出産にまつわる費用や公的補助って?知っておきたい出産費用の全て!

出産=高額のイメージがとても強いですよね。妊娠してから出産するまでは健康保険が適用されない分、出産費用は高額となっていますが、国や自治体で準備されている公的補助がたくさんあります。今回は妊娠・出産費用に加え公的補助や医療保険について詳しくご紹介していきます。

出産費用はトータルでいくら必要?必要額や公的補助について徹底解説



少子化が進む現代では、結婚が億劫や独身の方が楽なんて声も聞かれます。

結婚して子どもを望んでも「1人でいい」なんて声も…


これらの声に共通している認識は

子どもを育てるのにお金がかかるから産めない


この声が圧倒的多数を占めています。

この言葉に首を縦に振る人が多いのではないでしょうか。


私自身もこう思っている1人です。


子どもを1人産めば、大学卒業まで安くみても1.000万ほどの教育費がかかると言われています。

これを聞くと、何が起こるかわからない現代で子どもをポンポンと簡単に産み育てることはできません。


さらに、1人の子どもにかける費用は年々上昇しています。


「子どもへの教育資金に限度は無い。」

なんて言われるように、子どもへの教育費だけに留まらずプレゼント代なども上場傾向にあります。


このように1人の子どもにかかる費用は出産前から必要であり、準備する必要があります。


最初にかかる費用は出産費用

出産費用もどんどん高額になっており、自分の親世代とは大きく変わっているので驚かれる方も多いのです。


しかし、一方で多額になっていく出産費用と並行して国から受けられる公的補助も増額しており、出産費用自体にはそんなに経済的負担は無くなってきています。


今回は、出産前に準備しておく費用や公的補助について詳しくご紹介していきます!


出産直前にあわてないために、出産費用について知っておくと良い

少子化が進む現代を後押ししていると言われている高額な出産費用。

出産費用は病院によって、本当に差があります

個人で経営している病院から、全ての治療ができる総合医療センターのような大きな病院とでは大きな開きがあります。


加えて出産後に何日か入院しますが、入院中のベット代は個室と大部屋によって費用が大きく異なります。


しかし、退院するときには窓口に費用の清算を必ずしなくてはなりません。

この時に「お金が足りない!」なんてことが無いように事前に準備しておく必要があります。


準備しておくと言っても担当の先生か、窓口で聞かなければおおよその費用を知ることはできません。


最近では、この病院で出産を決めている!そんな妊婦さんにしか案内しない場合もあります。


赤ちゃんが大きくなると「出産する病院は決めていますか?」などと聞かれることもありますが、聞かれない場合は「ここで出産を希望しています。費用にはどれくらい準備しておく必要がありますか?」などとハッキリと伝えたほうが良いでしょう。


そうするとパンフレットなどを用いて丁寧に教えてくれます。


産院によっては「予約金」といって出産費用の約半分を先に納めて下さいと言われる病院もあります。


費用や制度産婦人科によって本当に違うので、周りの人の声を聞いたり産院を調べて電話をしてから予約をするのも一つの方法だと思います。



出産費用の内訳

妊娠してから出産を経て退院するまでにそれぞれの費用が発生します。

特に妊娠してから出産までの間、検診に通う時の費用はお住まいの市町村によって大きく異なります。


そんな出産にまつわる費用を個別に詳しくご紹介していきます。


妊婦検診費用

妊娠すると毎月産婦人科へ通院することになりますが、妊婦検診の費用は意外にも高く保険証を出していても全額自己負担とされています。

私自身も妊娠がわかってから、2回目の健診で血液検査をしてエコーでお腹の様子を見てもらい、おおよその出産予定日が分かった日の健診では約1万円ほど支払いました。


「結構かかるな…毎月かかるとなるとちょっと生活費考えないと…」


と思っていたのですが、清算後に窓口の方から


「母子手帳をもらう時、一緒に妊婦検診の受診票をもらえるので持ってきてね」


と告げられました。


何のことか全然わからなかったので、妊婦検診の受診票について聞いてみると


「妊婦検診の受診票を提出してもらうと費用がとっても安くなりますよ」

とのことでした。



この受診票は助成券であり、これを提出することで無料になるようになっています。


こういった助成が進み妊娠した時の費用負担はかなり軽減されてきています


私が妊娠したときに母子手帳と一緒に配布された助成券は14枚であり、無料ではなく支払いは毎回1.000円~1.500円ほど支払っていました。


最初の1万に比べたら1割にまで軽減されたのでとってもありがたく感じました。


しかし、現代の助成制度は進化し、無料になっているケースが増えています。


気を付けたいポイントは、自治体によって助成内容は大きく違うと言うこと!


  • 助成券が14枚~3枚のところ
  • 助成券を提出することで無料になるところから1.000円ほどの負担があるところ。
  • 助成券が余った場合、出産後に現金化ができるところ


このように、自治体によって助成の差はかなり大きくため、お住まいの役所か保健所に問い合わせて確認することをおすすめします。


当時の私は14枚の受診票を受け取りましたが、隣の区では3枚しかなく残りの回数は自費だと聞いたことがありました。

このように地域によって違うので、必ず聞いておいた方が良いです!


妊娠してから病院に行くと初回費用は自己負担ですが、定期健診に変わってから出産までは最低14回の通院が必要と言われており、平均14回分の受診券が配布されています。


この最低通院回数をカバーしてくれる助成券だと金銭的負担が軽減されるのでとってもありがたいですね。


しかし、出産予定日が過ぎたけど全然生まれる気配が無い状態の時は「毎日病院に来てください」と言われることがあります。


こうなると14回を超えるので受診券は無くなり、自己負担での健診となります。

私は出産予定日を9日も遅れたので、出産前日に入院する前まで通院してました。


8回の健診分は自己負担でしたが超音波でお腹をみるのと子宮口の状態を見るだけでしたので1.000円程度の支払いでした。


しかし無料と8回で8.000円の負担では大きな差はありますよね。


中には、早産によって予定日よりも早く出産された方は受診券が余ることもあります。

自治体によってはこの余った受診券が現金に換えられるところもあるので、捨てる前に確認してみましょう。



検査費用

妊娠してから出産まで約1か月に1度健診に行く必要があり、臨月になると2週間に1回や1週間に1度通院します。。

健診では産院によって検査内容は異なりますが、一般的な検査はほとんど同じとされています。

【毎回受ける検査】

  • 体重測定
  • 血圧測定
  • 尿検査
  • 腹囲測定
  • 問診
  • 内診
  • 超音波検査
  • ※むくみ検査
  • ※子宮底長測定

※は産院によって異なります。


これらの検査は、先ほどの助成券の中に含まれた検査です。


助成券を提出すれば無料になったり、自己負担が軽減されたりする検査範囲です。



【血液検査】


血液検査は妊娠初期、中期、後期に各1回ずつ行うことがほとんどです。

血液検査は、助成券でカバーできる自治体とされないところと差があります。


病院によって費用は異なりますが1万~3万ほど必要。


「次回は血液検査です」


と、先生から必ず告げられますので、窓口で助成券は使えるのか、費用はどれくらい準備しておくと安心なのか?など確認しておくと良いでしょう。


入院・出産費用

出産が近づいてくると考えるのは出産費用。

出産費用は一言で「高額」のイメージがとっても強いと思います。


「子どもは産むところからお金がかかる。」

なんて言われることもありますが、ちょっと納得してしまいます。


加えて普通に出産できる人は、実は一握り!

出産したときの子どもの異常や、母体への異常など産まれてからではないとわからないことがたくさんあります。


そのような状態があった場合、出産費用の平均とされている金額を大幅に超えることとなります。


例として緊急帝王切開!

普通分娩ではできず、急きょ予定してなかった帝王切開へ切り替わったとき、出産費用は約8万円~10万円ほど上乗せされると言われています。


私は、出産までにとっても時間がかかってしまい、たくさんの促進剤を使いました。

5分陣痛から進まず、子宮口を開いても思ったように開かずで多くの薬で何とか普通分娩できましたが、請求書を見たら薬だけでもの凄い金額に…。



加え、深夜料金と日曜日に生まれたことで少しの上乗せが発生し、当時の平均出産費用よりも5万円ほど多くなりました。


友人は出産した後に、子宮の収縮が悪く血が止まらない状態になってしまい緊急手術と輸血によって入院は長引き、出産費用もかなり高額になったと教えてくれました。


出産費用は分娩費用だけが高額なわけでは無く、出産後に入院する際の部屋での費用で大きくことなります。

普通の病院と同じで、大部屋と個室では金額の開きがあります。


さらに、個室でもシャワーがある部屋とない部屋によっても異なります。

大部屋(4人部屋)でも約12.000円

個室シャワー付きで20.000円~30.000円と言われています。


出産してから入院する約6日間はお風呂につかることはできません。

そのため、シャワー室へ行きサっと流す程度で済ませますが、個室にシャワーがあると時間を気にしたりせずに済みますし、他の人とバッティングすることも避けられるので快適に過ごしたい人には人気があります。


これらも含め入院出産費用は40万~50万円が平均額。

  • 産院
  • 出産の状況
  • 個室か大部屋

これらによって出産費用はかなり変わってきます。


検診や入院だけではない?その他の費用について

入院出産費用だけでもかなり高額のようにも感じますが、必要とされる費用はそれだけではありません。

自身の変化や生まれてくる新しい命の為に用意しておくものがたくさんあります!


その他の費用について詳しくご紹介していきます。

マタニティグッズ代やベビー用品代

【マタニティ用品】


妊娠5か月くらいになるとお腹が少しずつ出てきて体型が変わってきます。

そうなると、今まで着用していた洋服が着れなくなるのでマタニティ用の洋服や下着を準備しておく必要が出てきます。

ワンピースやコートであれば譲ってもらったり、リサイクルショップで購入しても問題ないですが、下着となるとできれば新品がいいですよね。


ネットで色々と見ながら価格の比較をし、平均価格を把握しておくと良いと思います。


【ベビー用品】

お母さんだけではなく、生まれてくる赤ちゃんの洋服の準備も必要!

特に肌着は多すぎる!くらいがちょうど良いです。


ミルクをこぼしたりおしっこが漏れてしまったり…なんてことは日常茶飯事で洗濯物は増えます!

ガーゼやオムツなどもありますが、オムツは種類によってかぶれたりすることもあるので、オムツの試供品をもらうのも良いと思います!


肌着だけではなくオムツ・服などもありますが最初に準備するものの中で悩むのは…

  • ベビーベット
  • お風呂グッツ
  • 布団
  • おもちゃ
  • ベビーチェア
  • チャイルドシート
  • 抱っこ紐

これらは悩み、さらに金額が高いものが多いです。


特にベビーベットは賛否両論あり、人それぞれ必要度合いは異なります。


ベビーベットも最初は良かったけど、邪魔になってしまったり…と言った声も聞かれます。


ベビーチェア、ベビーベット、チャイルドシート、抱っこ紐などはレンタルすることもできるので、レンタルして使い心地を知ってから購入を検討したり、上手く使うと費用を抑えられたりします


私もペットを飼っていたのでベビーベットを使っていましたが、夜の授乳の時に起き上がるのが段々と億劫になり、ペットをゲージに入れて子どもは自分の横で寝かせるようになりました。


それからはベットが邪魔になってしまい…畳んで置いておくのも邪魔になるので「失敗した…」と後悔しました。


本当に必要なものかどこまで準備しておくと良いかなどは、意外と身の回りの人の声をリアルに聞いておくといいかもしれませんね。


実家の近くで出産する際は里帰り費用も

多くの人が希望している里帰り出産。

ここでも費用がかかるのは当たり前ですね。

出産費用は産院によって異なるので里帰り出産を決めている人は、里帰り出産先の産院での出産費用を確認しておくことは必須。


それ以外にもかかる費用は交通費

出産したときにご主人が駆け付けるかどうかにもよりますが、交通費が発生する距離の場合はここにも費用が発生します。


そして意外にも多い声は「実家へのお礼金

何か月くらいお世話になるのかにもよると思いますが、新生児は毎日お風呂を張ったりすることで水道代や光熱費が跳ね上がります。


さらに時期にもよりますが、夏や冬では温度調整のためにエアコンは必須。

いつも付けない祖父母でも孫のために惜しみなく使ってくれると思います。


そしてお母さんの食費など考えると、なかなかお礼無しには帰れない。

なんて声が多く2万円~5万円くらい御礼金を渡している人も!


私も退院してから丸1か月お世話になったので御礼金を渡しました。


そして里帰り出産が終わって主人のもとに帰ると、今度は自宅の光熱費が高かった…こともありました。


思ってたよりもお金かかったなーなんて思いましたが、出産してから1か月家事をせずにゆっくりできたのは、心の安定に繋がったと感じています。


里帰り出産希望者が多いのも納得できます!


里帰り出産を考えている人は、交通費から御礼金まで考えておくと良いでしょう。


出産祝いのお返しである内祝い

出産すると多くのお祝いを頂きます。

お祝いを頂いた方には、必ず内祝いをお渡ししましょう!



今はとっても便利になっています。


産婦人科を退院する際一式渡させるものの中に「内祝いギフト」が入っている産院が多いのです。


これがあると、ギフトの中から内祝いを渡す相手方に合わせて商品を選び、個別に発送してくれるのです。


さらに、ノシから宛名、包装も完璧におこなってくれるので需要がとっても高い!


産まれたばかりの赤ちゃんを連れてデパートに行くわけにもいかないので、この内祝いギフトは本当にありがたい存在なのです。


内祝いの目安はお祝いで頂いたものの約半分に相当する物です!

現金を頂いた場合は、半分の金額はわかりやすいですが、物を頂いたときはおおよその金額を算出して、その金額程度で内祝いをしましょう。




出産費用を補助する公的補助について

ここまでご紹介してきた出産費用・出産後費用を考えると「産めない」と思ってしまう方がほとんどだと思いますが、出産費用に関して国や自治体で決められている公的補助が存在します。

この公的補助があるおかげで、想像よりもグッと出産費用を抑えることができます!


公的補助の中には申請が必要なものが多いので、しっかりと把握しておくことが大切。


そんな公的補助について、一つずつご紹介していきます!

妊婦検診費用の一部が助成される妊婦定期検診受診票

妊婦検診の平均回数は14回ほど。

14回通院したときの費用は平均10万円くらいになります。

これらが自己負担である理由は「妊娠・出産は病気ではないから健康保険が使えない」と言われています。


しかし、その変わりに公的補助制度がしっかりと存在しています。

1つ目が先ほどもご紹介した「妊婦検診受診票


母子手帳の交付時に一緒にもらえますが、枚数は自治体によって異なります。


42万円出産費用が給付される出産育児一時金

出産費用に関わる公的補助の中でも一番知られている「出産育児一時金

出産育児一時金制度は加入している国民健康保険か健康保険から支給されます。


費用は一律で42万円


私は出産育児一時金直接支払制度でしたので、健康組合が直接産婦人科に42万円を支払い、差額を自分が窓口で支払う制度でした。


支払方法や申請するための用紙など産院の窓口に確認したり、加入している健康保険の窓口に確認しましょう。


医療費控除について

妊婦検診や分娩日などは健康保険が適用されないものの「医療費控除」の対象にはなります。

この医療費控除の対象となる出産に関する費用の幅がとっても広い!

その為、どんな小さな額であっても領収書を取っておきましょう。


【医療費控除の対象となる関連費用】

  • 妊娠と判断されてからの定期健診や検査費用・通院費用
  • 出産で入院するときのタクシー利用料(里帰り出産の起床費用は不可)
  • 出産時の分娩介助料・手術料・投薬料・麻酔料
  • 入院時の食事代
  • 病院が用意したシーツや枕カバーなどのクリーニング代

などを含めて年内で10万円を超えた人は、申告すると払い過ぎた税金が戻ってきます。


例えば緊急で帝王切開を受けた方は、出産時の手術料にあてはまります。

高額になったぶん、申請すれば払い過ぎた分が戻ってくる可能性が高いです。


この申請には一つ一つの領収書が絶対に必要ですので、必ず保管しておきましょう!


出産費用がすぐに支払えない場合は受取代理制度の利用も

平成21年10月から開始された「出産育児一時金直接支払制度」ができてから経済的な負担をおさえることができるようになりましたが、全ての産院や助産院で対応できているわけではありません。

そうなると大きな金額を先に準備しておく必要がありますが、なかなか難しいですよね。

そんな人が利用できるのが「出産育児一時金受取代理制度


これを利用すると差額だけの支払いとなるため、経済的負担を大きく軽減することができます。


直接支払制度と大きな違いはありませんが、受取代理制度は健康組合に出産予定日の1か月程度前には事前申請が必要です。


98日間、給与の3分の2が支給される出産手当金について

出産のために会社を休み、その間給与の支払いを受けなかった場合に受けられる出産手当金

こちらは会社員でお勤めしているママ限定の制度!


出産を控えたママが出産のために会社を休み、その間に給与の支払いを受けなかった場合、出産予定日以前42日から出産の翌日以後56日までの範囲内で、会社を休んだ期間を対象として平均報酬月額の3分の2相当額が出産手当金として支給されます。


出産予定日が遅れた場合でも、遅れた期間分も手当金の支給対象期間に含まれます。


お休みしている間、無給になってしまうママにとってはとてもありがい制度です!


妊娠中の医療保険の加入について

妊娠・出産には多くのことが起こりうるリスクを持っています。

その為、妊娠して初めて自身の保険を考える方もいらっしゃると思います。


さらに妊娠してからでは加入できないのでは?と思い諦めてしまう人もいるようです。

しかし、妊娠してからの医療保険加入を諦める必要はありません。


もちろんベストの保険に加入できるわけではありませんが、ある条件を承諾すると加入することができるのです。

条件付きの加入になるかも?特定部位不担保について

妊娠がわかってから医療保険の加入をすると必ずと言っていい程の確率で「条件付き」での加入を提案されます。

これの条件は「特定部位不担保


この特定部位不担保は「子宮に関して」と限定されています。


そして特定部位不担保の条件期間年数は、年齢や出産した子どもの人数によって大きな差があります。


例えば、20代前半で初産の方が医療保険に新規で加入をしようとすると「子宮に関しては5年間支給されません」と言った長い期間保障されない条件が多いです。


一方で20代後半で3人目の出産予定の方だと条件期間は1年である可能性があります。


この理由は「帝王切開


20代女性の給付金請求理由の多くは帝王切開です。

妊娠し、出産をするということは帝王切開のリスクが高まります。


初産で帝王切開の場合、2人目も3人目も帝王切開での出産リスクが高く保険会社としてもリスクが高いのです。


その為「特定部位不担保条件を付け、子宮に関する請求は〇〇年間支給しません。」


と、することで保険会社のリスクを回避するです。


しかし、3人子どもを生んでいる方だと4人目の出産の可能性が下がり、帝王切開で出産した方だと次のお産は難しい可能性があります。


その為、保険会社としてのリスクが減り条件期間を短くすることができます。

また、40代女性の初産でも条件期間は短い可能性もあります。


これらの条件は、帝王切開で出産した人が後日医療保険に加入しようとしても同じ条件を提示される可能性が高いです。



そして条件とされている「子宮に関して〇〇年は支給されない」範囲は、帝王切開だけではなく、切迫早産で入院、出産後に子宮筋腫が見つかり手術となった場合でも条件期間内は給付されません。


妊娠してからの医療保険加入は、ほとんどの会社で条件が付きます。

しかし、条件の期間は保険会社によって異なるため色々な会社にお問い合わせしてみても良いでしょう。


子宮に関することが給付されないのであれば加入しても意味が無いのでは?

と考えられる方がほとんどだと思います。


しかし、もし出産時に緊急性の高いリスクが起きた場合、無事に出産を経て退院できてもその後医療保険自体加入できない可能性も出てきます。


例えば、子宮破裂や子宮収縮ができずに血が止まらない状態に陥ってしまった場合、緊急手術に切り替わります。

ここで輸血の可能性が各段に上がります。


この輸血によって加入が制限させる可能性が出てきたリ、中には子宮全摘出になった場合でも医療保険の加入に制限が生まれる可能性もあります。


これらは、出産を迎えなければ想定できないことのほうが多いもの。

何が起こるかわからない出産後よりも、子宮に対する条件を承諾し加入した方が確実に医療保険を持つことができるので、妊娠中でも医療保険を考えることをおすすめします。


出産費用や公的補助の額は地域によって違う

出産費用や公的補助の金額は産院だけに差があるわけでは無く、都道府県別でも大きく異なります。

先ほどご紹介した里帰り出産を希望する人の多くが、実家で過ごした方が安心だし楽だから、だけではなく、実家の近くの方が交通費などを考えても安いから!と言った声も多く聞かれます。


個人病院での出産と大学病院での出産費用に差があるように、都心での出産よりも県外での出産の方が費用を抑えられたりします。


出産費用の高さのランキングでは東京がダントツのトップ

2010年に厚生労働省の社会保障審議医療保険部が発表した出産費用ランキングがあります。

全国平均は47万3626円。


もっとも高い地域は東京都の56万3617円!


【出産費用の高さランキング】

  1. 東京都
  2. 神奈川県
  3. 栃木県
  4. 宮城県
  5. 埼玉県


と、関東周辺の出産費用が高いです。

都市近郊は物価が高く、加えて参加・産婦人科医師数の減少が影響していると言われています。



【出産費用の安さランキング】

  1. 鳥取県
  2. 熊本
  3. 北海道
  4. 沖縄
  5. 宮崎

このように地方での出産費用は安く、2010年時では40万円を切る安さ。


妻の実家近くで出産するという選択肢も

東京都心に住まれている方は、高額な出産費用がかかり出産育児一時金では賄えない産院がほとんどです。

最高額である東京都の56万円と一番安い鳥取県の39万とでは17万円もの差があり、里帰り出産の費用を考えても、地方で出産したほうが費用を抑えられる傾向にあります。


そのため、里帰り出産をすることで出産費用をおさえるのも選択肢として入れることを考えても良いと思います!


特に出産してからが大変な育児では、妻の体力的・精神的負担はとっても大きいです。

そんな時に実家に帰り、実家で助けを得られたら間違いなく負担は軽減されます。


もちろん実家だから気を遣わないわけではありません。

しかし、経験者が近くにいることは本当に頼りになります。


総合的に考えて、里帰り出産を視野に入れても良いと思います!

まとめ

子どもを育てるにはお金がかかると言われていますが、正しくは「子どもを妊娠してからお金がかかる」と言っても良いと思います。

しかし、妊娠・出産費用は公的補助があり想像よりも費用が掛からないようになってきています。


もし、大きな費用が発生してしまっても医療費控除を使うことで負担の軽減ができます。


しかし、出産後の用品をそろえるところは自分次第!


とくにベビー用品は可愛いものが多く、ついあれもこれも…と買ってしまいます。


さらに、母乳で育てようと思ってたけど母乳がうまく飲めない赤ちゃんがいたり、母乳が思っていたよりも出なくて上げられなかったりで早くからミルク代が発生する人も!


こればかりは赤ちゃんと出産後の自分の体で変わってくるので、何とも言えません。


特に出産してから、職場復帰までが早い人も保育園では決められたミルクを…と決まっている場合、自分で買うよりも高い可能性もあったりと色々なところで費用が発生します。


保育園用の哺乳瓶を用意したり…保育園に常備しておくオムツなど…小さいようで積み重なると大きくなる費用。


それに考えておきたい医療保険。

医療保険はできれば結婚した時にいつ妊娠しても良いと思って加入しておくことをおすすめします。


帝王切開での給付金請求はいつの時代でも多く、給付金を受け取ることで負担軽減を図れます。


妊娠出産を希望している方は、医療保険や公的補助を先に知っておくと不安軽減もできますね!


ランキング

  • 保険の見直しで生命保険にするか共済にするかで悩んでいる方に
  • 理解できていますか?生命保険と県民共済の違いや共通点をおさらい
  • 生命保険の約款には何が書かれている?特に注意すべきことは?
  • 生命保険は中世ヨーロッパが始まり! 生命保険の成り立ちを解説
  • 分かりにくい、とても面倒、だけど重要な生命保険の主契約の見直し方
  • 今更聞けないけれども、必ず知っておきたい生命保険の特約の全情報
  • 生命保険(医療保険)に入院保障は必要?入院給付金についても解説!
  • 10年満期の生命保険で100万円受け取るのは、お得なの?損なの?
  • 生命保険の終身型と掛け捨て型を相場から見る、自分に合った保険選び
  • 生命保険の貯蓄型は老後に有利?貯蓄型生命保険で賢く資産形成しよう
  • 低解約返戻金型の生命保険を最大限活用すると、こんなにお得!
  • 生命保険料を毎月払いと前納って何が違う?メリットやデメリットは?
  • 残高証明書は生命保険会社に請求しなければ発行してもらえません
  • あなたは大丈夫?無駄のない生命保険の入り方を生活スタイル別に解説