生命保険ALL

生命保険の必要性

生命保険の選び方

生命保険の見直し

FP直伝!失敗しない保険相談の方法

保険は自分で選んで加入する時代。保険の必要性や加入する保険についても自らの判断が求められます。とはいえ保険についてはよくわからない方が多いのも事実。そこで役立つのが各種保険相談サービスです。この記事では、失敗しない保険相談の方法について現役FPが解説します。

この記事の作成者
竹国 弘城
証券会社、生損保総合代理店での勤務を経てファイナンシャルプランナー(FP)として独立。金融商品を販売しない独立系FPとして、企業の利益ではなく相談者の利益を第一に考え、自分のお金の問題に自分自身で対処できるようになるためのコンサルティングを行う。ラポール・コンサルティング・オフィス代表。1級FP技能士。

保険は自分で選んで加入する時代!相談する相手選びも大切

ほとんどのショッピングセンターには来店型の保険相談窓口があり、電話一本で担当者がすぐに自宅にやってきてくれる。


今や保険について相談しようと思えば、いつでも気軽に相談できる時代です。

それに伴って保険に加入する方法も多様化し、保険会社の担当者に勧められるままに保険に加入するスタイルから、自分で保険会社や商品を選んで加入するスタイルへと変化しています。


選択肢が増えること自体はよいのですが、同時に自分で考えて保険を選ぶ必要性は高くなります。


そのために必要な情報はインターネットで簡単に調べられ、担当者から説明を受けなくても理解できるシンプルな保険も増えてきました。またネット保険なら人を介さずとも保険に加入できます。


とはいえ、保険についてよくわからない方も多く、自分の判断に自信が持てず最終的には誰かに相談して決めたいというニーズも根強くあります。


しかし相談する相手を間違えてしまうと、勧められた保険によくわからないまま加入してしまうといったケースも少なくありません。


ではどうすればよいのでしょうか。


この記事では、保険についてよくわからない方でも失敗しない、正しい保険相談の方法について、実際に保険相談や販売を行った経験のあるFPが解説します。



細かい部分を気にしすぎると保険がわからなくなる

保険には、それぞれの商品に目的があります。


たとえば収入保障保険であれば、一家の生活を支えている大黒柱にもしものことがあった場合、のこされた家族が経済的に困らないようにする。これが目的です。


ではのこされた家族が困らないためには、どのくらいの保障(保険金)があればいいのでしょうか。


それは家族構成や受け取れる遺族年金の額、保有している資産の状況、配偶者の収入などから考え、不足すると予想される金額です。


そのため、もし不足がないようなら、そもそも保険料を払ってまで保険に加入する必要はないのです。


それにも関わらず、とりあえず保険に入っておけば安心だと保険のパンフレットなどを集めてしまう方が実に多い。


このような方は、保険に加入すること自体が目的となってしまっています。


そして、A商品よりもB商品のほうが保険料が100円安い、でもB商品にはよさそうなオプションがついていて捨て難い。そういったことを繰り返しているうちに、何がいいのかわからなくなっていくのです。


極論をいえば、もしものときにのこされた家族が困らないなら、商品はなんでもいいのです。逆に必要な保障が確保できないなら、いくら“いい(といわれている)”商品に加入しても意味がありません。


いうなれば献立(目的)を決めずにスーパーに行くと、ついつい余計なものを買ってしまうようなもの。ポテトサラダを作りたいならまずはじゃがいもを買いましょう。価格や産地といった細かい部分はそのうえで考えればいいのです。いろいろ目移りしてトマトを買ってしまっては、肝心のポテトサラダは作れません。


とはいえ、そもそもどのような保障が必要なのかわからない方も多いのではないでしょうか。


それをわかるようになるためにも、保険相談サービスは大いに役立ちます。

どのような保険相談サービスを利用すればいいのか

保険会社や代理店の担当者のほか、来店型保険相談窓口、訪問型保険相談サービス、独立系FPなど、保険の相談ができるサービスは多くあります。


このうち無料の保険相談サービスのほとんどが、保険を販売することで保険会社から支払われる手数料で運営されています。そのため保険加入・見直しありきの提案となる傾向があります。


このような状況を改善するために法律が改正され、加入希望者の意向に沿った保険を提案し、その商品を提案した理由の説明が義務付けられました。


これを受けて現在では相談者の意向をより尊重し、加入や見直しについて相談者が納得できる提案がなされています。


とはいえ保険を販売する相談員では、やはり保険加入ありきの提案となるのではないか。


そういった不安のある方は、自ら保険を販売しない独立系のFPなどに相談する方法もあります。


彼らは保険会社の手数料を報酬としていないため、無理に保険を販売する必要がなく、保険が必要なければはっきり必要ないといえます。


その代わり、相談には通常1時間あたり数千円〜1万円程度の相談料がかかるのが相場です。

失敗しない保険相談 3つのステップ 

保険相談をより有意義に行うために、以下のような3つのステップで相談を進めていくことをおすすめします。

STEP1:保険についての最低限の知識は予習しておく

どのような保険の種類があるのか、それらのどのようなリスクに備える保険なのか、その特徴やしくみはどうなっているのか。


インターネットなどで調べてすぐにわかるような知識については、あらかじめ自分で調べ、相談を受ける前に予習しておきましょう。


よくわからないことがあればメモしておき、相談の際に質問できるようにしておくとよいでしょう。


また自分はどのような保障を必要としているのか、イメージだけでも持っておくと、よりスムーズに相談が進みます。

「ほけんROOM相談室のLINE@」など気軽に保険について相談できるサービスもあり、自分で調べてわからなければ、こういったサービスも有効に活用していくとよいでしょう。

STEP2:無料の保険相談サービスで相談する

保険についての最低限の知識をつけ、聞きたいことが整理できたなら、次は無料の保険相談サービスで相談しましょう。


(*予習する時間が取れない、あるいは自分ひとりでは予習もままならないのであれば、最初から無料相談を利用しても構いません。)


無料相談サービスではFP資格を持っている相談員も多く、必要な保障や商品の内容について一通り説明してくれます。


予習をしてある程度保険について理解していれば説明も理解しやすく、わからない部分を中心に質問すれば相談もスムーズに進みます。


説明の後には通常保険プランの提案があります。その際は「一度持ち帰って検討します」と伝え、その内容を印刷した保険設計書をもらっておきましょう。


保険に対する考え方や提案する商品は、利用するサービスや担当者によって異なることもあり、できれば複数の相談サービスを利用してみるとよいでしょう。

STEP3:必要に応じて保険に加入する

加入すべき保険が決まったのであれば、あとはどこで加入してもそれほど違いはありません。


来店型の保険ショップや訪問型の無料相談サービスなどは、複数の保険会社を取り扱っており、加入する商品を扱う保険会社が異なっていても、手続きを1カ所で行えるので便利です。


そのほか担当者との付き合いを煩わしく感じる方などは、インターネット経由で加入を申し込む方法もあります。


ただし、インターネットでの加入は、対面で加入する場合に比べ、加入できる商品やプランが限られます。


保障額を細かく設定したり、幅広い選択肢の中から保障内容を選びたいのなら、対面で加入するほうがよいでしょう。

まとめ

あなたにあった保険を選ぶには、よくわからないからといって受け身で相談するのではなく、さまざまな意見を参考にしながら主体的に相談することが大切です。


今回ご紹介した3つのステップで、保険相談サービスをうまく利用していきましょう。


ランキング

  • 保険の見直しで生命保険にするか共済にするかで悩んでいる方に
  • 理解できていますか?生命保険と県民共済の違いや共通点をおさらい
  • 生命保険の約款には何が書かれている?特に注意すべきことは?
  • 生命保険は中世ヨーロッパが始まり! 生命保険の成り立ちを解説
  • 分かりにくい、とても面倒、だけど重要な生命保険の主契約の見直し方
  • 今更聞けないけれども、必ず知っておきたい生命保険の特約の全情報
  • 生命保険(医療保険)に入院保障は必要?入院給付金についても解説!
  • 10年満期の生命保険で100万円受け取るのは、お得なの?損なの?
  • 生命保険の終身型と掛け捨て型を相場から見る、自分に合った保険選び
  • 生命保険の貯蓄型は老後に有利?貯蓄型生命保険で賢く資産形成しよう
  • 低解約返戻金型の生命保険を最大限活用すると、こんなにお得!
  • 生命保険料を毎月払いと前納って何が違う?メリットやデメリットは?
  • 残高証明書は生命保険会社に請求しなければ発行してもらえません
  • あなたは大丈夫?無駄のない生命保険の入り方を生活スタイル別に解説