前のタイプをパーソンラッセルテリアと区別するようになったそうです。

ジャックラッセルテリアの特徴は?被毛の種類は?スムースが人気?

ジャックラッセルテリアの大きさは、

  • 体高 25~30cm
  • 体重 5~6kg

ほどになります。


小型犬とは思えないほど筋肉質な体格をしているのが特徴です。


耳は一般的には垂れています。尾は太く、多くの場合断尾されています。


多少胴長短足な体型をしており、体長が体高よりも少しだけ長くなります。


ジャックラッセルテリアの被毛には3種類あり、

  • スムース 短く、柔らかい直毛が特徴的な毛質になります
  • ブロークン スムースとラフが混ざったような毛質になります
  • ラフ 硬めのウェーブがかった長毛が特徴の毛質です

になります。


ダブルコートになるので、スムースでも抜け毛は多くなります。


また、毛色にも種類があり、

  • ホワイト×タン(茶色)
  • ホワイト×ブラック
  • ホワイト×タン×ブラック(トライカラー)

などになるようです。


中にはホワイト一色のジャックラッセルテリアもいるようです。

オス・メス別にジャックラッセルテリアの性格を紹介!

ジャックラッセルテリアの性格は、

  • 好奇心旺盛
  • やんちゃ
  • 勇敢
  • 賢い
  • 人懐っこい
  • 頑固

などが挙げられます。


もともとキツネ狩りの猟犬として作られたため、勇敢で巣穴に入ってから一匹で行動をすることができるくらい賢い犬になります。


性別によって少し性格が変わってくるようです。


ジャックラッセルテリアのオスの性格

メスに比べると若干落ち着きがなくやんちゃな性格の子が多くなるようです。


しかし、飼い主にはとても良く懐き、愛情深い一面もあります。

ジャックラッセルテリアのメスの性格

オスよりも落ち着いていて、飼い主のいうことを素直に聞くことができる性格の子が多いようです。


しかし、発情期になると情緒不安定になることもあり、問題を起こしてしまう事もあるようです。

ジャックラッセルテリアと他の犬種のミックス犬が人気?

ジャックラッセルテリアの純血種はもちろん可愛いのですが、ジャックラッセルテリアと他の犬種を交配させた「ミックス犬」が最近では人気があるようです。


そもそもミックス犬の長所として、「体が丈夫」ということが挙げられます。


さらに、他の犬種と掛け合わせることで、とても個性的な犬になるということも人気の一つになるようです。


いろいろな種類の犬と掛け合わせることがあり、一例を挙げると、

  • ジャックラッセルテリア×ヨークシャテリア
  • ジャックラッセルテリア×マルチーズ
  • ジャックラッセルテリア×ペキニーズ
  • ジャックラッセルテリア×ミニチュアダックスフンド

などがあります。


性格もそれぞれの犬の特徴を引き継いでいる可能性があるので、どのような性格の犬なのかはそれぞれ掛け合わせた犬の性格を調べてみて下さい。


個性的なジャックラッセルテリアをお迎えしたい方には、ミックス犬はおすすめです

ジャックラッセルテリアのお迎え・購入方法は?価格や選び方も紹介!

これからジャックラッセルテリアのお迎えを検討している方もいると思います。


お迎えする前に準備しておいた方がいいものは何でしょうか?


購入する方法にはどのようなものがあるのでしょうか?


ジャックラッセルテリアをお迎えする方法や価格などをご紹介します。

ジャックラッセルテリアのお迎え・購入方法

ジャックラッセルテリアをお迎えする際に用意するのもとしては、

  • ケージ
  • トイレシート・トレー
  • 食器
  • ドッグフード
  • ベッド
  • クレート
  • 首輪・リード

などになります。


長く使うものなので、丈夫なものを選ぶといいと思ます。


首輪やリードはお迎えした後に準備してもいいのですが、首輪に慣らせるためにもお迎えしたら柔らかい素材の首輪をつけるといいようです。


その他、おもちゃやシャンプー、ブラシ、爪切りなどを揃えておいてもいいと思います。


ジャックラッセルテリアの購入方法としては、ペットショップを考える方が多いと思います。


その他、ブリーダーや保健所などから里親になる方法もあります。


それぞれご紹介します。


ペットショップで購入

最も一般的な購入方法になります。


ペットショップで運命を感じて購入する方も多いようです。


ペットショップの中には体験飼育などを行っていることもあるようなので、そのようなお店で購入するのもいいかもしれません。


ブリーダーから購入

最近ではネットを検索すればブリーダーの上方が出てくるため、ブリーダーから直接購入する方も増えてきたようです。


どのような場所で産まれたのかを見ることができる上に、親犬も見ることができるかもしれません。


里親になる

保健所や動物愛護センターなどから里親として譲り受けることもお迎えする方法の一つになります。


譲渡会などを開いていることがあるようなので、お迎えする方法の一つとして検討してみて下さい。

ジャックラッセルテリアの価格や選び方

ジャックラッセルテリアの価格は、15~25万円程が相場になるようです。


チャンピオン犬などの血統になると、この価格よりもかなり高くなることが多いようです。


また、オスよりもメスの方が1~2万円程高くなることが一般的になります。


ジャックラッセルテリアの選び方としては、

  • 親や兄弟と仲良くしている
  • 抱っこしても噛んだり吠えたりしない
  • 膝の上に乗せて仰向けにしても嫌がらない

などがあります。


このような犬は飼い主さんに懐きやすいので、選ぶときの目安としてみて下さい。

ジャックラッセルテリアの飼い方のコツ、注意点、しつけ方を解説!

ジャックラッセルテリアは決して飼いやすい犬、という訳ではありません。


初心者にはかなりハードルの高い犬になります。


ここではジャックラッセルテリアの飼い方のコツやしつけ方などをご紹介します。

ジャックラッセルテリアの飼い方のコツ、注意点

ジャックラッセルテリアを室内で飼う場合は、部屋の中にジャックラッセルテリアが興味を持ちそうなものを置かないようにしてください。


いたずらの原因になってしまいます。


ジャックラッセルテリアの他に小動物などを飼っている場合、特に注意が必要です。


興味を持って追いかけてしまったりすると怪我の原因になってしまうので、しっかりと棲み分けを行うようにしましょう。


また、屋外で飼育する場合は脱走に注意しましょう。


塀に囲まれていても、穴を掘って脱走してしまったという例もあるようなので、脱走対策は十分とるようにしましょう。


ジャックラッセルテリアを飼うときの注意点としては、散歩を沢山してあげる、ということです。


小型犬はそれほど長い散歩は必要ないと言われていますが、ジャックラッセルテリアは違います。


最低でも1日2回、それぞれ30分程の散歩が必要だと言われています。


運動不足になると、いたずらや無駄吠えの原因となってしまいます。


しっかりと散歩させ、運動させてあげるようにしましょう。

ジャックラッセルテリアのしつけ方

ジャックラッセルテリアのしつけは、しっかりと根気よく続けるようにして下さい。


メリハリをつけてしつけを行うようにします。


できなかったことを叱るのではなく、できたときに思い切り褒めてあげるようにすると、しつけやすいようです。


特に、お散歩デビューまでにマテオスワリオイデなど基本的なことは覚えさせるようにしましょう。


リードを離してしまったときにマテができるととても助かります。


ジャックラッセルテリアは小型犬と思えないくらいパワフルなので、事故にあわないためにも基本的なしつけはしっかりとするようにしましょう。

ジャックラッセルテリアの寿命やかかりやすい病気、ペット保険は?

ジャックラッセルテリアだけでなく、動物を飼い始めたら、寿命のことを考える方も多いと思います。


どれくらい一緒にいることができるのか気になってしまう方もいるのではないでしょうか?


小型犬は大型犬に比べて寿命が長いことが多いですが、ジャックラッセルテリアはどうなのでしょうか?


また、ジャックラッセルテリアがかかりやすい病気などあるのでしょうか?


