ペット保険の乗り換え・見直しのポイントや注意点を紹介!

ペット保険の乗り換え・見直しのポイントや注意点を紹介!-サムネイル画像

ペット保険の解約や乗り換えの前に見直しをすることが重要です。しっかり見直さないと、最悪の場合、無保険状態になる可能性もあります。この記事では待機期間や既往症などペット保険を乗り換える際の注意点や飼い主の要望にあったペット保険を選ぶコツについて詳しく解説します。

内容をまとめると

  1. ペット保険の乗り換えの際には、待機期間加入条件に注意!
  2. 保険料や補償額など、自分の目的にあった保険に乗り換えよう
  3. ペット保険の乗り換えや見直しを検討している方はLINEでチャット相談がおすすめ!

ペット保険の乗り換えや見直しをする際に注意すべき点は?

現在ペット保険に加入している方は、その保険に満足していますか?


加入してみると「保険料が高い」「補償内容が不満」といった悩みを抱える方は少なくありません。


そこで実際に乗り換えや見直しをしようと思っても、何を見直せば良いのか、どんな保険に乗り換えれば良いのか分からないのではないでしょうか。


そこで今回「MOFFME」では、

  • 乗り換える際の注意点
  • 自分の目的にあったペット保険に乗り換えるコツ
  • 解約と乗り換えについてしっかり理解している?
という点を分かりやすく取り上げていきます。

この記事を読んでいただければ、現在加入しているペット保険から他のペット保険へ乗り換える際の参考となるでしょう。

ぜひ最後までご覧ください。

また、MOFFMEでは「ペット保険のランキング」についても紹介しています。気になる方は一緒にお読みください。

ペット保険を乗り換える際の注意点5つを紹介


今では、様々なペット保険が存在し、それぞれの保険の利点や特徴がありますが、途中で乗り換える際に注意点があります。


ペット保険の乗り換えの際に抑えておかなければならない項目があるので、今回は大きく4つのポイントに分け紹介します。


気をつけたいポイントは、

  • 待機期間
  • 既往症
  • 年齢制限
  • 療養中の病気
  • 保険料の二重払い
です。


ペット保険の乗り換えができないこともあるので、ぜひ参考にしてください。

乗り換えの注意点①:待機期間を考慮する

1つ目のポイントは、待期期間があることです。


これは、今までのものから新しいペット保険へ乗り変える際に、保険が適用されない期間を指します。


必ず、今の保険会社を解約する前に、次の保険会社に加入するようにしてください。


待機期間中に発生した病気やケガにより治療費が掛かる場合は全額負担となるので、注意が必要です。


以下の記事で待機期間について詳しく解説しているので、気になる方は参考にしてください。

乗り換えの注意点②:既住症の確認

2つ目のポイントは、ペット保険へ加入するときに既住症の確認をする必要があることです。


現在が完治状態だとしても、過去にかかった病気やケガが理由で審査に落ちるケースもあるので注意が必要です。


特に、再発しやすい病気などがあてはまり、例えば、がん尿路結石心疾患などがあげられます。


必ず検討しているペット保険会社のホームページや問い合わせサポートを利用し、前もって見直しをして、審査に落ちるリスクを減らしておきましょう。


以下の記事で既往症について詳しく解説しているので、気になる方は参考にしてください。

乗り換えの注意点③:ペット保険加入の年齢制限を確認

3つ目のポイントは、ペット保険のほとんどは年齢制限があることです。


その年齢は各ペット保険会社によって異なりますが、似たようなケースが多いです。


犬を例に、以下の表に加入可能年齢をまとめています。愛犬の年齢が条件をクリアしているかご確認ください。

保険会社加入時の年齢
アニコム損保7歳11ヶ月まで
PS保険8歳11ヶ月まで
イーペット少短10歳11ヶ月まで
SBIプリズム少短満8歳未満
楽天ペット保険10歳11ヶ月まで
日本ペット少短満10歳未満
アイペット損保12歳11ヶ月まで

多くは、生涯まで補償期間が継続可能になっていますが、新規加入が可能な年齢は8〜12歳までという保険会社が多いです。

もし乗り換えることをご検討の方は、そのことを理解しておいてください。


また、ペット保険の年齢制限について以下の記事で詳しく解説しているので、気になる方は参考にしてください。

乗り換えの注意点④:現在治療中の病気は対象か

最後に4つ目のポイントとして、現在治療中の病気やケガがある場合を見てみましょう。


治療中のけがや病気がある場合、乗り換えた先の保険の補償では、対象外の扱いになります。


仮に過去にかかっていた病気が、再発してしまった場合は、継続治療に分類されるため補償の対象外の可能性があります。


また、そもそも特定の病気にかかっている場合は、加入自体できないケースもあるので、必ず事前に見直しをしてミスのないようにしましょう。

乗り換えの注意点⑤二重払いにならないか

保険料を支払う期間のことを保険料払込期間と言います。


解約の時期と乗り換えの時期がかぶると、解約した保険会社と新しく契約した保険会社の保険料払込期間がかぶってしまい、2つの会社に支払うことになります。


また、保険金が補償される期間を保険期間と言います。


この保険期間もかぶる可能性があります。仮にかぶっている時期にペットが病気になった場合、2社に保険金を請求できます。


しかし、合計で治療費以上の保険金をもらうことはできないことに注意しましょう。

ペット保険の乗り換えや見直しのポイントを紹介!


ペット保険を乗り換えようと思った理由はなんでしょうか。


保険料が高い、補償を厚くしたいなど人によってさまざまだと思います。


ここでは、

  • 保険料を安くしたい
  • 保険金の請求を楽にしたい
  • 高頻度の治療を補償してほしい
  • 高額な補償を受けたい
の4つのニーズに合わせて、ポイントを紹介します。

自分がなぜ乗り換えたいのか、乗り換えの目的をはっきりさせて検討しましょう。

乗り換えポイント①保険料を安くしたい場合

やはり保険会社を選ぶうえで、まず気になるのは保険料についてですよね。


保険料を下げるためには、補償を軽くすることが重要です。


保険料を決定する要素は、

  • ペットの年齢・種類
  • 保険会社
  • 補償割合
  • 補償内容
  • 免責金額の有無
  • 特約の有無

があります。


補償割合、補償内容、免責金額、特約の部分の条件を変更することで、保険料を安く抑えることができます。


補償割合

補償割合は主に50%、70%、90%、100%と言ったものがあります。治療費の何割を補償してくれるというものです。


保険料を安く抑えるには、できるだけ割合が低いものを選びましょう。


補償内容

保険料を抑えるためにも、保険の用途を狭めましょう


具体的にいうと、通院、入院、手術などすべてをカバーする保険プランでは、どうしても月々の保険料は高額なってしまします。


しかし、プランの中には、通院に関するもの、手術に関するものなど用途を絞ったプランも存在します。このようなタイプ別プランを選択することで保険料を抑えることができます。


人気のプランとして、手術や手術により生じる入院などを保証してくれるプランでは、通院は補償されませんが、手術・入院に特化することで、保険料は抑えつつ、肝心な場面で役に立つプランがあります。


免責金額

免責金額というのは、治療費のうち最低限保険加入者が払う必要のある額のことです。

例えば免責金額5,000円という条件であれば、治療費が5,000円以下の場合、補償はありません。

保険料を押さえたい場合は、免責金額ありの保険を選びましょう。

免責金額についてもっと知りたい方は、こちらの記事も合わせてお読みください。

特約

ペット保険には特約をつけることができますが、ほとんど必要ありません。

ペット保険の特約はあまり種類がありませんし、本当に必要な特約であれば、保険に加入した際に追加料金なしでついてくる場合が多いです。

保険会社によって異なりますが、火葬費用特約や、車椅子特約などがつけられます。

しかし、保険料を安く押さえたい場合はあまり必要性の感じない特約はつけない方が良いです。

以下のボタンから、条件を入れることで保険料の比較ができます。気になる方はぜひご活用ください。

乗り換えポイント②保険金の請求を楽にしたい場合

保険料も気になりますが、請求の手続きの手間も重要なポイントとなります。


うまく活用できずに損をしてしまうケースもあります。


請求方法には大きく2つあり、立て替え精算型窓口精算型があります。


立て替え精算型の場合

一度、動物病院で全額立て替え支払いしてから、請求金額に応じて保険金を請求するという方法を立て替え精算型といいます。

一連の流れをまとめましたので、参考にしてみてください。
  1. 治療費を全額支払う
  2. 後日、請求書に必要事項を記載して郵送等をする
  3. 受理されてから自分の口座等に振り込まれる
このように段階を踏むので、少し大変かもしれません。

それではもう一方の窓口精算型はどうなのでしょうか。

窓口精算型の場合

動物病院の窓口で保険金の精算が行われ、残りの払うべき分だけ負担をする方法です。

窓口精算をするにはペット用の保険証を動物病院の窓口に提出する必要があります。これは、保険加入時に窓口精算型を選択するともらえます。


見てわかるように行程が1つなので分かりやすいですよね。


飼い主の方は窓口で支払うだけなので、窓口精算型の方が簡単と言えそうです。


しかし、全ての動物病院が窓口精算に対応しているわけではないという点がデメリットです。


以下の記事では窓口精算が可能なペット保険について詳しく解説しておりますので参考にしてみて下さい。

乗り換えポイント③何度も気軽にペットを通院させたい場合

ペット保険には保険金の支払い限度額や、回数制限がある場合があります。


限度額や限度数を超過した場合、時期以降の契約ができなくなる可能性もあるため注意が必要です。


飼い主の方の中には、日額・回数制限を気にせずに気軽にペットを通院させたい飼い主の方も多いです。


もちろん、そのような飼い主の方向けの回数無制限タイプが存在します。


このプランは、通院、入院、手術のすべてが補償内であり、多くの保険会社にプランがあります。


しかしそういったプランは、保険料が高くなりやすいため注意が必要です。

乗り換えポイント④高額補償を求める場合

もう一つ、補償割合によって選ぶ飼い主の方も多いと思います。多くの保険会社では、50%70%が補償割合として主流です。


しかし中には、80%、90%、そして100%補償の保険会社もあります。


ペット保険会社の1つ、Pc社のプランには、14歳まで保険料が変わらず100%補償という魅力的なものもあります。しかし新規加入対象が満8歳未満と他に比べ少し早いです。


プランごとに条件もありますが、高額補償を求めている飼い主の方はぜひ参考にしてみてください。


気になる保険がある方は、以下のボタンからLINEでチャット相談が可能です。無料ですので、ぜひご活用ください。

ペット保険の解約・乗り換えで必要なものや注意点

ミスが起こってしまい、解約や乗り換えに失敗してしまった場合、最悪のケースとして無保険状態になってしまいます。


そのタイミングでペットに高額な治療費が必要になってしまったら、悔やんでも悔やみきれないですよね。


改めて、ペット保険の乗り換えについて再確認をし、無保険状態にならないようにしましょう。

ペット保険解約手続きで必要なものは?

ペット保険において解約は、
  • 契約者から申し出ることによって、ペット保険契約を解除する
  • 成立した場合、それ以降の補償やサービスは一切受けられなくなる 

これらのことを表しています。


そして、解約、新しい保険に加入する前に注意が必要なのは、

  • 現在の年齢は新しい保険の加入条件に含まれているか
  • 現在、治療中の病気はあるのか
  • 過去にかかった病気は新しい保険の審査条件に引っかかってないか
これらの点です。

例えば10歳を超えてから、ペット保険を乗り換えようとしても、新規加入年齢を上回ってしまうかもしれないため、加入できる保険は限られてきます。

各ホームページなどに加入することができない病気一覧等が記載されているので、見落としが無いように気を付けてください。

これらのチェックを行ってから解約の準備に取り掛かりましょう。

解約時に返戻金が発生する場合がある?

ペット保険を途中解約した場合、解約返戻金が発生する場合があります。


解約返戻金が発生するかどうかは保険料の支払い方法で決まります


解約返戻金が支払われるのは、保険料の支払いが年払いで一括支払いの場合のみです。


解約返戻金は、それぞれの保険会社が設定した短期料率によって計算されます。ペット保険の保険料を年払いして、途中解約した場合は返戻金が支払われるので、忘れずに受け取るようにしましょう。


一方、返戻金が発生しないのは、

  • 保険料が月払い
  • 契約中に保険金を満額受け取った

の場合になります。


返戻金は月割り計算のため、保険料が月払いであった場合、返戻金はありません


また、契約中に保険金を満額受け取った場合も発生しません。返戻金がトラブルの原因とならないよう、どの様な場合に発生するのか、覚えておくことをおすすめします。

ペット保険を乗り換えるおすすめのタイミングとは?


ペット保険は1年ごとに更新があり、支払い方法を年払にしない限り解約返戻金をもらえない、いわば掛け捨ての保険なので、解約のタイミングについてはあまり気にしなくて良いでしょう。


しかし乗り換えのタイミングでは、

  • 無保険期間を作らない
  • 保険がかぶる時期を作らない
という点が重要です。

最悪保険期間はかぶってしまっても良いのですが、無保険期間だけは作らないようにしましょう

では、どうして保険期間はかぶっても良いのかというと、乗り換え先のペット保険の待機期間を考慮しなければいけないからです。

例えばRa社の保険に乗り換えた場合、保険期間が始まっても、最初の30日間は病気の治療費への補償はされません。

したがって解約する保険会社の保険期間が終了する日と、乗り換え先の待機期間が終了する日を合わせれば、無保険期間は発生しないためおすすめです。

まとめ:ペット保険の乗り換えや見直しの注意点について

いかがでしたか?ここではペット保険の乗り換えについて詳しくご紹介しました。


ここでご紹介したことは、

  • 乗り換える際の注意点は、待機期間・既往症・年齢制限・治療中の病気・二重払い
  • 乗り換えるポイントは、保険料・保険金請求方法・支払い限度・補償額
  • 乗り換える際は補償対象外となる病気に注意
  • ペット保険を途中解約すると、保険料が年払いの場合は返戻金がある

になります。


ペット保険に加入したけれど、自分のペットには合っていないな、と感じることもあるかと思います。


すぐに乗り換えたいという気持ちも分かりますが、待機期間など乗り換えを行うことでデメリットとなることもあることを理解しておきましょう。


また、保険金が支払われないなどのトラブルの原因となってしまう場合もあるため、乗り換える際は無保険期間ができないように日程を調節しましょう。


MOFFMEでは他にも保険に関する記事を多数掲載しています。興味のある方はぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「MOFFME」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング