新婚女性必見!旦那さんのお酒のおつまみのおすすめ商品10選!

旦那さんの晩酌の際、どんなおつまみを出したら良いか迷っているという方多いのではないでしょうか。毎日手作りすると、手間も時間もかかって大変ですよね。そんなお悩みの方のために、今回はお酒のおつまみのおすすめをご紹介致します!是非参考にしてみてください。

旦那さんのお酒のおつまみのおすすめ商品を紹介します

旦那さんの晩酌のおつまみを用意したいけど、毎日作るには時間も手間もかかってしまいますよね。


そんな方に、今回「お酒のおつまみのおすすめ商品」をまとめましたのでご紹介致します。


簡単で美味しいものばかりでなく、体に良いものもたくさんあるので、旦那さんに喜ばれること間違いありません!

是非こちらの記事を参考にして、旦那さんと晩酌を楽しんでみてはいかがでしょうか。

おすすめしたい商品10選

それでは、数ある商品の中から厳選した10選をご紹介していきます。


口コミと共にご紹介しますので、ぜひご参考にしてみてください。

日本農産工業 ヨード卵・光の玉子どうふ

ヨード卵・光の玉子どうふ

198円(税抜)

栄養満点&美味しい玉子どうふで一杯やろう!

「ヨード卵・光の玉子どうふ」は、限定農場の産みたてのヨード卵・光100%を使用した玉子どうふです。

独特のコクのある風味を活かせるよう、たまごは醤油・鰹節・みりん等で味付けされています。鰹節と昆布のエキスを含んだ付属のスープをかければ、ほんのり甘くてつるりとのどごしのいいおかずのできあがりです!

ヨード卵・光は、1976年に発売を開始した日本初のブランド卵で、ニワトリの飼料に海藻粉末などを混ぜることで、体に必要な必須ミネラルのヨードを含んだ卵です。栄養価が高く美味しい玉子どうふは、おつまみにもぴったりです!

吉田ハム 飛騨ポークハム

吉田ハム飛騨ポークハム2本

3000円(税込)

お手軽&絶品おつまみにはこだわりの飛騨ポークハム!

岐阜県の吉田ハムの「飛騨ポークハム」は職人が手間ひま惜しまず手作業で製造した、国産豚肉100%のハムです。

吉田ハムといえば、飛騨牛の名付け親とも言われ、飛騨牛を販売する代表的な会社としても有名ですが、昭和60年より受け継がれてきた伝統のハムの味を、今は澄んだ空気と綺麗な水に恵まれた飛騨の地で製造しています。

徹底した衛生管理のもと、保存料未使用の製品は安心安全にお召し上がり頂けます。新鮮な国産豚肉を使った、どこか懐かしい味がするこのポークハムは、お酒のお供にもぴったり!

堀川 調理済1人前おでん

堀川 調理済1人前おでん

250円(税抜)

冬のおつまみには「1人前おでん」がおすすめ

冬の晩酌には温かいおでんが欲しくなりますよね。しかしおつまみ用に一からおでんを作るのは、手間もかかるし量も多くなるのが難点です。

そんな時におすすめなのが、堀川の「調理済1人前おでん」です。定番の大根とたまご、こんにゃく、結び昆布、焼ちくわ、さつま揚が1本ずつ入っており温めるだけで手軽に食べることができます!

食品安全マネジメントシステムの国際規格「ISO22000」を認証取得している工場で作られているので安心ですね。是非老舗のおでんを味わってみてはいかがでしょうか。

樽の味 乳酸発酵の高菜漬け

樽の味 乳酸発酵の高菜漬け

450円(税込)

酸味とうまみがくせになる高菜漬けはお酒のお供にピッタリ!

おつまみの代表的なものといえば漬物ですよね。昔ながらの製法にこだわる「樽の味」の乳酸発酵の高菜漬けは、うまみと酸味が絶妙にマッチしたくせになる味です。

おいしさの秘密は、昔ながらに120日以上も漬け込み、植物性乳酸菌によって熟成させており、化学調味料は一切使っていないので、安全なだけでなく自然のうまみを味わえます。

漬物に使われる高菜は熊本県の阿蘇山のふもとで収穫され、柔らかく生でも美味しく、その質の高さで有名です。昔懐かしの高菜漬けで、旦那様のお酒もすすむこと間違いなしです!

みの屋 おつまみミックス

みの屋 おつまみミックス500g

460円(税込)

常備しておきたい超お手軽つまみはこれで決まり!

お手軽おつまみといえば、アーモンド、乾きもの、おせんべいですよね。

こちらの全てが入っているのが、「神戸のおまめさん みの屋」の「おつまみミックス 500g」です。いかピー、しょうゆ豆、カールサラダ、ピーナッツあげせん、黒豆、ピリ辛粒もち、小魚、海苔巻きあられ、揚げあられの9種類がバランスよく入っています。

全て国内製なので安心ですし、500グラムのビックサイズなのも嬉しいですね!冷たいビールと一緒に出せば、最高のおつまみになること間違いなしです!

マルヨ ほたるいかの唐揚げ

ほたるいかの唐揚げ

1380円(税込)

簡単、2分揚げるだけ!ほたるいかの唐揚げでお酒も美味しく!!

新聞にも掲載された「ほたるいかの唐揚げ」は、冷凍唐揚げでありながらぷりぷりとした食感がたまらない一品です。

製造しているマルヨ食品の本社のある兵庫県は、ほたるいかの漁獲量日本一です。特殊な冷凍技術を使い、獲れたてのほたるいかの美味しさを逃さない、冷凍唐揚げを実現しました。

調理法も、冷凍のまま180℃で約2分揚げるだけでいいので、簡単便利です!お店で味わっているようなぷりぷりでフレッシュなほたるいかの唐揚げは、お酒のつまみにピッタリです

缶つま 九州産いか明太

缶つま 九州産いか明太(40g)

450円(税抜)

旦那さんのお手軽おつまみは「缶つま」で決まり!

旦那さんにおつまみが欲しいと言われても、なかなかささっとは作れないものですよね。

そんなときの強い味方が「缶つま 九州産 いか明太」です。缶を開けるだけの簡単おつまみで、九州産のいかにピリッと辛い博多明太子を絡めた逸品です!

「缶つま」シリーズは、お酒にあう素材を厳選し素材本来のおいしさを活かした逸品ばかりなので、お酒も進みますね。

他にも、ほたて、あなご、ぶり、かき、牛タンなど種類も豊富です!

海千 いわし明太子

海千 いわし明太子

1080円(税込)

魚系のおつまみに絶品!北海道産のいわし明太子!

魚のおつまみがほしいときは、「【北海道産】いわし明太子」がおすすめです!

福岡県の水産物加工会社「海千」のおかずシリーズの人気商品「いわし明太子」が、お値段そのままで1.5倍のサイズアップでリニューアルし、さらにお得になりました。

味付けしてあるので、解凍後アルミホイルをしいたフライパンで弱火でじっくり焼くだけと簡単で、脂ものってふっくらジューシーで絶品です。手に重みを感じるほどの量なので、おかずの一品にも最適です!

宇部かま 新川

宇部かま 新川

756円(税込)

絶品かまぼこと言えばこれ!おつまみにもぴったり

宇部かまの「新川(しんせん)」は、新鮮な白身を麦わらで包んで蒸気で蒸した、ふっくら&ほんのり甘い逸品です。

創業70年を超える「宇部かま」は、数々の賞を取得した山口県の老舗かまぼこ店で、この「新川」は昭和40年より作り続ける看板商品で、メディアで何度も取り上げられています。

山口県を代表するお土産のひとつで、かまぼこ好きにはたまりません!料理の彩りだけでなく、旦那さんのおつまみの一品に、加えてみてはいかがでしょうか。

一十珍海堂 げんこつ紋次郎

出典:

一十珍海堂 げんこつ紋次郎

1833円(税込)

噛めば噛むほど味がでる!

こちらは、甘辛く煮付けられたイカがたくさん入った名古屋名物のおつまみです。

小さい頃を思い出す昔ながらの駄菓子の味で、家族の会話も弾むのではないでしょうか。

たくさん入っているのでお得ですし、お子様もお菓子として食べられるので、大変おすすめです!

噛めば噛むほど味が出るこちらの商品、是非お酒のおつまみとして食べてみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。


今回は、新婚女性に向けて、おすすめの旦那さんへのおつまみ商品を紹介してきました。


結婚を期に、家計管理や将来のおこさんへの教育費にむけての貯金等、お金について様々考えているのではないでしょうか。


みなさんは生命保険について考えられていますか?


マイホームの次に高い買い物と言われているほどですので、しっかりと考える必要があります。


ほけんROOMでは、保険やお金のプロの専門家に無料で相談できるサービスを行なっております。


もし興味をもっていただけましたら、下のボタンから応募してみてください。

ランキング

  • 保険の見直しで生命保険にするか共済にするかで悩んでいる方に
  • 理解できていますか?生命保険と県民共済の違いや共通点をおさらい
  • 生命保険の約款には何が書かれている?特に注意すべきことは?
  • 生命保険は中世ヨーロッパが始まり! 生命保険の成り立ちを解説
  • 分かりにくい、とても面倒、だけど重要な生命保険の主契約の見直し方
  • 今更聞けないけれども、必ず知っておきたい生命保険の特約の全情報
  • 生命保険(医療保険)に入院保障は必要?入院給付金についても解説!
  • 10年満期の生命保険で100万円受け取ることについてFPの意見を激白!
  • 生命保険の終身型と掛け捨て型を相場から見る、自分に合った保険選び
  • 生命保険の貯蓄型は老後に有利?貯蓄型生命保険で賢く資産形成しよう
  • 低解約返戻金型の生命保険を最大限活用すると、こんなにお得!
  • 生命保険料を毎月払いと前納って何が違う?メリットやデメリットは?
  • 残高証明書は生命保険会社に請求しなければ発行してもらえません
  • あなたは大丈夫?無駄のない生命保険の入り方を生活スタイル別に解説