【MOFFME DOCTOR DOG】これって分離不安症?対処法は?

【MOFFME DOCTOR DOG】これって分離不安症?対処法は?-サムネイル画像

現役獣医師さんがみなさんのご質問に答える、第3回のMOFFME DOCTORの記事では、犬の異常行動についての特集です!犬に多い分離不安症や脳震盪など、心配な症状を獣医師が詳しく解説しています!ぜひご覧ください。

第3回「MOFFME DOCTOR」


MOFFMEでは、毎週金曜日までにLINEで頂いた質問に対して、獣医師さんにご回答いただく「MOFFME DOCTOR」を実施中です! 


 MOFFME DOCTORは、 

  • わんちゃんで気になる点があるが、動物病院に行くか迷っている 
  • まずはLINEで気軽に相談してみたい 
  • かかりつけ以外の先生の意見を聞いてみたい 

という方の質問を受け付けております! 


 今回は、平田先生に回答いただきました。


質問・相談①:自分を噛んでしまいます。


◎相談者さん

犬種:ミニチュアシュナウザー

年齢:6ヶ月

自分の好きな人が長時間いないと自傷行為をしているようです。 

自分の口が届く範囲(脇腹と正面から見た前足の付け根部分)を噛んで皮膚が荒れたり血が出ている感じです! 

私がいる時は確実にやらないので、痒いとかではないと思ってます。

これはどうやって直したらいいでしょうか。

血が出るほど自分を噛んでしまうのは、やはり分離不安などの問題行動が考えられます。

 一時的に噛む事を止めたいのであれば、エリザベスカラー装着なども良いとは思いますが、ワンちゃんにとっては多大なストレスになるでしょう。

この問題行動という病気は、薬よりも行動治療が中心となるため、治すのが本当に難しい領域になります。行動治療は依存している飼い主様との関係性を修復することが最も大切なため、根気良く時間をかけて修正していくことが必要になります。
どんな方法が最適であるかケースバイケースになるため、しつけの先生か行動療法を専門とされる獣医師に相談することをお勧め致します。

自傷行為も分離不安症の可能性があるようですね。

改善しないようであれば専門の獣医師さんに相談してみるのが良いでしょう!

質問・相談②:目をしばしばさせています。


◎相談者さん

犬種:ポメラニアン

年齢:生後3ヶ月

遊んでいる最中にひっくり返ったり頭を打ったりした際に悲しそうに泣いて、しばらく目をしばしば(細める感じ)させる事があるのですが、他の子もこのような事はありますか?

このご質問を頂いている子は、お若いワンちゃんで宜しいでしょうか?

動物も人と同様に『脳震盪』という症状があります。頭に強い衝撃があった時、目の前がクラクラするものですね。

お話を読む限り、恐らく興奮状態にてひっくり返った際、頭を打ってしまい、少し目がチカチカしているのではないでしょうか。若く活発な子であれば、我を忘れて遊んでしまう事によるものと思われますので、様子をみて頂いて大丈夫でしょう。
ただし転ぶ回数が明らかに多いのであれば、神経症状の疑いがあります。お目目が揺れていたり、頭を傾けて歩く、歩様がぎこちない、慢性的な嘔吐がある…などの症状があれば、是非かかりつけの病院に相談してみてください。

元気に遊びすぎて脳震盪になることもあるようです。

まずは様子を見て、その他に症状がないか確認してみてくださいね!

質問・相談③:食事に集中してくれません。


◎相談者さん

犬種:ボーダーコリー

年齢:0歳

最近、ご飯の時に食べることに集中できないのか、一口食べては飼い主になにかアピールしてきます。犬がご飯を食べている時に飼い主が部屋から出ると、餌を食べることを辞めてドアの前で待っています。集中して食べてもらうには、どのようにしてあげれば良いですか? 
また、散歩中人に飛びかかろうとしたり吠えたりする癖をなおすにはどうしたら良いですか?
ご相談されている子は、ご飯への興味よりも飼い主様に構ってもらうことの方が喜びなのですね。もしご飯に集中させたいということであれば、食べ終わるまでは相手をせず、食べ切ったらよく褒めてやることが重要と思われます。
また散歩中に人に飛びかかったり吠えたりするのを止めさせたいとの事ですが…これは問題行動治療の領域ですね。先程のフードに集中させたいという事とも関わってくるのですが、もしかしたら少し分離不安などの心因性の問題があるかもしれません。
体の病気ではないので、薬などの治療はほとんど効かない上、間違った方法を取ると余計にこじれる危険性があります。ケースバイケースの対応が必要となるため、トレーナーや問題行動の専門家などプロにご相談された方が良いと考えられます。

飼い主さんにかまってもらいたくてご飯に集中できない子もいるようです!

可愛いですが、少し困ってしまいますね。


まとめ

今回は、犬の異常行動に関するご相談をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。


 同じような行動で悩まれている方は、ぜひ参考にしていただけると幸いです。 


 MOFFMEでは、LINEで毎週獣医師さんに質問ができるMOFFME DOCTORを実施しています。 

 ご利用方法は、犬種、年齢、性別、体重、ご相談内容のメッセージを送信していただくだけです。

 基本的には全てのご相談・質問に回答しておりますので、ぜひお気軽にご利用ください! 


 ではまた来週!

ランキング