生命保険と共済制度について様々な観点から比較していきます。

生命保険と共済制度を比較してみると双方の特徴が浮き出てきます。生命保険には保障の多様性、共済制度には費用の安さという大きなメリットがあります。どちらを選べば良いということはなく、慎重な比較の上で検討してみることが大切です。

生命保険と共済制度について管轄省庁などの違いを比較

生命保険と共済は非常に類似する点が多く、混同されやすい特徴を持っています。


しかし、この2つをよく比較してみると明確な違いがいくつも見つかります。自分に合っているのかがどちらかよく比較検討してみることが大切です。


生命保険と共済を比較すると決して同じものではないということが見えてきます。

管轄省庁の違いを比較

生命保険と共済制度の根本的な違いは監督している官庁にあります。生命保険は金融庁が監督しています。


これは生命保険は金融的な側面を持っており、そこだけで見れば生命保険は銀行などと同様のカテゴリーに含まれています。保険業法という法律を根拠法令として成り立っています。

共済制度はそれぞれに管轄する省庁がある

共済制度はその内容によって管轄する省庁が異なります。


例えばJA共済ならば農林水産省が管轄しています。全労済県民共済などは厚生労働省の管轄になります。いずれも共済制度を営利事業とは捉えておらず、農業協同組合法や消費者生活協同組合法などを根拠法令としているのが特徴です。

生命保険と共済制度を加入できるかどうかという点から比較

生命保険と共済制度を比較すると加入できる対象に違いがあります。生命保険では年齢等の制約はあるものの、日本国内に居住している方なら基本的に加入できます。


ところが、共済制度は組合員でないと加入できません。組合員になるために地域や職業などの制約があるので、誰でもなれるわけではありません。比較的限られた方が組合員になっています。

掛金の安い共済に対抗してコストダウン

共済制度は加入できる方が限られているというデメリットはあるものの、掛け金は低く設定されています。


共済は組合員同士の助け合いを前提としており、営利事業ではないためです。

ただし、昨今では生命保険もインターネットを活用してコストダウンを図るなど、かつてに比較すると費用の差が少なくなっています。

生命保険は会社が運営するからこその特徴が

生命保険を運営しているのは会社ですが、共済制度を運営しているのは会社ではありません。

会社は利潤を追求する一方で、顧客を獲得するために創意工夫を行います。

生命保険と共済制度を比較してみると、生命保険の方が多彩なプランを用意していることが多いのはこのためと言えます。

生命保険と共済制度を比較してみると呼び方の違いが分かります

生命保険と共済を比較するとお金の呼び方が異なっているのが分かります。

保険では保険会社に支払うお金を保険料と呼び、保険会社が加入者に対して支払うお金を保険金と呼んでいます。


保険会社の運営の結果として余剰金が生まれた場合は、それを加入者に配分することがありますが、それを配当金と呼びます。

共済制度で使われる言葉

共済では運営する団体に支払うお金を共済掛金と呼び、団体から組合員へと支払われるお金を共済金と呼んでいます。団体が運営していく中で余剰金が出ると、それを割戻金として組合員に配ります。また、加入している人のことを組合員と呼ぶ点も生命保険とは異なっています。ただし、どちらも加入者と呼ぶことはあります。

生命保険は保険金の高さが魅力

共済と比較すると生命保険の保障金額の高さが際立ちます。共済は組合員同士の助け合いで成り立っている一方、大きなお金を動かしにくいという点があります。生命保険は大規模で展開しているのでいざという時には莫大な額が下りることもあります。これは大きな安心感へと繋がっています。

選択の幅が広いのはやはり生命保険

生命保険と共済制度を比較すると、共済制度には貯蓄型のものが少ないことが分かります。生命保険は運営しているのが会社なので需要に合わせて貯蓄型と定期型のバランスを取ることができますが、共済では基本的に定期型が多くなっています。選択の幅は生命保険に分があります。また、企業間の競争の中にあることもメリットです。共済と比較すると新しいプランが生まれるペースも早いです。

支払い方を比較してみると

共済では18歳から60歳の間は料金が変わらないという特徴を持っています。生命保険では終身払いと定期払いから選択するのが一般的なのでその点も異なっています。共済制度の料金があまり変化しないことは若い世代にとっては負担になりますが、高齢世代にとっては比較的大きなメリットとなっています。

生命保険は保障の額が大きい

生命保険ではその名前からも分かるように生命が尽きてしまった後の保障が最も重要となっています。もし、一家に働いている方が1人しかいない場合、もしもの際には非常に大きな保障が必要となります。その大きな額を賄えるのはやはり生命保険です。共済は掛金と共済金の両方が低めという特徴があります。金額での比較の際は留意しておく必要があります。

まとめ

まとめると以下のようになります。


生命保険共済保険
生命保険会社県民共済
など
JA共済
監督官庁金融庁厚生労働省農林水産省
法令保険業法消費生活
協同組合法
農業
協同組合法
形態営利非営利
加入条件誰でも組合員のみ
公的セープティーネットあり一部
用語保険金
保険料
配当金
共済金
共済掛金
割戻金
メリット・誰でも入れる
・商品が豊富
・保障額を決められる
・公的なセーフティーネットあり
・掛け金が安い
・掛け金が年齢、性別で一定
・決済に応じて割戻金がある
デメリット・保険料が割高
・年齢や性別で保険料が変わる
・組合員のみ
・商品が限定的
・商品が画一的
・公的なセーフティーネットあり

生命保険と共済制度にはどちらも大きなメリットがあります。


プランを柔軟に選びたい方や万が一の保障を充実させたい場合は生命保険がお勧めです。


月々の負担を軽くして安定した保障を付けたいという方には共済制度がお勧めです。


いずれにしても双方の長所と短所を比較して冷静に検討することが、自分に合ったものを見つけるために重要となります。生命保険か共済かはもちろん、プランもまたそれぞれ比較する必要があります。

ランキング

  • 保険の見直しで生命保険にするか共済にするかで悩んでいる方に
  • 理解できていますか?生命保険と県民共済の違いや共通点をおさらい
  • 生命保険の約款には何が書かれている?特に注意すべきことは?
  • 生命保険は中世ヨーロッパが始まり! 生命保険の成り立ちを解説
  • 分かりにくい、とても面倒、だけど重要な生命保険の主契約の見直し方
  • 今更聞けないけれども、必ず知っておきたい生命保険の特約の全情報
  • 生命保険(医療保険)に入院保障は必要?入院給付金についても解説!
  • 10年満期の生命保険で100万円受け取るのは、お得なの?損なの?
  • 生命保険の終身型と掛け捨て型を相場から見る、自分に合った保険選び
  • 生命保険の貯蓄型は老後に有利?貯蓄型生命保険で賢く資産形成しよう
  • 低解約返戻金型の生命保険を最大限活用すると、こんなにお得!
  • 生命保険料を毎月払いと前納って何が違う?メリットやデメリットは?
  • 残高証明書は生命保険会社に請求しなければ発行してもらえません
  • あなたは大丈夫?無駄のない生命保険の入り方を生活スタイル別に解説