第一フロンティア生命の商品力を評判や口コミから徹底的に分析!

第一フロンティア生命の商品力を評判や口コミから徹底的に分析!-サムネイル画像

第一フロンティア生命には様々な商品がラインナップされていますが、どの保険に加入するか検討する際、参考になるのが「評判」や「口コミ」ですよね。ここでは、第一フロンティア生命の商品についての評判や口コミを分析しその商品力について詳しく解説していきます。


▼この記事を読んでほしい人

  • 第一フロンティア生命という会社名に聞き覚えが無く不安な人
  • 評判や経営状況が知りたい人
  • 商品ごとの特徴や評判が知りたい人

内容をまとめると

  1. 商品自体は銀行で契約するが、解約や手続きは銀行では行えない
  2. 銀行で契約する保険はあまり得しないものもあるので注意が必要
  3. 保険に知識がない人が銀行で契約するのは難易度が高い
  4. 人それぞれ最適な保険は異なる
  5. 自分がどの保険に入るべきなのか、そもそも入る必要があるのか知りたい方は、マネーキャリアで保険のプロに無料相談するのがおすすめ
  6. 今ならスマホ1つで無料オンライン相談できるので、この機会に保険の悩みを解決しましょう!

第一フロンティア生命の主なイメージと特徴


第一フロンティア生命
と聞いてすぐにピンとくる方は少ないかもしれません。


設立が2006年と比較的新しい保険会社のため、他の昔からある保険会社と比べるとあまり身近な存在ではないかもしれません。


しかし、大元は「第一生命」です。こちらは100年以上とかなりの歴史があるため、知らない方はいないと言えるくらい有名かと思います。


親会社の名前を聞き安心している方も多いと思いますが、第一フロンティアとしての特徴を知っておきたいですよね。

  • 第一生命の子会社
  • 貯蓄性の高い一時払いができる
  • 銀行などで契約できる

などが挙げられます。


それぞれの特徴をさらに詳しく解説していきたいと思います。

特徴①:第一生命ホールディングスの子会社

第一フロンティア生命は第一生命グループの子会社で、第一生命、ネオファースト生命とともにグループ内で方向性の異なる保険商品を販売しています。


それぞれの扱う保険商品の特徴については次の通りです。

  • 第一生命:生命保険が中心、生涯にわたる保険商品を販売
  • ネオファースト生命:医療保険の商品を中心に販売
  • 第一フロンティア生命:個人年金保険や終身保険等の貯蓄性の高い保険商品を中心に販売

ネオファースト生命の評判についてはこちらで詳しく解説していますので、ぜひ読んでみてください。

特徴②:貯蓄性が高い一時払い生命保険を取り扱っている

第一フロンティア生命の資金運用の仕組みとしては、最初に巨額の保険料を一回だけ払う方法の一時払いを行います。


そのため、ある程度まとまった資金のある方々に向いている保険と言えます。当然のことながらご自分が保有する資金の全てを支払にあてるのではなく、その一部を一時払いし、運用することが大切です。


その後、一時払い保険料の110%~200%の間で、目標金額(数値)まで増えたらお金を確保することを決めます。この一時払い保険料の運用期間は、5年または10年となっています。

特徴③:銀行などの金融機関窓口で契約ができる

第一フロンティア生命の主力商品は、後述する「プレミアジャンプ3・年金(外貨建)」という変額個人年金保険です。


この個人年金保険は、69の銀行等で幅広く販売を行っています。他には、「プレミアムベスト」等の個人年金保険を取扱代理店(銀行)で契約することができます。


ただし、変更・解約の場合は申請窓口が異なるので、この点については後述します。


このように魅力的な保険を扱う第一フロンティア生命ですが、多数の保険と比較したい場合には国内最大級の保険相談サービスマネーキャリアがおすすめです!

お金のプロにご自分の保険に関するお悩みは勿論、ライフプランシミュレーション無料で行っていただけるので是非一度利用してみてください!


第一フロンティア生命の評判・口コミを紹介!


第一フロンティア生命の保険商品は、支払方法や外貨建て等により資産運用を工夫していますが、利用者の評判・口コミにはどんな内容が多いのでしょうか?


こちらでは、利用者等の評判・口コミで多かった内容を取り上げてみます。



評判①:目標設定型などの資産運用目的の商品が多い

「目標設定型などの資産運用目的で行う商品が選べて、老後の資金を充実させたい私には魅力的だ。」という声が目立ちます。


資産運用目的の商品が4種類で、円貨建てと外貨建てを選べるため、自分の希望に沿った商品を選びやすいことが評価されています。



評判②:高金利の外貨建て商品が得意

「円建てよりも高金利である外貨建てが充実しており、資産運用で大きな利益をあげたい私には向いている保険商品が多い。」という評価があります。


ただし、外貨建てである以上、元本が保障されず、保険料を支払っても受け取るお金が元本割れしてしまうことを心配する人もいらっしゃると思います。


これに関しては、例えば「プレミアジャンプ2・年金(外貨建)」で、一時払い保険料を支払う外貨建てでも100%元本保証があるので、株や投資信託と比較して安心できることでしょう。

評判③:ニュージーランドドル建ての年金保険がある

「ニュージーランドドル建ての年金保険があるのは珍しい。多彩な外貨建て商品があって興味深い。」という声があります。


第一フロンティア生命では、「プレミアジャンプ3」でニュージーランドドル建ても扱っています。


多くの保険会社では、アメリカドル(米ドル)建て・オーストラリアドル(豪ドル)建て・ユーロ建ては多いですが、幅広い外貨建てを扱っている第一フロンティア生命ならではの特徴といえます。


その他、保険ライフプランに関する疑問は保険のプロに相談してみましょう!

「自分にはどんな補償が必要?」「保険料を見積もってほしい」「とにかくお得な保険を知りたい!」などのお悩みを抱えている方は多いでしょう。 


そんなみなさんには、マネーキャリア保険相談がおすすめです!



マネーキャリアに相談すれば、プロの目線で必要な保険・補償・節税対策を明確にすることができます。 さらにオンライン相談なので全国どこにいても問題ありません。 スマホ1つで簡単に利用できますので、この機会にマネーキャリアで保険の悩みや疑問を解決しましょう!

第一フロンティア生命の格付けは? 経営状況はどう?

新しい保険会社を利用するときに心配なのが、保険金の支払い能力だと思います。


加入していてもいざというときに支払い不能などとなってしまうと元も子もありませんよね。


そこで確認しておきたいのがソルベンシー・マージン比率です。健全性を表す数値で、200%以上となっている場合には早急な倒産などの不安がなく、安心できるレベルと言われています。


第一フロンティア生命では2021年の時点で569%、格付けもAA-と高評価です。(参考:第一フロンティア生命・健全性


安心基準値である200%を優に超えているため、かなり安心できる会社と思われるかもしれません。


しかし、この数値が1,000%を超える保険会社もあるため、そのような会社と比較してしまうと、若干不安が残るとも言えます。


もし倒産となった場合にはどうなるのでしょうか?


倒産となった場合でも、「生命保険契約者保護機構」により引継ぎなどが行われることになります。責任準備金も90%まで補償されることになっているため、多少保険金額が減ってしまいますが、契約自体が全てダメになってしまう訳ではないのです。

第一フロンティア生命で契約する場合の注意点2つ

第一フロンティア生命には資産運用を行うタイプの保険が多いため、万一に備えつつ資産を増やしたい方にはおすすめの商品が多くなっています。


しかし、多くの商品が一時払いでしか利用ができないため、そもそもの資金が多くないと利用ができないと言う事が注意点として挙げられます。


その他の注意点としては、

  • 解約や変更手続きは保険会社に連絡が必要
  • 銀行ごとに名称が違うことがある

などが挙げられます。


金融商品として銀行で扱われているため、銀行に関する注意点が多くあるようです。以下でそれぞれの注意点をご紹介します。

①銀行窓口で契約するが解約や変更の手続きは直接保険会社へ

第一フロンティア生命は、銀行等で新規の契約を申し込むことが可能です。


しかし、解約・変更手続きも銀行等で行えるかと言えばそうではなく、原則として直接第一フロンティア生命と書面で手続きをすることになります。


新規の申込契約と解約・変更手続きでは、明らかに書類の提出先が異なるので、解約・変更を希望する人は、事前に第一フロンティア生命のカスタマーセンターへ連絡し、その指示に従って手続きを行っていきましょう。

②銀行ごとに名前を変えて同一商品を販売していることがある

第一フロンティア生命は、同じような保険商品を銀行・金融機関ごとに名前を変えて販売しています。


このように、銀行によって商品名が違うので、第一フロンティア生命の保険商品に現在加入していて、同じ保険会社の別の保険商品へ加入を検討する場合は、既に入っている保険と内容を比較してから判断しましょう。

まとめ:評判を確認して、適切な保険商品を選ぼう


いかがでしたか?ここでは第一フロンティア生命の評判についてご紹介しました。


第一フロンティア生命という会社名にあまりなじみがない方も多く、会社名だけを見ると怪しいと感じてしまうかもしれません。しかし、親会社は第一生命と古くからある保険会社のため、しっかりとした会社と言えます。


商品は一時払いで資産を増やすものが多く、資産運用を考えている方には向いている商品が多いと言えます。評判などをしっかりと確認し、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。


第一フロンティア生命の商品が気になるけれども自分一人では決められない、という場合、保険相談を利用してみましょう。


マネーキャリアでも相談できるため、気になる商品が自分に合っているのか、プロに判断してもらうとより安心して契約ができます


ほけんROOMでは他にも保険に関する記事を多数掲載しています。興味のある方はぜひ参考にしてください。

生命保険の選び方が気になるという方はぜひこちらを読んでみてください。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング