外貨建て保険のメリット、デメリットとは?リスクを把握して賢く活用

最近、外貨建て保険の危険性、リスクについてのニュースが頻繁に報道されていますよね。外貨建て保険はメリットもありますが、完全な元本保証ではないデメリットがあります。外貨建て保険のメリット デメリットについて正しく理解して有効活用しましょう。

外貨建て保険のメリット、デメリットについて徹底解説

最近良く名前を聞く「外貨建て保険」


よく聞く割にはその中身についてはよくわからない方が多いのではないでしょうか?


大切なお金を支払う保険なのですから、円建て保険としっかり比較して、そのメリットとデメリット、特にデメリットについてはどのようなものか。


それらをしっかりと知った上で検討してみたいと思いますよね?


そこで今回のこの記事では

  • 外貨建て保険って実際良いのか・悪いのか
  • 外貨建て保険は自分に向いてるのか
  • じっくり考えるべきポイント

以上のことを中心に説明します。


この記事を読んでいただけたら、外貨建て保険のメリットとデメリットを理解することができ、賢い保険選びができるようになるでしょう。


ぜひ最後までご覧ください。

外貨建て保険のメリット、デメリットを4つ解説

まずは外貨建て保険のメリットとデメリットについて説明していきます。


メリット:外貨運用だと金利が高い

外貨建て保険は保険料の運用を日本円ではなく外貨で行います。


外貨の多くは豪ドルか米ドルです。


「定期預金にあずけても利息はスズメの涙」


しかし長期低金利下の日本に比べると、金利水準の高い国はたくさんあるのです。


そのなかでも国債の安定度も高く金利の高い国として、オーストラリアとアメリカの通貨建ての保険が多く販売されています。


日本の保険商品は主に日本の国債で運用されますが、外貨建て保険はその通貨の国の国債で運用されます。


国債の利率は各国によって異なるために、スズメの涙の日本に比べると、外貨建て保険は金利が高くなっているのです。


つまり、保険金をもらう時に日本の保険よりもたくさんお金が返ってくるというメリットがあるのです。

メリット:為替差益が発生する可能性

保険料の支払いは日本円で行いますが、その預けた保険料は保険会社が外国の国債を買う際に外貨に変換します。


そして加入後に保険金や解約金として契約者がお金を受け取る際には、保険会社が外貨から日本円に変換します。


ここで出てくるのが、円安なのか円高なのかという「為替」です。


保険料を支払ったときよりも受け取る時に、もし為替が「円安」になっていれば、そこで為替差益というプラスアルファが受け取れます。


しかし、もし為替が「円高」になっていた場合は受け取る金額が減ってしまうというマイナスが発生してしまうこともあります。

デメリット:元本割れの危険性がある

外貨建て保険には支払った保険料よりも受け取り金額が減ってしまう元本割れの危険というデメリットがあります。


仮に一時払い商品の場合、支払った時点の為替レートが100円だとします。


そして受け取り時の為替レートが90円だとします。そうなると10円分為替差損が発生します。


元本保証商品の場合に保証されているものの多くは、保険会社が契約者から受け取った日本円を外貨に変換したその時の外貨自体の金額です。


外貨建て保険は日本円での受け取りで考えると、元本保証の商品ではありません。


デメリットがあるんです。


為替の変動により受け取る金額が増える、または減るという事に関しては契約者がそのメリットを受け取る代わりにデメリットも負担するということになります。

デメリット:外貨への両替手数料が発生する

日本から海外へ旅行に行った場合、だいたい現地の空港についてすぐに現地の通貨を手に入れるために交換所へ行きますよね?


窓口の一覧ボードにその日の為替レートが表示されています。


日本円を渡して現地の通貨を受け取ることになりますが、これには手数料がかかっています。


これと同じように外貨建て保険も保険会社が日本円から外貨へ、外貨から日本円へと変換する際に両替手数料というデメリットが発生します。


両替手数料というデメリットは外貨建て保険に必ずついて回るものなのです。

外貨建て保険の加入に向いてる人の条件とは?

保険選びはその人の家族構成や今後のライフプラン、さらには価値観も重要になってきます。


ここからは、外貨建て保険の加入にご自身が向いているのかいないのか。


外貨建て保険のデメリットをどのように許容するか。その点を考えていきます。

長期的な資産の固定リスクを許容できる場合

外貨建て保険はFXといわれる短期間で為替差益を狙うものなどとは違います。


ある程度の期間、資産は保険会社にあずけることになります。


月払い商品では、ある一定期間保険料を支払い続けなければなりません。


一時払い商品についても5年や10年の期間置いておかないと外貨換算での元本保証がされない商品が多いです。


ですから長期的にみて、支払った保険料という資産が固定されるリスクがあります。


このデメリットを今後のマネープランを勘案して許容できる方は、高金利であるというメリットを享受することができるのです。

余剰資産で資産形成する場合

「20年前に加入した養老保険が満期で戻ってきた。けれどもう子どもたちも自立しているし、自分自身十分に預貯金もあり特に使いみちがない。」


「結構な金額を毎月貯金してる。十分なお金は貯まったけれど、いかんせんなかなか増えない。」


こんな方はもしかするとデメリットを考慮しても外貨建て保険が向いているかもしれません。


余剰資産がお有りの方で、すべての資産が日本円で占められている方も多いと思います。


その余剰資産の一部を日本円から外貨に替えることは理にかなっています。


「卵は一つのかごに盛るな」


これは資産形成に関して有名な格言ですが、資産の一部を日本円のかごから外貨のかごに移すことは賢い方法です。

外貨建て保険に加入する際の注意点とは

ここからは実際に外貨建て保険に加入する際にしっかりと見ておかなければいけない点について書いていきます。

一時払いタイプは加入タイミングを為替レートに左右される

外貨建て保険は保険料の支払い方法により2つのタイプに分類されます。


このタイプの違いにより日本円を外貨に変換するタイミングが異なります。


「一時払いタイプ」

加入時に保険料を一括で支払うタイプです。


一括で支払った時点の為替レートが適用されます。


「毎月・毎年支払いタイプ」

保険料を一定期間毎月1回、毎年1回支払っていくタイプです。


毎回の支払い時の為替レートが適用されるので、あとで見れば交換した為替レートはその期間の平均になります。


「一時払いタイプ」 の場合は支払う保険料がすべて一括で外貨に変換されるため、加入時の為替レートが非常に重要になります。


将来の為替レートを予測することは不可能ですが、過去何十年という為替相場からみて少しでも円高のレートで加入するのが有利になることは間違いありません。

保険金を外貨で据え置けるタイプか確認する

保険料を支払って10年経ってやっと受け取り時期が近づいてきたとします。


けれども加入したときよりもずいぶんと円高になってしまっている場合はどうしたら良いでしょうか?


そんな時は円安になるまで外貨を日本円に変換するのをまてばいいですよね。


商品によっては外貨から日本円への変換をすぐにせずにそのまま外貨で据え置けるタイプがあります。


しばらく為替相場がどうなるかみてから判断することも悪くはないですし、何より受け取りの選択肢が1つではないということがメリットになります。


長期的にみると為替相場は上下の波のようになっていますので、選択肢が2つ以上あるということはリスクを低減させることに繋がります。

為替手数料が安い保険にする

日本円の保険料を外貨に変換する時の為替手数料、実はこれ商品によって違うんです。


この為替手数料は運用や死亡保険金の準備に回らない純粋な「コスト」です。


振込手数料が200円の銀行口座と100円の銀行口座ならみなさんはどちらが良いですか?


為替手数料についてはパンフレットなどに記載されてはいるもののその箇所が分かりづらかったりします。


しっかりと確認し比較をして、できるだけ「コスト」の安い保険を選びましょう。

気になるけど難しい!FPさんに相談してみませんか?

「外貨建て保険についてメリットだけでなくデメリットもあることはわかった。だけど多くの商品のなかから自分で一つの商品を選ぶのは難しそう。」


「自分で色々と比較検討する長い時間、その時間もコストなんじゃない?」


そんな方には保険のプロが多く在籍する「ほけんROOM相談室」をおすすめします。

保険のプロであるFP(ファイナンシャルプランナー)に相談してみましょう。

まとめ:外貨建て保険のメリット、デメリットについて

外貨建て保険について説明してきましたがいかがだったでしょうか?


この記事のポイントは

  • 外貨建て保険はメリットもあるがデメリットもあるので、その商品内容をよく理解することが重要
  • 外貨建て保険はその人の現状やライフプラン、デメリットの許容度合いによって向いている人とそうでない人がいる
  • 外貨建て保険は「支払い方法」「据え置き」「手数料」をしっかり確認

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

ランキング

  • 保険の見直しで生命保険にするか共済にするかで悩んでいる方に
  • 理解できていますか?生命保険と県民共済の違いや共通点をおさらい
  • 生命保険の約款には何が書かれている?特に注意すべきことは?
  • 生命保険は中世ヨーロッパが始まり! 生命保険の成り立ちを解説
  • 分かりにくい、とても面倒、だけど重要な生命保険の主契約の見直し方
  • 今更聞けないけれども、必ず知っておきたい生命保険の特約の全情報
  • 生命保険(医療保険)に入院保障は必要?入院給付金についても解説!
  • 10年満期の生命保険で100万円受け取ることについてFPの意見を激白!
  • 生命保険の終身型と掛け捨て型を相場から見る、自分に合った保険選び
  • 生命保険の貯蓄型は老後に有利?貯蓄型生命保険で賢く資産形成しよう
  • 低解約返戻金型の生命保険を最大限活用すると、こんなにお得!
  • 生命保険料を毎月払いと前納って何が違う?メリットやデメリットは?
  • 残高証明書は生命保険会社に請求しなければ発行してもらえません
  • あなたは大丈夫?無駄のない生命保険の入り方を生活スタイル別に解説