アクサ生命の評判は悪い?口コミは最悪?特徴と当サイトの評価を解説

アクサ生命保険はフランス発祥の保険会社です。アクサ生命保険は、保険商品の種類が豊富で、新たな保険の加入から見直しまでオーダーメイドで提案する点が評判となっています。今回は、アクサ生命の商品力を評判や口コミから解説していきます。

アクサ生命保険の商品力を評判や口コミを元に徹底解説!

外資系の生命保険会社について皆さんはどんなイメージをお持ちでしょうか?


最近では「アフラック生命」などの外資系でもテレビCMで見かける機会が多くなりました。


以前は外資系生命保険のことをあまり知らない方が多かったため、保険金や給付金が支払われないなんて悪い評判もあったかもしれませんが、実際はそのようなことはありませんので、ご安心ください。


この記事では「アクサ生命」という外資系生命保険会社について、

  • アクサ生命保険の主なイメージと特徴
  • アクサ生命保険の隠れた評判・口コミ
  • 「医療保険スマート・ケア」と「変額終身保険アップサイドプラス」の評判
  • アクサ生命保険で契約する場合の注意点

以上のことを中心に解説していきます。


アクサ生命の魅力を評判や口コミを元に徹底解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

アクサ生命の歴史

アクサ生命の歴史は古く、1934年に日本初の団体生命保険専門会社として、日本団体生命(後のアクサ グループライフ生命)設立したのがスタートとなります。


その後、1947年に個人保険分野にも進出し、1976年には日本初の「医療保険」を販売開始しました。


1994年にAXA グループ(フランス:1817年創立)の100%出資により、日本法人としてアクサ生命を設立し、現在に至ります。


なお、アクサと名前の付く保険会社は「アクサ生命」以外にも、同じグループで「アクサ損害保険」、「アクサダイレクト生命」があるので間違えないようにしましょう。


アクサ生命保険の主なイメージと特徴

アクサ生命はAXAグループの一員で、AXAグループとは世界64の国と地の約1億700万人が契約している世界最大級の保険・資産運用グループです。


世界的有名な保険ブランドで、欧州で約200年、日本で80年以上積み上げた実績があるので、信頼感や安心感という点では評判が高いです。


「保険をくるりと変える」というキャッチフレーズもCMなどでおなじみで、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?


老舗でありながら、新しいことにも挑戦するのがアクサ生命の特徴です。

特徴①:アクサ生命保険は新たな保険の加入から見直しまでオーダーメイドで提案

いくら保険が自由に設計できて評判が高いからと言っても、自分にあった保障で設計しないと意味がありません。


アクサ生命の営業担当はファイナンシャルプランアドバイザーと呼ばれています。


つまり、金融に関するプランニングの知識を有する担当が、人生設計のアドバイスを通じてニーズにあわせたオーダーメイドの保険を提案してくれます。


専門家のアドバイスを聞きながらであれば自分にどんな保障が必要なのか見つかるのではないでしょうか。

特徴②:アクサ生命保険は基本的に通販保険のため保障内容は自己責任で決定する

アクサ生命の一部の保険商品(医療保険、がん保険、引受緩和型商品など)は申込書を郵送で送る通信販売で申し込むことができます。


資料請求してから3~5営業日程度で、アクサ生命の担当者から連絡があるものの、通信販売での申込みを希望する場合は、自分自身で到着した資料をよく読んで申込書等へ記入し、返送する必要があります。


疑問点はコールセンターに連絡すれば回答してもらえるので、疑問点はそのままにせずに必ず確認しましょう。


確認せずに加入して、将来的に自分が思っていたのと違ったとしても、それは自己責任になってしまいます。

特徴③:アクサ生命保険の保険商品はかなり種類が多い

アクサ生命の保険商品は実はかなり種類が多く、評判が良いです。


医療保険、がん保険、死亡保険などの定番の商品はもちろん、働けなくなった時の就業不能保険や介護に備える介護保険も取り扱いがあります。


さらに投資性のある変額保険や、経営者向けの商品など、幅広い方を対象として保険の用意があります。

アクサ生命保険の隠れた評判・口コミ

アクサ生命はなんと実際のお客様からのアンケート結果を公開しており、口コミなどもホームページ上で見ることができます。


直近12か月の回答を基に算出した結果では5段階中4.4と実際に契約した方からも非常に良い評判を得ているようです。

評判①:死亡保障が高く、将来の資金準備として頼もしい商品がある

アクサ生命には「LTTPフェアウインド」という非常に評判の高い定期保険があります。


定期保険は保障の期間が決まっており、満期の時に戻ってくるお金のない掛け捨ての保険になりますが、この「LTTPフェアウインド」は保険期間が最長98歳まで設定でき、保険料払込後に解約した場合は支払った保険料よりも戻ってくる解約返戻金の方が多くなるタイミングがあります。


そのタイミングで解約すれば、解約返戻金を将来の準備資金にあてることもでき、非常に頼もしい商品となっています。

評判②:保険会社の中でも保険金の請求をする際の手続きがスムーズでわかりやすい

一部のご請求については病院でもらった領収書があればインターネットで請求の手続きが完了します。 


書類お取り寄せや、返送も不要のため、なんと最短で2営業日で給付金が支払われます。


どこの保険会社も保険金・給付金の支払いをできるだけ早くするように努めていますが、2営業日というスムーズさは間違いなくトップクラスだと思いますし、非常に評判が良いです。

評判③:実際にプランナーと会って質問しても商品のメリットやデメリットをしっかり答えてくれる

外資系生命保険会社は営業担当に保険や金融に関する資格取得を義務付けている会社が多いですが、アクサ生命も「生命保険協会認定FP」「ファイナンシャル・プランニング技能士」など資格取得のフォローアップ体制が整っています。


アクサ生命では変額保険の取り扱いもありますので、通常の保険を販売するための募集人資格の他に変額保険販売資格が必要となりますが、さらに社内資格のアクサ認定変額保険アドバイザーというのも用意しております。


営業担当の研修期間も1年間と長めなので、安心して商品の相談ができる点は評判が高いです。

「医療保険スマート・ケア」の評判

医療保険スマート・ケアは入院後の通院だけでなく、手術後の通院も保障してくれます。


そのため、日帰りで手術を受けたとしても、その後の通院は保障対象となります。


この保障については日本初の試みで、外来での手術が約50%と言われる現代では、嬉しい内容となっています。

健康の相談ができるメディカルアシスタンスサービスが利用できて安心

医療保険スマート・ケアに加入している方はメディカルアシスタンスサービスというものが利用できます。


このサービスは病気の予防、早期発見にはじまり、病気になった時、治療後の回復や心のケアに至るまでサポートしてくれるサービスです。


その中でもドクターズミーは画期的で、医師に24時間365日PCやスマホで文字と画像から相談することができます。


電話で相談サービスを提供している保険会社は多くありますし、アクサ生命も行なっていますが、ドクターズミーのように、症状を口で上手く説明するのは難しいので、写真を見てもらえるのは非常にありがたいですよね。

流産の手術でもすぐに保険金が出て助かった

アクサ生命の評判が良いところに保険金・給付金の支払いが早いということがありますが、実際に流産の手術を受けた方からも非常にスムーズで助かったという声があがっています。


また、日帰り入院も保障されるので手術の保障+1日分の入院保障が受けられます。


公的健康保険対象の手術であれば、十分に手術費と入院費をまかなえると思います。


流産など手術をするときは、健康面に負担がかかりますが、アクサ生命のようにスムーズな対応だと無理なく安心して給付金請求ができます。

「変額終身保険アップサイドプラス」の評判

アクサ生命は保険金が運用次第で変わる変額保険を取り扱っている会社になります。


「変額終身保険アップサイドプラス」は一時払した保険料(日本円で最低200万円必要)をもとに、積極的に運用する変額部分と最低保証のある定額部分の2つの組合せで運用する保険です。


そのためため変額部分の運用結果次第によっては保険金が上がることもあります。

運用成果によっては非常に高いリターンも可能

定額部分に関しては一時払した保険料分は保障されますので、一時払い保険料の110~200%の間で目標設定し、目標値に達すると終身保険に自動的に変更され、その後のリスクはなくなります。


商品自体にリスクがまったくないわけではありませんが、その分リターンも大きいので、ミドルリスクミドルリターンの保険だと思います。


また、日本の金利が低い現在では外貨建ての生命保険は一定の評判を得ています。

購入した瞬間に8.5%の手数料を取られてしまう

「変額終身保険アップサイドプラス」のデメリットとしてはなんといっても手数料がかかってしまう点だと思います。


なんと契約時に一時払い保険料の8.5%が手数料として引かれてしまいます。


一時払いの保険料は高額なため、8.5%であってもかなりの金額を手数料として支払うことになるので、スタート時点からマイナス状態となり、プラス状態になるまでには数年~数十年かかってしまいます。

アクサ生命保険で契約する場合の注意点

変額保険を販売していますが、変額保険はリスクがある商品になります。


普通の保険以上に知識が必要なので、絶対に理解できていないまま加入するのはやめましょう。

保険商品の種類が多いため、自分に最も必要な保障内容を慎重に選ぶ

アクサ生命は保険種類の豊富さについては非常に評判が高いです。


同じ保険種類でも複数のタイプが用意されているので、慎重に選べば、自分にあった保障内容が見つかる一方で、何を選んで良いかわからないという方も多くいらっしゃると思います。


保険の検討には時間をかけて、納得するまで徹底的に比較しましょう。

アクサ生命とアクサダイレクト生命の違い

アクサ生命とアクサダイレクト生命は、同じAXAグループですが、保険商品は大きく異なる場合があることに注意しましょう。


アクサ生命は対面販売とネット販売どちらも行なっていますが、アクサダイレクト生命はネット販売に注力しています。


そのため、アクサダイレクト生命のほうが保障内容がシンプルで保険料が安く抑えられていることが多いです。


また保険を自分で選ぶ必要があるため、保険について知識のある方であれば、アクサダイレクト生命のほうがメリットがある場合がありますが、どの保険を選べばいいかわからないという方は、アクサ生命で実際にプロに相談してもらいつつ、自分に合った納得できる保険を探すことがおすすめです。


アクサダイレクト生命の評判についてはこちらで詳しく解説していますので、ぜひ読んでみてください。

アクサ生命保険の評判や口コミまとめ

アクサ生命の評判や口コミからどんな保険会社なのか解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回のこの記事のポイントは

  • 保険種類の豊富さが評判で、さらにオーダーメイドで保険を設定することができる。
  • 給付金、保険金の支払いスピードが保険業界でトップクラスで万が一の時も安心。
  • 既契約者は充実した健康相談サービスを利用できる。
  • 投資性のある変額保険の取り扱いがある。

です。


アクサ生命では様々な保険種類が用意されており、さらにその中からオーダーメイドで保険を設計できます。


オーダーメイドで設計する際には専門の担当者と面談して保障内容を決めますが、リスクある商品の取り扱いもあるので、任せっきりではなく、自身でも疑問点があれば積極的に質問をして、本当に必要な保険に加入しましょう。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。  

生命保険の選び方が気になるという方はぜひこちらを読んでみてください。
この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング