ペット保険の審査とは?審査方法や健康診断なしの保険なども紹介!

ペット保険の審査とは?審査方法や健康診断なしの保険なども紹介!-サムネイル画像

本記事は犬や猫のペット保険の審査について紹介しています。内容は、犬や猫のペット保険の審査で聞かれる告知事項や違反した場合、過去の審査に落ちた原因、健康診断なしで加入できる保険などです。アニコム損保や楽天ペット保険などのペット保険は健康診断なしで加入できます。

犬や猫がペット保険に加入するときの審査とは?

ペットの病気やけがなどの万が一に備えて、ペット保険に加入したいと思っている方は多いのではないでしょうか?

しかし、ペット保険に加入するときには審査があり、誰でも入れる保険ではありません。そのため、ペット保険に加入するためには審査に通らなければなりません。

そこで本記事では、ペット保険に加入するためにペット保険の審査について解説します。

本記事では、
  • ペット保険の審査内容は?
  • ペット保険の審査に落ちた場合、その理由は?
  • ペット保険加入前に健康診断は必要か
以上のことを中心に解説していきます。

この記事を読んでいただければ、ペット保険の審査の不安を解消出来るかと思います。ぜひ、最後までご覧ください。

告知事項で病気やけがなどをしていないかを審査される!


ペット保険への加入を考えたとき、まず初めに告知事項を申告して審査を受けることになります。


告知事項とは、保険会社が公平性を保つためにペットが保険に加入できる健康状態かを申告する事項です。


私たちが生命保険などに加入するのと同じで、基本的にどのペット保険でも告知事項の提出を受けて審査をします。


この告知事項は正確に申告する義務があり、もし違反とみなされた場合はペット保険の契約解除や保険金を受け取ることができなくなってしまいます。


以下では、告知事項でどんなことを申告し審査されるのか、もし違反をした場合どんなことになってしまうのか詳しく説明していきます。

ペット保険で告知が必要な理由とは

ペット保険で告知が必要な理由は、加入者間で公平性を保つためです。


もし告知する必要が無く、病気にかかりやすいペットがそのままペット保険へ加入したとします。


他のペットは健康なため、ほとんど保険を利用することが無いかもしれませんが、病気にかかりやすいペットは沢山病院に通い、保険金を請求します。そうなると、加入者間の公平性が保てなくなってしまいます。


また、保険金を支払うペットが増えてしまうと、保険会社自体が破綻してしまう可能性も出てきてしまいます。


ペット保険に加入する際の条件としては、ペットが健康であることになります。持病などがある場合は、「特定疾病不担保特約」などを付帯することで加入することが出来る場合もあるため、嘘の告知はせずに、しっかりと告知するようにしましょう。

審査で聞かれる告知事項の主な内容は?

告知事項の内容は保険会社によって変わってきますが主に、保険申し込み時のペットの健康状態や過去にかかったことのある傷病歴について聞かれます。


主に以下の内容を申告することになります。

  • 生年月日
  • 体重
  • 種類
  • 品種
  • これまでの傷病歴
  • 現在の健康状態
  • 過去3ヶ月以内の動物病院の受診歴
  • 他社のペット保険の有無
数年前に動物病院にかかったことを忘れてしまい、曖昧な記憶の方もいらっしゃるかもしれません。

そんな時のためにも常日頃ペットの健康状態を把握し、しっかりメモしておく必要がありいます。

もし、疑問点や不明な点があれば動物病院や担当の獣医師などに聞くと確実です。

告知義務に違反した場合どうなるのか

数年前の病気やケガを覚えていなかったり曖昧な記憶で正確な申告が出来なかった場合もあるかもしれませんが、告知義務違反と判断されたらどうなるのでしょうか。

告知義務違反と判断された場合、
  • 保険契約の停止
  • 保険金の支払いが発生したとしても、支払われなくなる
  • 保険料の上乗せがあった場合、追加の請求をされる
このようになってしまっては、ペットが病気やケガをしてしまったとき大変な思いをすることになります。

せっかくペット保険に加入することが出来ても、必要になったときに補償が受けられないことになります。

告知事項を申告する際、なにか不明点があったり分からないことがあれば動物病院担当の獣医師に確認するのが確実です。

嘘の告知をしても調査段階でバレる?

前に病気になっているから、ペット保険に入れないかもしれない、と思い、嘘の告知をしようとする方もいるかもしれません。


しかし、たとえ嘘の申告をしたとしても、保険会社もしっかりと調べるため、調査段階ですぐにバレてしまいます


仮に嘘の申告でペット保険に加入できたとしても、保険金を請求した時に再度保険会社は詳しく調査を行います。このときに嘘がバレてしまった場合、保険金が支払われなかったり、最悪の場合契約解除などのトラブルの原因となってしまいます。


このようなトラブルを避けるためにも、告知をするときは嘘は書かずにきちんと行うようにしましょう。


以前かかった病気の病名などが分からない場合は、かかりつけの獣医さんに電話などで聞いてから、きちんと告知することをおすすめします。

ペット保険の審査に落ちた!主な原因は?


ペットが健康な状態かどうかは、申告された告知事項などを基に審査をされます。正確な告知申告をしたにも関わらず、条件に満たないと審査に落ちてしまうこともあります。


原因としては、ペット保険に申し込んだ時点でのペットの年齢病歴があります。


ここでは、ペットが何歳くらいだと加入できないのか、どんな病歴があると落ちてしまうのかを解説します。審査に落ちてしまう前に、ペット保険の加入を考えたらまずこちらを確認してみてください。

審査に落ちる原因①:申し込んだときのペットの年齢

ペットも人間と同様に、年齢を重ねていくと病気やケガをしやすくなります。そのため、動物病院へ足を運ぶ機会も増えていくことでしょう。


そんな時、ペット保険に入ろうと思ってもペットの年齢によっては加入できないことがあります。


ペット保険は保険会社によって異なりますが、7歳~12歳が加入年齢の上限に設定されているようです。


また、ペットを譲り受けた時や保護から飼育することになった場合、正確な年齢がわからないこともあるでしょう。その場合は、動物病院や獣医師が推定の年齢を教えてくれるので確認してみてください。


若くて元気なうちにペット保険加入に加入することが1番ですが、遅くても7,8歳ころには検討し加入できる保険会社を決めましょう。

審査に落ちる原因②:今までのペットの病歴

年齢のほかにも加入できない、もしくは条件付きでの加入となる病気などがあります。


ペットの保険も、人間の保険と同じようにこれまでの既往歴や保険加入時の健康状態を申告して保険に入れるかどうか審査されます。


次に契約ができない病気条件付きでの契約になる病気を、それぞれ解説します。


契約不可の病気

  • 悪性腫瘍(がん)
  • 糖尿病
  • 肝硬変
  • 甲状腺疾患
  • 猫伝染性腹膜炎
  • 猫白血病ウィルス感染症(FeLV)
  • 猫後天性免疫不全症候群(FIV)
  • 副腎皮質機能低下症(アジソン病)
  • 脳・神経疾患
  • フィラリア感染症

ペット保険会社によって異なりはありますが、これらの病気は1度でも患った既往歴があると契約が難しいとされています。


条件付き契約になる病気

  • 股関節形成不全
  • 緑内障
  • 白内障
  • 尿結石
  • 膀胱炎
  • てんかん様発作
  • 痙攣発作
  • アレルギー性皮膚炎
  • アトピー性皮膚炎
  • 慢性外耳炎

これらの病気を患ったことがあっても、保険会社により呼び名の違いはありますが、「特定傷病補償外特約」という、その病気の治療に関しては補償しない代わりにペット保険へ加入できますよ、という特約を付帯すれば加入できる場合があります。


このほかにもペット保険会社によって、条件付きで加入できる病気は変わってきますので気になるペット保険があれば確認してみましょう。

健康診断なしで加入できるペット保険も多い?


ペット保険に加入するのに、現在のペットの健康状態を知るため健康診断書の提出を求められることがあります。

一部の種類や年齢によっては健康診断を受ける必要がある場合があります。

しかし、健康診断書を提出する必要のないところが多いです。飼い主による健康状態の申告で、ペット保険会社が審査をし、引受判断を下します。


健康診断なしで加入可能なペット保険
  • F社
  • I社
  • An社
  • PM社
  • R社
上記のペット保険では健康診断を受けなくても。飼い主の申告のみで加入することが可能です。また、どのような種類だと健康診断書が必要なのかも見てみましょう。

一例ですので気になるペット保険がある場合は規約などをしっかりチェックしてください。



健康診断書が必要な種類(犬)
  • グレート・デン
  • グレート・ピレニーズ
  • セント・バーナード
  • ブルドッグ
上記の犬種については健康診断書が必要になります。


また、犬の場合5歳猫の場合8歳から健康診断書を求められる場合があります。



1度ペット保険を解約して再度加入したい場合は種類、年齢関係なく健康診断が必要なところが多いです。

まとめ:犬や猫がペット保険に加入するときの審査について

いかがでしたか?ここではペット保険に加入するときの審査についてご紹介しました。


ここでご紹介したことは、

  • ペット保険に告知義務があるのは、加入者間の公平性を保つため
  • ペット保険の告知事項は、生年月日・体重・種類・傷病歴など保険会社によって違う
  • 告知義務違反となってしまった場合、保険金が支払われないことや契約解除の場合もある
  • ペット保険の審査に落ちてしまう原因は、年齢や病歴が多い
  • ペット保険に加入する際、健康診断書を提出する場合もあるが、提出しなくて良い保険会社もある

になります。


告知義務違反はトラブルの原因となるため、病歴などは正直に申告するようにしましょう。


ほけんROOMでは他にも保険に関する記事を多数掲載しています。興味のある方はぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング