ゴールデンレトリバーの性格や特徴は?注意点やしつけ、病気を解説!

ゴールデンレトリバーの性格や特徴は?注意点やしつけ、病気を解説!-サムネイル画像

ゴールデンレトリバーは聡明で飼い主に忠実な性格で日本で一番飼育されている犬種です。本記事ではゴールデンレトリバーのオス・メスの性別ごとの性格や特徴、子犬の購入方法、価格、飼い方のコツ、しつけ方、ゴールデンレトリバーとラブラドールレトリバーの違いなども解説!

ゴールデンレトリバーの性格や特徴は?飼い方等も解説!

ゴールデンレトリバーは、飼い主に忠実で聡明な犬種です。


おおらかで愛情豊かなでとても魅力的なゴールデンレトリバーですが、どのような性格や特徴があるのでしょうか?


ゴールデンレトリバーを飼ってみたいと思うけど、どのように購入すればよいのか、どのようにしつけをしたらよいのか、飼い方のコツなど気になりますね。


また、寿命はどのくらいなのか、かかりやすい病気など健康面でも気になるでしょう。


そこで今回の記事では、ゴールデンレトリバーについて

  • ゴールデンレトリバーの特徴や性格
  • ゴールデンレトリーバーの購入方法や価格、選び方
  • ゴールデンレトリーバーの飼い方のコツと注意点
  • ゴールデンレトリバーのしつけ方
  • ゴールデンレトリバーの寿命やかかりやすい病気
以上のことを中心に解説していきます。

記事をご覧いただければ、ゴールデンレトリバーの特徴や性格などについて知ることができるはずです。

ぜひ最後までご覧ください。

ゴールデンレトリバーの性格や特徴は?歴史も解説!


大型犬の中で一番人気の犬種は、ゴールデンレトリバーで日本でも良く飼われています。

ゴールデンレトリバーは、飼い主と遊ぶことが大好きで、子供のいる家庭にはピッタリな犬です。

また、おとなしくとても利口なため、人間の要求にも臨機応変に応じられますので、ペットとしても飼いやすい犬です。

そんな飼い主に忠実で聡明な犬種のゴールデンレトリバーの特徴や性格について解説します。

ゴールデンレトリバーの歴史とは?

ゴールデンレトリバーは1956年に犬種登録されました。


1800年代後半、猟師が仕留めた獲物を回収する役割をもつ猟犬が飼育されていました。主にブラックをカラーとするレトリバーです。


しかしスコットランドのツイードマウス卿はイエローのフラットコーテッドレトリバーを基礎として各種のレトリバーとの交配を促進。ゴールデンレトリバーが誕生しました。


当初はイエローレトリバーとも呼ばれていましたが1920年にゴールデンレトリバーとしての名称が確立したのです。ちなみにJKC(ジャパンケネルクラブ)への登録は1982年。時を同じくして沸き起こった大型犬ブームのなかでも特に人気を呼び、現在に至っています。

ゴールデンレトリバーの特徴

ゴールデンレトリバーは、体高より体長がやや長く、バランスの取れた体つきです。
  • 体高:54cm~61cm
  • 体重:24kg~34kg

ゴールデンレトリバーは、きれいなゴールド色の毛並みが特徴で、撥水性のあるアンダーコート(下毛)と柔らかく艶やかなオーバーコート(上毛)の密生したダブルコート(2層構造)です。


体格はがっちりとした骨格で筋肉質、顔は横には大きな垂れ耳、笑っているようなU字型の口角、大きな顔にアーモンドのような形のつぶらな目をしています。

オス・メス別にゴールデンレトリバーの性格を紹介!

ゴールデンレトリバーの性格は、

  • 人懐っこい
  • 頭が賢い
  • 人間に対し従順
  • 運動が大好き
  • 穏やか
  • 甘えん坊
  • 優しい

などです。


しかし、ゴールデンレトリバーでも、オスとメスによって性格が違います。


オスの性格

  • 縄張り意識が強いという特徴があるため、いろんな場所にマーキングをする
  • 体を動かすことが大好きでメスに比べて、活発でやんちゃな一面がある
  • 甘えん坊な面があり、そばに寄ってきて撫でてほしそうにしたり、構って欲しくておもちゃを持ってくることがある

メスの性格

  • オスに比べるとおとなしく穏やかな性格の子が多く、飼い主に静かに寄り添ってともに過ごすことが多い
  • 活発に走るというよりは、のんびりと過ごすといった穏やかな時間を好む傾向にある
  • 生理中は情緒不安定になり、急に性格が変わってしまったように感じることがある

ゴールデンレトリバーの性格は、おとなしく穏やかです。


しかし、たまにニュースなどで、ゴールデンレトリバーにかまれてけがを負ったという話を聞きます。


こんなことを聞くと、ゴールデンレトリバーは性格が悪いの?と思ってしまいますが、実際に性格が悪い犬もいます。

  • 自分が嫌だと思うことをされたる
  • 放置されるとやきもちをやき攻撃をしてしまう
  • 気性の荒い犬通しの交配で産まれたゴールデンレトリバー
以上のようなことが起こると性格が悪くなりますが、しつけをきちんとすれば抑えられます。


ただ、性格が悪くなることはあまりなく、ほとんどの犬は性格が良いです。

補足:ゴールデンレトリバーとラブラドールレトリバーの違いは?

ゴールデンレトリバーとラブラドールレトリバーは、どちらも愛らしく、賢い犬種で有名です。

大きさも同じで顔もよく似ているのでどこが違うの?と思うかもしれませんね。

そこで、ゴールデンレトリバーとラブラドールレトリバーの違いを見てみましょう。
ゴールデンレトリバー
原産国(イギリス)
ラブラドールレトリバー
原産国(カナダ)
口が大きくて口角がゆるい
顔が四角い感じ
毛が長くフサフサしている毛が短く密集している
毛の色金色に見える茶色が多い

(ゴールド、ダークゴールド、
ライトゴールド、クリーム)
黒系が多い


(ブラック、イエロー、チョコレート)
性格賢くて穏やかで知的
甘えん坊
人懐っこく、遊び好き
温和で社交的で従順
好奇心旺盛
食欲旺盛
以上の違いがあります。

ゴールデンレトリバーとラブラドールは、親戚のように感じますが、もともとの原産国が違う全く別の犬種です。

一番見分けやすいのは、毛の色と毛のフサフサ感です。

ゴールデンレトリバーのお迎え方法を解説!価格や選び方とは

大型犬においては、日本国内で最も飼育されているゴールデンレトリバーですが、一番気になるのは価格ではないでしょうか。


その他には、購入方法選び方も気になると思います。


また、実際購入した時はどのようにお迎えしたらいいのか分からないという人もいるでしょう。


そこで、

  • ゴールデンレトリーバーのお迎えと購入法
  • ゴールデンレトリバーの価格や選び方
について解説していきます。

ゴールデンレトリバーのお迎え前に準備する物とは?

ゴールデンレトリバーを我が家へお迎えする時には前もって準備しておかなければならないことがあります。

  • ケージ(犬の安息の場所として絶対に必要)
  • トイレシート
  • トレー
  • ドッグフード
  • 食器
  • おもちゃ

などは前もって必要になります。


また、後から揃えてもよい物は、首輪、リード、シャンプー、リンス、ブラシ、爪切り、歯磨き、耳ケアなどのお手入れ用品です。


子犬を迎えたらなるべく早く安心して暮らしてあげられるように準備しておきましょう。


そしていよいよ購入になるわけですが、購入方法のは3つの選択技があります。

  1. ペットショップで購入する
  2. ブリーダーで直接購入する
  3. 里親で探す
それでは、それぞれの方法について詳しくご説明していきます。


ペットショップで購入

気軽に立ち寄って選ぶことができ、すぐに購入できます。また、飼育に必要な物もそこで買えます。


しかし、ゴールデンレトリバーは大型犬のため取り扱いが少なく、どの子にしようかなど多数から選べません。


ブリーダー

親犬や兄弟犬と一緒に過ごす時間が長いため、社会性が身に付きやすい傾向があります。

また、血統が優秀な犬を飼いたい場合はブリーダーから購入する方が良いでしょう。

しかし、子犬を譲り受ける場合は、予約して見学、そして子犬選びしてから購入という流れが必要です。

里親

里親でゴールデンレトリバーを購入する際は無料です。

しかし、保護団体から引き取る場合は、飼育するための厳しい条件はあり、それをクリアしないといけません。

また、保健所から引き取る場合は、講習を受けてからの引き取りになります。

里親は成犬を募集していることが多く、子犬が欲しい場合は里親として探すのは難しです。

ゴールデンレトリバーの価格、子犬の選び方

ゴールデンレトリバーの価格

大きな幅があり、10万~30万くらいです。値段の幅があるのは、ペットタイプとショータイプに分けられるからです。


ショータイプのゴールデンレトリバーは、ショーの基準にマッチしているなど素晴らしい血統を持っているので高くなります。


良血統にこだわる必要もないのであれば、ペットタイプでもかまわないでしょう。10万円前後から15万円くらいです。


また、若さでも価格が違い、若いほど値段が高くなります。

購入方法価格相場
ペットショップ10万~30万
ブリーダー30万
里親無料

里親の場合は、引渡し送料やワクチン代、避妊去勢手術費用などを請求されることはあります。


子犬の選び方

元気なゴールデンレトリバーの子犬の選び方は、
  • 目が濁っておらず輝いている
  • 鼻が湿っている
  • 耳が小さめ
  • しっぽは、後ろ足の関節まである
  • 骨格がしっかりしている
  • 毛に艶がある
購入する前に、このようなことをチェックしておく必要があります。

ゴールデンレトリバーの飼い方のコツや注意点、しつけ方を解説


ゴールデンレトリバーは従順で温厚、さらにフレンドリーな性格なので初心者でも飼いやすい犬種とされています。

一方、大型犬のため力も強く注意しないと飼い主がけがをするリスクがあります。散歩の際に引きずられて転倒したり、本気で噛まれた時に大けがをしてしまうことがあるのです。

また、温度や湿度の変化にも敏感な面をもっています。

そこで大切になるのが小さな時からのしつけであり、飼育環境です。

ここではゴールデンレトリバーの飼い方のコツや注意点、しつけ方についてくわしく解説していきます。

ゴールデンレトリバーの飼い方のコツとは?運動量を多めに!

ゴールデンレトリバーの飼い方のコツは次の通りです。

  • 室内で飼う
  • ケージに閉じ込めない
  • 毎日運動する時間を多くとる
  • 温度と湿度を最適に保つ
  • こまめなブラッシングやシャンプーなどのケアが大切
ゴールデンレトリバーは常に人間と一緒に生活することが好きな犬種です。人間から離れた室外での飼育はストレスの原因となるので、室内で飼うようにしましょう。

室内で飼うとはいえ、1日中狭いケージに閉じ込めておくのは厳禁です。ゴールデンレトリバーが余裕をもって動き回れるスペースを確保することが必要となります。

もともと狩猟用の犬種として誕生したため、運動は必須です。運動不足はストレスの原因となり、問題行動にもつながります。

たとえば朝晩1時間ずつの散歩をさせたり、休日などは広い公園で駆け回らせることも大切です。また、泳ぐのを好むので海などで泳がせることもよいでしょう。運動量を多めにすることがストレスを予防することにつながります。

ゴールデンレトリバーは室内で飼うので温度や湿度の管理には注意が必要です。室外との温度差が激しかったり、湿度が高すぎたりすると体調を崩してしまいます。特に夏や冬はエアコンを上手に使って温度と湿度を管理しましょう。温度は23度から25度。湿度は50%というのが最適といわれています。

こまめなブラッシングやシャンプーなどで常に清潔な状態を保ってあげましょう。ただしシャンプーのしすぎは皮膚病の原因ともなるので注意が必要です。

ゴールデンレトリバーのしつけ方を解説!

ゴールデンレトリバーのしつけで注意したいのは次の点です。

  • トイレトレーニング
  • コマンドトレーニング
  • 噛みくせ
  • 吠えくせ
トイレトレーニングは室内で飼うゴールデンレトリバーには必須です。まずは排泄のタイミングを知ることから始めましょう。

たとえばあちこち動き回ったり臭いを嗅いだりするのは排泄のサインといわれているので、その時にトイレ用のシートに連れていくようにします。成功したらほめてあげましょう。失敗しても怒らずに汚れた部分をきれいに拭き取るだけにします。

コマンドトレーニングは、いわゆる「待て」「お座り」といった指示を覚えさせることです。大型犬であることで人に危害を与えてしまうリスクのあるゴールデンレトリバーの行動をしっかりとコントロールするためにもこのトレーニングは必要となります。

指示する言葉は統一するとともに、指示通りの行動ができたらほめるようにします。おやつなどで釣ってはいけません。おやつがないと指示に従わなくなる可能性があるからです。

人にけがを負わせてしまう可能性がある噛みくせはきちんとしつけなければなりません。噛んでもかまわない玩具などを与え、それを噛んだ時にはほめ、それ以外のものを噛んだ時には驚いたふりをして犬が噛むのをやめたらほめてあげます。

また、手を噛んできた時にも同様の行動をとり、ほめることで物事の良し悪しをしつけるようにしていきます。しつけ全般に通じることですが、決して怒ったり体罰を与えたりしてはいけません。恐怖心を与えて逆に凶暴化するおそれもあるのです。もしも、噛みくせが治らなければプロにお願いするようにしましょう。

吠えくせも他人への迷惑になる可能性があり、注意が必要です。吠える原因を知り、それを取り除いてあげることが大切ですが、簡単にはいかないといわれています。そんな時にはプロにお願いするのもひとつの方法です。

ゴールデンレトリバーの寿命やかかりやすい病気は?

ゴールデンレトリバーを飼っていくうえで、長く一緒に過ごすために寿命やかかりやすい病気についても知識をもっておく必要があります


また、病気やけがをした時のことも考えなければなりません。


もし、病気やけがをした場合、病院で受診するわけですが、ペットの治療費は100%自己負担になります。


最悪手術となると高額になってしまい払えないということもあります。


そんな心配をなくすためにペット保険があります。


いざというときは、「しっかり治療してあげたい」と望む飼い主さんは多く、ペット保険のニーズが高まってきています。


ゴールデンレトリバーの寿命やかかりやすい病気については以下の記事でも詳しく解説しているので参考にしてみて下さい。

ゴールデンレトリバーの寿命やかかりやすい病気

個体にもよりますが、ゴールデンレトリーバーの平均寿命は、大体11歳~13歳程度といわれており、一般的な小型犬よりも短いです。


できるだけ長生きしてほしいですが、7歳を過ぎるころから病気にかかりやすくなります。


ゴールデンレトリバーのかかりやすい病気

  • 股関節形成不全
  • 外耳炎
  • 胃拡張胃捻転症候群
  • 骨肉腫
  • 悪性リンパ腫

健康維持のためには散歩、運動、毎日の餌が大切で、餌は適切な量を守り、年齢や体質、好みに合ったものを与えることが大切です。


股関節形成不全

ゴールデンレトリバーによくみられる遺伝性疾患が股関節形成不全です。


症状は、生後4ケ月程度からみられ、飛ぶように歩いたり、腰を振りながら歩いたりします。


また、歩く時にふらついたり、おかしな座り方をしたりもします。


遺伝的要素の強いため、根本的な治療は難しく、鎮痛剤などで痛みを抑え、リハビリを併用して少しずつ改善していくしかありません。


外耳炎

形状的に耳がたれているため、蒸れやすく、外耳炎に罹りやすいという弱点でを持っています。


症状は、耳を頻繁に掻いたり、床にこすりつけたりととにかく痒そうです。


緊急性はそこまで高くありませんが、重症化すると手術となる可能性があるので、気をつけましょう。


胃拡張胃捻転症候群

胃にガスが貯まり拡張することで胃がねじれてしまう病気です。

症状はお腹が異常に膨らみ、吐こうとしてもねじれた胃のせいで吐けずに、見るからに苦しそうなので、異常はすぐに気づきます。

治療しなければ急速に死に至るような恐ろしい病気です。

骨肉腫

骨にできる悪性腫瘍の一つで、多くが悪性で、転移する確率も高いとされています。

症状は、足を引きずって歩いたり、足は腫れたりします。

すぐに治療しないと全身に移転してしまいます。足を切断しなければならない場合もあります。

抗癌剤によって延命できる可能性がありますが、最終的には命を落とす恐れもあります。

悪性リンパ腫

リンパ節や肝臓、脾臓などの臓器を原発とする腫瘍です。

症状は、体のリンパ節が腫れてきます。悪性腫瘍のなかでも、抗がん剤療法の効果が十分ありますので、早期発見できれば予後も期待できます。

しかし発見が遅れると、数週間程度で死亡してしまうケースも珍しくありません

甲状腺機能低下症

甲状腺ホルモンが十分に分泌されなくなる病気です。症状は、脱毛や皮膚の黒ずみ、元気がなく震えているといったことが起こります。

また、皮膚が肥えたりはれたりして厚くなり、悲しそうな顔になることがあります。

ゴールデンレトリバーのペット保険について

上記で述べたような病気にかかった場合、中には、治療費が数十万円を超えるなど、高額になるケースもありますので、もしもの時のためにペット保険に加入しておくことをおすすめします。


ペット保険に加入すると、病気やけがをした時に補償が受けられます。


例えば、治療の支払いが総額の5割や3割の負担で済んだり、入院や手術した場合は1回につきいくらが補償されるので、いざという時に安心して治療ができます。


保険料は、小型犬や中型犬、大型犬によって異なり、ゴールデンレトリバーは大型犬に分類されます。


ある保険会社の手術、入院、通院の補償割合が70%、年間支払限度額70万円補償プランの保険料の例を以下で紹介します。

年齢年間保険料
0歳17,800円
1歳16,400円
2歳17,140円
3歳17,350円
4歳21,320円
5歳24,490円
6歳27,390円
7歳28,760円
8歳30,700円
9歳32,190円
10歳33,620円

年齢が高くなるほど保険料は高くなります。


特に中型犬や大型犬は、噛みつきの事故が増えており、もしもの場合に備えて賠償責任特約というものもあります。


ペットが他人にケガをさせたり、他人の物を壊したりして、法律上の賠償責任を負ったときに損害賠償金や訴訟費用、弁護士報酬費を補償します。


また、賠償責任特約の年間保険料は月に数百円と、お手頃です。


ペット保険に加入する時に、賠償責任特約を付帯すれば、安心できるでしょう。


ゴールデンレトリバーの保険については以下の記事でも詳しく解説しているので参考にしてみて下さい。

まとめ:ゴールデンレトリバーの性格や特徴について

ゴールデンレトリバーの性格や特徴、価格や購入方法について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回のこの記事のポイントは、

  • ゴールデンレトリバーの原産国はイギリスで鳥猟犬とされていた
  • ゴールデンレトリバーの性格は、人懐っこく甘えん坊で運動が大好き
  • 性別によって性格が違い、オスは活発でやんちゃ、メスはおとなしく穏やか

でした。


購入方法はさまざまですが、ペットショップで購入した場合は、ペット保険を勧められるかもしれません。


勧められたペット保険に安易に加入せず、ご自身でしっかりと調べた上でペット保険に加入しましょう。


ゴールデンレトリバーは、飼い主さんが愛情をたっぷり注いであげれば、可愛い表情でこたえてくれます。大切なのは迎え入れたあとです。家族の一員として愛情をたっぷり注いであげてくださいね。


MOFFMEではペット保険に関する記事を多数公開していますので、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「MOFFME」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング