シーズーのしつけ方を徹底解説!問題行動の対処、トイレのしつけとは

シーズーのしつけ方を徹底解説!問題行動の対処、トイレのしつけとは-サムネイル画像

シーズーのしつけ方をご存知ですか?性格も大人しくて飼いやすい犬種ですが、無駄に吠えるや噛み癖等の問題行動も見られるので注意が必要です。またしつけはいつから始めるのでしょうか。この記事ではシーズーのしつけについて上手なしつけ方やコツ、育て方等を詳しく解説します。

シーズーのしつけ方を解説!問題行動やトイレのしつけとは?

シーズーは、ラサ・アプソとペキニーズのかけ合わせの小型犬で、目がクリクリしていて、丸形の顔が愛らしいのが特徴です。


性格は、愛情深く、利口で外交的なので初めて飼う方でもお世話をしやすいですが、少し頑固な一面も見せます。


基本的にしつけに困ることは無いですが、初めて飼うときにしつけの仕方を知っているといたずらなどをさせずにすむことができます。


今回「MOFFME」では、シーズーのしつけの仕方について

  • シーズーの特徴・性格
  • しつけ始める時期
  • しつけの仕方の解説
  • しつけのポイント・コマンドの解説
を詳しく解説していきます。

シーズーを飼いと思っている方、飼い始めてしつけはいつからするか悩んでいる方の参考になると思います。ぜひ最後まで読んでください。

またMOFFMEではペット保険のランキングについても詳しく解説しておりますので、そちらもぜひご覧下さい。

シーズーの特徴や性格とは?しつけを始める時期も解説!


犬を飼い始める時に知っておきたいのが、飼い始める犬の犬種の特徴や性格です。


犬の特徴や性格を知っておくことで、しつけをするときに役立ちます。


ここでは、

  • シーズーの特徴や歴史
  • シーズーの性格、オス・メスの違い
  • 子犬・成犬シーズーのしつけ
について解説していきます。

しつけが上手くいくと犬もお利口に過ごしてくれるので一緒に生活するのが楽になります。

しつけの仕方をする上で大切な性格などを知っておくといいです。

そもそもシーズーとはどんな犬?特徴や歴史等を解説!

シーズーの特徴

短頭種で被毛はダブルコートです。小柄でちょこちょこ歩く姿が愛らしいです。


シーズーの歴史

中国では獅子狗と呼ばれていました。獅子は中国で最も尊ばれている動物です。そして、中国宮廷で聖なる犬として扱われてきています。長い毛でおおわれていて気品が漂う雰囲気の犬です。


19世紀後半に第2次アヘン戦争により、清王朝の王宮が占領されてたときに、王宮のシーズーが死亡しました。犬が好きなイギリス人によってシーズーは保護されそのときから繁殖がされていくようになりました。


4年後の1938年にイギリス経由でアメリカに渡ります。その後、1963年にシーズーが日本に渡ったと言われています。

シーズーの性格を解説!オス・メス別の違いとは?

シーズーの性格は、とても社交的で優しい性格をしています。愛情深いので家族と過ごす時間が大好きです。神経質ではないので子どもがいても気にすることなく過ごします。


穏やかな犬なので、初めて犬を飼う方には飼いやすい犬種となっています。


オスの性格は、やんちゃで活発・正義感が強い好き嫌いがはっきりしている。また、メスの性格は、穏やかで平和主義飼い主の気持ちを察することができます。


子犬のときは、オス、メス変わらない性格ですが、成長と共に性格も変わってきます。

子犬・成犬のシーズーのしつけはいつから始める?

イタズラを減らすには早い段階で主従関係を作ることが重要になってきます。しつけは、飼い始めてからすぐに始めることをおすすめします。

シーズーは頑固な一面をみせることもあります。思い通りにいかないときに自分の意思を通そうとすることがあるのでしつけするときには一貫性をもってしつけしましょう。

家族でしつけに関してルールを決めておくと飼い犬が混乱することなくしつけを覚えていくことができます。

シーズーの問題行動とそのしつけ方を解説!噛み癖等の対処とは?


シーズーは頭がよく賢いので正しいしつけで基本的なしつけはすぐに覚えることができます。


しつけには一貫した指導が必要になってきます。トレーニングの仕方を知って正しく教えてあげることを意識してください。


ここでは、しつけの仕方を

  • 社会化トレーニング
  • トイレトレーニング
  • 噛み癖のしつけ
  • 無駄吠えのしつけ
  • 留守番のしつけ
にわけて解説していきます。

しつけを上手に覚えさせ、愛犬との暮らしを快適に過ごせるようにしましょう。

①:社会化トレーニング

犬が人社会や犬社会において学習して身に着けて生活していくことを社会化と呼びます。


人間がなんとも思わないことでも犬にとっては恐怖を感じることがあります。それは、赤ちゃんの泣き声、車の音、洗濯機の音などに驚き、恐怖を感じることもあります。


人間社会に慣れていくように音、物、人、環境などの刺激を子犬のときに経験させてあげることが重要となってきます。


できるだけ早い時期からトレーニングを開始すると良いです。

②:散歩等でのトイレトレーニング

トイレトレーニングをするうえで最も大切なことは、叱らないことです。叱ることで構ってもらえると勘違いしたり、ストレスを感じてしまい違う場所でトイレをしてしまいます。


ポイントとしては、上手にできたら名前を呼んで褒めてあげることです。また、褒めるときには、頭をなでてスキンシップをとることで喜んでもらえることを覚えさせることも良いです。


できたときのご褒美でおやつを用意しておくのも良いでしょう。

③:「噛み癖」のしつけ

犬は、噛んで遊ぶことによって欲求を満たしていきます。子犬の時期に、噛んで遊ぶことでどれぐらい噛んだら痛いのかをこの時期に学んでいきます。ですので、飼い主は噛んでもいいおもちゃで遊んであげるといいです。


噛まれたときには騒いだりすると犬も興奮してさらに噛んできます。噛まれたときは静かに叱るか無視することで噛む行為は喜ばれないと言う事を理解させることが良いでしょう。

④:「無駄吠え」のしつけ

犬の吠える理由として、欲求・威嚇・恐怖のいずれかを感じて吠えることがあります。飼い主は、犬がどうして吠えているかを見極める必要があります。


欲求で吠えている場合は、犬優位にならないように飼い主の命令に応じてから犬の欲求を満たしてあげることが大切です。


威嚇で吠えている場合は、犬が吠え終わったタイミングでお座りなどの命令をして吠える行為をなくすことです。


恐怖で吠えている場合は、落ち着ける環境に移動させて安心させてあげることが良いです。

⑤:「留守番」のしつけ

犬は基本的に群れを好む傾向があります。ですので、一人になるとストレスを感じやすくなります。


留守番のしつけで大切なのが徐々に留守番の時間を長くしていくことです。まずは、留守番ではなく犬の視界から消えることを慣らしていくようにしてください。


視界から消えて不安で吠えているときも焦らずに時間が経ったら戻るようにしましょう。


視界から消えても戻ってくることを覚えると自然にお留守番もできるよになります。

シーズのしつけのポイントや必要なもの、コマンドについて解説!


ここまでにシーズのしつけの仕方を解説してきました。シーズーは、頭がいいのですぐにコマンドを理解することができます。


そのために、正しくしつけをすることが重要です。


ここでは、

  • 必ず教えたいコマンド
  • しつけの注意点・ポイント
  • しつけに必要なもの・便利グッズ
について解説していきます。

犬と生活するうえでしつけを正しく教えてあげると飼い主も愛犬も過ごしやすい生活を送れます。

しつけの注意点を踏まえたうえでしつけてあげましょう。

シーズーに必ず教えたいしつけコマンドとは?

コマンドは、1つの目的に対して1つの単語にしましょう。なぜなら、1つの単語で多くの行動を覚えさせるのは犬の混乱を招きます。飼い主はしっかりとコマンドの目的をしっかり設定していきましょう。


シーズーに必ず教えたいコマンドは、

  • 待て
  • お座り
  • ハウス
  • おいで
です。

待ては、ご飯、おやつのときに覚えさせるといいです。行動を止めることができることで、散歩や遊ぶ時にも役立ちます。

お座りを覚えることで、外出中に他の犬に吠えたときに落ち着かせるために覚えておくといいでしょう。

ハウスを覚えることで、外出するときに嫌がらずケージに入るようになります。来客がきたときにも使えるので教えておくとよいです。

おいでを覚えることは他のコマンドよりも難易度が低いので教えやすいです。

シーズーのしつけの注意点・ポイントを詳しく解説!

しつけは犬と信頼関係がってこそ成立するものです。しつけのときにネガティブになったり、頭ごなしに叱るのは犬にとってストレスを感じ飼い主の信頼を損ないます。


しつけのときは、一貫性がある行動をとるように心がけてください。そうすることで、信頼関係を築くことができます。


しつけの基本としてできなかったことを叱るのではなく、出来たことをほめるというスタンスを徹底したほうがいいです。


褒めることで犬は飼い主にもっと喜んでほしいと感じ、喜んでくれる行動をとるようになります。


コマンドがしっかりとできたときは、愛犬に触れて喜んであげるとスキンシップもとれるのでより信頼関係を強くすることができます。

シーズーのしつけに必要なものとは?様々な便利グッズを紹介!

シーズーのしつけのときに必要なグッズがあります。ここでは、しつけに必要なものを紹介していきます。


シーズーのしつけに必要なものは、

  • おやつ
  • おもちゃ
  • クレート・サークル
です。

おやつはコマンドを教えるときに必要になります。頻繁にあげるものとなってくるので、おやつとして適しているのは、小さめのもので太りにくいものが適しています。

おもちゃは、ストレス発散できるようなおもちゃを選ぶといいです。おもちゃは出しっぱなしにしておくのではなく、メルハリをつけて遊ぶ時に出してあげると良いでしょう。

クレート・サークルは、しつけにおいて様々なことで使用します。トイレのトレーニングやお留守番に使います。落ち着ける場所で安心できる環境を作ってあげると良いです。

補足:しつけ教室やしつけトレーナーにお願いするのもあり!

飼い主ではしつけを行うのが難しい場合は、しつけ教室に通ったり、専門のトレーナーにお願いするのも良いでしょう。


しつけ教室では、他の犬もいる場合があります。そのため、他の犬との交流もすることができるの社会化を学ぶといった点において良いでしょう。


また、個々にトレーニングをしてくれる教室もあります。しつけの悩みも聞いてくれるので飼い犬にあったトレーニングをしてくれます。

念のためにペット保険に加入しておくのがおすすめ!

しつけをするときにしつけをする時間が長かったり、叱ったりすることで犬はストレスを感じてしまいます。


ストレスを感じることで、病気になりやすくなったり、体調を崩しやすくなります。病気や体調を崩した時には、動物病院で診察してもらうことが必要になってきます。


人間は公的な保険がありますが、動物は公的な保険がないので全額自己負担になります。


ペットの医療費は、診察、治療など高額になっています。ですので、しっかりとした治療を受けさせるにはお金がないと受けさせることができないです。


大切な愛犬が病気になったときにきちんとした治療を受けさせたいですよね。


そんな時のためにペット保険に加入しておくことをおすすめします。


MOFFMEでは、シーズーのペット保険の一括比較サービスや口コミ・評価を取り扱っています。ぜひ参考にしてみて下さい。

まとめ:シーズーのしつけは難しい?しつけ方・飼い方を解説!

今回は、シーズーのしつけについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


この記事のポイントは、

  • シーズーの性格は社交的で優しい
  • シーズーは賢いので簡単なコマンドはすぐに覚えることができる
  • しつけは早い段階で教えることが良い
  • 基本的にしつけは、叱るよりも褒めて覚えさせる
です。

犬との生活で大切なのは信頼関係を築いていき、しつけをしていくことです。しつけるときには、主従関係が逆転しないように注意しましょう。

犬を飼い始めたら愛情をもってスキンシップをとりながらしつけをしてあげることで愛犬も喜びます。

MOFFMEでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事を掲載しています。ぜひ、ご覧ください。

ランキング