それぞれご紹介します。

ジャックラッセルテリアの寿命やかかりやすい病気

ジャックラッセルテリアの寿命は13~16歳ほどになるようです。


小型犬の中でも比較的長い方になります。


純血種の犬よりも混血の犬の方が寿命が長くなるとも言われています。


ジャックラッセルテリアはいろいろな犬を交配させてつくられた、「ミックス犬」とも言える犬種なので、他の犬種よりも少し寿命が長いのかもしれません。


ジャックラッセルテリアは10歳くらいからが高齢犬になるようです。


高齢になると、お尻や頬の筋肉が緩み始めたり、ヒゲに白髪が混ざってきます。


歩くスピードが遅くなったりもするので、老化を感じたら生活環境などを見直すようにしてあげましょう。


ジャックラッセルテリアは割と新しい時代に作られた犬種なので、他の犬種と比べると遺伝性疾患の少ない犬種になります。


それでもかかりやすい病気はあるようで、

  • 大腿骨頭壊死(レッグ・ペルテス)
  • 膝蓋骨脱臼
  • 皮膚疾患

などに注意が必要です。


運動が好きな犬種ですが、激しい運動を長時間続けたり、高いところから飛び降りたりするのは控えるようにしましょう。


レッグ・ペルテス

レッグ・ペルテスは後ろ足の付け根である大腿骨頭の先端が壊死してしまう病気です。


症状が進行すると、後ろ足を引きずるようになります。


多くの場合手術が必要で、治療費としては17万円~30万円程かかるようです。


手術後リハビリも必要になります。


膝蓋骨脱臼

膝蓋骨脱臼は膝のお皿部分が外れてしまう病気です。


症状が進行すると骨が変形してしまう事もあります。


症状が軽い場合手術の必要はなく、治療費も6,000円~30,000円程で済むようです。


しかし、症状が進行し、手術が必要になると、治療費も高額となり、20万円~40万円程になります。


皮膚疾患

ジャックラッセルテリアはダブルコートの被毛を持つ犬種です。


抜け毛の時期になるとアンダーコートと呼ばれる下毛が沢山抜けます。


このときブラッシングをサボってしまうと、ダニなどが発生し、皮膚疾患の原因となります。


治療費としては7,000円前後になることが多いようです。

ジャックラッセルテリアのペット保険について


ジャックラッセルテリアにもかかりやすい病気があり、さらに手術の場合、治療費は高額となることが多くあります。


そのような場合でも、ペット保険に入ることで飼い主さんの負担を減らすことができます。


ペット保険はペットの大きさによって保険料が変わってくることが多くなります。


基本的には小型犬、中型犬、大型犬で区別されることが多いようです。


ペット保険の大手である楽天やPS保険などのペット保険では、ジャックラッセルテリアは小型犬として分類されています。


また、アニコムではA~Eに分類され、ジャックラッセルテリアは2番目に小さいBに分類されています。


年間保険料の例として、手術のみを補償するプランの年間保険料をご紹介すると、

0歳6,460円
1歳6,600円
2歳7,140円
3歳7,680円
4歳8,220円
5歳8,750円
6歳9,290円
7歳9,830円
8歳12,780円
9歳16,260円
10歳19,490円
11歳21,600円
12歳22,200円

となります。


高齢に近くなってくる8歳ごろから、かなり保険料が上がっているようにも思えます。


最初のうちは保険料が安くても、高齢になると保険料が高くなり、家計の負担になることも多くあります。


ペット保険を選ぶときは、現在の保険料だけでなく、先の保険料も見ながら比較検討をすることをおすすめします。


また、ペット保険には「賠償責任特約」というものを付帯することができます。


飼っているペットが誰かに怪我をさせてしまったり、物を壊してしまったときに補償してくれる保険です。


保険料としては月々130円や140円とあまり負担にならないような金額になっています。


特にジャックラッセルテリアはいたずら好きで、元気な子が多いので、この賠償責任特約を付帯することをおすすめします。


ペット保険は家計の負担になるため考えていない、という方も多いと思います。


しかし、ペット保険にはフルカバータイプのものと、手術や入院など限られた補償のものがあります。


手術特化のものならば保険料がかなり抑えられるので、ぜひ検討してみて下さい。

まとめ:ジャックラッセルテリアの性格や特徴について

いかがでしたでしょうか?


ここではジャックラッセルテリアについて詳しくご紹介しました。


ここでご紹介したことは、

  • ジャックラッセルテリアはやんちゃで勇敢
  • ジャックラッセルテリアの被毛には3種類ある
  • ジャックラッセルテリアをお迎えするにあたって
  • ジャックラッセルテリアのしつけは根気よく
  • ジャックラッセルテリアのかかりやすい病気はレッグ・ペルテスや膝蓋骨脱臼

です。


ジャックラッセルテリアはとても可愛らしく小さな犬なので、飼いやすいと思う方も少なくありません。


しかし、ジャックラッセルテリアのしつけは初心者には難しいと言われており、散歩も大型犬並みにしてあげなければならない犬種です。


ジャックラッセルテリアを飼う場合は、かなりの覚悟を持ってからお迎えするようにしてください。


また、ペットショップなどでペット保険への加入を勧められることがあるかと思いますが、ちょっと待って下さい。


ペット保険の中にはジャックラッセルテリアのかかりやすいレッグ・ペルテスや膝蓋骨脱臼が補償対象外となっているものもあります。


安易に加入することは避け、ご自身でしっかりと調べた上でペット保険に加入するようにしましょう。


ほけんROOMではペット保険に関する記事を多数公開していますので、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング

  • 犬の股関節脱臼とは?手術や治し方、リハビリ等について徹底解説!
  • 【獣医師監修】犬が膿皮症になる原因はシャンプー?薬で治る?病気や対処方法を解説
  • 【獣医師監修】犬の膵炎はどんな病気?症状や原因、治療費・治療法なども紹介!
  • 犬の中耳炎とは?抗生物質等の薬を内服・手術をしないと治らない?
  • 犬の悪性リンパ腫とは?症状や原因、抗がん剤や漢方による治療を紹介
  • 犬の尿路結石とは?ドッグフードやりんごや鹿肉等のおやつに注意!
  • 犬の肺炎とは?治療法や治療費、肺水腫との違いを解説します!
  • 犬の骨肉腫とは?骨肉腫の原因や治療・手術等について徹底解説!
  • 犬の乳腺炎とは?乳房部分にしこりができる等の症状や治療法を解説!
  • 犬の鼻炎とは?ネブライザー等の薬やサプリメントで完治できるの?