歯周病はペット保険の補償対象になる?歯周病の症状や原因も詳しく解説

歯周病はペット保険の補償対象になる?歯周病の症状や原因も詳しく解説-サムネイル画像

大人の犬の多くがかかると言われている歯周病。実は歯周病は、悪化してしまうと内臓などの病気にも繋がってしまう恐ろしい病気で、治療費もか高額になります。そこでこの記事では、歯周病が補償の対象になっているペット保険の紹介や、歯周病の治療費や予防法などを解説します。

内容をまとめると

  1. 歯周病が補償対象になるペット保険は多い
  2. 歯周病は完治しないため、予防と治療が大切な病気
  3. 歯周病の治療は非常に高額なのでペット保険に加入することが重要

歯周病はペット保険の補償対象になる?

歯周病高齢になってくると多くのペットが発症する疾患であり、他の病気を引き起こす危険もあります。


そのため予防がとても重要な病気なのですが、それでもかかってしまうことが多いです。


歯周病の治療は全身麻酔が必要な手術になることが一般的で、治療費も高額になりやすいです。


ペット保険に加入していれば治療費は安く抑えられますが、実はペット保険によって歯周病が補償対象になるかどうかは異なります


そこで今回の記事では、ペットの歯周病について、

  • 歯周病が補償対象に含まれる保険会社はどこか?
  • ペットの歯周病とはどんな病気か?
  • ペットの歯周病を予防するには?
  • 歯周病に備えてペット保険に加入する必要はある?

以上のことを中心に説明します。


この記事を読んでいただけたら、ペットの歯周病やペット保険の補償についてよく分かりますので、ぜひ最後までご覧ください。


また、MOFFMEでは「ペット保険のランキング」についても紹介しています。気になる方は一緒にお読みください。

歯周病が補償対象になっているペット保険会社はどこ?


先ほど歯周病が補償対象かどうかはペット保険によって異なることをお伝えしましたが、多くのペット保険で補償対象とされています


しかし一部例外もあるため、加入する前に確認することが重要です。


また、補償内容も各社で変わってきますので、内容をしっかりと確認する必要があります。


名前を出すことはできませんが、歯周病を補償対象にしているペット保険会社は、

  • Ai社
  • P●社
  • Ra社
  • An社
  • Fp社
  • Pf社

などがあります。


以下で、補償内容の一例を紹介します。


歯周病を補償してくれる保険会社について詳しく知りたい方は、以下のボタンからLINEで聞くことができます。気になる方はぜひ活用してください。

歯周病とペット保険①:Fp社のペット保険の場合

Fp社は歯周病も補償対象になっています。


例に漏れず、予防的な歯石取りには補償は適用になりませんが、歯周病の治療に関しては保険金が支払われます。


F社には補償割合50%プラン70%プランがあります。月々の保険料を表にしてみましたのでご覧ください。


50%補償プラン70%補償プラン
0~4歳1,590円1,950円
5~8歳2,390円2,930円

補償の対象は通院、入院、手術です。


このくらいの保険料なら、70%補償プランに加入してもそれほど負担にはならないのではないでしょうか?


歯周病の治療費は後で説明しますが、いざ歯周病になって10万円の治療費がかかった時、70%補償プランなら7万円が補償されて3万円の自己負担で済みます。


これなら支払いを気にせず安心して早期に治療ができます。

歯周病とペット保険②:Ax社のペット保険の場合

Ax社のペット保険は歯周病の治療は補償対象外となっています。


歯周病は飼い主が頑張れば予防できるものであり、病気や怪我には当たらないという判断のようです。


このように、ペット保険ごとに補償対象は変わってきますので、選ぶ時にはしっかりと確認することが大切です。


また以下の記事では、虫歯や口腔腫瘍などの歯周病以外に対する歯科治療はペット保険の補償対象になるのかどうか解説しています。気になる方は参考にしてください。

注意:歯石除去はペット保険の補償対象にならないことがある?

歯周病の治療の際には同時に歯石除去が行われる場合が多いです。 


ここで重要なことは、ペット保険では病気になってからの治療は補償対象となりますが、予防としての治療は補償対象にはならないということです。 


例えば、もし歯周病にかかり、その治療として歯石除去を行った場合、歯石除去は治療と認められ補償対象になる可能性が高いです。 


しかし、歯周病を予防するために歯石除去を行った場合、それは病気の予防にあたるため補償対象にはなりません。 


ペット保険はあくまで、病気の治療費を補償してくれるものだと覚えておきましょう。  

犬や猫もかかる!歯周病はどんな病気か


ペットの歯周病は進行していくと、心臓病腎臓病を引き起こすこともある大変危険な病気です。


歯や骨が溶けてしまうところまで病状が進む前に、様々な症状が現れますので、早期に発見して治療を開始する必要があります


クルーズ動物病院のサイトに、犬の歯周病について詳しく記載されているので一度確認してみましょう。

歯周病の原因や症状は?

歯周病は以下の順序で進行します。

  1. 食べ物や唾液が歯に付着し、歯に菌膜を作る 
  2. 菌膜内の菌が繁殖して歯垢になる 
  3. 歯垢が石灰化して歯石となる 
  4. 歯石が常に歯肉に付着することで炎症を起こし歯肉炎となる 
  5. 歯肉炎がひどくなると歯茎に炎症が広がり歯周病となる 

歯周病の原因は、歯垢と呼ばれる食べ物のカスの中にいる細菌です。


細菌により歯肉や歯周組織が傷つけられ、歯周病になります。  


そして歯周病がさらに悪化すると歯槽骨という歯を支えている骨が溶けて歯が抜けやすくなり、さらには歯周病菌が炎症部分から血管に乗って全身を周り、内臓疾患を発症しやすくなります。


ここまでひどくなってくるとエサの食べ方もおかしくなり、口臭もかなりひどいので気付かないということはなかなかありません。


それでも放置していると、歯の根元まで菌が侵食して頬の骨と皮膚を貫通してしまいます。可愛い顔に穴が開いてしまいます。


最後には口と鼻が貫通したり、アゴの骨が溶けてもろくなり、硬いものを噛むだけで骨折してしまうこともあります。


歯周病になるとこのような症状が出ます。

  • 歯茎が赤い
  • 口臭がとてもひどい(腐ったような臭い)
  • 歯茎から血が出る
  • 歯が抜ける
  • 口を気にするしぐさ
  • 食べ方がおかしい

ペットの口臭をいつもさり気なくチェックしておきましょう。


いつもと違う臭いがしてきたら要注意です。早めに動物病院に連れて行って診てもらう必要があります。

歯周病の治療法・治療費はどのくらいなのか

ペットの歯周病を治療するには、全身麻酔をかけて歯科処置をする必要があります。


取りにくい歯の歯垢をきれいに取り、炎症がひどい部分の歯肉を削らないといけないので全身麻酔が必要な手術となります。


治療費はおおよそ平均で10万円前後が必要です。中型犬、大型犬は麻酔の量も多くなりますので平均よりも高額になります。内訳の一例は以下のとおりです。

治療費
診察・検査15,500円
全身麻酔17,000円
歯科処置60,000円
点滴や投薬5,000円
合計97,500円

これは歯石を取れば回復するであろうと診断が下った場合の金額です。


歯周病が進んで骨まで侵食している場合は、さらなる処置が必要になりますので、治療費は当然跳ね上がります。


このような治療費を払わないためにも、歯周病を予防することが重要です。


次に歯周病の予防方法を紹介します。

自宅でできる歯周病の予防対策は?

自宅でできる歯周病の予防対策としては、人間と同じように、歯を磨くことが重要です。


ペットの歯磨きをするときのポイントは、

  1. 歯磨きをするときの体勢を決める
  2. 口を飼い主に触られることに慣れてもらう
  3. ペットの口をつかんで、歯を触られることに慣れてもらう
  4. 慣れてきたら歯磨きを使って一本一本歯を磨く

飼い主の膝上で仰向けになってもらう体勢が1番歯を磨きやすいと思います。まずは、ペットがおとなしくなる体勢を探すところから始めましょう。


次に、口周りを触られることを嫌がらないようにさせることが大切です。口を触られることに慣れていないと、歯磨きをする際ペットが暴れてしまいます。


口周りをおとなしく触らせてくれるようになったら、指でペットの歯を触ってみましょう。


歯を触られても嫌がらなくなれば、いよいよ歯ブラシを使います。口を持ちながら一本一本丁寧に磨いてあげましょう


これは大体1〜2週間でできるようになります。それ以上にかかる子もいるので、できなくても焦らず、1つ1つできるようにしてあげましょう。


基本的なやり方は人間とほぼ同じであり、歯と歯茎の間にブラシを当てて歯茎を傷つけないよう優しく磨きます。


歯磨きの頻度はできれば毎日、最低でも2〜3日に1回は行ってください。

歯石は歯磨きでは落とせません。

歯磨きの際に歯石を発見したら動物病院に連れていきましょう。

なお、このときの歯石除去は「歯周病の予防」にあたるため、ペット保険の補償対象にはならないことに注意が必要です。

補足:ペットの歯磨きに関する疑問

ペットが歯磨きを嫌がるがどうすればいい?

歯磨きを嫌がる場合には、原因として、

  • 歯磨きにストレスを感じている 
  • 傷や歯の疾患がある 

ことが考えられます。 


歯磨きがストレスとなっている場合は、歯ブラシのにおいを嗅がせたり舐めさせたりして、徐々に歯ブラシに慣れさせていきましょう。 


歯磨きをするたびに褒めてあげることや、ご褒美をあげることで、歯磨きが楽しいものだという認識を持たせることも大切です。 


口の中に傷があったり虫歯などが痛んでいることが考えられる場合は、動物病院で診てもらうことをおすすめします。  


痛がっているところを無理に磨いていては、いよいよ歯磨きをさせてくれない子になりかねません。 歯磨きに嫌な印象を持たせないように、徐々に慣らしていきましょう。


いつ歯磨きの練習を始めたらいい?

ペットの乳歯が永久歯に生え変わったら歯磨きの練習を始めましょう

歯の生え替わり時期は生後4ヶ月から7ヶ月ほどと言われています。いつ生え替わってもいいように歯ブラシや歯磨き粉を準備しておきましょう。

まだ乳歯の時から歯磨きの練習をしている飼い主さんもいるようです。

歯周病に備えるためのペット保険は必要か

ここまで歯周病の詳細や治療費、予防法を説明してきました。


では実際、歯周病に備えてペット保険に加入する必要はあるのでしょうか。


歯周病にかかると高額な治療費を請求される上に、他の病気を発症させるリスクも高く、さらに治療費が発生する場合があります。


ペットが既に成犬で、今まで何も予防していなかった場合、歯周病のリスクが高いためペット保険に加入した方が良いでしょう。そしてすぐに歯磨きを開始してください。


しかし既に歯周病と診断されている場合は、歯周病の治療費は補償対象にはならないので注意が必要です。


ペットが幼い時から予防している場合は、歯周病のリスクはかなり抑えられるでしょう。


しかしペット保険は、その他のペットがなりやすい病気の治療費を補償してくれるため、加入を検討することは大切です。


以下でペット保険の必要性について解説しているので、気になる方は参考にしてください。

まとめ:歯周病はペット保険の補償対象になるのか

ペットの歯周病や保険の内容について、お分かりいただけたでしょうか。


今回の記事のポイントをまとめると、

  • 多くのペット保険で歯周病は補償対象になる
  • しかし一部のペット保険では例外もある
  • 歯周病は内臓疾患を引き起こす場合もあるため、予防と治療が不可欠
  • 歯周病の治療費は平均で10万円前後になるため、ペット保険で補償してもらうことも重要
  • 歯周病を予防するために歯磨きを正しく行うことが大切
歯周病が進行した場合、完治させることは難しいためできるだけ早く予防と治療を始めてください。

歯周病や付随する病気にかかる治療費は全額飼い主様の負担になるため、ペット保険に加入しておくことをおすすめします。

加入する際には、歯周病に対する治療費が補償対象になっているペット保険を選ぶことも忘れないでください。

MOFFMEでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「MOFFME」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング