歯周病はペット保険で補償される?歯周病の症状や原因も詳しく解説

歯周病はペット保険で補償される?歯周病の症状や原因も詳しく解説-サムネイル画像

ペットの外見だけではなかなか歯周病に気付くことができないため、歯周病は進行しやすい病気です。犬種に関わらず3歳以上の犬の80%以上が罹患していると言われている歯周病についての解説をします。また、ペット保険の補償内容の比較を保険会社ごとに解説します。

歯周病はペット保険の補償対象になる?

ペットの歯周病は珍しくなく、高齢になってくると必ず発症すると言い切ってもよい疾患です。必ず動物病院にお世話になるであろう歯周病がペット保険の補償対象になっているかどうかは気になるところですよね。


歯周病の治療は全身麻酔が必要な手術になることが一般的です。歯周病から他の病気も引き起こしてしまうため、こまめに病院に連れて行って発症を抑えたい疾患です。


そこで今回の記事では、ペットの歯周病について、

  • ペットの歯周病とはどんな病気か?
  • ペットの歯周病を予防するには?
  • ペット保険各社の歯周病の補償内容

以上のことを中心に説明します。


この記事を読んでいただけたら、ペットの歯周病やペット保険の補償についてよく分かりますので、ぜひ最後までご覧ください。

歯周病が補償されるかどうかはペット保険によって違う


ペットの歯周病が補償されるかどうかは各社ペット保険で変わり、必ずしも一律で補償されるものではありません


また、補償内容も各社で変わってきますので、内容をしっかりと確認する必要があります。


ほぼ必ずなると言われる歯周病ですから、できれば補償があり保険料も程よい値段のペット保険が見つかれば嬉しいですね。


まず歯周病とはなにか、予防はどうすればできるのかを解説した後、各社ペット保険の歯周病の補償状況を見ていきましょう。

犬や猫もかかる!?歯周病はどんな病気か


ペットの歯周病は人間の歯周病と同じく、歯石により歯肉歯茎に炎症が起こり、やがて歯槽骨に影響が広がり歯槽膿漏となって歯やアゴの骨が溶けてしまう病気です。


歯や骨が溶けてしまうところまで病状が進む前に様々な症状が現れますので、早期に発見して治療を開始する必要があります


クルーズ動物病院のサイトに、犬の歯周病について詳しく記載されているので一度確認してみましょう。

歯周病の主な症状・原因は?

ペットの歯周病の原因は、歯石がたまり歯肉に炎症が起こることから始まりますが、細かい順番は以下の通りです。

  • 食べ物や唾液が歯に付着し、歯に菌膜を作る
  • 菌膜内の菌が繁殖して歯垢になる
  • 歯垢が石灰化して歯石となる
  • 歯石が常に歯肉に付着することで炎症を起こし歯肉炎となる
  • 歯肉炎がひどくなると歯茎に炎症が広がり歯周病となる

このような順序で歯周病はひどくなっていきます。


そして歯周病がさらに悪化すると歯槽骨という歯を支えている骨が溶けて歯が抜けやすくなり、さらには歯周病菌が炎症部分から血管に乗って全身を周り、内臓疾患を発症しやすくなります。


ここまでひどくなってくるとエサの食べ方もおかしくなり、口臭もかなりひどいので気付かないということは有り得ませんが、それでも放置していると、歯の根元まで菌が侵食して頬の骨と皮膚を貫通してしまいます。可愛い顔に穴が開いてしまいます。


最後には口と鼻が貫通したり、アゴの骨が溶けてもろくなり、硬いものを噛むだけで骨折してしまうこともあります。


歯周病になるとこのような症状が出ます。

  • 歯茎が赤い
  • 口臭がとてもひどい(腐ったような臭い)
  • 歯茎から血が出る
  • 歯が抜ける
  • 口を気にするしぐさ
  • 食べ方がおかしい

ペットの口臭をいつもさり気なくチェックしておきましょう。いつもと違う臭いがしてきたら要注意です。早めに動物病院に連れて行って診てもらう必要があります。

歯周病の治療法・治療費はどのくらいなのか

ペットの歯周病を治療するには、全身麻酔をかけて歯科処置をする必要があります。取りにくい歯の歯垢をきれいに取り、炎症がひどい部分の歯肉を削らないといけないので全身麻酔が必要な手術となります。


治療費はおおよそ平均で10万円前後が必要です。中型犬、大型犬は麻酔の量も多くなりますので平均よりも高額になります。内訳の一例は以下のとおりです。

治療費
診察・検査15,500円
全身麻酔17,000円
歯科処置60,000円
点滴や投薬5,000円
合計97,500円

これは歯石を取れば回復するであろうと診断が下った場合の金額です。歯周病が進んで骨まで侵食している場合は、さらなる処置が必要になりますので、治療費は当然跳ね上がります。


このような高額の治療費を払わないで済むように歯周病を予防していくことが大切ですが、人間の歯と同じで、本当は毎日歯磨きをしないとどうしても歯石は溜まっていきます


しかし動物の歯を毎日磨くのは大変なことです。うまくしつけができるのが一番ですが、どんなに頑張っても口を触らせない子もいます。


ペットの歯石は溜まるもの、歯周病の治療はいつかは来るものと考えておいた方がいいのかも知れません。そこで、高額治療が必要になっても安心なペット保険の出番なのです。

自宅でできる歯周病の予防対策は?

自宅でできる歯周病の予防対策としては、人間と同じように、歯を磨くことです。


歯磨きはペットの口を持つとやりやすくなることが多いです。

基本的なやり方は人間とほぼ同じであり、歯と歯茎の間にブラシを当てて優しく磨きます。きれいにしようと考えて力を入れるのは、歯茎を傷めるので控えましょう。


前歯の外側から奥歯に移動していき、その後、内側を磨きます。内側を磨く際には、上あごを持ち、歯ブラシを持つ側の手で下あごを支えます。


歯磨きを嫌がる場合には、原因として

  • 歯磨きにストレスを感じている
  • 傷や歯の疾患がある

ことが考えられます。


歯磨きがストレスとなっている場合は、歯ブラシのにおいを嗅がせたり舐めさせたりして、徐々に歯ブラシに慣れさせていきましょう


口の中に傷があったり虫歯などが痛んでいることが考えられる場合は、動物病院で診てもらうことをおすすめします


痛がっているところを無理に磨いていては、いよいよ歯磨きをさせてくれない子になりかねません。

各ペット保険の歯周病に関する補償内容比較

歯周病の治療がいつ必要になってもいいように、できれば歯周病が補償内容に含まれていて、なおかつ保険料の支払いも安いペット保険を選びたいものです。


そこで、加入者が多い人気のペット保険2社の歯周病の補償内容を比較してみましたので、ぜひ参考にして下さい。

歯周病とペット保険①:F社のペット保険の場合

F社は歯周病も補償対象になっています。歯周病にならないための予防的な歯石取りには補償は適用になりませんが、歯周病の治療に関しては保険金が支払われます。


F社には補償割合50%プラン70%プランがあります。月々の保険料を表にしてみましたのでご覧ください。


50%補償プラン70%補償プラン
0~4歳1,590円1,950円
5~8歳2,390円2,930円

補償の対象は通院、入院、手術です。このくらいの保険料なら、70%補償プランに加入してもそれほど負担にはならないのではないでしょうか?


いざ歯周病になって10万円の治療費がかかった時、70%補償プランなら7万円が補償されて3万円の自己負担で済みます。これなら支払いを気にせず安心して早期に治療ができます。

歯周病とペット保険②:Ax社のペット保険の場合

Ax社のペット保険は歯周病の治療は補償対象外となっています。


歯周病は飼い主が頑張れば予防できるものであり、病気や怪我には当たらないという判断のようです。


このように、ペット保険ごとに補償内容は変わってきますので、選ぶ時にはしっかりと確認することが大切です。

まとめ:歯周病はペット保険の補償対象になるのか

ペットの歯周病や保険の内容について、お分かりいただけたでしょうか。


ポイントをまとめます。

  • ペットの歯周病の予防のためには、人間と同様に、毎日歯を磨くことが理想
  • ペットの歯を毎日磨くのは容易ではないので、いつかは必ず歯周病になるものと考え、保険をあらかじめ準備しておくと良い
  • 口の症状のチェックを怠らず、歯肉炎や歯槽膿漏になる前に、初期の段階で治療を受けさせることで、治療の費用を抑えられる
  • 歯磨きは正しいやり方で行い、ペットが歯磨きを嫌がる場合は原因を考えて正しく対処することが重要
  • 保険会社やプランによって補償内容や保険料が異なるので、しっかり調べた上で賢く保険の選択を行うことが重要

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング