クレジットカードに付帯の海外旅行保険、その使い方を解説します。

クレジットカードに付帯の海外旅行保険の特徴や使い方を説明します。クレジットカードを持っているだけでは海外旅行保険を使えないケースもありますので注意が必要です。また、海外で治療を受ける際の「キャッシュレス診療サービスの使い方についても確認しましょう。

クレジットカード付帯による海外旅行保険の使い方を解説!

多くのクレジットカードには、海外旅行保険が付帯されています。

クレジットカードに付帯の海外旅行保険は、旅行先でのケガや病気、さまざまなトラブルに対応しています。

今回は、実際に病院で治療を受けることになった場合や、カメラなどの携行品が盗難にあった場合、どのような補償がされるのか解説します。


また、クレジットカードを持っているだけでは海外旅行保険が使えない場合もあります。知らずに困ることのないように、クレジットカードの種類を確認しましょう。




クレジットカードの主な使い方

海外に旅行するなら、必ずクレジットカードを持っていきましょう。

理由はいくつかあります。


  • 海外旅行保険が付帯されており、病気やケガにあったときに安心できる
  • ホテルや公共交通機関を利用する際、クレジットカードの提示が求められる場合がある
  • クレジットカードを紛失・盗難され不正利用された際、補償を受けることができる


海外では、信用できる人(支払い能力がある人)としての身分証代わりにもなりほど重要なクレジットカード。


まずは、海外でのクレジットカードの主な使い方や注意点を説明します。

ツアー代金や航空券の支払い

海外旅行のツアー代金や航空券の支払いには、現金支払・銀行振り込みの他にクレジットカードを利用することができます。


もちろん自分に合わせた支払方法を選択すればいいのですが、クレジットカードに付帯の海外旅行保険を利用しようと考えているならば支払方法に注意が必要です。


クレジットカード払いにしない場合、海外旅行保険を利用できないケースがあるからです。


参考:海外旅行保険の「利用付帯」と「自動付帯」に注意

クレジットカードの海外旅行保険は、必ずしも「クレジットカードを保有していれば補償される」というものではありません。


実はクレジットカードの海外旅行保険には「自動付帯」「利用付帯」が存在します。 


「自動付帯」の場合、そのカードを保有していれば自動的に海外旅行保険が利用できます。


「利用付帯」の場合、カードを保有しているだけでは海外旅行保険を利用することはできません。


そのカードで旅費の支払いをしてはじめて、海外旅行保険が利用できるようになるのです。


クレジットカードの海外旅行保険を利用する場合、必ず「自動付帯」か「利用付帯」かを確認しましょう。


もし「利用付帯」である場合は、旅費の支払いなどを必ずカードで行うようにしましょう。

電車やバスなど、公共交通手段の利用

電車やバスなどの公共交通手段を利用する際は、クレジットカードを必ず持っていきましょう。

利用料金は現金で支払うこともできますが、バスやタクシーの乗車時にクレジットカードの提示を求められることがあるからです。


海外では紙幣より”クレジットカード”を持ち歩こう

海外におけるクレジットカードは、決済手段というだけではなく、個人の証明書として使われることが多くあります。

バスやタクシーの乗車時にクレジットカードの提示を求められるケースもそうですし、ホテルのチェックインやレンタカーを借りるときなどにもクレジットカードの提示が必要です。


また、高額な現金を持ち歩くとスリなどの被害の可能性があります。


公共交通機関の利用料やチップなどの支払いに現金は必要ですが、持ち歩く現金は必要最小限にとどめて、クレジットカードを持ち歩く方が良いでしょう。

病気や怪我:病院でのクレジットカードの使い方と3つの手順

海外旅行中に病気やケガにあった場合、心配の一つが治療費の支払いです。

一般的に、海外は日本とは違い治療費が高額になります。そんなときに利用したいのが「キャッシュレス診療」サービスです。


ほとんどのクレジットカードの海外旅行保険についている「キャッシュレス診療」サービスと、実際に利用する際の3つの手順について説明します。


また、キャッシュレス診療が利用できない場合についても解説します。

病院でのキャッシュレス診療

海外旅行先で病気やケガで治療を受けた場合、日本と違って治療費が高額になることが少なくありません。

クレジットカードで支払うことのできる病院もありますが、治療費がカードの利用限度額を超えてしまうケースもあります。 

そんなときに助かるのが、海外旅行保険の「キャッシュレス診療サービス」です。キャッシュレス診療とは、保険会社から病院に治療費が支払われるため、加入者は治療費を払うことなく診療が受けられるサービスのことです。 


クレジットカードの海外旅行保険すべてにこのサービスがついているわけではありませんので、キャッシュレス診療が利用可能かどうか事前に確認しましょう。

1. ”保険会社に”電話する

海外旅行中に病気やケガにあった場合、まずは保険会社に電話をしましょう。渡航先からの電話番号は契約確認書やガイドブックなどに記載があります。事前に確認しておくとよいでしょう。


その際、保険契約証や、契約確認書を印刷したもの、契約確認書の画面を保存した画面メモを用意しておくとスムーズに手続きがスムーズになります。

2. 保険会社提携の病院に”キャッシュレス診療”の有無を確認

保険会社の方で、キャッシュレス治療が可能な病院の紹介や予約などの手配をしてくれます。

キャッシュレス治療が可能な病院がない場合、いったん自費での診療になります。 

3. 手配が済んだらパスポートやクレジットカード、”利用明細”の用意を

パスポート、クレジットカードを用意し、予約した病院に向かいましょう。

受付で「保険金請求書」などに必要項目を記入し、診察を受けます。

キャッシュレス診療対応のクレジットカードを利用するため、支払いは不要です。

もしキャッシュレス診療に対応していなかったら

もしクレジットカードがキャッシュレス診療に対応していなかったら、いったん治療費を全額支払う必要があります。


後日、保険会社に治療費の請求をすることができるので、診断書・治療費の領収書・薬代の領収書などを必ず取っておくようにしましょう。


帰国後に保険会社に電話をし、立て替えた分の治療費の請求方法について確認してください。


参考:盗難被害に備えてクレジットカードをチェックしておこう

海外旅行中に、カメラ、宝石、衣類などの携行品が盗難被害にあったときはどうしたらよいでしょうか?


クレジットカードの海外旅行保険には「携行品損害に対する補償」があり、携行品が盗難された場合補償を受けることができます。 

(ほとんどの保険会社では、携行品1個につき10万円の補償限度額を設定しています)


また「ショッピングガード保険(買物保険)」がついていれば、クレジットカードで購入したものが一定期間内に盗難にあった場合に、補償されます。


万が一盗難にあった場合に備えて、クレジットカードの規定をチェックしておきましょう。

まとめ:海外旅行保険は自身の目的に合わせて

以上、海外でのクレジットカードの使い方から、クレジットカードに付帯の海外旅行保険について説明しました。


お持ちのクレジットカードの海外旅行保険が「利用付帯」か「自動付帯」か、キャッシュレス診療に対応しているか必ず確認しておきましょう。


また、クレジットカードによって海外旅行保険の補償範囲や保障額が違います。補償が物足りなければ別の海外旅行保険に加入して足りない補償をカバーする方法もあります。


自分自身の目的、必要な補償に合わせて海外旅行保険を選択しましょう。

ランキング