生命保険ALL

生命保険の必要性

生命保険の選び方

生命保険の見直し

SBI生命保険の商品力イメージは?評判と口コミから詳細解説!

SBI生命保険はSBIグループ傘下の生命保険会社です。SBI生命の保険商品は、在宅医療保障が充実した医療保険や、インターネットでの保険申込が簡単な点が評判になっています。今回は、SBI生命保険の商品力を評判や口コミから徹底的に解説していきます。

SBI生命保険の商品力を評判や口コミを元に徹底解説!

SBI生命はインターネットでの契約を売りにしている、保険会社です。


SBI生命保険についてネット上で見つけて調べてみた結果、その評判など、他のユーザーの意見を聞いてみたくなった方は意外に多いのではないでしょうか。


世間の評判・他の人の意見を参考にした上で、自分に最適な商品を探すことは、珍しいことではないでしょう。


そこで、この記事では「SBI生命の詳細」について、

  • SBI生命とはどんな保険会社か
  • SBI生命の良いところ
  • SBI生命の気を付けるべきところ
上記の点を中心に解説していきます。


この記事をご覧頂くことで、SBI生命という保険会社の評判も含め、自分に合っているのか等がご判断いただけるものと思います。  

引き続き最後までお付き合いください。 

SBI生命の歴史

では、はじめにSBI生命の会社の生い立ちからみていきます。 


まずは、正式な社名や保険会社としての実績の一部である設立年について記しておきます。

もう既に創立28年になります。


  • 正式社名:SBI生命保険株式会社
  • 設立:1990年7月
  • 資本金:475億円


会社の沿革

年月

内容

1990年7月オリエントエイオン生命保険株式会社設立
2001年7月ピーシーエー生命保険株式会社へ社名変更
2015年2月SBIグループが当社全株式を取得

    

SBI生命 -会社概要- 

https://www.sbilife.co.jp/corporate/outline/ 

 

2001年~2015年は、あのプルデンシャルグループでした。

プルデンシャルの日本進出は1979年で、ソニープルデンシャル生命保険会社としてスタートしました。

この会社は、現在ソニー生命保険として営業しています。


SBIグループになったのは2015年からなので、グループの一員としては3年ということになります。

この頃はSBIグループの色々なサービスが軌道に乗り評価が上がって来た時期と一致します。


SBI生命保険の主なイメージと特徴

SBIグループの全般的なイメージとしては、やはり何と言っても「高コストパフォーマンス」です。


グループ総帥のSBIホールディングスの北尾社長は、いつでもどの分野でも「顧客重視」「顧客のコストを業界最安」と宣言しています。


SBI生命もその流れに乗った経営や戦略を持っているものと強くイメージできます。


また、その特徴はやはりインターネットをとても有効に利用していること、グループ力、連携の力が強いことです。


順を追ってみていきます。

特徴①:インターネット専用商品があり加入が簡単

インターネット申込専用定期保険、それが「クリック定期」です。


この保険は、インターネットからの申し込み、契約のみでの専用商品です。


保険料の見積りから契約完了までが最短5分程度と説明されてます。


「生年月日」「性別」を入力後「見積」を押すだけで「月額保険料:○○円」とすぐに表示され、とてもスピーディーです。


その後は下記を順に入力していきます。

  1. 本人情報(名前、住所など)
  2. プラン作成(保障額、特約有無)
  3. 告知(健康状態)
  4. 保険料支払い(クレジットカードか金融機関口座の指定)

実際に入力してみると意外に簡単です。

ここまでの入力で契約完了でき、早い人なら5分ということです。


その他の特徴

  • 保険料が、平均15%安くなった。(40歳男女 保険金額1,000万円 払込期間10年の保険料からの平均値)
  • ネット保険業界初!保険金の即日支払い!(保険金額500万円まで)
イメージだけでなく実際の保険料が安くなる努力をしていることが伺えます。

即日の支払に対応している保険会社はなかなかありませんので、ポイントが高いです。

保障内容
保障内容と保険料の具体例です。
30歳なら男性でも900円台で、1,000万円の死亡保障が得られます。 
年齢・性別35歳男性30歳男性30歳女性25歳女性
死亡保険金3,000万円1,000万円1,000万円500万円
月額保険料3,540円990円790円430円
災害割増特約、傷害特約は、ともに無し

特約については、「災害割増特約」と「傷害特約」を付加できます。

「災害割増特約」を加えたときの保障内容と保険料を記しておきます。

この場合の特約分の保険料は「400円」ということになります。


年齢・性別30歳男性
死亡保険金1,000万円
災害割増特約1,000万円
月額保険料 1,390 円


「害特約特約」を加えたときの保障内容と保険料を記しておきます。

この場合の特約分の保険料は「600円」ということになります。


年齢・性別30歳男性
死亡保険金1,000万円
害特約特約1,000万円
月額保険料  1,590 円


保険期間

80歳まで審査なしで自動で更新されるのは助かります。 

 

解約返戻金、満期保険金、配当金

全て「無し」になります。

これは、保険料を安くするための、保険設計を行ったということになります。 

特徴②:日帰り入院や在宅医療を保障する保険がある

入院・手術も、先進医療も、退院後の通院も、在宅医療も保障する、

終身医療保険「も。」についてです。 

 

特徴として、SBI生命ホームページにて下記が説明されています。


  • 退院後の保障がとても良い。通院も、在宅医療も保障
  • 日帰り入院から保障
  • 数多くの手術に対応、先進医療にも対応。 


他の一般的な医療保険では、在宅医療の保障は対応していないものが多いです。


その点「も。」では、厚い保障がされていてポイントが高いと言えます。     


在宅治療となったときは、月額6万円を限度として、入院給付金日額の6倍がもらえます。

これは、なかなか魅力的です。


入院については、入院給付金日額を5,000円から設定できます。

1回の入院日数制限は、60日と120日から選択できます。


その上で宿泊を伴わない入院にも給付がありますので、軽い手術で給付金がもらえないということがありませんので、助かります。


先進医療を受けたときは、被保険者が負担した技術料が給付されます。


支払い額は、通算で2,000万円までになります。

上限額までは自身の先進医療費の負担額を0円にできますので治療に専念できます。


保障内容と保険料

具体例を調べてみましたのでご参考ください。

年齢・性別40歳男性30歳女性
入院給付金日額10,000円日額10,000円
手術・放射線治療給付金入院給付金日額の5・10・40倍
(手術の種類等による)
入院給付金日額の5・10・40倍
(手術の種類等による)
終身通院特約日額6,000円日額6,000円
身在宅医療特約月額60,000円月額60,000円
月額保険料6,157円4,825円



保険料払込期間

月々の支払い額は大きくなりますが、一定年齢までの支払で生涯分の保障が得られる支払方法が用意されています。


「60歳払込満了」を選択した場合は、60歳まで支払いをしたらそれ以降の支払いは不要となり、保障は亡くなるまで続きます。


保険料払込期間契約可能年齢
60歳払込満了満20歳~満55歳
65歳払込満了満20歳~満60歳
70歳払込満了満20歳~満65歳
終身払込満20歳~満69歳


解約返戻金、満期保険金・配当金

クリック定期同様に、全て「無し」になります。 
これも保険料を安くするための、保険設計を行ったということです。

特徴③:契約後も充実のサポート体制がある

SBI生命では、保険の契約をした方向けのサービスとして様々なサポートが受けられます。


そのサービスとは、「SBI生命安心健康サービス」です。


健康や医療や相続などの相談に、24時間365日無料で回答してくれます。
 

相談者のプライバシーは厳守されます。 

女性スタッフも多数在籍とのことです。


気になる利用方法ですが、契約の完了後に送られてくる保険証書に記載されている専用のフリーダイヤルに、電話をかけます。


オペレーターにつながりますので、相談内容を話すとその時々で適切な専門のスタッフに転送してくれます。


オペレーター対応なので安心して電話が掛けられると思います。

これだけのサポートを保険契約をしただけで受けられるのは、とてもお得に感じます。


主な項目は、「健康・医療関連相談サービス」「メンタル相談」「介護関連サービス」「人間ドック・PET検査紹介予約サービス」「相続相談サービス」になりますが、以下詳細をひとつづつ見ていきましょう。


1.健康・医療関連相談サービス


健康に関する不安や疑問に、医師や看護師等専門医療スタッフが回答してくれます。

※医療行為、診断行為はできません。 


次の各サービスが受けられます。


  • 健康・医療相談(健康、医療の相談に、医師・看護師が回答)
  • くすり110番(3,500種の薬品データから、薬に関する質問に回答)
  • 育児相談(乳幼児の育児相談に、看護師がアドバイス)
  • 栄養・食事相談(栄養・食事なら些細な質問でも回答)
  • 医療機関案内(緊急時など、希望地域の医療機関を案内)
  • メンタル相談サービス(臨床心理士等と電話カウンセリング)
身近な医療の疑問解決に役立ちそうです。

2.介護関連サービス


介護方法・福祉サービスの情報提供など介護相談全般に回答してくれます。

  • 介護サービス事業所・有料老人ホームの案内
  • 介護用品・福祉機器取扱業者への取次ぎ
自分で調べるには意外と大変な作業ですので便利に使えそうです。


3.人間ドック・PET検査紹介予約サービス

  • 提携医療施設から、希望の人間ドックとPET検査のご紹介・予約代行を割引料金で行ってくれます。


4.相続相談サービス

誰にでも起こり得る相続に関するあらゆる相談に司法書士が回答してくれます。

  • 遺産分割の相談
  • 遺言執行の相談
  • 相続登記の相談
  • 相続放棄の相談

相続は一生のうちにあまりないので、誰もが経験が少ないので助かります。 

 

5.その他専門職相談サービス

専門性の高い問題や相談をそれぞれの専門家が回答してくれます。

  • 税務相談(所得税などに税理士が回答)
  • 年金相談(年金全般に社会保険労務士が回答)
  • 法律相談(法律問題に弁護士が回答)


SBI生命保険の隠れた評判・口コミ

SBI生命保険の隠れた評判や口コミにどんなものがあるのか気になるかと思います。


良く見て客観的に考えるのが前提ではありますが、他の方の意見はとても参考になります。


次の3つを少し詳しくみてみましょう。


  • 保険料が安く、保障内容が合っていた
  • SBIグループの銀行口座や証券も利用していた
  • 電話がつながりにくく、担当者の対応が悪い?


評判①:保険料が他社と比較して安く、保障内容が自分に合っていた

安いと一般的に言われていても、そのまま受け入れるのは慎重にとはよく言われることです。


実際の口コミでは

  • 保険料が他社と比較して一番安かった、保障内容が自分にぴったりだった。SBI生命の保険が、保障内容や保険料ともに良かった。10年間保険料が変わらずにいられるところが気に入り、加入した。44歳・男性(既婚・子供1人)


といった意見がありました。 

 

ここは評判通り、と思って良さそうです。


但し、安いと言えるかは、加入者の年齢や条件で変わることもありますので、その点ご留意ください。


評判②:SBIグループの銀行口座や証券も利用していたので保険もSBIにした

やはりSBIグループのブランド力やサービスの連携は良いものがありそうです。


以下、ネットでのご意見になります。

こちらも評判としてまずまずのようですね。


  • 住信SBIネット銀行、SBI証券も利用しているし、同じSBIグループでまとめておいた方がなにかにつけ便利だろうと思った(53歳・男性 既婚・子供1人)

といった意見がありました。


同じSBIグループだと支払いも簡単などが考えられます。


評判③:電話がつながりにくく、担当者の対応が悪いという指摘も

良いところあれば、そうでないところあるものです。


そんな事例も聞きたいと思います。

ちょっと気になる評判がみつかりました。


ネット上の意見として、以下が聞こえてきました。



  • 「電話対応が誠実さに欠けている」(40代・男性)


  • 「対応は平日のみである」(50代・男性)


  • 「電話がなかなかつながらない」(40代・女性)」


といった意見がありました。


では、その対策としてはどんなものがあるかご紹介します。


電話担当者にも能力や経験の違いがあるため、利用者側も一度に質問せずに、質問をメモ書きして1つ1つ質問⇒担当者の回答⇒質問⇒担当者の回答を受けるというように工夫すると良いかと思います。


SBI生命 定期保険「クリック定期!」の評判

定期保険「クリック定期!」の世間での評判はどうか気になるところです。


SBI生命のホームページを見ているだけでは、わからないことも多いかと思います。


実際に利用されたと方の生の声を、インターネット上に見つけましたので、いくつかみてみましょう。

インターネット限定の保険なので手間いらず

やはり、インターネットを使用しての契約には、支持があるようですね。

以下、実際の口コミを紹介していきます。


  • 「インターネット申込限定で、面倒な作業もなく良かった。窓口に行くのが面倒な人にはおすすめする。医師の検査もなかったので簡単だった」
といった意見でした。


インターネットに慣れている世代には、「インターネット申込限定」は強みとなってるようです。


選択肢は少ないが保険料が安い

何と言っても、「安い」これに尽きるのかも知れません。

どうぞご覧ください。


かなり具体的な口コミがありました。


  • 「何といっても保険料が安い。1,000万円の保険金で、30歳で月に1,500円程の保険料でした。保険料の安さがありがたかった。安い分貯蓄をして補っていく」


といった意見でした。


特約は2つのみで自由に選ぶというわけにはいかないが、保険料は上記の通りかなり安いといえそうです。


SBI生命 医療保険「『も。』」の評判

医療保険「『も。』」の世間での評判はどうでしょうか?


こちらも実際に利用されたと言われている方の生の声をインターネット上に見つけましたので、いくつかみてみましょう。


項目としては下記になります。

  • 通院や在宅医療の保障について
  • 保険料の安さとオンライン申し込みの便利さ


かなり参考になる意見かと思います。


退院後の通院や在宅医療の保障が手厚い点が魅力

退院後や在宅医療びついて、「いい」という評判を2つご紹介します。


実際の口コミの1つ目ですが

  • 「通院の給付があるのもメリットです。金額が安いのはネット販売のためでは?」

といった意見でした。



口コミの2つ目ですが

  • 「退院後の在宅医療給付金の保障がいい。今は入院日数が少なくなっているので在宅治療への保障がある点に惹かれて加入した。特約だが入院給付金日額の60%の通院給付金が受け取れる。郵送加入も可能で、一回で申し込み完了した」
といった意見がありました。


通院でも、入院給付金の6割が受けとれるのは、とても助かります。

郵送でも契約が可能だったとのことですので、インターネットが不得意な方も安心です。  


なかなかの良い評判なのがわかりました。

保険料が安く、サイトからの申し込みも可能で便利

実際の口コミの1つ目ですが、

  • 値段が安く、入りやすい。医療保険のほとんどは、退院後在宅治療の保障はありません。この保険は退院後の在宅治療も保障して、保険料も安価で、非常に魅力的。不明点は電話で対応可で、丁寧に対応してもらった


といった意見でした。


口コミの2つ目ですが

  • ネット申し込みに対応。SBI証券からの申し込みも可能で、日帰り入院や退院後在宅医療も保障あるのが気に入った。保険料も控えめなので負担も軽い


といった意見がありました。


安いと感じる理由の一つに、通常では保障されない「在宅治療」があるのでお得感が大きいということがありそうです。

SBI生命保険で契約する場合の注意点

どんな保険の契約でも言えることですが、保障や保険料が自分に合っているかをよく検討することが必要です。


保険会社の名前や規模だけで決めることなく、メリットやデメリットを今一度よく考えてみて頂ければと思います。


以下の注意点の各項目についてもう一度確認してみましょう。

ネット銀行や証券で有名な会社でも、保険選びはあくまで自分に必要な保障があるかで決める

お客様第一が前提の日本でも、最近は色々と問題が起きたりすることもあるかと思います。


大きな保険会社や有名と言われている保険会社でも、実際に保険金を受け取るときの経営状態がどうなっているかまではわかりません。


これは経営状態だけに限ったことでは無く、ホームページに記載されている内容の細部まで確認できていないで自分に合っていないものを選択してしまわないようにすることも大切です。


ご自分の年齢や家族構成、年収、子供が小さいうちに急に大黒柱にいなくなられたらどうするか?


どのようなライフプランで老後迎えるのか?


などの条件やライフステージに合わせて最適な選択をされることを切にお願いいたします。

ネット申込で不明な点があれば、必ずカスタマーセンター等に質問

営業員との対面契約と違いネット申し込みの場合は、小さな疑問でも意外と解決できないものです。


そんなときはすぐにカスタマーセンターに質問をしましょう!

電話は苦手という方には、インターネットからも質問もできます。


SBI生命 お問い合わせ

https://www.sbilife.co.jp/other/inquiry.html



電話でのサポート

契約前は下記になります。


契約申込サポートデスク( SBI生命 保険商品の ご新規の申込手続き・申込サポート)

受付時間:9:00~18:00 (土日・祝日・年末年始を除く)

0120-272-060


インターネットからのお問い合わせ

https://www.ebiz.sbilife.co.jp/PosWeb/contact#

SBI生命保険の評判や口コミまとめ

ここまで、SBI生命保険の保険商品や評判などについて詳細に検証してきましたが、いかがでしたしょうか。


ポイントとしては下記になります。


  • インターネットで契約が完結できて早くて便利
  • 保障や条件をよくみる必要はあるが「安い!
  • 他社ではまだ充実していない、退院後通院、在宅医療に強い
  • 疑問点は整理して、すぐカスタマーセンターへ


SBIグループは、今では金融界のみならず、よいブランドに育ってきました。

信用力もかなりのものです。


それ故に今回ご紹介した保険についても検討の候補に上げるのに評判の高いものとご理解いただけたかと思います。


ほけんROOMではこの他にも色々と有用な情報を載せた記事を多数用意していますので、是非そちらもご覧ください。

ランキング

  • 保険の見直しで生命保険にするか共済にするかで悩んでいる方に
  • 理解できていますか?生命保険と県民共済の違いや共通点をおさらい
  • 生命保険の約款には何が書かれている?特に注意すべきことは?
  • 生命保険は中世ヨーロッパが始まり! 生命保険の成り立ちを解説
  • 分かりにくい、とても面倒、だけど重要な生命保険の主契約の見直し方
  • 今更聞けないけれども、必ず知っておきたい生命保険の特約の全情報
  • 生命保険(医療保険)に入院保障は必要?入院給付金についても解説!
  • 10年満期の生命保険で100万円受け取るのは、お得なの?損なの?
  • 生命保険の終身型と掛け捨て型を相場から見る、自分に合った保険選び
  • 生命保険の貯蓄型は老後に有利?貯蓄型生命保険で賢く資産形成しよう
  • 低解約返戻金型の生命保険を最大限活用すると、こんなにお得!
  • 生命保険料を毎月払いと前納って何が違う?メリットやデメリットは?
  • 残高証明書は生命保険会社に請求しなければ発行してもらえません
  • あなたは大丈夫?無駄のない生命保険の入り方を生活スタイル別に解説