朝日生命の評判・口コミは悪い?特徴は?保険料が高いって本当?

朝日生命の保険に加入しようか迷っている方は、朝日生命の評判や口コミが気になりますよね。そこで今回は、保険会社の一つ「朝日生命」自体の評判・評価はもちろん、朝日生命が販売する保険商品やその口コミについて一覧で詳しく解説します。

内容をまとめると

  1. 朝日生命の保険には、保障内容が手厚い商品が多い
  2. その代わり、他社に比べて保険料が少し高め
  3. 保障の自由度が高いので、自分に必要な保障を手厚くしたいという人におすすめ
  4. しかし、保険の知識がないと無駄な保障をつけやすく保険料が高くなりやすい
  5. そのため、朝日生命の保険に加入したいという人は、保険の専門家と一緒に保障内容を決めるのがおすすめ
  6. 今ならスマホ1つで無料オンライン相談できるので、この機会に保険の悩みを解決しましょう

評判・口コミの前に、朝日生命の評価を紹介


朝日生命保険は、日本で最も古い近代的生命保険会社の一つですが、明治36年には多数の女性事務員を採用する等、女性の社会進出に熱心な会社でした。


また、保険商品は、子どもから高齢者までの幅広い年齢層をサポートする商品の販売等、顧客の立場に立った商品開発に積極的です。

評価①:歴史が古く、多様な保険商品を販売する大手保険会社

歴史が古いだけに、日本人がどのような保障を望み、安心するのかがよくわかっている保険会社といえます。


その表れが、介護保障、死亡保障、所得保障、医療保障、積立保険を自由に組み合わせる保険商品「保険王プラス」です。

評価②:幅広い年齢層をサポートする生命保険を販売

前述した「保険王プラス」は、ユニットと呼ばれ複数の保障から、利用者自身にあった保険としてカスタマイズできる商品です。


例えば高齢者ならばユニットの一つである介護保障を手厚くするなど、利用者の多様な希望に沿った組み合わせが可能となります。


ユニットの内容は次のとおりです。

  • 医療保障(3種類):①医療保険、②生活習慣病保険、③がん保険
  • 収入保障(1種類):収入サポート保険
  • 介護保障(4種類):①介護終身年金保険、②介護一時金保険、③認知症介護終身年金保険、④認知症介護一時金保険
  • 死亡保障(4種類):①普通定期保険、②長期生活保障保険、③新長期生活保障保険、④普通終身保険
  • 積立保険(1種類):積立保険

評価③:消費者志向自主宣言を行い、顧客の利益優先で運営

朝日生命保険は「お客様満足・現場力向上委員会」を設置しています。この委員会は、寄せられた利用者の声を集約・分析して自社のサービス改善につとめています。


また自社のビジョンを「お客様一人ひとりの”生きる”を支える会社」とし、利用者の利益を図るための「お客様本位の業務運営に関する基本方針」を制定・公表しています。


保険に加入しなきゃと思っているけど、まだできていないという方は、この機会にやってしまうのがおすすめです。 


マネーキャリア相談ならLINEですぐに相談予約ができますので、ぜひ無料相談に申し込んでみてください! 

朝日生命保険の保険王プラスの評判

保険王プラスは朝日生命の主力商品であり、自分の希望に合った保障を自由に厚くできることが特徴です。


こちらでは、利用者がこの保険に加入してどんな意見を持っているのかを取り上げます。

評判①:必要な保障だけを選ぶことができる

必要な保障だけを選んで加入できるから、まさかの時の頼もしい備えになる。」という意見がありました。


例えば、現在は働き盛りで介護の心配はないが、がんや生活習慣病が気になる人ならユニット内の「生活習慣病保険」「がん保険」を選び、万が一に備えることも有効といえます。

評判②:将来の不安をなくすための介護保障が手厚い

「老後に介護を必要とするのが不安で加入した。認知症の介護保障もあって安心した。」という良い評判が目立ちます。


保険王プラスのユニットの中では、介護保障に関して、「①介護終身年金保険、②介護一時金保険、③認知症介護終身年金保険、④認知症介護一時金保険」の4種類があり、認知症介護に手厚い保障が期待できることに評価が集まっています。

評判③:保障が手厚い分保険料が割高となっている

「支払保険料は割高になってしまうが、それだけ保障も手厚く満足している。」という意見が多いです。


自由設計である以上、いろいろと保障を追加すると、どうしても保険料は高くなってしまいますが、ご自分の心配な病気・ケガ等をピンポイントにカバーできるので安心感があるようです。


自由設計の保険だと自分に必要な保険に入ることが難しいという方もいるでしょう。


そのような方は、プロに無料相談するのがおすすめです。LINEで気軽に相談予約ができますし、納得いくまで何回相談しても無料です。

朝日生命保険のスマイルセブンsuperの評判

スマイルセブンsuper」は、「がん」と「6大疾病」にまとまった一時金で備えられるがん保険です。


「がん」(悪性新生物または上皮内新生物)、「6大疾病」により所定の状態に該当したときに、一時金として30万円~300万円が受け取れます。


こちらでは、利用者がこの保険に加入してどんな意見を持っているのかを取り上げます。

評判①:一生涯七大疾病の保障を回数無制限で受けられる

「一生涯にわたって七大疾病の保障を回数無制限で受けられるので安心だ。」という声が目立ちます。


この保障である一時金は1年に1回、回数無制限で受け取ることができます。また、一時金の設定は300万円まで可能なため、所定の条件に該当すれば、いっきにまとまったお金を取得できます。


評判②:先進医療見舞金は先進医療給付金の10%が受け取れる

「先進医療見舞金が受け取れるので、先進医療の活用を想定している時は入っておきたい。」という意見もあります。


先進医療見舞金はオプションですが、先進医療を利用する際には、先進医療分が全額自己負担となってしまうため、特にがん治療に備えたい人は主契約へ追加しておくべきでしょう。

評判③:保険料が比較的安くて魅力的

「保険料が比較的安くて助かる。」という評判もあります。確かに20代(男性・女性とも)で加入するケースでは、毎月の支払保険料を1,000円未満に抑えることも可能です。


保障内容もシンプルなので、若い方々でも一応の備えとしておきたい場合には、おすすめのがん保険です。


保険に加入しなきゃと思っているけど、まだできていないという方は、この機会にやってしまうのがおすすめです。


マネーキャリア相談ならLINEですぐに相談予約ができますので、ぜひ無料相談に申し込んでみてください!

朝日生命自体の良い評判・口コミ

朝日生命保険は、ユニークな保険商品を販売して、独自の個性をアピールしていますが、利用者の実際の評判・口コミにはどんなものがあるでしょうか? 


こちらでは、朝日生命保険のシステムや保険商品に関する良い評判・口コミを取り上げます。

評判①:保障内容が手厚い保険商品が多い

「保険料が他社より高めではあるが、それだけ保障内容は手厚いので安心。」という声が目立ちます。 


 特に「保険王プラス」は細かく分けて13種類の商品を組み合わせて契約できるので、あれもこれもと保障を付け足していけば、それなりに毎月の保険料は高くなってしまいます。  

評判②:保障の組み立てが自由にできる

保障の組み立てが自由なので、自分にとっては必要の無い保障を付けずに、気になる部分を手厚くできるのが魅力だ。」という良い評判が多いです。 


 例えば、20・30代の利用者は、介護保障(特に認知症保障)の必要性はまずあり得ないものなので、若い方々でもかかりやすい病気やがんの保障を手厚くし、万が一に備えるという方法が有効といえます。

評判③:任意のタイミングで見直せる「保障見直し制度」が便利

「保障見直し制度は、この保障が自分に合わないと思ったら見直しできるので便利だ。」という声が目立ちます。 


この「保障見直し制度」とは、一度組み立てた自分の保険をライフステージ・ニーズの変化に伴い、保障内容の一部または全部を見直す制度です。 


 組み合わせた保険商品の一部や全部を見直すだけではなく、新たな商品を追加することも可能です。


ここまでで、朝日生命の良い評判を紹介してきました。


少しでも朝日生命の保険に興味がある方は、加入前に一度保険のプロに無料相談をしてみてはいかがですか?


以下のボタンから1分で面談予約が完了しますので、ぜひご利用ください。

朝日生命自体の悪い評判・口コミ

朝日生命の保険商品を考えているけれど、悪い評判や口コミも知っておきたいという方は多いのではないでしょうか。


ここでは、朝日生命の悪い口コミや評判も紹介しますので、参考にしてください。


ただし、ネットに掲載されている口コミは主観的なものがほとんどです。

したがって、決して鵜呑みにはせず、あくまで参考程度として読みましょう。

評判①:朝日生命の保険商品は自由度が高く、保険の知識が必要

「保険商品は自由度が高いが、組み合わせる保険商品を判断するには、その分保険の知識が必要。」という意見もあります。 


 加入申し込みの際は、朝日生命保険のホームページや取得した資料をみて、ご自分で商品を選んでいきます。


保障の内容に不明な部分や、自分では選択し難い部分があれば、保険担当者と相談しながら決めていくことにしましょう。

評判②:保険を解約させてくれなかった

「解約の連絡をしてからの対応が遅く、1か月以上待たされた。」、「何かと理由をつけて引き延ばされ、今でも解約できていない」などの声が挙がっています。


年齢や家族構成などの変化により、朝日生命の商品の補償が必要なくなったり、ほかの保険会社へ乗り換えた方が良いと考えることがあり得ます。


このようなときは、朝日生命の保険の解約手続きが必要です。しかし、上記のように、すぐに解約させてくれないトラブルがあったという口コミもあります。


保険会社の営業担当としては、自身の営業成績にも影響するということもあり、解約の申し出に対しては引き止めたいと考えるものです。


それでも解約の意志が固まっているというのであれば、コールセンターに連絡するのがおすすめです。

評判③:担当者の対応が悪い

「担当者の態度が悪い、マナーがなっていない。」、「営業担当と会って話をする約束をしていたのに来なかった。」、「解約を申し出たときに嫌味を言われた。」という口コミもあります。


保険の営業はお客様を相手にする仕事なので、失礼のある態度には特に気をつけるべきです。


しかし、上記のように社会人としてはもちろん、人としても良識を疑うような不快な体験をしている方もごく一部いるようです。


たとえ商品自体が良いものであっても、営業担当が良くなければ、保険の加入や継続をためらってしまうかもしれません。


そのような場合は、保険会社のコールセンターに電話して相談してみましょう。


保険会社としても、自社の商品を継続してもらいたいと考えているので、担当者を変更してくれる可能性があります。

朝日生命保険で契約する場合の注意点

朝日生命保険のみならず生命保険等に加入する場合には、契約者が注意しなければいけない点も多くあります。


こちらでは、保険に申し込む際や、保障が開始される時期について、契約者が留意しておかなければいけない事柄を説明します。

注意点①:告知義務を順守する

朝日生命保険のみならず他社の保険に加入を申し込む際も、申込書の他に「告知書」という、ご自分の持病や傷病歴、過去の手術治療について記載しなければならない書面があります。


告知書は加入希望者が契約を申し込んだ際に、保険会社がその人と契約を締結して良いかどうかを判断する重要な資料となります。


そのため、告知書の記載内容によっては加入を保険会社から拒否されることもあります。


加入を拒否されることをおそれ、加入希望者が持病・過去の傷病歴等があるにもかかわらず、告知書の質問項目に虚偽の回答をしたり、回答をしなかったりすると、後日、「告知義務違反」として契約を解除されることがあります。


契約を解除されてしまっては、万が一の事態や病気・ケガをした時に、保険金(給付金)が受け取れなくなりますので、正直に告知書へ記載しましょう

注意点②:契約した保険の保障責任が開始されるタイミング

保障責任とは、「責任開始日」とも呼ばれています。保険加入者は、責任開始日以降に発生した病気・ケガの入院および手術に対して、給付金が受け取れることになります。


この保障責任が開始されるタイミングは次の3つが完了したときです。

  • 契約の申込み手続き
  • 保険料の払込み(初回)
  • 告知
つまり、契約を申し込んだからといって、いきなり保険が適用されるわけではありません。

ただし、がん保障の場合は、さらに約3ヶ月間(90日)の免責期間後に保障責任が開始されます。加入する保険の種類によっても、保障責任が開始されるタイミングは異なるので十分注意しましょう。

注意点③:告知内容によっては「特別条件」をつけた契約となる

告知内容によっては、保険会社から加入を断られることもありますが、条件付きで契約が成立することもあります。


それが「部位不担保」と呼ばれる条件付きの契約です。例えば、帝王切開は医療保険(女性保険)の保障対象になりますが、1回帝王切開を行うと次の子を妊娠・出産する場合に、また帝王切開で分娩しなければならない可能性が高くなります。


そのため、子宮等の部位は保障対象外にするという措置を保険会社がとることもあります。


この場合には、保険会社が提示した部位不担保を契約者が容認すれば契約成立、容認しない場合は契約不成立となります。

朝日生命保険の評判や口コミまとめ

朝日生命保険の商品力について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。 


今回の記事のポイントは朝日生命保険の商品力において、 

  • 朝日生命保険は顧客の利益を図るための運営をしている
  • 朝日生命の保険商品は、自分にあった保険を自由にカスタマイズできる保険商品が評判
  • 保険商品はユニークだが、保険に関する知識のあまりない人は、保険担当者等のアドバイスも参考にする

でした。 


利用者のネットでの評判や口コミは、保険へ加入を希望する人にとって、本音を聞くことができる手段といえます。


しかし、その評判や口コミには、主観が大いに影響しており公平・公正な判断とは言えないことも事実です。 


評判や口コミは、ご自分が保険を選ぶ際のあくまで参考の一つと位置付け、保険商品を冷静に選ぶことが大切です。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

生命保険の選び方が気になるという方はぜひこちらを読んでみてください。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング