保険証券が保険証の代わりになる?知っておきたい海外旅行保険の知識

海外では日本の健康保険証を使うことはできず、海外旅行保険の保険証券がその代わりとなります。海外旅行保険の保険証券を提示することで、治療に必要な様々なサービスを受けることができます。また海外療養費制度の利用により、治療費の一部払い戻しが受けられます。

海外旅行保険に加入すれば海外旅行に日本の健康保険証は持参する必要ない?

海外旅行に出かける時に気になるのは、旅行先で事故に遭ったり、病気にかかって緊急な入院を余儀なくされたりすることでしょう。

海外では、日本と異なり治療費が高いため、もしも入院ということになると家計へのダメージが大きくなり楽しい海外旅行が暗転してしまうことにもなりかねません。


そのため、海外旅行に行く際には海外旅行保険に加入して、もしもの時に備えることが大切です。


ところで、突然の事故や急病によって海外で治療を受けざるをえなくなった場合、日本の健康保険証は役にたつのでしょうか。


それとも、役にたたないのでしょうか。


役にたたないのであれば、健康保険証に代わるものには何があるのでしょうか。


ここでは海外旅行先で治療を受けた場合、現地の医療機関に何を提示すればよいのか、について解説します。




海外では海外旅行保険に加入に関わらず日本の健康保険証は使用できない!

海外では医療制度が日本とは違いますので、日本の健康保険証は使うことができません。

そのため、治療費の支払いは3割の負担で済む、というわけにはいかないのです。


旅行先での治療費の支払いはあくまでも全額を海外旅行保険もしくは自費のいずれかで行うこととなります。


ただし、自費での支払いは海外での高額な治療費を考えた時に現実的ではありません。


そのため、海外旅行保険に加入することが必要となります。

自宅と空港間の万が一の事故に備えて保険証は持っていった方がよい

海外旅行先では日本の健康保険証を使うことはできないので、持っていく必要はないと考える方もいるでしょう。

しかし、海外旅行は自宅を出た時から始まっています。


海外旅行保険による補償も、海外旅行にでかけるために、一歩自宅を出た時から始まります。


空港に行く途中でケガをした時、または空港が遠方にあるため、一泊したホテルでケガをした時なども補償の対象となります。


日本国内にいる時の事故によるケガも補償されるのが、海外旅行保険の特長です。


それならば、飛行機に搭乗する前の日本国内での事故によるケガや病気などのアクシデントに備えるために健康保険証を持っていくことにも十分意味があるといえるでしょう。

現地では失くさないように貴重品入れなどに入れて大切に保管する

日本の健康保険証は海外では使用できません。

そのため、旅行中は紛失しないように貴重品入れなどにしまって大切に保管しておくことが求められます。


特に飛行機に搭乗する際には、預け品としてスーツケースに入れることはせず、必ず貴重品として機内に持ち込むようにしましょう。


万が一、健康保険証を入れたスーツケースが取り違えられたり、盗難されたりといった、いわゆるロストバゲージの被害に遭った時には、戻ってこない可能性も十分考えられるからです。




海外では保険証の代わりはあるの?

健康保険証が使えない海外では、保険証の代わりに何を現地の医療機関に提示すればよいのでしょうか。

国によっては、保険に加入していなかったり、治療費を払えない場合には治療そのものが受けられないところもありますから、治療費の負担能力を証明するための書類の提示は必須です。


そのための書類が海外旅行保険の保険証券となります。

海外旅行保険加入時に渡される保険証券が保険証の代わりになる

海外旅行保険に加入すると保険会社から保険証券が発行されます。

保険証券には補償期間、補償内容などが記載されているので、これを旅行先の医療機関に提示することで治療を受けることができます。


いわば、海外旅行先では海外旅行保険の保険証券が健康保険証の代わりとなるのです。


保険会社は海外の医療機関と提携しており、治療が必要なケガをしたり病気になった場合には提携先の病院を紹介してもらうことができます。


さらに治療費の支払いについても、キャッシュレスメディカルサービスによって、保険会社が負担しますので、自己負担はありません。


ただし、キャッシュレスメディカルサービスの利用にあたってはいくつか注意点があります。


  1. 利用できる医療機関が保険会社ごとに決まっている
  2. 海外旅行保険で補償対象となるケガや病気以外は利用できない
  3. 事前に保険会社に事故の連絡をいれなければならない
  4. 現地の事情により、キャッシュレスメディカルサービスの利用が受けられない可能性がある

これらの注意点については、海外旅行保険加入時に確認することをおすすめします。

ネットでの加入や空港での加入の場合、渡されないこともある

海外旅行保険の保険証券は保険代理店や旅行代理店など、店頭で保険に加入した場合には必ず発行されますが、インターネットサイトや空港で加入した場合には渡されない可能性があります。

しかし、海外旅行先で緊急に治療が必要となった場合には、たとえ海外旅行保険の保険証券がなくても、保険証券記載の補償を受けることはできますので安心です。


その場合には、保険会社に事故の報告をするとともに保険証券の番号を伝える必要があります。


そのため、旅行先では常に保険証券の番号と保険会社への連絡先のメモを携帯しましょう。


インターネットサイトからの加入の場合には、サイトから契約確認書をダウンロードして、それを携帯するやり方もあります。

保険証券の原本は持っていかなくてもコピーをプリントアウトして持っていっても良い

旅行先の医療機関で提示する海外旅行保険の保険証は原本でなく、コピーでも大丈夫です。


海外旅行保険に加入していることが確認できればよいのです。



証券番号と緊急時の連絡先が必要となるケースがあるのでメモしておく

海外旅行先で事故に遭った場合には保険会社への連絡が必須ですが、ケガや病気の状況によっては本人が連絡をとることができないこともあります。


そのような時のために、証券番号と緊急連絡先が記載されたメモを持っておき、同行者から保険会社なり、日本にいる親族なりに連絡をしてもらうことができるようにしておきましょう。




海外療養費制度を利用する場合

海外療養費制度とは、海外で急な病気やケガによって現地の医療機関で治療を受けた場合に、日本の健康保険に申請することで、支払った費用の一部が払い戻される制度のことをいいます。


海外旅行保険で支払われる保険金とは別に請求することができますので、利用する意味はあると思います。


ただし、海外でかかった療養費の審査に時間がかかるため(数カ月程度)、請求をしてから実際に支払われるまでの期間が長くなります。


また、請求期限が海外の医療機関に治療費を支払った日の翌日から2年間と定められており、その期間を過ぎると請求ができません。

海外の医療機関で診療内容明細書などの必要な書類をもらい、日本に帰ってきてから医療機関に申請する

請求に必要な書類は決められたものがあるため、海外旅行に行く前に海外療養費制度を説明したインターネットサイトからその書式をダウンロードして持っていく必要があります。


あらかじめダウンロードしておく書類は次の通りです。


  1. 健康保険海外療養費支給申請書
  2. 診療内容明細書
  3. 領収明細書
  4. 歯科診療内容明細書
  5. 同意書
  6. 負傷原因届
  7. 第三者行為による傷病届

これらの書類を現地の医療機関に提出して記載してもらい、帰国後に健康保険に申請するというのが海外療養費制度利用の流れとなります。

日本で受けた場合の診療報酬点数に換算して算定され、海外で支払った医療費の一部の払い戻しを受けられる

支払われるのは、海外で受けた治療と同等の治療を日本で受けたと仮定して算出された治療費を診療報酬点数に換算することで算定された金額から自己負担額を差し引いた金額です。


たとえば、海外での治療で100万円かかったとした場合、日本で同じ治療をしたと仮定して算出した金額が50万円だったとすると、健康保険から支払われるのは50万円のうち、3割の自己負担分15万円を差し引いた残り35万円となります。




まとめ

海外旅行先では健康保険証は使えないので、海外旅行保険に加入するのが鉄則です。


海外旅行先で緊急にケガや病気の治療を受けなければならなくなった場合には、海外旅行保険の保険証券を日本の健康保険証の代わりに利用することができます。


しかし、家を出てから飛行機に搭乗するまでの間に起きた事故によるケガや病気の治療には健康保険を利用します。


そのため、海外旅行に行く時でも健康保険証は持参するのがよいでしょう。


旅行中は紛失しないようにしっかり保管。


もしも、旅行先で治療を受けることがあれば、帰国してから海外療養費制度の利用を検討するのもよいかもしれません。


万が一の時の備えを万全にして楽しい旅行にしたいものです。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング