犬の尿毒症とは?痙攣や舌壊死などの症状や原因、治療法を徹底解説!

犬の尿毒症とは、腎臓の機能が何らかの原因で低下した結果、血中の老廃物濃度が異常に高くなる病気です。重症になると痙攣や舌壊死などの症状が見られ、進行すると死に至ります。早期発見・治療のために愛犬の検査結果の数値を気にすることが大切です。原因や治療法も解説します。

犬の尿毒症とは?

人間や犬に共通で見られる病気や症状といったものはたくさんあります。


その一つが尿毒症です。


耳にしたことはあるかと思いますが、具体的にどういったものなのか、どのくらい危険な症状なのかはあまりよく分からないという人もいるのではないでしょうか?


尿毒症の症状や怖さを知っているのとそうでないのとでは、今後の対応の仕方も変わってきてしまいます。


そこで、今回は尿毒症について少しでも多く知るために、

  • 犬の尿毒症の症状や治療方法
  • どんなことが原因で尿毒症が引き起こされるのか
  • 予防するにはどうすればいいのか
  • 尿毒症はペット保険の補償対象なのか

以上の点について具体的に解説していきます。


詳しく知れば異変にいち早く気が付けるだけではなく、尿毒症自体を避けられることもありますので、是非最後までご覧ください。

尿毒症とは、腎臓機能の低下により血中の老廃物濃度が高まる病気です

尿毒症は腎臓の機能がかなり悪くなった時に見られる症状で、慢性腎不全急性腎不全の両方で現れることがあります。


尿を排出する時には老廃物毒性物質といったものが一緒に体外へと出されますが、尿毒症になるとこの働きができなくなっていきます。


外に排出されなかった老廃物などは血中に溜まり続けることになるため、徐々に濃度を濃くしながら全身に行き渡るようになります。


これにより見た目でも分かるような症状が現れるようになるので、治療法や原因などと一緒に具体的に紹介していきます。

犬の尿毒症の症状は?重症になると痙攣などの神経障害や舌壊死が起こる

犬の尿毒症の主な症状

  • 嘔吐
  • 下痢
  • 食欲不振
  • むくみ
  • 口臭
  • 体重の減少
  • 元気消失
  • 胃や腸から出血

犬も人間と同じように尿毒症と診断されるほど病気が悪化してしまうと、胃腸を中心に様々な症状が現れるようになります。


しかし、これらの症状が一気に現れたり徐々に全ての症状が現れるようになるとは限りません。


原因によっていろいろな症状があるので常に注意する必要があります。


ただ、どの原因でも共通して嘔吐や下痢、食欲不振などの胃腸に関する症状が見られます。


また、特徴的な症状として犬の口からアンモニア臭がすることがあります。


とても分かりやすいので、異変に気付いた時は念のために口臭を確認してみると良いでしょう。


尿毒症の主な症状はこういったものですが、ここからさらに悪化するとより深刻な症状が現れます。


重度の尿毒症の時に見られる症状

  • 口内炎
  • 舌壊死
  • 痙攣(けいれん)
  • 呼吸困難
  • 意識の混濁
  • 昏睡状態

症状がさらに悪化すると以上のような神経障害などが現れるようになります。


これは体の中に溜まり続けた毒素が脳神経を中心に多大なダメージを与えるためです。


舌壊死に関しては血栓によって引き起こされています。


 必ず見られるものというわけではありませんが、舌の先端部分などから徐々に壊死していきます。 


 一部分だけ明らかに色が変わっていて臭いもあるといった場合は舌壊死を疑ってみてください。


上記のような深刻な症状が見られるようになると、最悪の場合そのまま死亡する可能性が高くなってしまいます。


また、元々は元気に吠える犬だったのにいつの間にか吠えることをしなくなったり、逆に大人しい犬が急に吠え出したりすることもあると言われています。


尿毒症となった時点ですでに腎臓には深刻なダメージがあります。


こういった症状が現れる前に早期発見と早期治療をして、尿毒症にならないようにすることが大切です。

犬の尿毒症の原因

尿毒症という症状が現れる原因はひとつではありません。


しかし、どの原因も腎臓や腎臓に関係している何かがダメージを受けることで引き起こされます。


そこで、具体的にどんな原因があるのかをこれから紹介していきます。


急性腎不全

急性腎不全は数日、早いと数時間で起こる急性腎障害がさらに悪化した状態のことを言います。


慢性腎不全に比べると発生確率は低くなりますが、鉛の成分が含まれているものやユリ科の植物などを食べてしまうと起こることがあります。 


飼い主やその家族が薬を服用している場合、人間用の薬を誤って口にしてしまうことでも起こることがあるため、薬の保管には十分注意しないといけません。 


これらは全て含まれている成分によって引き起こされますが、他にも感染症などが原因になっていることもあります。


慢性腎不全

短期間でどんどん状態が悪くなる急性腎不全に対して、慢性腎不全は時間をかけて徐々に進行していきます。


最初は3ヶ月以上、片方か両方のどちらかに異常が現れる慢性腎臓病と言われる状態ですが、ここからさらに症状が進行すると慢性腎不全と診断されます。


慢性腎臓病は数ヶ月、または数年という時間を使って少しずつ腎臓機能が低下していくため、慢性腎不全と診断される頃にはかなりの年月が経っていることがあります。


原因は食事や遺伝、何らかの病気によって引き起こされているなど、いろいろな原因があるとされています。


子宮蓄膿症

子宮内にサルモネラ大腸菌などの細菌が入り込み、増殖することで起こる病気です。


主に免疫力が低下する発情後の黄体期にかかる恐れがあり、症状が進行していくと腎不全や尿毒症といった症状が現れることがあります。


そのため、避妊手術をしていない雌犬を飼っている場合は十分注意しないといけません。


心疾患

心不全などで心臓の働きが悪くなると血流が悪くなります。


この血流の悪さは腎臓にも悪影響を及ぼすようになり、最終的には尿毒症などの症状を引き起こすようになります。


尿路系疾患

尿路結石尿路閉塞などが原因で排泄が難しくなり、その結果として尿毒症になる恐れがあります。

これらの病気になり尿道が詰まると尿が出せず腎臓に逆流し、急性腎不全となって尿毒症へと繋がっていきます。


こうしてみると分かるように、尿毒症を引き起こす原因は様々です。


ただ、どの場合も腎臓の働きを著しく低下させた際に起こるので、尿毒症を引き起こさないように原因となる病気を少しでも早く発見できるようにしていきましょう。

犬の尿毒症の治療・手術方法は?状態によっては回復する可能性もある

犬の尿毒症の治療はその原因によって全く違う方法で行っていきます。


通院

  • 輸液
  • 吸着剤
  • 利尿剤
  • 輸血
  • 原因となる病気に合わせた薬の投与

尿毒症の治療では、溜まり続けた老廃物の除去や原因となる病気の治療、対症療法が行われます。


また、血液検査尿検査といったものが行われることもあります。


入院

  • 透析
  • 点滴
  • 注射

尿毒症を引き起こした原因によっては入院による治療が必要になる場合があります。


尿の量を増やすために皮下もしくは静脈点滴をしたり、老廃物の排出をするために腹膜透析などを行います。


その他、原因となった病気の治療も同時にすることになります。


透析は一度の治療で終わるようなものではなく何度も行うので、飼い主や愛犬にも大きなストレスになってしまいます。


手術

結石尿道閉塞などがある場合は外科手術が必要になる場合があります。


腎臓は一度機能が低下してしまうとこれらの治療をしても回復することが無いと言われていますが、状況によっては回復する可能性があります。


例えば、まだ回復が見込める状態の時や障害が多少残っても十分に補える範囲の時です。


こういった状態の時に集中治療を行うことができれば、腎臓機能の回復を期待することができます。


急性腎不全だとこうした可能性が期待できますが、回復が見込めない程ダメージを受けていると急性・慢性どちらの場合であっても元には戻らないと思った方が良いかもしれません。


そうならないようにするためにも、普段から愛犬の様子を見て早期発見、そして早期治療を行っていくことが重要です。

犬の尿毒症の予防法は?早期発見のために検査結果の数値に気をつける

予防として有効な方法はいくつかありますので、ひとつずつ紹介していきます。

基礎疾患の治療

尿毒症の原因となる基礎疾患の早期発見・早期治療ができれば尿毒症にならずに済む可能性が高くなります。


すでに病気にかかっていたとしても、しっかり治療を行っていけば尿毒症を回避、あるいは時期を遅らせることもできるようになります。


健康診断

定期的に健康診断血液検査尿検査をすることもおすすめです。


健康診断をすることで普段の生活では気が付かない異常もすぐに発見することができるからです。


まず血液検査では、血清クレアチニン血中尿素窒素などの数値を調べます。


その中でも血清クレアチニンの数値が高くなればなるほど症状が進行しているので、見逃さないようにしましょう。


数値の高さによってステージが1~4に分けられ、数字が高くなる程腎機能が低下していることになります。


血液検査で異常が発見できるのはステージ2からで、この頃になると腎機能は33%~22%まで低下しています。


目に見える症状としてはたくさん水を飲んでたくさんの尿を出す多飲多尿がありますが、とくに異常として認識されないため見逃されてしまいます。


このように、症状として現れているにも関わらず気付かないケースがあるため、定期的に血液検査で数値を確認するようにしてみてください。


ただし、小型犬の場合は中・大型犬に比べて筋肉量が少ないということから腎臓に異常があっても血清クレアチニンが上昇しにくいと言われているので、注意が必要です。


ちなみに、尿毒症が現れるのはステージ4で、腎機能は10%以下にまで落ちてしまっています。


また、尿検査では腎機能低下や結石が分かったり、尿たんぱくの数値も確認することができます。


どちらの検査も尿毒症やその他の病気の早期発見には欠かせないものですので、しっかり受けるようにしましょう。


食事の見直し

犬の食事でもたんぱく質塩分の摂り過ぎには気を付けたいです。


特に高齢犬の場合は腎臓に大きな負担をかけてしまうため、6歳を過ぎたら腎臓ケアなどに対応している食事に変えてみてください。


普段の食事だけでは十分摂取できない栄養に関してはサプリメントを利用すると良いでしょう。


それと、当然ではありますが、人間の食事や食べ物は決して与えないようにしてください。


飲水量と排尿量の確認

腎臓に障害があると多飲多尿の症状が見られることがあります。


普段よりたくさん飲んでたくさん尿を出すことが増えてきた場合は多飲多尿になっているかもしれません。


また、尿路系疾患の場合は尿の量が減ってしまいます。


他にもトイレの時に痛がっていたり血尿が出ていたりすることもあるので、犬のトイレの様子や尿の色などもチェックするようにしてみてください。


もし、いつもとは様子が違うと感じたら早めに動物病院へ連れて行くことをおすすめします。


尿毒症になるかならないかは発見するタイミングやその後の対応などで大きく変わってきます。


愛犬に辛い思いをさせるのはもちろんですが、飼い主も大きな負担を背負うことになりますのでできることは普段からやってみるようにしましょう。

尿毒症にかかりやすい犬種や年齢は?

犬には様々な犬種がありますが、その中でも特に尿毒症になりやすい犬種はあるのでしょうか?


また、年齢によってもかかりやすさに違いがあるのかをここで紹介していきたいと思います。

尿毒症にかかりやすい犬種

犬種によってかかりやすさが変わるということはありません。


尿毒症は単体で現れる病気などではなく、腎臓病や尿路系の疾患などが進行した際に現れる症状です。


なので、治療が遅くなったり発見自体が遅くなるとどの犬種でも現れる可能性があります。

尿毒症にかかりやすい年齢

年齢に関しては6,7歳を過ぎた高齢犬の方が可能性が高くなります。


高齢犬の場合、慢性腎不全などのリスクが高くなるので、そこから尿毒症に繋がる恐れがあります。


若くても注意しておいた方が良いですが、尿毒症の発生率は年齢が高くなる程上がっていきます。


そのため、6歳を過ぎた辺りからは食事や普段の様子を特によくチェックするようにしましょう。

犬の尿毒症はペット保険で補償される?

まずは犬の尿毒症にどのくらいの治療費がかかるのかを具体的に紹介していきます。


通院にかかる費用の一例

治療内容費用
皮下輸液2,000円
利尿剤1,500円
輸血10,000円

ここからさらに血液検査や尿検査、診察料といったものがかかるため、全てを合計すると1ヶ月に2万円~5万円程度が治療費として必要となります。


手術にかかる費用の一例

手術内容費用
尿路結石14万円
尿道閉塞16万円

手術にかかる費用だけでも非常に高額であることが分かるかと思います。


結石の場合、食事療法で治療していく方法もありますが、手術が必要になることもあります。


また、どちらも再発する恐れがあるため、その度に治療となると払いきれなくなってしまうこともあるでしょう。


入院にかかる費用の一例

治療内容費用
静脈点滴3,000円
透析12,000円

透析になるとカテーテルの処置をする必要があるため、それに2万円ほどかかってしまいます。


費用も1ヶ月ではなく、一回でこの金額となるので何度も行えばそれだけ金額が多くなっていきます。


さらに、手術の場合もそうですが、入院の時はこれらの治療の他に入院料がかかります。


その入院料と治療費を合わせると20万円近くになることもあります。


ここで紹介した費用はあくまでも一例なので、犬の大きさや病院によって金額は変わります。


しかし、どの場合であってもすぐにこの金額を用意するのは難しいですし、できたとしても家計を圧迫することは避けられません。


そこでおすすめしたいのがペット保険です。


尿毒症の治療は、ほとんどのペット保険で補償対象となっています。


上記でも治療費について触れましたが、手術や透析などになると10万円~20万円といった高額な治療費が必要になります。


通院でさえも1ヶ月に数万円という金額になってしまうため、家計の大きな負担になることは間違いありません。


しかし、そんな時にペット保険に加入しておけば、いつでも安心して愛犬に十分な治療を受けさせてあげることができます。


いくらかは飼い主が負担することに変わりはありませんが、全額自己負担する必要が無いというのは経済的・精神的も大きな助けとなるはずです。


ただし、注意しないといけないことがあります。


それは、加入前にすでに腎不全や尿毒症の症状が出ているかどうかです。


尿毒症はもちろんですが、すでに腎不全にかかっていたりするとペット保険への加入が難しくなってしまう可能性があります。


それでもできることなら加入したいという時は、特定傷病補償対象外特約を付けてから加入することをおすすめします。


特定傷病補償対象外特約を付けると、その名の通り特定の傷病は補償の対象外となってしまいますが、ペット保険への加入はできるようになります。


ペット保険という強い味方がいるかいないかでその後の状況が大きく変わってきますので、是非検討してみてください。

まとめ:犬の尿毒症について

今回は犬の尿毒症について詳しく紹介してみました。


本記事のポイントは、

  • 尿毒症は腎機能の低下で起こる症状
  • 早期発見ができれば尿毒症を回避したり腎臓の回復が見込める
  • ペット保険に加入できれば負担を軽減できる

です。


尿毒症は発見が遅れてしまうと手遅れになってしまうこともある恐ろしい症状です。


原因となる病気にかかっている時はもちろん、今健康であったとしても異変にすぐ気が付けるように普段から愛犬の様子には気を配ってあげるようにしましょう。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング