モロッコ旅行に必要な持ち物って?便利品から必須品まで完全攻略!

「モロッコ旅行に行くんだけど、持ち物は何にしよう?」今頃、必要な持ち物リストを考えているころではないでしょうか。モロッコは気候や天気が日本とは大きく異なり、夏や冬は服装などの持ち物が大きく変わります。今回、モロッコに行くためのおすすめの便利品から必須品まで徹底解説!

モロッコ旅行で必要な持ち物って?

モロッコ旅行に限らず、海外旅行に行くときは国内旅行以上に何を持っていくべきなのか悩みますよね。


必需品や体調管理品、服装など持ち物をちゃんと準備したくても、何を参考にしたら良いのかわからないという方は多いのではないでしょうか。


海外旅行に必要な持ち物には、パスポートや現金、クレジットカードなどがあります。また、日本とは違う環境になるため、いざという時のための海外旅行保険も必須となるでしょう。


今回、この記事ではモロッコ旅行で必要な持ち物について、

  • 必需品
  • 体調管理品
  • おすすめの服装
  • 便利品
  • モロッコ旅行での持ち物に関する失敗談
以上のことを解説します。

この記事を読めば、モロッコ旅行に行くときの必要な持ち物がわかりますので、準備に困ることもなくなるでしょう。ぜひ、最後までご覧ください。

モロッコ旅行での持ち物(必需品)

モロッコ旅行に行く場合、滞在日数によって必要なものも変わってきます。

  • 90日以内の滞在の場合、ビザは不要
  • 90日を超える滞在の場合、都市の所轄警察署の外国人課で滞在申請が必要
  • パスポートの有効残存期間が90日以上必要
ビザ申請は、旅行に行く1ヶ月前までに準備しておく必要があります。90日を超える長期滞在になる場合は、忘れずに手続きをしてください。
(参考:モロッコ王国大使館「各種手続き」より)

このように、モロッコ旅行に行くときには、必ず準備しておかなくてはいけない持ち物があります。

まず、モロッコ旅行に行くための必需品について見ていきましょう。

パスポート【必須】

パスポートはモロッコ旅行に限らず、海外旅行の際には必ず必要な持ち物となります。


モロッコはパスポートの有効残存期間が90日以上必要となるため、必ず事前に確認しておいてください。


なお、観光目的で90日以内の滞在であればビザは不要です。90日以上滞在する場合は、旅行に行く1ヶ月前までにビザの準備をしておきましょう。

日本円【必須】

モロッコで必要となる通貨(ディルハム)は、日本国内では両替できません。そのため、モロッコ旅行の時は必ず日本円で現金を持参してください。


ディルハムは主に、以下で両替が可能です。

  • 現地の空港
  • ホテル
  • 両替所
なお現地の高級レストランでは、ユーロでも支払いが可能な場合もあります。

万全にしておきたいのであれば、モロッコに到着したらディルハムとユーロに換金しておくと良いでしょう。

クレジットカード

モロッコにはクレジットカードが使えるお店もあるため、1枚持っておくといざという時に役立つでしょう。


キャッシング機能を活かせば、わざわざ両替をする手間もなくディルハムでお金も借りることも可能です。


日本円を持参して、モロッコ国内でディルハムに換金できれば確実ですね。


ですが、近くに両替するところが無いなど、ちょっとしたトラブルがあった時にクレジットカードがあればとても便利ですよ。

海外旅行保険【必須】

モロッコに限らず、海外旅行は日本とは違う環境になるため体調を崩す恐れがあります。楽しい旅行にしたいのに、何も備えが無かったら現地で慌ててしまいますよね。


万が一の場合に備えて、海外旅行保険は必ず加入しておくと良いでしょう。


なお、モロッコは他の国と比べると、比較的治安は良いと言われています。ですが、何も起こらないという保証はありません。


体調管理以外にも、盗難などのリスクも考えておくと安心です。

モロッコ旅行での持ち物(体調管理品)


モロッコの環境は、日本とはどのような点が異なるのでしょうか。

  • 春と秋は短く、夏と冬が長い
  • 朝夕の寒暖差が大きい
  • 乾燥地帯である

特に気を付けなくてはいけないのが、朝夕の寒暖差が大きいという点です。急に寒くなることもあるため、体調管理は万全にしておきたいもの。現地で体調を崩すと大変です。


ここでは、モロッコ旅行に行くときに準備しておくべき持ち物(体調管理品)について細かく解説します。万が一のことを考えて、事前に用意しておきましょう。

のど飴、のどスプレー【必須】

モロッコは日本とは違い乾燥地域です。特にサハラ砂漠やマラケシュなどの内陸部はひどく乾燥しているため、喉から体調を崩す可能性があるでしょう。


のど飴やのどスプレーを用意しておけば、喉の乾燥を防ぐことができるためとても便利です。


何種類か用意しておけば、安心して旅行を楽しめるでしょう。

風邪薬

モロッコは寒暖差が大きいため、気を付けていても風邪をひくこともあるでしょう。もしもの時のために、普段使用している風邪薬を用意しておくと安心です。


風邪は引き始めの対処が大切になるため、悪化してしまうと旅行も楽しめなくなってしまいます。


普段から使っている薬であれば、安心して服用できるためちゃんと持ち物リストに入れておきましょう。

胃腸薬【必須】

日本とモロッコでは、食が大きく異なります。また、旅行だといろいろなものが食べたくなり、つい食べすぎてしまうこともあるでしょう。


このような理由からも、胃腸薬は必須です。普段は胃腸薬使わないという人も、持ち物に準備しておくと安心ですよ。

下痢止め

海外旅行中で最も気を付けなくてはいけないのが、胃腸関係です。


胃腸薬を使ったとしても、もしかしたらお腹を下すかもしれません。このような時のためにも、胃腸薬とセットにして下痢止めも用意しておくと安心です。


旅行中に美味しい食べ物が全然食べられないということにならないように準備しておきましょう。

酔い止め

モロッコ旅行では車の移動がメインとなるため、酔い止めも用意しておくと安心です。また、日本とは違い道も整備されていないため、揺れや振動が強い可能性があります。


普段車酔いしないという人も、乗り物に酔う可能性が十分考えられるため注意が必要ですよ。


薬関係は普段使わないものも持ち物リストに入れておけば、いざという時に役立つでしょう。

モロッコ旅行での持ち物(おすすめの服装)


モロッコ旅行は朝夕の寒暖差が大きかったり、春夏秋冬の開きが大きかったりするため服装の管理はとても重要です。


ここでは、モロッコでおすすめする服装(持ち物)について、

  • 夏服
  • 冬服
2つに分けて考えてみましょう。

服装を間違えてしまうと、そのことが原因で体調を崩す恐れがあります。しっかりと準備をしておきましょう。

夏服

モロッコの夏は厳しい暑さになることが予想されます。そのため、風通しの良い素材の洋服を準備しておくと良いでしょう。


日差しが厳しいため、UVケアも徹底してください。


ただし、公共機関や施設内では冷房がききすぎている可能性があるため、シャツやカーディガンなど羽織れるものを持ち物リストに入れておくと便利ですよ。

冬服

モロッコの冬は寒くなることが予想されます。厚手のセーターやジャケットを重ね着できるように工夫すると良いでしょう。


また、1~2月にかけては雨が多く降るため、カッパや折り畳み傘など持ち運びしやすい雨具を準備しておくと便利です。


持ち物がかさばるかもしれませんが、モロッコは朝夕の寒暖差が大きいため、十分に暖かい服装を心掛けると安心ですね。

モロッコ旅行での持ち物(便利品)

モロッコ旅行は、日本とは異なる文化の土地に行くため何を持っていけば良いのか不安ですよね。


ここでは必需品や体調管理品、服装以外にも準備しておくと便利な持ち物を紹介します。


備えあれば憂いなしと言いますので、きちんとチェックしておきましょう。

トイレットペーパー【必須】

モロッコは日本とは違い、トイレにトイレットペーパーが備え付けられていないことが多いのです。


そのため、トイレットペーパーは必ず用意しておきましょう。


トイレットペーパーが付いているトイレもありますが、その場合は有料であることが多いようです。


あらかじめ芯を抜いておけば、潰せるので持ち運びしやすいですよ。

ポケットwi-fi

モロッコ旅行中に何かわからないことがあったら、スマートフォンやタブレットを使って調べ物をする人が多いと思います。


何かあった時に電波が無いと困るため、ポケットwi-fiモバイルバッテリーはきちんと持ち物リストに入れておきましょう。


また、充電をする時は電源変換アダプタがあると便利ですよ。

汗拭きシート

モロッコの砂漠ツアーに参加すると、キャンプスタイルが一般的のためシャワーがありません


また、汗だくになったり砂がついたりすることもあるため、汗拭きシートを用意しておくと便利です。


1枚で身体中を拭けるような、少し大きめのものを準備しておけば節約もできるのでおすすめですよ。

ウェットティッシュ【必須】

サハラ砂漠は水が貴重であり、水道も無いためウエットティッシュを用意しておくと良いでしょう。


ウェットティッシュは食事の前やトイレの後など、様々なシーンで活躍するため、大判のものか枚数が多いものを準備しておくと安心です。


またメイクを落とす時は、専用のメイク落としシートを準備しておくと良いでしょう。

ケータイもしくはカメラ

モロッコへ旅行に行くのなら、素敵な景色や風景を写真にしっかりとおさめたいですよね。


ちゃんとしたカメラを用意しても良いですし、近年ではケータイでも画素が良いので綺麗な写真がたくさん撮れるはずです。


撮った写真はそのまま保存しても良いですが、どうせならインスタグラムにアップしても良いでしょう。色んな人からいいね!がもらえれば、旅行も楽しくなりますね。

モロッコ旅行での持ち物に関する失敗談2選

モロッコ旅行は国内旅行とは違い、飛行機に乗って海外に行くため持ち物は念入りに準備しないといけませんよね。


現地に着いてから忘れものに気付いても、それがモロッコに売っているのかわかりませんし、何処で購入すれば良いのか全く分からないため焦ってしまいます。


ここでは、モロッコ旅行で持ち物に関する失敗談を2つ紹介したいと思います。


自分が海外旅行に行くときに失敗しないためにも、ぜひチェックしておいてくださいね。

失敗談①:モロッコのホテルにはアメニティグッズがない!

日本ではホテルに行けばアメニティグッズが充実していますよね。モロッコでもそのつもりでいたのですが、全くなかったので失敗したと思いました。

シャンプーやコンディショナー、ボディーソープなど全て持ってきていなかったので慌てたのを覚えています。

次に海外旅行に行くときは、ホテルのアメニティグッズを当てにせず自分でちゃんと持ってきます。

こちらは女性ならではの失敗談ですが、海外では日本のようにアメニティグッズが充実している訳ではありません。あらかじめちゃんと持ち物リストに入れておいて、忘れないようにしましょう。

失敗談②:キャッシングカードを忘れて現金が引き出せない!

モロッコ旅行中に、現地で急にお金が必要となったのですがキャッシング用のクレジットカードを持ってくるのを忘れて現金が用意できませんでした。


普段キャッシングをしないため、財布にカードを入れていなかったので相当焦りました。


キャッシング用のクレジットカードを忘れてしまうというのも、海外旅行ではよくある忘れ物の1つのようです。


普段使用しないカードなら、なおさら財布に入れ忘れてしまいますよね。旅行中に現地で慌てないためにも、持ち物リストにしっかりとクレジットカードを入れておきましょう。

まとめ:モロッコ旅行では気候にあわせた服装や必需品などの持ち物がある!

モロッコ旅行に必要な必需品や体調管理品、服装などについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか。


今回の記事のポイントは、

  • モロッコはパスポートの有効残存期間が90日以上必要
  • モロッコに90日を超える滞在の場合はビザが必要
  • ビザは旅行の1ヶ月前までに準備しておく
  • 普段服用しない薬でも、万が一のことを考えて用意しておくと良い
  • モロッコの夏は、風通しの良い素材の洋服がおすすめ
  • モロッコの冬は、1~2月にかけては雨が多く降るため雨具が必要
以上となります。

海外旅行は国内旅行とは違い、忘れ物をしても簡単に現地で購入できない恐れがあります。大切な持ち物を忘れないためにも、きちんとリストを作ることをおすすめします。

またパスポートは必需品となるため、必ず事前に有効残存期間を調べておきましょう。ビザも必要であれば直前に申請するのではなく、余裕をもって1ヶ月前までに準備しておいてください。

海外旅行を楽しむためにも、持ち物の管理は徹底して行いましょう。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい海外旅行に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング