生命保険ALL

生命保険の必要性

生命保険の選び方

生命保険の見直し

共済保険とはいったい何?保険との違いをわかりやすく説明!

共済保険とは共済事業を行う組織・団体が取り扱う商品のことです。共済保険は掛金が安く、保障はオーソドックですが、共済組織に万が一の事態が起きた時、加入者を救済する契約者保護機構がないことや、加入者が高齢者になれば急激に保障が先細る等のデメリットもあります。

共済保険はどんな組織・団体が取り扱っていてどんな保障内容なのか?

「共済保険」という言葉は誰もが一度は聞いたことがあると思います。


しかし実際にどんな組織・団体が運営していて、どういう保障内容なのか、生命保険会社が販売する生命保険との違いはなんなのかまでご存知の方は少ないのではないでしょうか?


実は、「共済保険」を販売している団体・組織は複数あり、取り扱っている団体・組織毎に保障内容も異なります。


知人から共済保険をすすめられて加入したけど、よく確認しないで加入したら違う団体の共済保険だったなんてことがあるかもしれません。


この記事では共済保険とは何なのか

  • 共済保険の基礎知識
  • 共済保険と保険会社の保険の違いについて
  • 共済保険のメリット
  • 共済保険のデメリット

以上のことを中心に解説していきます。


この記事を読んでいただけたら共済保険と生命保険の違いが分かるようになり、ご自身に必要な保障を選ぶ際の選択肢を増やすことができますので、ぜひ最後までご覧ください。


共済保険とは共済事業を行う組織・団体が運営する「保険商品」

共済保険とは簡単に言うと、特定の地域や特定の職場の単位で掛け金を出しあって、有事の際にそなえる「保険商品」になります。



また、共済事業をおこなう組織・団体は非営利目的で、契約者の資産を増やす目的もありませんので、支払われた掛金は堅実に運用して、組合員の万が一の時に備えています。



さらに、出しあった掛金から、支払った共済金と事業経費等を差し引いて、あまったお金が発生した場合は「割戻金」として契約者に還元してくれます。



「割戻金」があるので掛け捨てのようには感じず魅力に思う方も多くいらっしゃると思います。

共済保険は一般的に掛金(保険料)が安い、保障はオーソドックス

共済保険の大きな特徴の1つとして掛金の安さがあげられます。


共済保険はオーダーメイドではなく、決まったプランの中から選択するタイプで保障額も制限されています。


商品によっては2口以上加入して保障の額を大きくすることができます。


そのため1口だけの保険料でみると非常に安く、誰でも加入しやすい保険料で設定されていると思います。


また、一般的に保険期間が定期よりも終身の方が掛金が高くなりますが、多くの共済商品では共済期間が短く設定されているので、掛金が安くなる理由の1つになります。

共済保険を取り扱っている共済には、都道府県民共済やJA共済等がある

共済を管理・運営する共済事業をおこなっている組織・団体等は複数あり、大きいところだと全労済、JA共済、都道府県民共済、コープ共済が4大共済と呼ばれています。  


例えば、都道府県民共済は居住地や勤務先のある都道府県の共済にしか加入できません。


また、山梨県、福井県、鳥取県、徳島県、愛媛県、高知県、佐賀県、沖縄県の8県については都道府県民共済を運営する組織がなく、加入することができません。


コープ共済では居住地域のコープの組合員でないと共済に加入することができません。


一方で、JA共済は農家組合員でなくても、出資金を支払うことで「准組合員」となり、共済の加入が認められます。


加入するときに出資金が必要な場合でも、組合を抜ける際に返金がされるので安心です。

共済保険と保険会社の保険との違いについて

共済保険と保険会社が販売している生命保険は似ていますが、大前提として根拠となる法令が異なります。


保険会社の場合は保険業法のルールに則って営業し、金融庁の管理下におかれます。


一方で共済は組織・団体によって従う法律や監督官庁が異なります。


全労済、都道府県民共済、コープ共済は消費生活協同組合法のルールに則って、厚生労働省の管理下におかれ、JA共済は農業協同組合法のルールに則って、農林水産省の管理下におかれます。


守るべきルールが違うため、異なる部分があるのは当然で、使用される用語も「保険料」に対して「掛金」であったり、「保険金」に対して「共済金」であったり、どちらか一方に既に加入している人は混乱してしまうかもしれないので注意が必要です。


それでは共済保険と保険会社の生命保険について具体的な違いを見てみましょう。

共済保険の掛け金は年齢ごとではなく、商品ごとに変わる

共済保険は掛金が年齢に左右されにくくなっています。


例えば、都民共済であれば年齢毎(17歳以下・18~64歳・65~69歳)に加入できる商品は異なりますが、同じ商品であれば掛金は年齢によって変化することはありません


それに対して保険会社の保険は1歳毎に保険料が決まっており、加入時の年齢が上がるにつれて保険料も高くなるのが一般的です。


よく誕生日が近くて保険料が上がってしまうから急いで検討しているという方がいらっしゃいますが、共済保険であればそこまで年齢にこだわる必要がありません。

共済保険は保障内容がオーソドックスだが、保険会社の保険は保障プランや特約も豊富

共済保険は基本的にはプランの中から選択して申込みをするので、保障内容は誰もが必要とするようなオーソドックスな内容になっています。


その一方で、保険会社の保険は個人に合わせてオーダーメイドで設計するタイプが多く、保障プランや保障をプラスできる特約の種類も非常に豊富になっています。

共済保険には保険会社のように契約者を救済する生命保険契約者保護機構は無い

日本で営業している生命保険会社はすべて生命保険契約者保護機構に加入しています。


生命保険契約者保護機構の資金は会員各社が負担しており、ある生命保険会社が破綻したとしても、契約者の保険は消失せずに、生命保険契約者保護機構が資金援助等をおこないます。


それでも足りない場合はなんと国会の審議を経て国から補助金の交付が可能とされています。


ただし、契約者の契約が100%保護されるわけではなく、責任準備金(保険会社が将来の保険金や給付金を支払うために積み立てているお金)の90%までと定められています。


その一方で、共済には上記の様な保護機構はありませんので、万が一破綻した場合は契約はなくなってしまいます。


全労災等は非常に巨大な組織ですし、非営利目的のため堅実な運用をしていますが、やはり破綻した場合については若干の不安が残ります。

共済保険へ加入する場合のメリット

共済保険には保険会社が販売する生命保険とは違い、共済保険ならではのメリットがあります。


例えば、保険会社の審査に比べて、告知の条件が比較的緩和されており、一般的に加入がしやすいと言われています。


また、既に設計されたプランで販売しているため、保険を初めて検討する方や、基本的な保障内容を希望される方には最適な保険商品になります。

申し込む際の告知の条件が緩く、加入しやすい

共済保険はそもそも有事の時に支払われる共済金の金額が保険会社の生命保険と比べて少なく設定されています。


保険会社での死亡保障は最高で3億円等の設計ができる場合がありますが、共済保険は多くても数千万円となっています。


保障の額が少なく、審査方法も告知に限られているため、生命保険と比べると加入がしやすくなっています。


審査の方法も生命保険会社とは違うので、生命保険には加入できなかったけど、共済には加入できたという方は多くいらっしゃいます。

保険についてあまり知識がなく、基本的な保障内容で当面は備えたい人に最適

共済保険は基本的にはプランの中から選択して申込みをするので、自身で細かく設計する必要はありません。


また、保険期間が短いため、加入した後でも簡単に見直しをすることができるので、生命保険のように一生涯の買い物というわけではありません。


そのため、保険の知識がなくて、何も保険に加入していないけど、とりあえず何か保険をかけたいという方が最初に検討するにはおすすめの商品となっております。

共済保険へ加入する場合の注意点

共済保険のメリットをお伝えしてきましたが、当然デメリットもあります。


デメリットは大きく分けて2つで下記の通りになります。

  1. 年齢によっては、保険会社の生命保険の方が保険料(掛金)が安くなる点です。
  2. 保障内容が年齢によって変わってきてしまう点です。

どういうことなのか詳細を確認してみましょう。

どの世代でも掛金が同額なので、若い世代にはもっと安い保険もある

前述で、都民共済であれば年齢毎に加入できる商品は異なるが、同じ商品であれば掛金は同じと解説しましたが、逆に考えると18歳の人は64歳の人と同じ掛金を支払わなければならないことになります。


保険会社の生命保険は加入時の年齢で保険料が多く変わるので、18歳と64歳の保険料が同じということはありえません。


共済は掛金が安いイメージがありますが、若い世代の方々は生命保険会社が販売している保険商品の方が安くなる場合があるので注意が必要です。

共済加入者が高齢者になれば急激に保障が先細ることになる

共済の掛金は年齢によって変わりませんが、入院や手術をするリスクは間違いなく年齢が上がるにつれて高くなります。


そのため、共済では掛金ではなく、保障内容を変えることによってバランスをとっています


例えば、

  • 都民共済では18歳~60歳の死亡保障(総合保障2型)を見てみると、交通事故1,000万円・不慮の事故800万円・病気400万円ですが、60歳以降は交通事故700万円・不慮の事故530万円・病気230万円と保障額が少なくなっているのがわかります。

さらに

  • 65歳以上は別の共済保険(熟年型)に加入することになりますが、80歳まで続けた場合の死亡保障は50万円・不慮の事故50万円・病気30万円まで下がってしまいます。


そのため、加入時は保障内容に満足していても、高齢になった時にどういう保障額になるのかも加入前に確認しておく必要があります。

まとめ

共済保険についてメリットとデメリットを踏まえて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

今回のこの記事のポイントは 

  • 共済は特定の地域や特定の職場の単位で掛け金を出しあって、有事の際にそなえる相互扶助を制度化したもの。
  • 共済保険は保険会社の生命保険とは違い、少ない掛金で基本的な保障を用意することができる。
  • 審査方法が保険会社と違い、比較的加入がしやすい。
  • 保障額は年齢が上がるにつれて少なくなってしまうケースが多い。

です。 


共済生命は「JA共済」、「都道府県民共済」、「コープ共済」など様々な種類がありますが、共済でひとまとめにしてしまっている方が多くいます。


商品によって保障内容がまったく異なりますし、メリット・デメリットもあるので、必ず生命保険会社が販売している保険商品とも比較したうえで、自分や家族に必要な保障なのかを見極めましょう。


保険ROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。    

ランキング

  • 保険の見直しで生命保険にするか共済にするかで悩んでいる方に
  • 理解できていますか?生命保険と県民共済の違いや共通点をおさらい
  • 生命保険の約款には何が書かれている?特に注意すべきことは?
  • 生命保険は中世ヨーロッパが始まり! 生命保険の成り立ちを解説
  • 分かりにくい、とても面倒、だけど重要な生命保険の主契約の見直し方
  • 今更聞けないけれども、必ず知っておきたい生命保険の特約の全情報
  • 生命保険(医療保険)に入院保障は必要?入院給付金についても解説!
  • 10年満期の生命保険で100万円受け取るのは、お得なの?損なの?
  • 生命保険の終身型と掛け捨て型を相場から見る、自分に合った保険選び
  • 生命保険の貯蓄型は老後に有利?貯蓄型生命保険で賢く資産形成しよう
  • 低解約返戻金型の生命保険を最大限活用すると、こんなにお得!
  • 生命保険料を毎月払いと前納って何が違う?メリットやデメリットは?
  • 残高証明書は生命保険会社に請求しなければ発行してもらえません
  • あなたは大丈夫?無駄のない生命保険の入り方を生活スタイル別に解説