猫もうつ病になる?猫のうつ病の原因や症状、治療法、予防法を解説!

猫もうつ病になる?猫のうつ病の原因や症状、治療法、予防法を解説!-サムネイル画像

猫もうつ病になるのかご存知ですか?猫も人間と同じようにうつ病になることがあります。うつ病になる原因や症状について気になりますよね。この記事では猫のうつ病について、うつ病の原因や症状、治療法、うつ病を改善するために飼い主ができることを解説します。

ペットもうつ病になる?猫のうつ病の原因や症状、治療法を解説!

うつ病といえば人間がかかる病気のイメージがありますが、実は猫や犬などペットもかかることが判明しています。


今回「ほけんROOM」では「猫のうつ病」について

  • 猫のうつ病の特徴や原因、発症した際の症状について
  • 猫のうつ病の治療法や効果的な改善策について
  • うつ病傾向が見られる猫種や年齢、条件について

といった内容を取り上げます。


うつ病は精神的な病なので外見からは分かりずらく、判断されるまで時間のかかる病気だといえます。


その点については猫だけに限らず、人間がうつ病になっていたとしても周囲の人間や本人でさえも気づかないという場合もあります。


もし猫がうつ病を発症していた場合、自然治癒で治るということではなく対応が遅くなればるほど病状が悪化してしまいます。


ですが、うつ病の早期発見ができれば悪化させずに済みます。今回は猫のうつ病について解説しますので、最後までご覧ください。


ほけんROOMでは猫の保険についても紹介しておりますので、そちらもぜひご覧下さい。

猫のうつ病とは?特徴や原因、症状について詳しく解説!

うつ病と聞くと、不眠や無気力、無関心といった人間の症状を思い浮かべる人もいるかと思いますが、猫のうつ病も人間と同じような症状が見られます。


ここでは、

  • 猫はうつ病になる
  • 猫のうつ病の原因はストレス
  • 猫のうつ病の症状は人間と酷似しているものとグルーミングのように猫独自のものがある

といった内容について解説を行います。


猫のうつ病は、人間がうつ病になる原因や症状に似ているという特徴があります。ですので、飼っている猫にうつ病の疑いを感じるような場合は医師に判断を聞くようにしましょう。

そもそも猫のうつ病とは?人間のように猫もうつ病になるのか

うつ病は人間独自の病気で猫が発症してしまうということについて、想像していない人も多いかと思います。


実はも人間と同様にうつ病にかかってしまうのです。猫がうつ病にかかる原因も遺伝的な要素やストレスですし、症状も食欲不振や無関心など人間がうつ病を発症した際の症状に酷似しているといえます。


もし、飼い主として猫がうつ病になっていないか確認したい場合は、猫の行動をよく観察してみます。


そして、飼っている猫の行動にうつ病の症状が見られるようであれば、動物病院で診察を受けると良いでしょう。

猫のうつ病の原因とは?ストレス等の原因を解説!

猫がうつ病になってしまう原因ですが、人間と同じようにストレスが大きな要因を占めているケースが見られます。


猫のうつ病の原因としては、

  • 急激な環境の変化
  • 一緒に飼っているペットとの折り合いが悪い
  • 刺激がない環境

といったものが上げられます。


人間も新学期や就職など新しい人間観関係がスタートする時に、楽しみな気持ちと激しいストレスを感じるということもあるのではないでしょうか?


それは、猫にも当てはまることで、猫を飼い始めると、飼い主としては可愛らしい猫との生活が楽しみですが、猫にとっては今まで過ごしていた環境から違う環境で過ごすので過剰にストレスを感じてしまいます。


さらに、一緒に飼われることになるペットと折り合いが悪かったり、遊び場がないような退屈な状況になってしまうと、猫にとっては居心地が悪く精神状態を悪化せてしまい、うつ病を発症させてしまうということになってしまいます。


ですので、飼い主が猫のうつ病の原因であるストレスを感じさせないような環境づくりをおこなえば、うつ病予防にも繋がることでしょう。

猫のうつ病の症状とは?食欲不振や無気力等の症状を解説!

うつ病といえば、人間だと不眠症や食欲不振、無気力や無関心といった症状が見られます。


猫のうつ病は

  • 食欲不振
  • 不眠症のように眠りが浅くなる
  • 無気力
  • 無関心
  • 物陰に隠れて姿を見せない
  • グルーミングを過剰に行うか、もしくは全く行わない
  • 下痢などで排泄が上手くできない
  • 攻撃的な反応
  • 後追いが酷くなる

といった症状が見られます。


猫がうつ病を発症させると、人間と同じように食欲不振になったり眠りが浅くなってしまいます。


そして今まで楽しく遊んでいたおもちゃに関心を示さなかったりするという行動も人間がうつ病を発症させた時の症状に酷似していると言えるでしょう。


後追いも精神的に不安定になっている状態だと言えますし、対照的に物陰に隠れて姿を見せないという点もうつ病の症状です。


猫独自のうつ病の症状としては、グルーミングを過剰に行うか全く行わないかという点が上げられます。


いづれの症状が見られる場合でも、うつ病に限らず猫が何らかの病気を抱えていると判断できると思うので、猫の行動に異常を感じたら動物病院へ連れて行ってあげましょう。

猫のうつ病の治療法や改善策は?飼い主にできることとは

猫がうつ病を発症させた際には、どのような治療法を行うのか気になるのではないでしょうか?


猫のうつ病は、

  • ねこのうつ病の治療法は生活改善の指導と抗うつ剤の投薬治療
  • 飼い主は動物病院の医師に相談して、猫がストレスと感じない環境を用意できるようにする

といったことで対応することになります。


うつ病はストレスなど精神的な負担により、引き起こされる病気です。人間のうつ病の治療でも原因を取り除いたり投薬を行っていますが、それらは猫のうつ病にも必要な治療方法だといえます。


猫のうつ病の原因をしっかりと理解した上で、有効的な治療法を行うようにしましょう。

猫のうつ病の治療法は?内服薬の投与等の治療法を解説!

猫のうつ病の治療法は抗うつ剤の投薬治療がと猫の生息環境改善がメインになります。うつ病はストレスが原因で発症する病気です。


ですので、治療を始めるにあたっては、飼い主が医師からの問診を受けて猫がどんな原因でうつ病になったのかを判断します。


猫がどんなことでストレスを感じうつ病を発症しているか判明したら、猫がうつ病を克服するためにどんな環境にしていったら良いか医師が飼い主に指導を行い、猫のストレス軽減を目指すことになります。


その上で、クロミプラミンなどの抗うつ剤を投与し治療を行っていきます。病状によっては手術などの外科的治療を行う場合もあります。

猫のうつ病で飼い主にできることは?動物病院で相談しよう

飼い主としては、うつ病で苦しんでいる猫の姿を見るのは辛いことです。動物病院へ連れて行ってうつ病と診断されたのであれば、医師に猫の日頃の様子や、猫がどんな環境で過ごしているのか細かく説明をしましょう。


例えば、医師に相談して暇な環境がうつ病の原因だと判明した場合、室内に段差を設けるなど猫が遊べる環境を用意して環境を改善するという方法を取ることができます。


このように、医師のように医学的な知識を持っている立場の人に話を聞いてもらうことにより、どんなことが猫のうつ病の原因になっているのか的確に判断し、猫の生活環境の改善に繋がります。


ですので、自分だけで悩みを抱え込まずに病気のことを動物病院で相談してみましょう。

うつ病になりやすい猫種や年齢、条件はある?

うつ病になりやすい猫種や年齢などでの傾向が見られません。ですが、猫がうつ病を発症させる条件はあります。


それは過剰なストレスを感じさせることです。ですので、うつ病は猫種や年齢などが関係するのでなくストレスが引き金となっています。


うつ病にかかる条件としてストレスが上げられますが、どんなことによって猫がストレスを感じるのかは猫が置かれている環境などで変わってくるので、猫ごとに判断する必要があります。


例えば、知り合いの家で猫が出産し、子猫をもらい受けることになった場合、子猫を急に母猫から引き離したりすれば大きなストレスを与えてしまいます。


また、先に飼っているペットと新しく迎えた猫の折り合いが悪ければ、先に飼っていたペットと新しく家族になった猫が共にストレスを感じてしまうという結果になってしまうということも考えられます。


このように、猫の置かれた環境によってはどんなことが猫のストレスになるのか違ってくるので、猫を観察してどんなことにストレスを抱えているのか判断するようにしましょう。

もしもの時に備えてペット保険に加入しておくのがおすすめ!

うつ病の治療は薬を内服する投薬治療なので、手術を行うような外科的治療よりも1回にかかる医療費は少ない金額で済みます。


しかし、うつ病は一度発症してしまうと動物病院へ何度か通わなくてはならない病気です。その治療は短期間で完治する場合もあれば何か月と通う場合もあります。


猫などペットの治療費は全額負担になるので、何度か通院を重ねることにより医療費がかさんでしまいます。


そういった事態に備えてペット保険に加入しておくと良いでしょう。ペット保険に加入しておくと通院でかかる医療費での負担を減らすことができます。


ほけんROOMでは、各保険会社の一括比較サービスや猫のペット保険に関する記事を取り扱っていますので、ペット保険への加入を検討している人は是非参考にしてみましょう。

まとめ:猫のうつ病は治る?改善するには何が効果的なのか

猫のうつ病について解説してきましたが、いかがだったでしょうか?


今回の記事についてまとめますと、

  • 猫はうつ病にかかる
  • 猫のうつ病の原因はストレスによるもので、症状は人間と酷似しているものと猫独自の症状がある
  • 猫のうつ病にはストレスの原因を追究し、生活改善や抗うつ剤の投与などで治療を行う
  • うつ病は猫種や年齢を問わずかかる可能性のある病気

といった内容になります。


うつ病は猫種や年齢に関係なく、ストレスを感じる環境にいることで発症させてしまう病気です。


ですので、猫のうつ病を予防したいのであれば、ストレスを感じさせないような環境づくりが必要になってきます。


もし猫がうつ病になったとしても、投薬治療や飼い主による生活環境の改善を行うことで病気を治すことができます。


早い段階で治療を行えばうつ病を悪化させずに済みます。猫の体調の変化や行動でうつ病の疑いを感じたら早めに動物病院へ連れて行ってあげましょう。


ほけんROOMでは、他にも様々なペットや保険に関する記事を多数公開しておりますので、ぜひご覧ください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング