猫用ファーミネーターが抜け毛対策におすすめ!使い方や口コミを解説

猫用ファーミネーターが抜け毛対策におすすめ!使い方や口コミを解説-サムネイル画像

猫用ファーミネーターをご存知ですか?ブラッシングに効果的で、評価の高いブラシです。ではその特徴や種類、使い方、価格等が気になりますよね。この記事では猫用ファーミネーターについて、特徴や価格、選び方・使い方、注意点を口コミ・評判を合わせて詳しく解説します。

猫用ファーミネーターとは?仕組みや種類、使い方等を解説!

猫を飼っている方は、換毛期になると猫の抜け毛が気になる方も多いと思います。


猫の抜け毛には、毎日のお手入れでブラッシングやシャンプーなどをすることで抜け毛が軽減されると言われています。


そして、ブラッシングするときに、猫用ファーミネーターが効果的ということをご存知でしょうか。


そこで今回「MOFFME」では、猫ファミネーターについて

  • 猫用ファーミネーターの特徴・仕組み
  • 猫用ファーミネーターの種類・価格
  • 猫用ファーミネーターの選び方・使い方
  • 猫用ファーミネーターの5つの注意点
  • 猫用ファーミネーターの口コミ・評判
以上のことを中心に解説します。

この記事を読んでいただければ、「猫用ファーミネーター」についてわかるようになっています。ぜひ、最後までご覧ください。

またMOFFMEでは、猫の保険についても詳しく解説しておりますので、そちらもぜひご覧ください。

そもそも猫用ファーミネーターとは?特徴や仕組みを詳しく解説!


猫は被毛が換毛期になるとたくさんの毛が抜け落ちます。抜け毛が落ちると掃除をするのも大変になってきますよね。

そこで大活躍するのが、猫用のファーミネーターです。猫用ファーミネーターを使うことによって簡単に抜け毛対策をすることができます。

ここでは、猫用ファーミネーターについて

  • 高評価の理由・特徴
  • 仕組み・ごっそり取れる理由
について解説していきます。

猫用ファーミネーターについて知っておくと、楽に毛のお手入れができます。

猫用ファーミネーターとは?高評価の理由や特徴を解説!

猫用ファーミネーターとは、被毛や生え変わる毛のお手入れに使われていて、特殊なステンレスエッジがついているのでごっそりと毛を取り除くことが出来ます。


高評価の理由は、一般的な猫用のブラシやコームとは違って毛がごっそり取れることで掃除が楽になったり、抜け毛対策になるということです。


猫用ファミネーターの特徴は、

  1. 抜け毛がたくさん取れる
  2. 特許を取得ステンレス刃
  3. 毛玉対策ができる
  4. ファミネーターの種類が豊富
です。

ステンレススチールを使っている刃なので、猫の皮膚を傷つけることなく抜け毛のお手入れをすることが出来ます。

ファーミネーターを使うことで余計な毛を取り除くことが出来るので、毛玉になりにくいため、猫が毛玉を飲み込むような心配が減ります。

ファーミネーターの仕組みは?抜け毛がごっそり取れる理由とは

ファミネーターの仕組みは、人間工学に基づいた持ち手になっていて握りやすく、持ちやすくなっていて、プッシュボタンを押すことで、取れた毛を簡単に捨てることができるようになっています。


猫用ファーミネーターでお手入れすることで、抜け毛をごっそり取れる理由は、2つあります。


1つ目は、特許を取得しているステンレススチール刃を使用しているので、トップコートの下にある不要な毛だけを絡めて取り除くことができます。


2つ目は、猫用ファーミネーターには、4種類あり、それぞれの猫に合ったものを選ぶことが大切です。刃の長さは2種類あって、短毛用、長毛用があります。ペットの毛の長さによって選ぶことによって余分な毛を取り除くことができます。

猫用ファーミネーターにはどんな種類がある?種類と価格を解説!


猫用ファーミネーターには猫に合った種類が販売されています。それぞれ飼っている猫にあったファーミネーターを使うことでより、抜け毛を取り除くことができます。


ここでは、猫用ファーミネーターの

  • 種類
  • 価格
について解説していきます。

ファーミネーターの種類は、刃の長さが違うので、猫の被毛の長さに合ったファーミネータを選んであげてください。そうすることで、皮膚を傷つけることなくお手入れすることができます。

猫用ファーミネーターの種類とは?長毛・短毛用の違いも解説!

猫用のファーミネーターの種類には、4種類あります。


まず、体の重さで猫用ファーミネータを選びます。S小型用・L大型用に分かれています。S小型用は4.5㎏以下で、L大型用は4.5㎏以上の猫に使用できるようになっています。


次に、被毛の長さで選びます。被毛は、短毛用・長毛用があり、短毛用は毛の長さが5㎝以下に、長毛用は毛の長さが5㎝以上に最適なように作られています。


短毛用はエッジが短く、長毛用はエッジが長く設計されています。


小型短毛用・小型長毛用・大型短毛用・大型長毛用の種類から選べるので飼っている猫に合わせて購入することでしっかりと毛のお手入れをすることができます。

猫用ファーミネーターの価格はどれくらい?

猫用ファーミネーターの価格は、購入する先によって異なりますが、大体3900円の価格で購入することができます。


猫用ファーミネーターのなかには、低価格のものも販売されています。


購入するときに気を付けておきたいことは、猫用ファーミネーターには、正規品ではない偽物も販売されているので正規品かどうかを確認して購入するようにしましょう。


種類が豊富なので間違って購入しないように注意してください。

猫用ファーミネーターの選び方・使い方を詳しく解説!


猫用ファーミネーターを購入する時には、それぞれの猫に合ったファーミネーターを選ぶことで、抜け毛の処理を楽に簡単にすることができます。


ここでは、猫用ファーミネーターの

  • 選び方
  • 使い方
について解説していきます。

選び方を知っておくことで、猫に合ったファーミネーターを選ぶことができ、猫の皮膚を傷つけることも少なくなり、皮膚病の予防にも繋がります。

猫用ファーミネーターの選び方は?猫のサイズや被毛の長さに注目

猫用ファーミネーターの選び方は、2つあります。


1つ目は、猫の体の大きさに合わせて選ぶことです。体の大きさが4.5㎏以下の猫は小型用のものを選び、体の大きさが4.5㎏以上の猫は大型用のものを選ぶようにしましょう。


2つ目は、猫の被毛の長さで選んでください。被毛の長さが短いものはエッジが短いものを選び、被毛の長さが長いものはエッジが長いものを選ぶことによって皮膚を傷つけないでお手入れをすることができます。


それぞれの猫に合ったサイズのファーミネーターを選ぶことでしっかりと被毛を取り除くことができ、皮膚を傷つけずに抜け毛のお手入れをすることができます。


猫に合ったものを選ぶようにしましょう。

猫用ファーミネーターの使い方は?使い方のコツ・頻度を解説!

猫用のファーミネーターの使い方は、
  1. 毛玉やほつれがあるときはそれらをほぐす
  2. 毛の流れに沿ってブラッシングを行う
  3. ワンプッシュボタンで毛を捨てる
です。

猫は慣れないものを怖がることもあるので、最初はできる部位からブラッシングを行うようにしましょう。

使い方のコツは、トップコートが長い場合は、上の毛をめくってブラッシングを行うことで根元からしっかりと余計な毛を取り除くことができます。また、お腹は皮膚が薄いので丁寧に行うようにして下さい。

猫の皮膚は、デリケートなので毎日行うのは避けましょう。ブラッシングを行うときは、1回5分から10分程度で1週間に1回程度を目安にブラッシングを行うと良いです。

猫用ファーミネーターの注意点は?5つの注意点を詳しく解説!


簡単に猫の抜け毛を取り除くことが出来る猫用ファーミネーターですが、使用する時には以下のことに気をつけて使用するようにしましょう。


猫用ファーミネーターを使う時の注意点5つは、

  1. ブラッシングをやりすぎない
  2. 猫の毛が乾いているときに使用する
  3. 嫌がる・痛がるときはやめる
  4. 使用後はエッジのお手入れをする
  5. 偽物・模倣品に注意
です。

使う時に注意点を気を付けることで、猫の健康を守り病気になるリスクも軽減することができます。

注意点①:ブラッシングをやりすぎない様にする

注意点1つ目は、やりすぎないようにすることです。


猫用ファーミネーターは沢山毛がとれるので、毎日ブラッシングをすることで、猫の皮膚を傷つけてしまう可能性があります。


長い時間やりすぎることで、皮膚や被毛を傷つけてしまい、皮膚病の原因や抜け毛の原因になってしまいます。


猫へのストレスにも繋がる可能性があるので、猫の様子を見ながら1回に5分から10分、1週間に1回の頻度で行うようにして下さい。

注意点②:猫の毛が乾いている時に使う

注意点2つ目は、猫の毛が乾いているときに行うことです。

猫の毛が濡れているときにブラッシングを行ってしまうことにより、乾いているときに比べて皮膚を傷つけやすくなってしまいます。なので、ブラッシングをするときは、しっかりと乾いている状態で行ってください。

また、猫の毛が、乾いているときやしっかりと乾かした後にブラッシングを行うことで、毛並みをよくすることができます。

注意点③:猫が嫌がる・痛がる場合はやめる

注意点3つ目は、猫が嫌がる・痛がる場合はやめることです。


猫は、ブラッシングをすることを嫌う猫もいます。そのような猫に対して、ブラッシングを行うことでストレスがかかり、ストレスによって病気に繋がる可能性もあります。


嫌がっているときは、徐々にブラッシングをならすようにして、ストレスがかからないように気を付けましょう。


痛がっているときも無理にしないようにして、猫の機嫌がいいときに行うようにしましょう。

注意点④:使用後はエッジのお手入れを忘れずに!

注意点4つ目は、使用後のエッジのお手入れを忘れずにすることです。


エッジのお手入れをしないと細かい毛が残ってしまうことにより、刃が弱くなってきます。どんどん使っていくと毛を取り除くときにしっかりと根元から毛を取り除けなくなってしまいます。


ブラッシングを行った後には、毎回エッジのお手入れをしましょう。そうすることで、刃を綺麗に保つことができ、猫の毛のお手入れも楽に行うことができます。

注意点⑤:偽物・模造品に注意!正規品を購入しよう

注意点5つ目は、偽物・模倣品に注意することです。


猫用ファーミネーターの中には、偽物・模倣品があります。このような偽物を購入してしまうと物が悪くすぐに使えなくなります。価格が安かったり、あまりよく知らないお店で販売されている場合は、よく確かめる必要があります。


ショッピングサイトでは、口コミなども確認することができるので、口コミや評価を見てから購入するのも判断する上で良いでしょう。


偽物・模倣品は正規品に比べて被毛が取れないことが多いです。正規品との違いを知っかりと見極めて下さい。


正規品を購入することで、長く使うことができ、しっかりとした抜け毛対策を行うことができます。

猫用ファーミネーターの口コミ・評判を詳しく紹介!


猫の抜け毛を解消してくれる猫用ファーミネーターは、本当に良いものなのか気になる方も多いのではないでしょうか。そこで購入するときに使用している方の口コミや評価を参考にするのも良いです。


ここでは猫用ファーミネーターの

  • 高評価の口コミ
  • 低評価の口コミ
をお伝えしていきます。


猫用ファーミネーターを購入された方の高評価の口コミは、

  • 毎日行っていたブラッシングが軽減され、効率よくブラッシングを行うことができるようになった
  • 毛をしっかりとってくれて、毛並みがよくなった
  • ボタンを押すだけでブラッシングした毛を取り除くことができ簡単にお手入れできる
  • 毛玉ができにくくなった

猫用ファーミネーターを購入された方の低評価の口コミは、
  • 想像以上に毛が取れるので毛が少なくなりすぎて心配
  • ファーミネータの値段が高い
  • 換毛期以外は使用することがないのでファーミネーターを購入しなくても良かった

毛の量が多く、換毛期以外に抜け毛がたくさん抜け落ちるという猫には猫用ファーミネーターを購入するのが良いと思います。

また、抜け毛の掃除が大変という方も購入をすると、掃除が楽になって飼い主のストレスも軽減されます。

念のためにペット保険に加入しておくのがおすすめ!

猫用ファーミネータは、しっかりとブラッシングを行うことができますが、ブラッシングをする際に、皮膚を傷つけてしまうこともあります。


換毛期だけでなく、抜け毛が多い場合は、皮膚の病気の可能性もあります。早めに動物病院に連れていくようにしましょう。


猫は公的な保険がないので、動物病院で診断、治療、手術などの医療費は、全額自己負担になります。


何かあった時のためにペット保険に加入しておくことをおすすめします。


ペット保険のメリットは、

  • お金を気にせずしっかりとした治療を受けさせることができる
  • 治療の選択肢が広がる
ペット保険に加入することで、お金・治療に関して安心することができます。飼っている猫のためにしっかりとした治療を受けれるようにしてあげてください。

MOFFMEでは、猫のペット保険の一括比較サービスや口コミ・評判も取り扱っておりますので、そちらもぜひご覧ください。

まとめ:猫用ファーミネーターとは?口コミ・評判と共に解説!

猫用ファーミネーターについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


この記事のポイントは、

  • 猫用ファーミネーターはしっかりと抜け毛がとれる
  • 猫の大きさ、被毛の長さによって種類を選ぶことができる
  • 頻度は1回5分から10分、1週間に1回を目安に使用する
  • やりすぎると皮膚を傷つけてしまう可能性がある
  • 偽物・模倣品に注意する
でした。

猫用ファーミネーターを使うことで抜け毛の対策もすることができ、掃除も楽になります。

猫用ファーミネーターは飼っている猫の大きさ・被毛の長さによって種類が異なります。選ぶ時は、飼っている猫に合ったものを使用するようにしましょう。

MOFFMEでは、他にも様々なペットや保険に関する記事を多数公開しておりますので、そちらもぜひご覧ください。

ランキング