太陽生命保険はどんな保険会社?商品力は?評判と口コミから詳細解説

太陽生命保険は日本の生命保険会社です。太陽生命の保険商品は介護を重視した保障の他、死亡保障・医療保障等を、加入者がカスタマイズして利用できることが評判になっています。今回は、太陽生命保険の商品力を評判や口コミから解説していきます。

太陽生命保険の主なイメージと評価を徹底解説!

太陽生命というと、どのようなイメージを思い浮かべますか?

「リズム感の良いCM」や、「学資保険」などのイメージがあるかもしれませんね。


しかし、具体的な商品についてはわからない部分が多いと思います。

以下では、主なイメージと特徴として

  • 単体の保険商品を組み合わせ、加入者のニーズに合った保障内容を用意している
  • 介護・終身医療を重視したコースがある
  • 一生受け取れる終身年金がある
の3点を解説させていただきます。


最後まで読んで下さい。

単体の保険商品を組み合わせ、加入者のニーズに合った保障内容を用意

第一に、単体の保険商品を組み合わせ、加入者のニーズに合った保障内容を用意している点です。


生命保険会社では組み合わせ型の商品が続々と販売されていますが、太陽生命の商品も例外ではありません。


「保険組曲Best」は、顧客の必要な保険を自由に組み立てたり、ニーズの変化に合わせて保障内容を見直すことができる自由自在な特徴があります。


これについては後程詳しく解説させていただきます。


パッケージ型の商品よりも、状況に合わせた保険設計ができるので高い評判を得ています。

太陽生命保険の商品の中には介護・終身医療を重視したコースがある

第二に、介護・終身医療を重視したコースがある点です。


上記でも触れましたが、太陽生命の保険商品には介護を重視した保障が充実しているものがあります。


「保険組曲Best」の「介護・終身医療コース」は、介護保障に一生涯の医療保険を組み合わせた老後の安心をずっと準備するものです。


老後は、医療と介護の両方の心配があると思います。


これらの保障を終身で持つことができるので、万が一の病気やケガで要介護状態になってしまったときに備えることができるのです。

長寿化を反映して、一生涯受け取れる終身年金がある

第三に、長寿化を反映して、一生涯受け取れる終身年金がある点です。


「100歳時代年金」という商品の終身生活介護年金保険〔I型〕は、所定の介護を要する状態になった際、一生涯年金を受け取れる仕組みになっています。


また、長寿生存年金保険と合わせることで、大きな年金額を受け取ることも可能なのです。


今後は長寿化が進み、平均寿命が長くなることが予想されます。


高齢者が余生を楽しむためのお金を備えられるので、人生100年時代を安心して生きていかれますね。

太陽生命保険の「保険組曲Best」の評判

ここからは、太陽生命保険の商品をご紹介させていただきます。


まず、「保険組曲Best」の評判について、

  • 加入者の希望に応じて組み立てられる保険 
  • 50歳~70歳で大幅に保障を落としている 
の2点を解説させていただきますので、しっかり押さえておきましょう。

加入者の希望で積極的に選ぶことができるよう、組み立てられる保険

第一に、「保険組曲Best」は加入者の希望に応じて組み立てられる保険である点です。


上記でもご紹介させていただきましたが、保険が必要な一人ひとりのニーズに合わせて積極的に選ぶことができるための、組み立て型の保険です。


主軸は医療保障と死亡保障ですが、必要に応じて介護や年金の保障も付けることが可能です。


また、ライフサイクルごとに保障の見直しも可能なので、一生継続して加入できる保険として高い評判を得ています。


いずれにせよ、加入者の希望を存分に尊重できることは大きなメリットです。

50歳~70歳代で大幅に保障を落としている

第二に、50歳~70歳代で大幅に保障を落としている点です。


保険の組み立て例によっても異なりますが、「保険組曲Best」は50歳~70歳は20歳~40歳と比べて保障額が下がっているので保険料が安くなっています。

たとえば、

  • 死亡・高度障害の一時金が
    20~40歳代1,000万円 → 50~70歳代100万円
  •  公的介護の要介護2以上などの一時金が
    20~40歳代500万円 → 50~70歳代100万円
のように、50歳になると保障額が下がります。

その理由は以下のような考え方があるためです。

若いときは子供を学校に行かせる責任、家族を扶養する責任、親の介護をする責任などひじょうに重い責任があるために、万一のときには多額の保障が必要になります。

しかし、歳を重ねて夫婦だけの生活になると、責任は軽くなり万が一のときには公的保障もあり、若いときほどの保障は必要なくなるからです。

太陽生命のこども保険「わくわくポッケ」の評判

ここまでは、「保険組曲Best」の評判をご紹介させていただきました。


ニーズに合った組み立て型の保険であることと、50歳以降は保障が下がってしまうことがご理解いただけたと思います。


ここからは、「わくわくポッケ」の評判について

  • 親が三大疾病になった時、それ以降の保険料が免除になる
  • 元本割れしないので頼りになる学資保険である 
の二点を解説させていただきます。

親が三大疾病になった時、それ以降の保険料が免除になるで安心

第一に、親が三大疾病になった時、それ以降の保険料が免除になる点です。


三大疾病とは、がん、急性心筋梗塞、脳卒中のことをいいます。 

 

これらの疾病にかかってしまった際は、長期で休業しなければならない可能性が高く、収入に影響が出てしまいますよね。 


そのせいで、子どもの学資金や保障を備えられなくなってしまったら大変です。 


「わくわくポッケ」のこども保険総合保険料払込免除特約を付けた場合、親が三大疾病になった時はそれ以降の保険料が免除されます。 


これなら、親に万が一のことがあっても安心です。

契約者からも、「保険加入者に寄り添った商品」だと評判が良いです。

元本割れしない学資保険なので頼りになる

第二に、元本割れしない学資保険なので頼りになる点です。


学資保険のデメリットは、元本割れした際に支払額よりも受取額が少なくなることです。

これではせっかく支払った保険料も無駄になってしまいますよね。


しかし、太陽生命の「わくわくポッケ」でしたら、貯蓄型なので元本割れをする心配がありません。


安心して子どもの将来に備えることができるので、頼りになる商品です。



太陽生命保険自体の評判・口コミ

ここまでは、太陽生命保険の主なイメージと特徴をご紹介させていただきました。

組み合わせ型の保険商品や、介護保障、年金に力を入れている特徴がありましたね。

太陽生命の商品は、長寿化を見越した生きるための保険であると考えられます。


ここからは、太陽生命保険の隠れた評判・口コミについて

  • 死亡・年金・介護保険が一つにまとめられている
  • 担当者の商品知識が豊富
  • カスタマーセンターで保険料の減額を申し出るとやや混乱する
の3点をご紹介させていただきます。

評判①:死亡保険・年金保険・介護保険が1つの保険でまとめられてるのがうれしい

第一に、死亡・年金・介護保険が一つにまとめられている点です。


従来の保険商品のイメージは、必要な保障ごとに商品を契約しなければならず、保険料が割高になってしまうデメリットがありました。


また、契約を増やしたくない人にとっては、保険に加入することを躊躇しがちだったと考えます。


しかし、太陽生命の「保険組曲Best」では、死亡・年金・介護保険が一つにまとめられているので加入しやすくなっています。


新たに保険を増やしたい場合も、保障追加をすれば良いので気軽に見直しができることが評判が良い理由です。

評判②:担当者の商品知識が豊富で最適な組み合わせを説明してくれる

第二に、担当者の商品知識が豊富で最適な組み合わせを説明してくれる点です。


太陽生命の口コミを参照すると、

  • 営業の説明がわかりやすい
  • 保障の内容を細かく説明してくれた
  • 都合を把握して、満足できる保険商品を選んでくれた
などの、担当者に対する評判が多く挙げられています。


保険を選ぶ際に担当者も重要視されるものですが、太陽生命の場合は知識豊富な担当者が対応してくれることが多いようです。


そのため、保険のことがわからなくても安心だと思います。

担当者も丁寧に対応してくれることが多いようなので、信頼がおけますね。

評判③:カスタマーセンターで保険料の減額を申し出るとやや混乱することに

第三に、カスタマーセンターで保険料の減額を申し出ると混乱する可能性がある点です。


これは太陽生命に限らず、どこの保険会社も解約防止が強い傾向があることが原因だと考えられます。


減額を申し出されることは、保険会社側からしたらマイナスな事案です。そのため、なかなか対応してもらえないこともあり得ます。


万が一、保険料の減額を申し出したい場合は営業担当者に直接相談することをおすすめします。その方が話がスムーズに進みやすいからです。

太陽生命保険で保険を契約する場合の注意点

ここまでは、こども保険「わくわくポッケ」についてご紹介させていただきました。


親が三大疾病になった際の保険料払い込み免除など、万が一の際に頼りになる商品だと考えます。


最後に、太陽生命保険で契約する場合の注意点を

  • カスタマイズ商品でも担当者と相談しながら決める
  • 学資保険の返戻率は低めだが、まさかの事態を考慮して選ぶ
の二点について解説させていただきますので、契約を考える際にはしっかり覚えておきましょう。

自由に加入者がカスタマイズできる保険であっても担当者と相談しながら決める

第一に、自由にカスタマイズできる保険であっても担当者と相談しながら決めたほうが良い点です。


太陽生命の商品には、「保険組曲Best」のような組み立て型の商品があります。

自分に必要な保障を自由に決めることがメリットですが、そうは言っても自分だけで決めることはおすすめしません。


担当者と相談しながら決めた方が、より自分に合った保障プランを作ることができるので、ぜひ話をしてみると良いでしょう。

学資保険に関しては返戻率は低めでも、まさかの事態も考慮して選ぶ

第二に、学資保険の返戻率は低めでも、まさかの事態を考慮して選ぶ点です。


太陽生命の学資保険は、近年では返戻率が100%を割ることがありますが、それだけで選ばず保障内容を確認してみてください。


上記でも触れましたが、契約者に万が一の事態があった際には保険料を免除することも可能です。


契約者目線で考えると、使い勝手の良い保険だと思いますので、返戻率に惑わされずに保障内容を参照してみることが大切です。

太陽生命の勧誘がしつこいって本当?

保険に限らずしつこい勧誘は困りますね。しかし、太陽生命の勧誘がしつこいという評判はないようです。

勧誘のしつこさは会社としてよりも担当者によるところが多いでしょう。どの会社にもしつこい人はいますからね。

大事なことは、勧誘にあって加入しないときは、明確に断ることです。自分では断っているつもりでも相手からは断っているようには見えないこともあります。

「加入しているから不要です」といえば、「見直ししましょうか」、「保険は嫌い」といえば「将来絶対に必要です」と親切といえば親切に隙を突いてきます。

「先日、見直しをしたばかりです」「家族にファイナンシャルプランナーがいますから」のような隙を見せない断り方も1つです。


保険会社はどこでもそうですが、太陽生命も「勧誘方針」を定めております。


「お客さまの状況をふまえた適正な勧誘に努めます」「訪問や連絡の際には時間帯や場所などに十分配慮いたします」などがそれです。


もし、勧誘に迷惑を被ることがあったのなら「お客様サービスセンター(」0120-97-2111)に苦情として連絡するのも1つの方法です。


お客様からの苦情への対処は、経営の大きな課題の1つといわれています。


太陽生命も「お客様からの苦情への対応は、当社のすべての部門において、最優先すべき課題であると位置づけ、迅速かつ適切・誠実に対応します」といっています。

太陽生命保険の評判や口コミまとめ

この記事では、「太陽生命保険の商品力や評判・口コミ」についてご紹介させていただきましたがいかがだったでしょうか。


記事の要点は、

  • 太陽生命の商品は、加入者のニーズに合わせて組み合わせられる保険商品の評判が高い。また、長寿化を見据えて介護や年金保障に力を入れている。
  • 保険商品や担当者の評判が良いが、カスタマーセンターに相談をすると解決に時間がかかる場合がある。
  • 「保険組曲Best」は保障組み立てができる反面、50歳以降は保障額が下がる傾向がある。
  • 「わくわくポッケ」は親が三大疾病になった際は以降の保険料を免除する特約と、元本割れしない点が好評である。
  • 太陽生命の商品に契約する際には、担当者と相談して決めることをおすすめする。
以上五点です。


太陽生命は自由度の高い商品が多いですが、自分一人では決めずに担当者と相談をしながら必要な保障を選びましょう。


太陽生命の保険商品一覧はこちらからご覧ください。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

生命保険の選び方が気になるという方はぜひこちらを読んでみてください。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング