ペット保険のデメリットは?損?加入のメリットや注意点も解説!

近年ではペット保険の加入率が高まってきています。ペット保険のメリット・デメリットを知ることが加入の必要性を考える上で重要です。楽天やFPC、アクサダイレクト、アニコム、PS、SBIのペット保険を例にペット保険のメリット・デメリットや加入時の注意点を解説します。

ペット保険の加入にデメリットはある?

ペットの医療費は人間の医療費よりも高額になることがあるため、ペット保険に加入していた場合とペット保険に加入していなかった場合では、医療費の負担が大きく変わってきます。


しかし、ペット保険に加入することにデメリットはないのだろうかや保険料はずっと同じなのかや高くなることはないのだろうかなどの疑問や不安があり、ペット保険への加入を迷っている方もいるのではないでしょうか。


そこで今回の記事では、

  • ペット保険のデメリットとは?
  • ペット保険で対象外になってしまう病気とは?
  • 保険料はどれくらいになるのか?
  • ペット保険に加入するメリットとは?

について紹介します。


この記事を読んでいただければ、ペット保険に加入するべきかどうか考えている方やどんなデメリットがあるのか知りたい方の参考になります。。


ぜひ最後までご覧ください。

ペット保険の加入にはデメリットもある

病気や手術が必要になった際には医療費の負担が減り、とても助かるペット保険ですが、メリットだけではありません。


ペット保険は、全ての病気や医療費が補償されるわけではないので場合によってはそれがデメリットになってしまうこともあります。

ペット保険では補償対象外の病気・治療がある

ペット保険には対象外になる病気があることがのデメリットの1つとなるでしょう。


ペット保険で補償の対象外になってしまうものはいくつかありますが、どの病気や処置が対象外になるかはペット保険によって様々です。


楽天ペット保険

  • 予防に関する費用(予防のためのワクチン接種)
  • 傷病にあたらないもの(去勢、歯石取り、チェリーアイ、不正咬合等)
  • 検査・代替え医療
  • 健康食品・医薬部外品等
  • 治療費以外の費用(トリミングやホテル等)
  • 先天性異常等
  • ワクチン接種で予防できる病気
  • 自然災害によるもの

FPCのフリーペット保険

  • 既往症・先天性異常
  • 予防接種により
    予防できる病気 等
  • 傷病にあたらないもの
  • 予防に関する費用 (ワクチン接種等)
  • 代替医療や検査(ハーブ療法、酵素療法等)
  • 診療以外の費用(ホテルやシャンプー、カウンセリング)
  • 健康食品・医薬部外品等(サプリメントやビタミン等の健康食)

アクサダイレクト

  • 健康診断・ワクチン接種
  • 歯や歯肉の治療・歯石除去
  • 妊娠・出産・不妊・避妊手術等
  • 先天性・遺伝的な身体障害
  • 骨と関節に関する病気(肘関節形成不全、膝蓋骨脱臼等)
  • 眼と口腔歯(眼瞼外反・内反、歯や顎の形成不全等)
  • 予防接種により予防できる病気等
  • 健康食品・医薬部外品等

アニコム

  • 契約者・被保険者の行為によるもの
  • 自然災害によるもの
  • 既往症・先天性異常
  • 妊娠・出産にかかわる費用
  • 怪我・病気にあたらないもの(狼爪の除去、臍ヘルニア、去勢、歯石取り等)
  • 予防接種により予防できる病気等
  • 予防費用等(マイクロチップの装着、予防接種等)
  • 検査・代替え医療等)
  • 健康食品・医薬部外品等
  • 治療付帯費用(ホテル・カウンセリング等)

PS保険

  • 保険期間開始日より前に発症した怪我や病気
  • 契約者・被保険者の行為によるもの
  • 自然災害によるもの
  • 先天性異常・遺伝子疾患(股関節形成不全等)
  • ワクチン接種などで防げる病気
  • 予防に関する費用
  • 怪我・病気にあたらないもの(妊娠・出産・去勢・歯石取り等)
  • 検査・代替え医療
  • 診療にあたらないもの(サプリメント、ホテル、シャンプー等)

SBIいきいき少短ペット保険

  • 契約者・被保険者の行為によるもの
  • 既往症・先天性疾患
  • 自然災害によるもの
  • 予防できる病気
  • 予防医療・健康食品等(ワクチン接種・ノミやダニの駆除等)
  • 治療費用以外の費用(カウンセリング・マイクロチップの挿入・入浴等)
  • その他(不妊・去勢・断尾・出産等)
補償対象外になってしまうものはいくつかありますが、そのほとんどが予防出来るものや病気ではないものになっています。

病気でも対象外になるのは先天性のものだったり、予測できるものなのでいつかかってしまうか分からない病気は補償の対象になることが多いです。

自分のペットが補償対象外の病気の場合には、すべての病気が対象でないことがデメリットとなってしまうかもしれません。

年齢が上がるにつれて保険料が割高になる

ペット保険の2つ目のデメリットは、犬の年齢が上がるにつれて保険料も上がることです。


小型犬や大型犬、犬か猫かによっても変わってくるので、それぞれの年齢によって月々の保険料がどれくらい変わるのか紹介します。


小型犬

  • 2~3歳 620~2,150円
  • 10歳以上 1,710~4,970円

中型犬

  • 2~3歳 740~2,610円
  • 10歳以上 1,920~6,010円

大型犬

  • 2~3歳 880~3,040円
  • 10歳以上 2,330~6,020円

  • 2~3歳 520~1,890円
  • 10歳以上 920~2,970円

ペット保険にはいくつかプランがありますが、安いプランだと2~3歳の場合小型犬で月々1,000円以下となっています。


しかし、一番安いプランでも10歳を超えると、小型犬でも月々2,000円近い金額になり、一番高いプランであれば、月々約5,000円となります。


選ぶプランにもよりますが、高齢になると保険料が高くなってしまうのは、ペット保険のデメリットと言えるでしょう。

掛け捨てなので保険料が無駄になる可能性がある

ペット保険に加入していると、病気になってしまった時の医療費の負担を下げることができます。


しかし、デメリットとなるのは保険に加入したのに全く病気をしなかった場合、払ってきた保険料は無駄になることです。


病気になった際の手術費用などは、病気によっても大きく変わります。


長い闘病や高額な医療費が必要な病気になった場合は、ペット保険に入っていることでかなり負担を減らすことができます。


飼い主にもペットにも嬉しいことですが、一生のうち一度も病気にならなかったり、軽い医療費が高くない病気にしかならないこともあります。


そうなると、これまでの保険料を捨ててしまうようなものなので、ペット保険に加入するべきかしっかりと考える必要があります。

ペット保険に加入するメリットは?

加入するデメリットがいくつかあり、病気になるかどうかなんて分からないのに、ペット保険に入るメリットはあるのでしょうか?


確かに、全く病気をしなかった場合、保険料は無駄になってしまいますが、とても高額な治療費が必要な病気になってしまった場合はどうでしょう。


医療費を払えないせいで、適切な治療を受けさせられなかったなんてことになれば、ペットも病気で苦しい思いをしてしまいますし、後悔をしてしまうかもしれません。


そうなってしまった時に、ペットと飼い主を助けてくれるのがペット保険なのです。

高額な治療費を気にせず十分な治療を受けやすくなる

病気をしなかった場合払ってきた保険料が無駄になってしまう事はペット保険のデメリットです。


しかし、実際病気になってしまった場合、犬や猫の医療費はどれくらいの金額になるのでしょうか?


実際に病気にかかった費用をみてみると

  • 骨折・・・477,000円
  • 外耳炎・・・363,000円
  • 異物誤飲・・・277,000円
  • 膀胱炎・・・274,000円
  • 胃腸炎・・・184,000円

健康な若い犬でも子犬や骨格の細い犬だと遊んでいる時に何かにぶつかったり、高いところから落ちて骨折をしてしまうというのは多く見られます。


骨折だけでも50万近い治療費がかかってしまいます。


その他の病気も、いつそのような事態になってしまうか分からないので、いざという時に医療費の準備が出来ていなければ適切な治療を受けることができなくなります。

ケガ・病気の早期治療・早期回復につながる

飼っている犬や猫の調子が悪かったり、異変を感じた時は病院に連れていきますが、ペット保険に加入していなかった場合、医療費を払う余裕が無かったら、治療が先延ばしになってしまうかもしれません。


そうなる可能性があるのがペット保険に加入していないデメリットと言えるでしょう。


ペット保険に加入していれば、もし高額な医療費が必要になったとしても、全額を負担する必要はないので、安心してすぐに治療の決断をすることができます。


ペット保険に加入している事で、病気の早期治療や早期回復につながります。

特約をつければ賠償責任を補償してくれる

ペット保険にはオプションなどで賠償責任特約を付けられる場合があります。


賠償責任特約をつけていると、自分のペットが病気をした時だけでなく、ペットが他人に怪我をさせてしまった時や、他人の所有物を誤って壊してしまった場合損害賠償金を決められた金額まで補償してくれるというものです。


ペット保険の会社によっても補償される金額は変わりますが、例えば楽天ペット保険では500万円まで補償してくれます。

ペット保険に加入する際の注意点

ペット保険は加入するのにいくつか注意点があります。


ペット保険に加入することを決めても、すぐに誰でも加入できるというわけではありません。


ペット保険加入に加入を申し込むより前に何か病気に罹ったことがある場合、その病気の種類によっては、ペット保険に加入することが出来ないこともあります。


ペット保険のデメリットは誰でも必ず加入できるわけではないことです。


ペット保険加入ときに告知義務がある

ペット保険に加入するときには、これまでに罹ったことのある病気や怪我のこと、ペットの現在の健康状態のことを、正確に告知しなくてはなりません。


すでに病気にかかっていたり、頻繁に病気をする可能性が高い場合には、保険加入者の平等を保つ為に保険の加入が断られてしまう事があります。


それは、ペット保険が人間の保険と同じように、加入者の払っている保険料で、補償するお金をまかなっているからです。


そのため、病気をしやすいペットばかり得をする状態にならない為に、公平を保つ為に告知義務が定められているのです。

ペット保険加入後に待機期間がある

ペット保険には加入してすぐには補償金が支払われない待期期間があります。


ペット保険の加入条件は、ペットが健康であることが第一となっているので、ペット保険に加入してすぐにかかった病気は、保険加入前にすでに患っていた可能性もある為、待機期間を設けています。


待期期間の長さは保険会社によって様々ですが、病気に関しては保険期間の初日から30日間、ガンに関しては120日間等、病気よっても期間が異なります。


ペット保険に加入しても、加入してすぐの病気は補償を受けられない可能性があることを知っておきましょう。

まとめ:ペット保険加入のデメリットについて

ここまでペット保険に加入するデメリット、メリットについて取り上げてきましたが、いかがでしたでしょうか?


今回の記事のポイントは、

  • ペット保険に加入した時のデメリット
  • 補償の対象外になってしまう病気もある
  • 高齢になると保険料が高くなる
  • ペット保険に加入してメリットになること

以上の点でした。


ペット保険に加入しても、補償を受けられない場合があったり、病気をしなかった場合には保険料が無駄になってしまうといったデメリットがあります。


しかし、愛するペットが病気になってしまったとき、適切な医療を受けさせられるようにペット保険に加入していれば、高額な治療費がかかってしまう高度な医療も安心して受けることができます。


デメリットやメリットを見極めた上で加入するようにしましょう。


ほけんROOMでは、この記事の他にも役立つ記事を多数掲載していますので、ぜひご覧ください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング