楽天生命保険の評判・口コミは悪いって本当?楽天生命の評価を解説

楽天生命保険の評判は悪いのか気になる方は多いと思います。楽天生命保険は、保障内容がシンプルで手厚く、支払保険料の安い点が評判となっています。ここでは、楽天生命自体の評判や口コミはもちろん、楽天生命が取り扱うスーパー医療保険やがん保険の評価や口コミも解説します。



▼この記事を読んでほしい人

  • 楽天生命の保険はどうなのか、特徴や評判が気になっている人
  • どのような商品があるのか、取り扱い商品を知りたい人
  • 数が多くて迷っていて、おすすめ商品を知りたい人


▼この記事を読んでわかること

  • 楽天生命の保険は手厚い保障で保険料も安いと言うこと
  • 商品の種類や販売方法
  • 契約前に知っておきたい注意点2つ
保険の悩みならまずはマネーキャリアの無料相談を気軽に利用してみてください!

内容をまとめると

  1. 楽天生命の商品は手厚い内容で保険料もお手頃
  2. ネットだけでなく対面でも契約ができる
  3. 保険料の安さや楽天カードでの割引は評判が良い
  4. プランの範囲の狭さや保険金額の低さで悪い評判も見られる
  5. 死亡保険5つ、医療保険7つ、がん保険1つ、その他1つを取り扱っている
  6. おすすめ商品はスーパー2000、スーパー医療保険戻るんです、スーパーたよれる医療保険
  7. カスタマイズ性が低いことに注意
  8. 選ぶのに悩んだら保険相談の利用がおすすめ、マネーキャリアでも受付中!
  9. 今ならスマホひとつで無料相談が可能!何度でもプロに無料で相談ができます!

楽天生命保険の主な概要・特徴を解説!

生命保険の検討をしているときに、様々な会社から商品が出されていることに気付くと思います。この記事をお読みの方はそのなかでも「楽天生命保険」が気になっているのではないでしょうか?


楽天生命保険の商品を検討していても、実際に加入してみたらどうなのか、その評判などが気になると思います。


そこで、以下では楽天生命保険の主な特徴などを細かく解説していきたいと思います。

保障内容は手厚い上に支払保険料が安い

楽天生命のスーパー医療保険は、入院・手術・通院・先進医療の保障を基本プランとしています。


さらにがんプランではがん・上皮内がんと診断確定されると一時金が受け取れる保障があり、三大疾病プランにするとがんプランの保障内容にプラスして急性心筋梗塞または脳卒中で入院した時に一時金が受け取れ、必要に応じて保障内容を手厚くできます。


インターネット申込みをメインとしているため、人件費等のコストカットをしているため保険料は商品種類にかかわらず、全体的に安くなっているので、保険料に対しては高い評判を得ています。

死亡保険・がん保険・医療保険をまるごと保障する「スーパー2000」という商品もある

楽天生命には死亡保障・がん保障・医療保障がセットになったワンパッケージの「スーパー2000」という商品があります。


商品名の2000は月々の保険料を表しており、こんなに手厚い保障なのに保険料は月々2000円となっております。


しかし、残念ながら保険期間は65歳までの1年更新の保険になります。


また、更新時に保険料は変わりませんが、保険の保障内容が変更になり50歳以降は保障が段々手薄になってしまいます。

インターネット契約が基本だが対面販売もある

親会社が楽天だけあってはインターネットでの申込みがメインとなっていますが、対面販売もおこなっております。


楽天生命直属の営業担当がいるわけではなく、代理店が商品についての相談を承っています。


また、ホームページから近くの代理店担当者を探すことができますが、顔写真つきなので安心感があります。


2018/07/23時点では全国に120人しかいないため、地域によっては自宅から代理店までの距離が遠くなってしまうケースもあると思います。


さらに、商品によってはインターネットのみの取り扱いの場合もありますので、事前に検討する商品を絞って、自分の自宅の近くに代理店があるかを検索してから、担当者の紹介を希望した方が良さそうです。


ここまで楽天生命の評価について解説しましたが、「楽天生命の商品をもっと知りたい」「どんなプランがあって、自分にはどれが最適か知りたい」という方もいるでしょう。


その場合は、以下のボタンからマネーキャリアの保険のプロに無料相談をすることをおすすめします。

楽天生命の評判・口コミ

楽天生命は、保険料の安さや保険金給付がスムースといった点が評判です。一方で、商品内容について保障範囲が狭い、などといった理由で不満があるといった声もあります。


ここでは、楽天生命の評判について次の6つに分けて解説していきます。

  1. 保険料の安さ
  2. 楽天カードの利用による保険料の割引がある
  3. 60歳を過ぎても保険料はリーズナブル
  4. 死亡保険金が少ないプランがある
  5. 保障内容が狭いプランがある
  6. 最新の医療に対応できない可能性がある

評判①:保険料が安い

楽天生命の保険商品の特徴として保険料が安いことがあげられます。この点について楽天生命の商品のうちで加入率が39,9%の定期保険の保険料を他の保険会社と比較してみてみましょう。


加入条件・保障内容

条件内容
性別男性
年齢55歳
保険金額1,000万円
保険期間10年間(楽天生命は1年間)


保険会社ごとの保険料比較

生命保険会社月払保険料
ライフネット生命6,395円
アクサダイレクト生命6,290円
オリックス生命6,437円
楽天生命5,820円
SBI生命5,940円

(「価格.com」より引用)


加入条件および保障内容を同じとした場合、もっとも保険料が安いのは楽天生命の商品となります。他の生命保険会社の保障内容と比較して、見劣りすることがないうえに保険料も安い点が評価されているのでしょう。


口コミにも保険料の安さとともに、保障内容についても評価できる、また保険料とのバランスがとれている、との声が寄せられています。

評判②:楽天カードの支払で割引になるのはお得

楽天生命には楽天カードの利用で保険料が割り引かれる楽天スーパーポイントバック(継続割引特約)があります。内容は次の通りです。


内容

  1. 対象期間は最大で5年間
  2. 保険料から直接差し引いてもらう方法とポイントとしてもらう方法のいずれかから選択する
  3. 保険料から引かれる方法では、5年間継続した時の割引は最大で5,000円
  4. ポイントとしてもらう方法では、5年間継続した場合、最大で6,000ポイントがもらえる
  5. 楽天カードで保険料を支払い、かつポイントでもらう方法を選択すると割引率がもっとも高い(年間で100ポイントの差)


利用条件

  1. 保険料が月2,000円以上であること
  2. 保険契約が1年以上継続されていること
  3. 継続期間末まで保険契約が失効していないこと
  4. 継続期間中の保険料がすべて払い込まれていること

楽天スーパーポイントバックは、楽天カードがなくても利用できますが、カードの利用で保険料の割り引きがより大きくなる点、保険契約者にとってはメリットです。

評判③:60歳を過ぎて保険に加入してもリーズナブルな点が良い

楽天生命では、60歳を過ぎてから保険に加入してもリーズナブル、といわれています。


実際にはどうなのでしょうか。ここでは、生命保険のなかでもっとも加入者の多い定期保険の保険料シミュレーションの結果をご紹介します。(楽天生命についてはスーパー定期保険の保険料)


加入条件

加入条件内容
性別男性
保険金額
1,000万円
保険期間10年間(楽天生命のみ1年間)

(注:楽天生命のスーパー定期保険は1年更新となっているため、保険期間は1年間となります。また、保険金額の下限は1,000万円です)


保険会社ごとの保険料比較

保険会社保険料(60歳加入)保険料(65歳加入)
楽天生命
9,020円13,550円
ライフネット生命
9,740円15,139円
アクサダイレクト生命
9,550円14,840円
オリックス生命
9,991円15,484円
SBI生命
8,940円13,730円

(「価格.com」より引用)


楽天生命のスーパー定期保険は、加入年齢によって他の保険会社よりも保険料が高いことがあります。しかし、その差はわずかです。また、1年ごとの更新なので見直しがしやすく、相続対策などの理由で特定の時期に保障を増やすことを考えた場合、他社と比較してリーズナブルな保険ということができるでしょう。


また、先述した楽天スーパーポイントパックを利用すれば、保険料が割り引かれるのでさらにお得となります。


そのため、若い人達だけではなく、高齢者の層にも保険料の安さは評判です。


以下は消さないでください↓↓↓↓


このように楽天生命には加入するメリットが多くあります。


しかし、「加入する前に保険の専門家に相談したい」「ネット申し込みだと不安」という方も多いのではないでしょうか。


そのような方は、一度保険のプロに相談して、プランや掛け金などを相談してみてはいかがでしょうか。


以下のボタンから保険のプロに無料相談することをおすすめします。

評判④:死亡給付金が少ない保険のプランもある

楽天生命には死亡給付金が少ない保険のプランがあります。たとえば、先述した「スーパー2000」などは、その代表例です。


この点について、口コミには死亡保障が少なすぎるから解約をした、との声が寄せられています。


生命保険は万が一の場合の保障をメインに考えたい、という立場からいえば当然といえるでしょう。しかし、現代のような高齢化社会にあっては、死亡保障よりもがんや生活習慣による疾病に備える医療保険を重視する考え方も増えてきています。


死亡保障は大切ですが、たとえば、子どもが巣立ったあとは保障される金額を見直すことが推奨されています。高齢となった場合には過度な死亡保障よりも残される家族の生活や葬儀の費用などに必要なだけの保障でよいのではないだろうか、というわけです。 


また、これには、あえて保障額を減額することによって保険料の負担を抑えるという側面もあります。


楽天生命に死亡給付金が少ないプランがあるのは、この考え方に則ったものといえるかもしれません。

評判⑤:保障内容が狭いものもある

楽天生命には保障内容が狭い保険商品があります。基本的な保障が入院した時に支払われる一時金のみに限定されており、その分保険料も安い商品です。


次の3種類がこの商品となります。

  1. 「楽天生命あんしんプラス」(入院サポート)
  2. 「楽天生命あんしんプラス」(がんサポート)
  3. 「楽天生命あんしんプラス」(女性サポート)
入院サポートは、通常のケガや病気などで入院した場合に入院日数180日に1回を限度に一時金が支払われる保険です。

がんサポートは、がんもしくは上皮内新生物と診断された場合に、がん診断給付金、入院給付金をいずれも一時金という形で支払う保険。保障金額はプランによって異なります。

女性サポートは、女性疾病による入院、女性特定がん、乳房再建、死亡の4つの場合に一時金が支払われる保険です。

この商品については、一時金しかないため長期の入院には適していない、といった口コミがあります。また、日帰り入院に対応していない商品があるため(入院サポート、がんサポート)不安といった口コミもあります。

その一方で、病院での入院期間が短縮される傾向を考えると一時金としてまとまった金額をもらえるのはありがたい、といった口コミも見られました。

保障内容の幅については、良い悪いの問題ではなく、契約者自身で検討するべきものといえましょう。

評判⑥:最新の医療に対応できない可能性がある

楽天生命の商品については、最新の医療に対応できない可能性がある、という見方があります。いわゆる高度先進医療特約の補償期間が他の保険会社では終身型が一般的であるのに対して、楽天生命では10年ごとの更新型であるところからいわれているものです。

高度先進医療は、現在、利用者の数が少ないため、保険料も低く抑えられています。しかし、将来、利用者が増えた場合には保険料が上がる可能性があります。更新型の場合、保険料負担という点で加入が難しくなることも考えられます。

そのため、最新の医療に対応できない可能性があるのではないか、という疑問があるのです。


ここまで、楽天生命の悪い評判やデメリットを紹介しましたが、それぞれのニーズやプランによってはこのようなデメリットが当てはまらない場合もあります。


ご自身の家計や貯蓄の状況、ライフプランから、最適な保険を提案してくれるマネーキャリアの保険のプロに相談してみませんか。

楽天生命の保険商品一覧

どれほどの商品が販売されているのか知りたいですよね?そんなに数は無いと考えていらっしゃるかもしれませんが、思った以上の取り扱い数があります。


数が多くあるため、種類と主な特徴などを一気に見ていきましょう。


死亡保険

名称特徴販売方法
スーパー終身保険100万円~5,000万円の範囲で選べる対面/ネット
スーパー定期保険500万円~5,000万円の範囲で選べる対面/ネット
スーパーたよれる定期保険入院歴・手術歴がある方向け対面
定期保険500~1,500万円の範囲でえらべる対面
長期逓減定期保険90歳まで徐々に金額が減っていく死亡保障対面
医療保険
名称特徴販売方法
スーパー医療保険入院・手術・入院後の通院などが対象対面/ネット
スーパー医療保険戻るんです入院・手術などを広くカバー、掛け捨てではない対面/ネット
医療保険1095α1,095日まで入院給付の支払対象ー、日数により一時金あり対面
スーパーたよれる医療保険通常商品に加入できない方向け医療保険対面/ネット
あんしんプラス女性特有の病気が対象対面/ネット
生活習慣病保険所定の生活習慣病を保障対面
災害保障保険ケガに特化した保険、入院保障や死亡時などに一時金対面
がん保険
名称特徴販売方法
スーパーがん保険治療メインで診断時にも対応可対面/ネット
ひとつで広範囲をカバー
名称特徴販売方法
スーパー2000死亡・医療・がん保険が一つに、一口2,000円で3口まで対面/ネット

楽天生命保険はネットで契約するイメージが強いかもしれませんが、意外とネットで契約できる商品が制限されています。

その代わり、対面では全ての商品が扱われています。

このように様々な商品が出ているため、自分に合ったものを選ぶことができます。

楽天生命の死亡保険の概要・評判を解説

楽天の死亡保険は5種類ありますが、そのなかの4種類が定期タイプと定期に力を入れていることが特徴となります。


終身タイプのものは「スーパー終身保険」のみとなるため、一生涯の保障を得たい場合にはこちらの商品がおすすめとなります。


定期タイプには多くの商品があり、それぞれ特徴が違っています。それぞれの加入可能年齢・保険期間を見てみましょう。

名称加入可能年齢保険期間
スーパー定期保険20~79歳1年更新のみ
スーパーたよれる定期保険20~80歳年満了:10・20年
歳満了:60・65・90歳
定期保険0~75歳0~70歳まで:10年
71歳:9年
72歳:8年
73歳:7年
74歳:6年
75歳:5年
長期逓減定期保険16~75歳90歳まで
それぞれに特徴があるといえます。

スーパー定期保険1年更新タイプと非常に珍しいタイプです。保障の必要な期間のみピンポイントで利用ができます。

スーパーたよれる定期保険は、入院歴や手術歴のある方でも加入しやすいタイプの保険ですが、保険期間は最長90歳までとかなり長いと言えます。

定期保険は10年更新タイプとなっており、最長で80歳までの加入ができます。


このように、同じ定期タイプの死亡保険でも商品ごとに特徴があります。自分に合ったものを選ぶことができるのです。


スーパーたよれる定期保険は加入のしやすさがウリですが、先に他の2つの商品を検討するようにしましょう。通常のタイプよりも保険料が高い、1年間は保険金額が1/2などのマイナスポイントがあるためです。


通常タイプが断られてしまった場合に活用したい死亡保険と言えます。


また、ネットで契約が可能な商品があることも楽天生命の特徴と言えます。代理店などに出向くには時間が制限されていてなかなか行くことができない方などには向いていると言えます。


ただし、ネット専用商品と対面商品では保険金額の設定などで違いがみられるようです。ネットでは保険金上限額が低くなっていたり、細かい設定ができない場合があるようなので、気になる方は対面商品を活用することをおすすめします。

40代男性

スーパー定期保険へ加入しました

子どもが生まれ、今後自分に何かがあった時が心配になり、スーパー定期保険に加入しました。1年更新のためか保険料はおさえられており、お得に感じます。ただ、更新ごとに上がってしまう事が気になるため、もう少し収入が上がったら終身も検討しようと思っています。

楽天生命の医療保険の概要・評判を解説

楽天生命の医療保険には7つの商品が準備されています。それぞれ特徴や保障される範囲が違っています。加入可能年齢を見てみましょう。

名称加入可能年齢保険期間
スーパー医療保険20~84歳終身
スーパー医療保険戻るんです20~70歳終身
医療保険1095α0~84歳10年・終身
スーパーたよれる医療保険20~85歳終身
あんしんプラス女性サポート16~70歳10年
生活習慣病保険6~79歳10年・終身
災害保障保険6~79歳10年
終身のもの、定期のもの、どちらかを選べるものがあることが分かります。

スーパー医療保険は入院・手術などの基本的な保障を得られる保険ですが、がんプラン・三大疾病プランが用意されており、それぞれの病気に対応することが可能です。


スーパー医療保険戻るんですは、所定の年齢まで保険の利用が無い場合に保険料が全額戻ってくる保険です。医療保険は利用しないと無駄に感じる掛け捨て型が多いため、保険料が戻ってくるタイプが良いという方にはおすすめの保険です。


医療保険1095α入院に特化した保険と言えます。スーパーたよれる医療保険は審査のゆるい医療保険のため、通常商品に加入ができない方におすすめです。


その他、女性の疾病に特化した商品、生活習慣病に特化した商品、ケガに重点を置いた商品などが出されています。


基本的な医療保険から様々な病気に特化したもの、長期入院に対応したものまで幅広く用意されているため、それぞれのニーズに合った商品が見つかると言えます。


終身ではなく、定期のみの取り扱いの商品もあるため、加入の際にはそれぞれの内容や特徴をしっかりと確認するようにしてください。

30代男性

持病があっても手ごろな値段で加入できた

持病で薬の服用をしているため、通常の商品の審査に通らず困っていたところ、楽天生命の「スーパーたよれる医療保険」にたどり着きました。加入するまで不安でしたが、ちゃんと加入することができ、さらに思っていたよりも保険料が安かったため、コスパの良い保険だと感じています。

楽天生命のがん保険の概要・評判を解説

がんに特化した保険として販売されているのが「スーパーがん保険」です。


がんの治療は様々な方法があるため、保険に加入していても治療法によっては保険が利用できない場合もあります。このようなリスクを少なくするために、対象となる治療が多く設定されているという特徴があります。


治療時の保障が欲しい方におすすめの保険です。


ベースとなる保障内容を見てみましょう。

内容金額
基本給付金額10・20・30万円
がん診断給付金額50・100・150万円
入院給付日額5,000~30,000円
保険料払込免除あり
がん診断給付金はありかなしを選ぶことが可能です。


基本給付金額は、がんの治療時に支給される保険金です。適用される治療としては、

  • 抗がん剤(1カ月単位)
  • 放射線(1回ごと)
  • 手術(1回ごと)
  • ホルモン剤(1カ月単位・基本給付金額の20%)

治療に対しての保障は十分と言える内容です。


治療への保障だけでは不安な方は、診断給付金を付けることもできます。がんの特性でもある再発や転移が心配な方におすすめです。ただし支給回数に上限があります。特約を利用したとしても6回までとなってしまうのです。


しかし、支給間隔は1年に1回と他社よりも短い間隔のため、転移などへの不安が大きい場合にはおすすめと言えます。


楽天生命の商品はあまりカスタマイズ性のない商品が多く出されていましたが、がん保険は比較的新しい商品になっているためか、かなり自由にカスタマイズができる商品と言えます。


保障を減らすことで保険料を安くすることもできますし、反対に保険料のことはあまり気にせずに自分が必要と思う保障をつけて行くことも可能になっています。

30代男性

一時金の支給間隔が短い

がんの再発などが心配でしたが、他社の商品では診断一時金の支払いが2年に1回となっており、これでは不安だと思っていたところ、楽天生命では1年に1回となっていたため選びました。支払い限度が6回だとしても間隔が短い方が安心なのではないかと感じました。

楽天生命「スーパー2000」の概要・評判


楽天生命の死亡保険・医療保険にはどのような種類があるのかをご紹介しましたが、ご自身が加入したいと感じる商品はあったでしょうか?


商品数が多いため、どれが自分に合っているのか、必要な商品はどれなのかを判断することが難しいかもしれません。人気のある商品が分かれば参考になりますよね?


楽天生命の商品の中でも人気のある商品がいくつかあります。以下では人気のある商品に焦点をあてて解説していきたいと思います。


まずは楽天生命の商品の中で特徴的な「スーパー2000」という商品からご紹介していきます。

がんや医療費、死亡時など幅広いリスクに対応できる

楽天生命「スーパー2000」の評判の良いところは、死亡・高度障害(不慮の事故によるものも含む)、入院、通院、がん、といった生命保険に関わる保障が一つにまとまっていることです。保険料も固定されており、年齢によって高くなることがありません。ただし、保障内容は年齢に応じて変わります。


また、契約は1年ごとに更新され、65歳までが保障の対象となります。


主な年齢別の保障内容は次の通りとなっています。

保障金額
(30歳)
保障金額
(50歳)
保障金額
(60歳)
入院日額6,000円5,500円2,000円
通院日額2,000円2,000円
がん20万円12万円7,5万円
死亡・高度障害100万円50万円15万円
死亡・高度障害(不慮の事故によるもの)200万円100万円30万円


入院保障は1回につき60日。病気やケガによる入院を通算して1,095日までが保障期間となります。


通院保障は1回の入院につき30日。通算して1,095日までが保障期間となります。ただし、不慮の事故による入院が条件です。


がん給付金は1年間に1回の入院が支払いの限度です。しかし、前年の入院から1年以上経ってからがんが再発して入院した場合には給付金支払いの対象となります。

保険料が安い上にその金額から変わらない

楽天生命「スーパー2000」は、月払い保険料が2,000円と安く、年齢が変わっても変わらないという点でも評判です。

「スーパー2000」は20歳から64歳まで加入することができますが、その間、どの年齢であっても保険料は月々2,000円のままなのです。新規に加入しても更新でも保険料は変わらず、性別による違いもありません。

また、1年間、病気やケガによる入院がない場合には、年齢や性別による差はありますが、一定額の「健康祝い金」を受け取ることができます。


健康祝い金は次の通りです。

加入年齢男性女性
20歳~39歳6,000円5,000円
40歳~49歳3,500円4,000円
50歳~54歳3,000円
55歳~64歳2,500円


以下は消さないでください↓↓↓


楽天生命の「スーパー2000」が気になる方は、マネーキャリアの保険のプロに相談してみてください。


楽天生命「スーパー医療保険 戻るんです」の概要・評判

スーパー医療保険戻るんです」も人気のある商品です。医療保険は掛け捨てというイメージが強いと思いますが、使わなかった分が戻ってくる仕組みになっているため、保険料を無駄にしたくないと感じている方におすすめの商品です。


保障プランは3パターンあり、

  • 基本プラン
  • がんプラン
  • 三大疾病プラン

の中で自分に合ったものを選ぶことができます。


全てのプランで共通している基本プランの保障内容は以下のようになっています。

内容金額・内容
入院給付金4,000円~10,000円
手術給付金入院:入院給付金の20倍
外来:入院給付金の5倍
放射線治療給付金入院給付金の20倍
骨髄ドナー給付金入院給付金の10倍
先進医療給付金自己負担額と同額
通院給付金(入院後)入院給付金の6割
8疾病入院支払限度拡大特則8疾病での1回の入院を120日までに延長
保険料払込免除も付帯されているため、もしものときにも安心して保障が続きます。

上記の保障内容が基本となり、がんプランにはがん特約による診断給付金が付き、三大疾病プラスにはがん特約にプラスして心筋梗塞・脳卒中での診断一時金が支給されることになります。


一番の特徴である保険料の払い戻しは、特定の年齢までに保険金支給が無い場合、支払った保険料が全額戻ってくるものです。何度か保険金の支払いがあった場合でも支払保険料の方が多い場合にはその差額が戻ってきます。


特定の年齢は加入時の年齢によって多少の前後があります。

加入年齢還付年齢
20~40歳60・70歳
41~50歳70歳
51~55歳75歳
56~60歳80歳
61~70歳85歳
これらの所定の年齢で保険料が一度戻ってくることになりますが、その後の保険継続がどうなるのか気になりますよね?


還付後も今まで通り保険の継続をすることができます。さらに、保険料は上がることは無く以前のままのため、継続しやすい保険です。


ただし、通常の医療保険よりも保険料が高いという評判もあります。戻ってくるため少し高めに設定されているようで、保険料と比較すると保障内容が心もとないと感じてしまう方もいるようです。

楽天生命「スーパーたよれる医療保険」(緩和型保険)の概要・評判

楽天生命には通常の医療保険の他に、持病がある方向けの告知緩和型の商品があります。

 「楽天生命スーパーたよれる医療保険」の保障内容は「スーパー医療保険」の保障内容とほとんど同じで、基本プラン、がんプラン、三大疾病プランの3種類の中から選択することができます。 

告知緩和型の商品にしては保障範囲が広く、退院後の通院保障などもついているので、既往歴がある方々からの評判が高い商品です。

日帰り入院でも最大1万円まで保障される

入院日額は3,000~10,000円の範囲で設定でき、日帰り入院も保障対象となります。 

ただし、契約日から1年以内は支払削減期間と呼ばれる期間があり、支払削減期間中に入院や手術をしても通常の給付金額の50%しか支払われません。 

また、持病があっても通常の医療保険に加入できる場合があるので、最初から告知緩和型に申込みはせずに、「スーパー医療保険」の加入が難しいことを確認してから申込みましょう。

持病を持っている人でも加入しやすい保険で安心

告知緩和型の商品なので持病を持っていても加入しやすい商品となっています。

告知項目は5つあり、内容は下記の通りになりますので、体調に不安な面がある方は是非確認してみてください。 

  1. 現在の健康状態必須 最近3ヵ月以内に医師から入院・手術をすすめられたこと、または先進医療による療養をすすめられたことがありますか?
  2. 過去2年以内の健康状態必須 過去2年以内に病気やケガで入院したこと、または手術をうけたことがありますか? 
  3. 過去5年以内の健康状態必須 過去5年以内にがん(悪性新生物・上皮内新生物)・肝硬変・慢性肝炎で医師の診察・検査・治療・投薬をうけたことがありますか?
  4. がんの既往症必須 現在および今までにがん(悪性新生物・上皮内新生物)にかかったことがありますか?
  5. 過去2年以内の検査または診察、健康診断必須 過去2年以内に医師による検査または診察(通院・経過観察も含みます)・健康診断・がん検診・人間ドックをうけて、以下の病気や所見を指摘されたことがありますか。ただし、再検査の結果、「良性」または「異常なし」と診断された場合を除きます。

    ポリープ・腫瘍・腫瘤 例:大腸ポリープ、卵巣腫瘍、卵巣のう腫、子宮筋腫 B型肝炎ウイルスキャリア・C型肝炎ウイルスキャリア 細胞診・組織診の異常

この「楽天生命スーパーたよれる医療保険」が気になる方は、ぜひ以下のボタンから保険のプロに無料相談してみてください。

楽天生命保険で契約する場合の注意点二つ

楽天生命からは様々な商品が出されているため、保険を楽天生命から選ぼうと考えている方も多いと思います。確かに多数の商品があれば自分に合ったものが見つかると思いますが、注意しておきたいポイントが2つあります。

  • カスタマイズ性が低い
  • がん保険単体では販売されない

という点です。


がん保険は最近1商品だけ追加されましたが、選ぶにしては商品数が少ないと感じてしまいますね。


以下ではそれぞれの注意点を解説します。

①手厚い保障ではあるが、自由に保障内容をカスタマイズできない

基本的には用意されているプランの中から選ぶことになるため、契約者が自分自身に合わせた保障内容にカスタマイズすることはできません。


楽天生命は分かりやすさ、選びやい一方で、自分が不要だと思う保障もついてしまう可能性があるので注意が必要です。


楽天生命の中だけで選ぶのではなく他社の保険と組み合わせたりすることをおすすめします。

②がん保険単体では販売されていないことに注意

取り扱っている保険の種類は死亡保険・医療保険・総合保険の3種類のみなので、がん保険単体の取り扱いはありません。(2018年7月現在)


医療保険にがんに対する重点保障を付加することはできるので初めて保険に加入する方は良いですが、既に医療保険に加入中の方などは、他社でがん保険を追加検討した方が良いかもしれません。

まとめ:楽天生命保険の評判を確認して適切な商品を選ぼう


いかがでしたか?ここでは楽天生命ついてご紹介しました。


死亡・医療保険の取り扱い数は多いと言えるため、自分に合ったものをその中から探すことができると言えます。


ネットでの契約が可能な商品もあるため、忙しい方でも時間を気にせず契約ができると言えます。また、全ての商品の保険料で楽天ポイントがたまることも、楽天生命を選ぶ時のポイントと言えますね。


しかし、特に注目しておきたいのは保険の内容です。ポイントがたまるから、ネットで契約できるからと内容をあまり確認せずに加入してしまうと、利用する際に困ってしまう事になります。万一の際に焦らずに済むように、事前にしっかりとした確認が必要です。


保険選びは自分一人で行うものというイメージが強いかもしれませんが、迷ったり難しい場合にはマネーキャリア保険相談を行うことをおすすめします。


ほけんROOMでは他にも保険に関する記事を多数掲載しています。興味のある方はぜひ参考にしてください。

生命保険の選び方が気になるという方はぜひこちらを読んでみてください。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング